ハイキュー 日向 声優 変わった。 【ハイキュー!!】月島蛍の卒業後の進路は?かっこいい画像・魅力まとめ!バレーにハマった理由もご紹介

【ハイキュー!!】作並浩輔は声優が変わった?かわいいと人気の作並浩輔に迫る!

ハイキュー 日向 声優 変わった

日向翔陽:「村瀬歩」代表作…小夜左文字(刀剣乱舞)、リク(SHOW BY ROCK!! 影山飛雄:「石川界人」代表作…歌仙兼定(刀剣乱舞)、ジェノス(ワンパンマン)• 月島蛍:「内山昂輝」代表作…ソウル=イーター(ソウルイーター)、坂上巧実(心が叫びたかってるんだ。 澤村大地:「日野聡」代表作…坂井悠二(灼眼のシャナ)、平賀才人(ゼロの使い魔)• 武田一鉄:「神谷浩史」代表作…阿良々木暦(化物語)、チョロ松(おそ松さん) 他にも多数のキャラクターが登場しますので、ここで全てを紹介できませんが、他にも人気声優がずらりと出演しています。 あまり登場しないキャラクターにも、有名な声優を起用している所から、スタッフの意気込みが伝わってくるでしょう。 2.「声優」が豪華すぎる本当の理由 ハイキューの声優陣は、他のアニメ作品で 主役を演じるような人ばかりです。 つまり、声優として数多くのキャリアを積んだプロばかりであり、契約するとなればそれなりのお金が発生します。 スポンサーリンク 新人声優など、これから人気になるであろう声優を使えば、人件費はかかりませんがどうして人気声優ばかりを起用しているのでしょうか? その理由として挙げられるのが、「原作の人気を裏切りたくない」という制作側の熱意がスゴイという点です。 漫画では若い女性を中心に人気が高く、イケメン男子がたくさん登場し、それらを脳内で二次創作することを楽しみにし、SNSなどで話題が共有されています。 こうした楽しみがあるので、アニメ版も高い期待を抱かれているのは間違いないので、イメージが 固定される声優の起用はかなり慎重に行われたに違いありません。 多くの予算が必要ですし、交渉する苦労もあったはずですが、視聴者の期待を裏切らないためにも努力した結果、声優が豪華になったと言われています。 3.「烏養繋心」役の声優が交代した衝撃の事実とは? ハイキューで主人公と同じ部活のコーチを務める、「 烏養繋心」役の声優が3期の途中で交代しました。 その理由が衝撃的すぎてショックから立ち直れないファンも多く、深い悲しみが広がっています。 烏養繋心役を第1期から第3期の8話まで演じていた、田中一成さんは2016年10月10日に脳幹出血のため49歳で死去したのです。 その関係で、第9話から江川央生さんが代わりを務め、アニメは放送されました。 田中一成さんは、「地獄先生ぬ〜べ〜」で木村克也を担当したり、「銀魂」ではカトケンを演じるなど様々な役を独特のカラーで表現している才能あふれた声優。 一緒に仕事をしてきた仲間は、早過ぎる死に衝撃を受けています。 4.ハイキューに今後登場すると予想される声優 ハイキューは、3期すべてが大人気のうちに終了し、4期は2019年春ごろに放送されるのではないかと言われています。 そうした中、ファンの間では今後どんな声優が登場するかを予想しており、大きな盛り上がりを見せているのです。 福山潤• 大塚明夫• 白石実• 小野大輔• 平野綾 こうしたベテラン声優が、さらにハイキューの世界に入り込んでくるのではないかと大興奮。 どうしてこのような声優の名前が挙げられているのかというと、 「よりハイキューが楽しくなるから!」とのこと。 放送が決定されてもないですし、登場する根拠もないため、確かなことは分かりません。 ですが、こうした予想を多くの人がしているのを見ると、それだけハイキューが支持されているのだと分かりますね。 まとめ ここでは、 ハイキューの声優は誰なのかや、声優に関する噂などについて紹介していきました。 これまでに出演した声優はどれも豪華で、今後登場すると予想される声優もベテランばかり。 それだけ人気のあるハイキューですが、第1期から担当していた声優の1人が亡くなるなど深い悲しみに包まれたこともあったのです。 今後もハイキューは盛り上がっていくでしょうから、声優陣も含めて注目していきましょう!.

次の

ハイキュー4期(アニメ)に違和感を感じるのは絵変わったから?変なのは何が違うのか

ハイキュー 日向 声優 変わった

木兎光太郎 木兎光太郎は梟谷学園高校のバレー部に所属する3年生であり、主将です。 ポジションはウイングスパイカーで背番号1番、身長は185. 3cmです。 灰色の髪を逆立たせている変わった髪型が特徴です。 ミミズクの和名である「木兎」をそのまま名前にしており、他のメンバーも何かしらの梟の名前から来ています。 木兎光太郎の性格 木兎光太郎の性格は非常に熱血で常に明るいです。 チームを引っ張っていくリーダーとしての気質もありますが、気分屋でもあることから仲間に支えられる形でチームをまとめています。 ちょっとしたことでしょぼくれるなど試合でもメンタル面で技術が大きく影響します。 しかし、普段は頼りになることとテンションが高いことからもチームのムードメーカーとして重要な役割を担っています。 木兎光太郎の特技 木兎光太郎は全国レベルの選手であり、スパイカーとしては全国で5本指に入ります。 威力もさることながらストレートやインナーコースキワキワに打つスパイクは強力で多くのポイントを稼ぎます。 しかし、一度ミスり始めるとしょぼくれモードになって自分にトスを上げるなと赤葦に命令したりムラッ毛があります。 鷲尾辰生 鷲尾辰生は梟谷学園高校のバレー部に所属する3年生であり、ポジションはミドルブロッカーです。 身長は187. 8cmであり、黒い髪を後ろに逆立てた変わった髪型をしています。 作中では発言をしておらず、大人しい性格だと思われます。 他の選手同様、木兎が不調の時に支える技術をしっかり持っていて立て直すことができるので、非常に高い技術を持っていると言えます。 赤葦京治 赤葦京治は梟谷学園高校のバレー部に所属する3年生であり、副主将を務めています。 ポジションはセッターであり、身長は182. 3cmです。 2年生にして副主将を務める実力者であり、先輩からも信頼されています。 外見は黒髪の無造作な髪であり、切れ長の目が特徴です。 赤葦京治の性格 赤葦京治の性格は落ち着いていて非常に冷静です。 また、ツッコミが鋭く、作中ではよく木兎にツッコミを入れています。 木兎光太郎のコントロールが上手く練習から試合まで上手く操り、木兎光太郎のテンションの調整をしています。 心配性な面もある様でいろいろ考えすぎてしまうこともあります。 尾長渉 尾長渉は梟谷学園高校のバレー部に所属する1年生であり、ポジションはミドルブロッカーです。 梟谷学園高校のバレー部の中では一番背が高く、191. 3cmもあります。 坊主に近い髪形が特徴で、一年生ながらレギュラーを勝ち取る実力者です。 梟谷学園高校 まとめ 今回は梟谷学園高校のメンバーの特徴や特技を紹介しました。 梟谷学園高校は烏野高校とも練習を共にしていて交流があることから今後の活躍も見込まれます。 大会で当たる可能性も十分にあるので、注目です。

次の

【ジャンプ】2020年31号の感想。ハイキュー400話、演出が神がかってる…!

ハイキュー 日向 声優 変わった

バレーボールに青春をささげた少年たちを描いた大人気スポーツ漫画「 ハイキュー!! その中でもいつも冷静沈着、計算高いプレイと適格な観察眼を持つミドルブロッカーが1年生の「 月島蛍」です。 物語のはじめはその皮肉っぽいキャラクター性からそれほど人気ではなかったものの、回を重ねるごとに ハイキューでも1、2を争う人気キャラへと変わっていきます。 その魅力は彼らしいキャラクターのほかに、バレーボールに対する熱量の変化なども挙げられるのです。 そこで本記事では今や大人気キャラ「月島蛍」の高校卒業後の進路やかっこいいブロックシーン、名言、魅力をはじめ、バレーボールにハマることになった伏線なども合わせて紹介していきます。 所属:烏野高校1年4組 ポジション:ミドルブロッカー(MB) 身長:188. 1cm 誕生日:9月27日 体重:68. 4kg 最高到達点:334cm CV(声優):内山 昂輝 月島蛍は、烏野高校1年、高身長とバレーボールをする上では恵まれた体格を持つ、ミドルブロッカー(MB)です。 同じポジションには主人公「日向」もいますが、日向とは正反対で体格的にも有利で、 バレーボールIQは高めでありながらも熱量は低めなのが特徴的。 高校生活では同部活の山口とともに時間を過ごしている場面が多く、何事に対しても冷静沈着、勉強に関しては進学クラスというこもあって、 かなりのクレバーさがうかがえます。 日向や影山に対しては 毒舌を吐いたり、皮肉めいたことを言うことも多く、それが彼らしさでもあるよう。 バレーボールに対しても冷めた様子だったものの、あることをキッカケに覚醒し始めます。 そこから急激に月島ファンが増え、彼の良さが発揮されてきたともいわれているほど。 月島の毒舌めいた性格の裏には、バレーボールをしてきた 兄・明光の影響もあり、作品ではその様子もしっかりと描かれています。 ハイキュー!! 「月島蛍」がバレーボールにハマった理由は?覚醒するまでの道のり これまでアニメや原作漫画を見てきた方ならお分かりでしょうが、月島のバレーボールに対する熱量は回を重ねるごとに大きくなっていきます。 時には影山の次を誇る実力なのではないかとささやかれたり、県内の1年生選抜・通称「疑似ユース」に声がかかるなどその実力は折り紙つきです。 ここではバレーボールに対してやる気のなかった月島が覚醒するまでについてご紹介します。 というのも当時のあの「小さな巨人」もいた強豪・烏野高校バレーボール部に所属し、エースでもあった兄・明光が大好きで、尊敬していました。 しかしある日、兄の試合を見に行った月島は、兄が試合には出ていなかったことを知ります。 それは尊敬していた、思っていた兄とは違う姿であり、「頑張れば頑張るだけ後で苦しくなる」という冷めた気持ちを生んだキッカケでもありました。 合同合宿で山口とぶつかる 【プライド以外に何が要るんだ】 勝算の低い戦いから得る学びは想定外に大きいものだ。 たとえ負けてもやりきることへのプライドが重要。 常にベンチで、取り柄のない山口がこれから強くなるために自戒の念を込めて放った言葉。 — J 姿勢• 音駒らとの合同合宿で、 親友・山口とぶつかることになります。 月島は、どうせ必ずどこかで負けてしまうのに、どんな原動力でそんなに練習できのか疑問に思っていました。 それに対して山口は初めて月島にキレ、 「プライド以外に何が要るんだ!」と胸ぐらをつかみながら問いただします。 山口はピンチサーバーとしての苦悩、控えとして見る先輩たちの頑張る姿、応援してくれている人たちの気持ちがより分かるからこその言葉だったと感じます。 「プライド」を探しに先輩のもとへ 木兎さんの名言!! それを教えてくれたのは、 梟谷の木兎でした。 木兎は 将来がどうだとか、次の試合で勝てるかどうかどか一先ずどうでもいい。 目の前のやつをブッ潰すことと自分の力が120%発揮された時の快感がすべて と言います。 そして続けて その瞬間が有るか、無いかだ。 月島がバレーボールにハマっていないのは、 まだハマるほどの快感を得ていないからだというのです。 このとき月島は心の底から納得することはできませんでしたが、 宮城県大会・全国予選でこの伏線が回収されることとなります。 練習中には自ら烏養コーチのもとへ足を運び、ブロックのアドバイスを乞うシーンも。 そのアドバイスを仰ぐ姿は、いかにも不慣れ、その不器用さが月島の良さでもあります。 烏養コーチもまさか月島が主体的にアドバイスを求めてくるとは思ってもおらず、戸惑いを見せますが、月島に成長を感じさせられるのです。 全国春高・地区予選決勝VS白鳥沢戦でどしゃっと!と決めて、月島覚醒 ハイキューの月島覚醒シーンで泣いた。 第2セット・最終得点のブロックの瞬間は、まさに月島が一番輝いたシーンです。 月島はブロックを決めたとき、 はじめて震えるまでのガッツポーズをし、雄叫びをあげます。 このブロックが烏野の試合の流れを変えるキッカケになり、 粘りのリードブロックの真骨頂プレイとなるのです。 冷静沈着な月島のイメージを全視聴者が覆され、そのギャップに多くのファンが誕生した回となりました。 ハイキュー!! 「月島蛍」のかっこいいブロックシーン ミドルブロッカーといえば、そのポジション名の通り、ブロックをするのが仕事。 烏野高校バレー部1の高身長だからこそ、どっしゃっと決めるブロックシーンは圧巻です。 天童「ブロックは読みと嗅覚ダヨ?」 月島「ブロックとはシステムです」 — ハイキュー!! それぞれのブロックとはが一瞬で熱く語られた名シーンです。 日向 ああくそ 今までだってわかってたつもりだ けど月島本当にブロック上手えんだなあ — ハイキュー!! そのほか伊達工との試合では 派手に暴れるのが日向の役目。 その日向が後衛に下がっているときは極力無難に凌ぐのが僕の役目。 と名言を残しつつ、ブロックでの得点を重ねました。 白鳥沢戦では天童が一人時間差を仕掛けてくるも冷静にブロックで対応。 天童はかつて月島を「普通の方」と言っていましたが、その球もしっかりブロックし 野生児は騙せて俺には通じないんで… と得意の煽り発言をするなど、天童を苛立たせた相手でもあります。 ハイキュー!! 月島と山口の関係は?なんで仲良いの? 2018年10月6日(土)に開催されるMBSアニメフェスタ2018に、『ハイキュー!! 』の参戦が決定!! 今年は月島蛍役の内山昂輝さんと山口忠役の斉藤壮馬さんが出演し、月島と山口の二人のドラマを熱く展開致します!イベント詳細はこちらまでどうぞ — アニメ「ハイキュー!! クセのある月島といつも一緒にいる山口の関係性は、原作漫画の88話で描かれています。 山口は小学生時代いじめを受けており、その いじめているやつらから「カッコ悪…」と助けたのが月島でした。 その当時はそれ以降進展することはなかったのですが、山口は今度会ったらちゃんとお礼を言おうと決めており、その後バレー教室で偶然月島と再会します。 そこから仲を深め、 何を考えているのか分かりづらい月島の表情から心のうちを読み足ったり、言葉要らずのコミュニケーションが取れるまでに。 月島はキレイ事に対して毛嫌いする部分がありますが、山口はそれをも受け入れ、感謝の気持ちの抱き続けているのが作中でも垣間見えます。 月島の本質的な部分を知っている山口だからこそ、バレーボールに対しての愛情を説いたりできたといえるでしょう。 ハイキュー!! 月島は現在(2020年4月時点)、 烏野高校を卒業後、大学へ進学、22歳です。 来年からは 仙台市博物館勤務が決定しているのに加え、 仙台フロッグスのミドルブロッカーとしてバレーボールも続けるよう。 仙台フロッグスはバレーボールの中位リーグに属しており、今後の飛躍が楽しみなチームですね。 あれだけバレーボールに冷めていた月島でしたが、大学を卒業後もバレーボールを続けるのは視聴者としても嬉しいものがあります…😊 いつか日向や影山たちと対戦する日がくることを願います…! ハイキュー!! 1990年8月16日生まれ、埼玉出身、劇団ひまわり所属の声優さんで、過去には「キングダムハーツのロクサス」、「ハンターハンターのメルエム」などを演じてきました。 劇団ひまわり所属でありながらも舞台経験はなく、幼い頃は子役としてテレビドラマなどに出演をしていました。 2011年には 声優アワード新人男優賞を受賞、2015年には東京アニメアワードにて アニメオブザイヤー声優賞を受賞するなど実力派の声優さんです。 ハイキュー!! のクレバーキャラ「月島蛍」についてご紹介してきました。 一見クールでありきたりなキャラクターに見えるものの、回を重ねるごとに変わっていく月島に、感動したりワクワク感を覚えた方も多いのではないでしょうか。 月島のこれからのバレーボール人生も見どころ満載、追っていきたいものですね。 ぜひ漫画もアニメもチェックしてみてくださいね。

次の