ジャングル ブック あらすじ。 映画『ジャングル・ブック(2016)』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ディズニー映画 実写版「ジャングル・ブック」、「トイ・ストーリー」短編を地上波で放送!

ジャングル ブック あらすじ

めっちゃ初期の作品だと思ってたらディズニーの長編アニメの中でもなんと 19作目にあたる映画でした。 やよりも後。 へえ~。 やっぱり楽しい歌と音楽、かわいい動物たちが出てくるディズニー映画は最強ですね。 ジャングルで狼に育てられた少年が人間の村に帰るための冒険に旅立つ物語、 です。 黒豹のバギーラは、ジャングルに流れ着いていた人間の赤ちゃんを見つける。 モーグリと名付けられた赤ちゃんは狼の家族の元ですくすくと成長したが、獰猛な虎のシア・カーンがジャングルに帰ってくるため人間の村へ送り返されることに。 村までの案内をかってでたバギーラとモーグリの冒険が始まる。 ジャングルに流れ着いた人間の赤ちゃん ある日黒豹のバギーラがジャングルを歩いていると、猫のような鳴き声が聞こえてきます。 「モーグリ」と名付けられた赤ちゃんは、狼たちと本当の家族のように暮らしすくすくと成長します。 動物界の掟に従って(?)一瞬見捨てようとするけど思い止まるバギーラが人間よりも人間くさくていい。 バギーラはこんな調子で、この先何度もモーグリのせいで苦難を強いられ、 「もう勝手にしろ!」と怒ったりもしますが、結局は見捨てきれずに助けてくれます。 いますよね、こんな風に 損するタイプの良い人。 いいことあるさバギーラ。 モーグリを取り巻く個性豊かな動物たち 平和な日々も束の間、ジャングルに獰猛なベンガルトラのシア・カーンが帰ってくることになりました。 人間嫌いのシア・カーンがモーグリを見つけようものなら殺されてしまうことは間違いありません。 そこで狼達はモーグリを人間の村へ帰すことにします。 送り届ける役目をかって出たのは苦労人バギーラ。 1人と1匹は遠い遠い人間の村を目指して住み慣れたジャングルをあとにするのでした。 ジャングルを旅する彼らを待っていたのは個性豊かな動物たち。 ニシキヘビのカー 木の上で眠っているモーグリ丸飲みしてやろうと狙っているのは催眠術が使えるニシキヘビのカー。 しかしそのすべてを駆使しても結局美味しい人間の子供にはありつけなかった可哀想なヘビ。 象のハティ大佐 象なのに 「大佐」て。 でも仕方ないんです。 本人が 「大佐って呼べ」って言うんで。 命令以外にハティ大佐が話すことといったら、偉い人に勲章をもらっただの、軍人の心得はこうだの、あの時の戦いはすごかっただの…。 過去の栄光をいつまでも自慢げに口にする年寄りが嫌われるのは万国共通。 熊のバルー 息子にして一緒に暮らそうと思うほどモーグリを気に入ってしまうのが、バギーラ曰く「おっちょこちょいでドジ」な熊のバルー。 偶然会ったモーグリと意気投合して、命を懸けてシア・カーンから守ろうとしたりします。 モーグリも「熊のパパさん」と呼ぶほど懐くんだし、最初からバルーに預けといてもよかったかも。 あ、お乳がないか。 たぶん赤ちゃんモーグリは狼の母親のお乳を飲んで大きくなったと思われますので、赤ちゃん時代からいきなりバルーに預けられたら死んでたでしょうね。 ホントにおっちょこちょいだし、バルーって。 オランウータンのキング・ルイ 私が一番好きなのはこのオランウータンのキング・ルイ。 ジャングルの中を人間の子供がウロウロしていると聞いてモーグリをさらってきます。 モーグリに「君のようになりたい」と語り掛ける時の歌が めちゃめちゃうまい! そのうまさときたら、さらわれたモーグリを取り返しにきたバルーも このビートがたまらんぜ~! と思わず踊りだしてしまうほど。 まあね~。 こじつけっちゃあこじつけだけど、ウォルト・ディズニーが人種差別主義者であった説は根強いんでねえ~…。 言われちゃいますかね~。 4匹のハゲタカ軍団 続いては見た目は邪悪だけど孤独なモーグリの友達になってあげようとする優しい心を持った4匹のハゲタカ軍団。 モーグリを元気付けて友達になろうとする理由も半分くらいは 自分たちが暇だから。 その証拠にモーグリが去ったあと、「あ~あ、また暇になっちまう」と言ってます。 おもちゃか。 ちなみにこの4人の 四重唱 カルテットも素晴らしいです。 ついでに 四重唱 カルテットの最後に割って入ってくるシア・カーンのバス・パートも凄い。 ベンガルトラのシア・カーン モーグリがジャングルを出なければならない原因となったベンガルトラのシア・カーン。 餌がなくなったら移動するんですかね。 数年ぶりに戻ってみたら高級食材の人間の子供がいたら…そりゃ有難くいただきますわな。 群れをなす狼でも、催眠術を使うカーでも、大きな体を持つバルーでも、シア・カーンには歯が立ちません。 …しかし子供とはいえ、 火を恐れない人間が相手なら…どうでしょうか? 女の尻追っかけて人間の村に戻るんか~い ディズニーアニメのラストは浅はかな人間への教訓めいたものが暗示されていたりして、失笑してしまうものが多いです。 【ジャングル・ブック】も例に漏れず。 みんなで力を合わせてシア・カーンを追い出し、晴れてジャングルから出る必要もなくなりバルーと暮らそうとするモーグリの前に現れた人間の少女。 カーなんか目じゃないほどの催眠術にかかったかのようにフラフラと少女のあとについていくモーグリ。 さっきのキング・ルイの差別的解釈よりよっぽどおもろいこのシーン。 まるで 「人間の心なんて結局軽薄で移り気だ」と言われているようで恥ずかしくなっちゃいます。

次の

映画【ジャングル・ブック】ジャングルの掟を知ってから見る!吹き替えや無料フル動画の視聴方法!

ジャングル ブック あらすじ

めっちゃ初期の作品だと思ってたらディズニーの長編アニメの中でもなんと 19作目にあたる映画でした。 やよりも後。 へえ~。 やっぱり楽しい歌と音楽、かわいい動物たちが出てくるディズニー映画は最強ですね。 ジャングルで狼に育てられた少年が人間の村に帰るための冒険に旅立つ物語、 です。 黒豹のバギーラは、ジャングルに流れ着いていた人間の赤ちゃんを見つける。 モーグリと名付けられた赤ちゃんは狼の家族の元ですくすくと成長したが、獰猛な虎のシア・カーンがジャングルに帰ってくるため人間の村へ送り返されることに。 村までの案内をかってでたバギーラとモーグリの冒険が始まる。 ジャングルに流れ着いた人間の赤ちゃん ある日黒豹のバギーラがジャングルを歩いていると、猫のような鳴き声が聞こえてきます。 「モーグリ」と名付けられた赤ちゃんは、狼たちと本当の家族のように暮らしすくすくと成長します。 動物界の掟に従って(?)一瞬見捨てようとするけど思い止まるバギーラが人間よりも人間くさくていい。 バギーラはこんな調子で、この先何度もモーグリのせいで苦難を強いられ、 「もう勝手にしろ!」と怒ったりもしますが、結局は見捨てきれずに助けてくれます。 いますよね、こんな風に 損するタイプの良い人。 いいことあるさバギーラ。 モーグリを取り巻く個性豊かな動物たち 平和な日々も束の間、ジャングルに獰猛なベンガルトラのシア・カーンが帰ってくることになりました。 人間嫌いのシア・カーンがモーグリを見つけようものなら殺されてしまうことは間違いありません。 そこで狼達はモーグリを人間の村へ帰すことにします。 送り届ける役目をかって出たのは苦労人バギーラ。 1人と1匹は遠い遠い人間の村を目指して住み慣れたジャングルをあとにするのでした。 ジャングルを旅する彼らを待っていたのは個性豊かな動物たち。 ニシキヘビのカー 木の上で眠っているモーグリ丸飲みしてやろうと狙っているのは催眠術が使えるニシキヘビのカー。 しかしそのすべてを駆使しても結局美味しい人間の子供にはありつけなかった可哀想なヘビ。 象のハティ大佐 象なのに 「大佐」て。 でも仕方ないんです。 本人が 「大佐って呼べ」って言うんで。 命令以外にハティ大佐が話すことといったら、偉い人に勲章をもらっただの、軍人の心得はこうだの、あの時の戦いはすごかっただの…。 過去の栄光をいつまでも自慢げに口にする年寄りが嫌われるのは万国共通。 熊のバルー 息子にして一緒に暮らそうと思うほどモーグリを気に入ってしまうのが、バギーラ曰く「おっちょこちょいでドジ」な熊のバルー。 偶然会ったモーグリと意気投合して、命を懸けてシア・カーンから守ろうとしたりします。 モーグリも「熊のパパさん」と呼ぶほど懐くんだし、最初からバルーに預けといてもよかったかも。 あ、お乳がないか。 たぶん赤ちゃんモーグリは狼の母親のお乳を飲んで大きくなったと思われますので、赤ちゃん時代からいきなりバルーに預けられたら死んでたでしょうね。 ホントにおっちょこちょいだし、バルーって。 オランウータンのキング・ルイ 私が一番好きなのはこのオランウータンのキング・ルイ。 ジャングルの中を人間の子供がウロウロしていると聞いてモーグリをさらってきます。 モーグリに「君のようになりたい」と語り掛ける時の歌が めちゃめちゃうまい! そのうまさときたら、さらわれたモーグリを取り返しにきたバルーも このビートがたまらんぜ~! と思わず踊りだしてしまうほど。 まあね~。 こじつけっちゃあこじつけだけど、ウォルト・ディズニーが人種差別主義者であった説は根強いんでねえ~…。 言われちゃいますかね~。 4匹のハゲタカ軍団 続いては見た目は邪悪だけど孤独なモーグリの友達になってあげようとする優しい心を持った4匹のハゲタカ軍団。 モーグリを元気付けて友達になろうとする理由も半分くらいは 自分たちが暇だから。 その証拠にモーグリが去ったあと、「あ~あ、また暇になっちまう」と言ってます。 おもちゃか。 ちなみにこの4人の 四重唱 カルテットも素晴らしいです。 ついでに 四重唱 カルテットの最後に割って入ってくるシア・カーンのバス・パートも凄い。 ベンガルトラのシア・カーン モーグリがジャングルを出なければならない原因となったベンガルトラのシア・カーン。 餌がなくなったら移動するんですかね。 数年ぶりに戻ってみたら高級食材の人間の子供がいたら…そりゃ有難くいただきますわな。 群れをなす狼でも、催眠術を使うカーでも、大きな体を持つバルーでも、シア・カーンには歯が立ちません。 …しかし子供とはいえ、 火を恐れない人間が相手なら…どうでしょうか? 女の尻追っかけて人間の村に戻るんか~い ディズニーアニメのラストは浅はかな人間への教訓めいたものが暗示されていたりして、失笑してしまうものが多いです。 【ジャングル・ブック】も例に漏れず。 みんなで力を合わせてシア・カーンを追い出し、晴れてジャングルから出る必要もなくなりバルーと暮らそうとするモーグリの前に現れた人間の少女。 カーなんか目じゃないほどの催眠術にかかったかのようにフラフラと少女のあとについていくモーグリ。 さっきのキング・ルイの差別的解釈よりよっぽどおもろいこのシーン。 まるで 「人間の心なんて結局軽薄で移り気だ」と言われているようで恥ずかしくなっちゃいます。

次の

映画『ジャングルブック』あらすじネタバレ!評価感想とタイトル意味!|MoviesLABO

ジャングル ブック あらすじ

解説 ルドヤード・キプリングの同名小説を原作とする名作ディズニーアニメーションを、「アイアンマン」シリーズのジョン・ファブロー監督が実写映画化。 ジャングル奥地に取り残された人間の赤ん坊モーグリは、黒豹のバギーラに助けられる。 母オオカミのラクシャのもとに預けられたモーグリは、ラクシャから惜しみない愛情を受け、幸せな毎日を過ごしていた。 そんなある日、人間に対して激しい復讐心を抱くトラのシア・カーンがジャングルに戻ってくる。 ハリウッド屈指の映像制作チームが最先端の映像技術を駆使し、主人公モーグリ以外の動物や背景など全てをリアルなCGで表現。 モーグリ役にはオーディションで2000人の中から選ばれた12歳の新人ニール・セディを起用し、ベン・キングズレー、ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、クリストファー・ウォーケンら豪華キャストが個性豊かな動物たちの声を演じる。 2016年製作/106分/G/アメリカ 原題:The Jungle Book 配給:ディズニー スタッフ・キャスト 本作は歌舞伎座で史上初の洋画のプレミアイベントを行なうなど、実はかなり宣伝に力が入っていました。 確かに日本語吹替版の声優陣も松本幸四郎、西田敏行、宮沢りえ、伊勢谷友介など、かなり豪華でしたね。 日本では興行収入22億1000万円となりました。 これは決して悪い数字ではないのですが、もう少し話題になっても良かったのかな、と思います。 本作の見どころは何と言っても「主人公の少年以外は全てCG!」という「え、本当に?」と思うような映像の技術革新の進化の凄さにあります。 唯一の実写の少年が「初の演技」だったのにも驚きですが、これもジョン・ファブロー監督がトラの代わりを自身が演じてみたりしていたりと、制作チームの優秀さがにじみ出しています。 物語も無駄がなく伏線はキチンと回収されていますし世代を超えて楽しめる作品となっていて、映像も含めて出来は良いと思います。 CGの技術革新は、想像の域を遥かに超えていますが、そんなCGを使って「手作り感」を出した方が「凄さ」を感じるのは何だかおかしな話ですが、これが日本人の感性なのかもしれないですね。 今回の「ジャングル・ブック」の地上波初放送のタイミングといい、昨年の日本の「興行収入歴代1位」に大きく貢献した「アラジン」「トイ・ストーリー4」「ライオン・キング」「アナと雪の女王2」「アベンジャーズ エンドゲーム」「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」といった超強力ラインナップは、まさに6月11日から日本で開始される「Disney+」という配信サービスに向けて、でもあるので、さすがの戦略です。 C 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の