延滞 中でも 借り れる ところ。 延滞中でも借りれる消費者金融 携帯ホームページ フォレスト

延滞・ブラック・債務整理中でも借りれる消費者金融 フタバ

延滞 中でも 借り れる ところ

こちらではローンブラックでもお金を借りれる所を紹介します。 ローンブラック・金融ブラックとは? ローンブラックとは消費者金融やクレジットカードの返済が滞り、滞納や延滞が続き信用情報機関に名前が載ってしまう事です。 金融会社は申し込みがあった際にこの情報機関に照会を行い、あなたの情報を確認して審査を行います。 もしあなたがどこかのカード会社や消費者金融などの返済を行っておらず、滞納や延滞が続いているのであれば、お金を貸してもらう事は難しいでしょう。 ブラックでもお金を借りれる所はあるんです! ブッラクリストに登録されている場合、また滞納や延滞が何ヶ月も続いている場合は基本的に借り入れは難しいでしょう。 しかし! ブラックでも滞納や延滞があっても借り入れが出来るところがあるんです! 実際、私もブラックでどこからもお金が借りられなかったのですが、こちらで貸してもらうことが出来ました。 こちらはヤミ金などでは無く正規の金融業者なので安心して利用できます。 なお、借入可能限度額は20万円までのようです。 ただし「無職の方」「年齢が20歳以下」の方は申込みが出来ないようです。 ブラックでも延滞中でも借り入れ可能なところはこちら (現在ホームページが準備中となっているようです。 現在調査中です) ネット上では「ブッラクOK」「延滞中でも借りれる」「多重債務者でも借りれる」などのサイトを見かけますが、こちらは大半が闇金です。 個人情報だけを抜き取ったり、契約前に保証金を求めてきたり、携帯を契約するよう迫ったり、銀行口座の開設を迫ったりなど色々な手口があります。 こちらは犯罪に悪用される可能性もありますのでヤミ金は絶対に利用しないようにしてください。 審査が甘く借りやすいと評判の会社はココ もちろんヤミ金ではなく正規の業者ですので安心してください。 他の会社で断られたのにココは貸してくれたという話をよく聞きます。 ただし、こちらも「無職の方」「年齢が20歳以下の方」は申し込みが出来なくなっています。 ここで借りられないなら諦めてください これまで延滞したことはあるけど、まだ返済をしている、少しずつでも返済をする意思があるのであれば借りられる可能性はあります。 もしあなたが、消費者金融などから借りたお金をまったく返していない、また返すつもりもないのであればどこも貸してくれないでしょう。 もしあなたが上記からお金を借りることが出来ないなら、お金を借りることを諦めてください。 上記は特に審査が甘いと評判ですので、こちらで借りれないのであれば何処も貸してくれないでしょう。

次の

ブラックが絶対通るおまとめローンはある?審査の口コミ・評判とダメなときの対処法

延滞 中でも 借り れる ところ

このページの目次 CLOSE• 借りれる多重債務者と借りれない多重債務者の違いは? 多重債務者にはキャッシング審査で可決されやすい多重債務者と否決されやすい多重債務者がいます。 多重債務と聞くと借り入れができないというイメージだと思います。 しかし、融資可能と判断される多重債務者もいますし、逆に審査が甘い消費者金融でも借入れが厳しい多重債務者もいます。 両者の違いを確認しておきましょう。 キャッシングで可決される多重債務者 多重債務というのは、複数の貸金業者から借り入れしている状態です。 借入件数が4社以上あれば多重債務とみなしている金融機関が一般的です。 大手の消費者金融は自動審査のため、借入件数だけで多重債務者と判断され否決されてしまいます。 多重債務でも融資可能なのは独自審査の中小の消費者金融である街金やサラ金です。 街金やサラ金は、借入件数が多い多重債務状態であっても、キャッシング希望額が総量規制内であれば、融資可能としているところが多いです。 また、総量規制オーバーの多重債務者でも、返済能力が認められれば、総量規制例外の銀行やカードローンで借入可能とされています。 融資可能な多重債務者の場合、本人が多重債務であることを自覚していないため、審査落ちの理由がわからない債務者も多くいます。 審査甘い消費者金融でも否決される多重債務者 一方、返済能力を超えた借り入れをして、返済困難に陥っている人も多重債務者です。 借金支払いが遅延したり、返済のために新たな借り入れをするので、多重債務に陥っている自覚があります。 返済が3カ月以上遅れると、個人信用情報に延滞情報が記録され、金融ブラックとなり、審査が甘い中小消費者金融の街金・サラ金でも審査に通らなくなってきます。 借りたお金は返済するべきですが、どうしても返済できない場合は、債務整理も検討してみてください。 債務整理や破産者のブラックと違い、現在延滞中の多重ブラックの人は返済能力がないと判断されるので、一般的に融資は厳しくなります。 現在、3か月以上返済が遅れているが、どうしてもお金が必要な方は、 にご相談ください。 また、短期間に複数社の借入審査に申し込むと申し込みブラックとなり、信用情報機関に記録され、審査通過が厳しくなるので、多重債務の方はご注意ください。 多重債務者はどこから借り入れできる? 多重債務でもどうしてもお金が必要な時はあります。 多重債務者がお金を借りたい場合にどこから借り入れできるのでしょうか。 もし、審査落ちしたら、どこからも借りれないのでしょうか。 実は以下のように、多重債務者でも融資可能なローンがありますし、借りやすい金融もあります。 多重債務でも借りれるおまとめローン• 審査が甘い独自審査の中小消費者金融(街金・サラ金)• 総量規制の例外の審査が甘いカードローン 多重債務者でも借りれるおまとめローン おまとめローンは、多重債務を緩和するために作られたローン商品です。 総量規制の例外として認められているため、すでに年収の3分の1を超える借金をしていても借入可能です。 借金が多すぎて返済が厳しいと感じたら、おまとめローンへの借り換えがおすすめです。 おまとめローンは多重債務者救済のために作られたローン商品ですから、フリーローンなどの一般的なキャッシング審査で借りれなかった人も、おまとめローンへの借り換えが可能です。 おまとめローンが向いていない多重債務者 多重債務者でも借りれるおまとめローンですが、おまとめローンへの借り換えが向いていない多重債務者もいます。 おまとめローンは、今ある借金を一つにまとめる商品なので、追加の融資が受けられません。 借金を一本化することで、大口融資の扱いとなり、結果として低金利に借り換えできるので毎月の返済額が減ることに多重債務者が借りるメリットがあるのです。 しかし、どうしてももっとお金が必要で、新たにキャッシングしたいと融資の希望を出しても、追加の融資をおまとめローンに合算することはできません。 また、銀行やクレジットカードのショッピング等はおまとめローンの対象外となります。 多重債務の要因が銀行、クレジットカードのショッピング枠の借入れであれば、その分の債務をおまとめローンで借り換えることができません。 実質年利 融資額 ポイント 7. 3〜15% 100〜2,000万円 おまとめローン専門だから借換しやすい 7. 3〜15% 100〜2,000万円 他社に負けないスピード審査 多重でも借りれる審査が甘い独自審査の中小消費者金融(街金・サラ金) 借入件数が多くても返済能力があれば多重債務でも融資可能な中小消費者金融いわゆる街金やサラ金はあります。 アコムやプロミスなどの大消費者金融の審査は、コンピューターによる自動審査なので、多重の借り入れがあるだけで、否決されます。 そこで独自審査で融資を行っている中小消費者金融の街金・サラ金であれば、借り入れ状況や申込者の属性を細かく審査してくれるので、多重債務であっても可決の可能性があります。 大手より中小の消費者金融が審査が甘いと言われるのは、審査方法の違いによるものなのです。 しかしいくら審査が甘いと言っても、無審査で多重債務者が誰でも借りれるものではありません。 独自審査でも返済能力は重視されます。 ですが、金融会社毎に審査基準が異なる独自審査の方法をとっているので、審査落ちしても他の街金では借りれたということも珍しくありません。 ただし、延滞中や無職や無収入の人は審査通過は期待できません。 現在、延滞中、無職、無収入の方は をご利用ください。 多重債務であっても、パート、アルバイト、派遣社員など仕事をして収入がある人は可決されやすいのです。 街金やサラ金は、多重債務者で債務整理中(任意整理・個人再生)自己破産歴があるなど、大手では審査落ちの対象となる属性の方(いわゆる金融ブラック、申し込みブラック)も融資対象として自社基準の独自審査で融資しているので、借りやすい金融といえます。 独自審査で即日融資の街金・サラ金一覧 こちらでご紹介する中小消費者金融の街金・サラ金は全て以下の基準を満たしています。 多重債務者も審査対象• 他社お断りも柔軟対応• 独自審査• 担保不要・保証人不要• ネット申し込み24時間受付• 全国振り込みOK(来店不要)• 3〜18% 最短10分 特別金利7. 30〜9. 8〜18% 最短30分 セブン銀行ATM利用可 平日14時迄受付当日振込 12〜17. 95% 最短40分 プロミスATM利用可 審査が甘い街金・サラ金でも否決される属性とは 多重債務でも借りやすく審査が甘い街金・サラ金でも、以下の属性の方は、多重債務で返済能力が認められても否決される可能性が高いです。 支払いがスタートしていれば融資可能です。 現在、債務整理手続き中、他社支払い滞納中の多重債務の方は をご利用ください。 総量規制外のカードローンは多重債務でも融資可能 多重債務による自己破産者が増加しており、返済能力を超える借入れを抑制することを目的として総量規制という規則ができました。 年収の3分の1を超える貸し付けを制限するものです。 ですが、総量規制は貸金業法の規則ですので、消費者金融とクレジットカード会社のキャッシング枠の借入総額が該当します。 銀行やカードローンは総量規制の規制を受けず、総量規制対象外で融資可能となっています。 「多重債務で総量規制オーバーしている場合のキャッシングは、銀行やカードローンに申し込めば借りれるのね?」 と考えがちですが、実は銀行やカードローン会社は消費者金融よりも個人融資の審査が厳しいのが現実です。 ですから、知名度が高い大手の銀行やカードローンでは、可決しやすい借入件数が多いタイプの多重債務者でも審査通過は難しいでしょう。 多重債務者の総量規制外の融資なら、大手よりも審査が甘い中小のカードローンなら借りれる可能性が高いです。 中小規模のサンクスダイレクトカードローンは即日融資可能なので、総量規制外で今すぐお金が必要でキャッシングしたい方におすすめです。 実質年利 審査スピード ポイント 15〜18% 最短30分 総量規制外の借入OK サンクスダイレクトカードローン利用者の口コミ ・キャッシングの 使い道が自由だったので借りやかった ・多重で どこも否決だったけど、即日融資していただきました ・ 総量規制外で借りれたので助かりました ブラック多重債務者でも借りれた体験談 多重債務者でもお金を借りられるのか?私の借入体験談をお話します。 借金を返すために新たに借り入れをする、これが私の多重債務のはじまりでした。 「多重債務者でも融資可能なところがあるから借りてしまった」「審査が甘いのがいけない、借入できなければ多重債務者にはならなかった」という人もいるかもしれません。 誰も借金をしたくてするわけではないですよね。 私だって多重債務者になりたくてなったのではありません。 お金を借りるには、やむにやまない事情があったからです。 遊びのお金が足りないから、自分の貯金では買えない高価なバッグや装飾品が欲しいからという自分の欲望を満たすためお金を借りることもあるでしょう。 また、どうしても断りきれなくて保証人になって背負った借金や、自分や家族が病気になって治療費や入院費が払えなくなったからという止むを得ない事情がある人もいるでしょう。 クレジットカードで買い物することも借金です。 カードを持っていれば、限度枠内いっぱいまでキャッシングやローンが組めます。 このご時世、借金をしていない人などいないのです。 いずれにしても、最初は自分でも返せる範囲内の金額の融資を申し込んだはずですが、お金があまりにも簡単に借り入れできるものですから、「お金が足りなくなればまた借りればいい」という発想になってしまったのです。 借りたお金なのにまるで自分の銀行口座から貯金を引き出している錯覚に陥ってしまうのでした。 複数社から借入していても借りれるところ だけど、多重債務者だって、追加で融資を受けたいときもありますよね。 融資の理由は何であれ、延滞なく返済を続けていれば、多重債務者でも問題なく貸してくれる金融会社はあります。 多重債務だと複数社から借り入れしていると思うので、 が借りやすいんじゃないかと思います。 しかし延滞し、借金が返せない多重債務者になると、消費者金融会社同士で共有できる個人情報信用機関のブラックリストに載ってしまい、融資は難しくなるのです。 借入額や借入件数、延滞歴など、融資審査に不利な情報を隠してもバレてしまいます。 嘘をついてでも、どうしても借りたいという気持ちもわかりますが、実は、嘘をつかなくてもブラックでも多重債務者でもOKという融資可能な消費者金融というのは探せばあるのです。 個人情報が登録されずに、融資可能な消費者金融を教えてもらえます。 多重債務者でも融資可能なところを探すには 多重債務者やブラックでも融資可能な消費者金融は、ふつうに探しても見つかりません。 すぐに見つかる消費者金融は、多くの人が審査に申し込みますから、ブラックに貸さなくても経営が成り立つのです。 逆に、小規模の消費者金融会社は、審査に申し込む人が少ないですから、ブラックの人にも融資しないと、経営が成り立ちません。 ですから、多重債務者で審査に落ちて融資が受けられなかった人は、小規模な消費者金融の審査に申し込めば通りやすいのです。 でも名前も聞いたことがない中小の消費者金融会社から「お金を借りても大丈夫か?」という心配があるかもしれません。 もしかしたら裏の顔はヤミ金融で、一回延滞しただけで勤務先に督促の電話をかけてきたり、職場に取り立てに来るのではという不安です。 ヤミ金融か正規の貸金業者かを見極めるポイントは、貸金業の登録をしているかいないかです。 複数の都道府県で営業している場合には国(財務局)で、1都道府県で営業している場合は都道府県で許可をし登録ています。 登録済みの消費者金融は、法律内で営業しないと違法行為で罰せられ営業不可になってしまいますから、悪質な取り立てに苦しめられることはありません。 それに多重債務者だということが会社にバレて、仕事を首になったら、貸したお金の回収ができなくなってしまいます。 それこそ大損です。 多重債務が原因で融資先が見つからないからといって、焦って悪質なところから借入しないように気を付けてください。 まちがって闇金から借りてしまわないか不安な方は、借入先を探してくれる を利用するのも良いと思います。 キャッシング案内サイトが独自で調査したデータを元に、あなたの条件で少しでも安く借りられる金融会社を探してくれます。 このサイト運営会社自体が貸付業務をおこなっているわけではないので、入力した個人情報が登録されることがないのも安心ポイントです。 手数料や紹介料なども無料でさがしてくれます。 審査が甘いのに落ちるのはどうして? 貸金業も運営が大変で、貸したお金が返ってこないで経営が行き詰まり、倒産してしまうところも多いのだそうです。 審査を甘くして多重債務者に融資しても、自己破産をされて取り立てができなくなってしまったら元も子もありません。 借りる前から「返せなくなったら自己破産すればいい」なんて甘い考えでは貸してもらえないかもしれません。 消費者金融会社も貸金業を営んでいるのですから、「この人は返済の意思がないな」と信用されなければどんなに困った状況でも断られるでしょう。 他に審査が甘いのに落ちる理由としては、借りたい人の申込が殺到している場合です。 審査に申し込む人が多ければ、融資先を選べるので、わざわざブラックや多重債務者に融資する危険を冒さないでしょう。 ですから、一か所で審査に落ちたからといって、諦めることはありません。 あなたに責任があるわけではないことも多々あるのです。 多重債務者でもブラックでも融資可能な消費者金融はいくつかありますから、あきらめずに審査に申し込めば借りれるところが見つかります。 とはいえ、借金の申込みもクレジットカードと同じで、次の借入審査の申込みには最低1か月は間隔をあけたいところです。 連続して申し込んでも大丈夫という保障はありませんので、不安な方は などを利用して探してもらうほうが、早く融資可能な金融会社が見つかると思います。 「偽名」で申込ブラックを回避するのはOK?! ・治療費が払えないから、病院で診てもらえない ・仕事で必要な道具なのに、資金不足で買えない ・親の介護で退職したものの、再就職ができない などなど、多重債務者でも、どうしても急にお金が必要になることもあり得ますよね。 こんな緊急事に、 今支払う現金がないと困っている時に、申込みブラックになるのが怖いから「よし、来月になったら違う消費者金融の審査に申込もう」と先延ばしできますか? これでは生活できないですよね。 または、 「追加融資が可能な金融会社を見つけるぞ!」と借りれるまで手当たり次第に審査に申込み続けますか? これでは申し込みブラックとして登録されてしまいます。 申し込みブラックになると、まだ借入していないのに審査に落ちてしまいます。 申し込みブラックは、多重債務者が借入できなくなる大きな理由の一つなのです。 申込みブラックにならないためには、 が安心です。 本名は名乗らず、偽名や仮名、嘘の名前でも借入審査が受けられるので、信用情報に傷がつく心配がありません。 確実に融資が受けられると決まってから本名で借入するしくみになっています。 一般的な消費者金融やカードローン会社の借入審査は、嘘の情報を申告したら本審査は絶対に通りませんが、こちらの審査は匿名でOKなのです。 ただし、電話番号は連絡が取れる番号を入力してください。 せっかく借入できる金融会社があるのに、連絡が取れないなんてもったいないですから。 申し込みしすぎて心配な方や、申込みブラックのリスクを避けたい方は利用してみると良いと思います。 他社お断りも柔軟対応!• 融資金額100万円〜700万円• 実質年率7. 0%〜15%• 担保・保証人不要• 年収の3分の1以上でも申込OK 他社否決も当社の借換えローンを組める可能性十分あり! 全国振り込み対応• 融資金額100〜2000万円• 利率:年7. 3%〜15. 担保・保証人不要• 融資金額:100〜2000万円• 金利:年7. 3%〜15. 担保・保証人不要• キャッシング件数が多くてどこも借入できない• 金利が高いので安いところへ借り換えたい• 比較して借りたい• すでに何件か断られた• 即日融資 <他社の審査が通らない方> 任意整理中、多重債務でどこも借りれない方、免責者の方を応援します。 パート・アルバイトで収入が少ない• 借入が年収の3分の1を超えている• 収入証明不要で借入したい メールでお気軽にご相談ください.

次の

延滞歴があっても借りれるところ

延滞 中でも 借り れる ところ

過去にローンの支払いに関するトラブルがあった人は、「きっと私はブラックリストだからお金が借りれない」と心配ではありませんか? まずは「自分がブラックなのか」を知ることが一番大切なステップです。 本当にお金に困る状況がやってくる前に、ぜひ調べておきたい点と言えます。 その上で、ブラックリスト入りしているならば、ブラックでも借りられる業者が存在するのか確認する必要があります。 本記事では、「ブラックでもお金を借りれる金融業者は存在するか」というテーマで解説していきます。 借入審査が心配な方は、ぜひこちらの情報を参考にしてください。 ブラックリストとは? 「ブラックリスト」とは、正式な言葉ではなく、実際には「ブラックリスト」という名のリストは存在していません。 信用情報機関に金融事故の情報が登録されることを、分かりやすく「ブラックリストに載る」と一般的に言われています。 スポンサーリンク• 各種ローンの返済延期• 携帯電話の支払い延期(本体を分割で購入した場合)• 奨学金の返済延期• 債務整理(自己破産、任意整理、個人再生)• 代位弁済(本人に代わって保証会社が返済した状態)• クレジットカードの返済延期• クレジットカードの多重申込 信用情報に問題があると、カードローン審査やクレジットカード審査に通りにくい状況であると言えます。 反対に、信用が高い人は審査に通りやすい状態であるのに加え、融資の上限金額が大きくなり、低金利で借入れできる等、条件も良くなります。 信用情報は誰が管理しているの? カードローン会社は、自社の所有する記録のみ把握しています。 カードローン申込者が過去に他社で借入を行っている場合には、他社での借入総額や返済状況は分かりません。 申込者の調査する際には、信用情報機関を介して信用情報を獲得します。 信用情報機関とは、個人の信用情報を加盟するクレジットカード会社やカードローン会社から収集して管理し、加盟会社からの照会に応じて情報提供を行なう機関です。 日本国内では、3社の信用情報機関が存在します。 日本信用情報機関(JICC• 株式会社シー・アイ・シー(CIC)• 全国銀行個人信用センター(KSC) 自分の情報を確認したい場合、簡単に開示請求を行うことが可能です。 日本信用情報機関(JICC 加盟会員のうち約65%が消費者金融であることから分かるように、主に消費者金融関連の信用情報を扱います。 その他にも銀行やクレジットカード会社、信販会社等の会社も加盟しており、国内最大の信用情報機関となっています。 インターネットまたはスマートフォン 公式サイトから開示請求する。 結果は郵送で受け取る。 郵送 公式サイトから申込みフォームを取得し、必要情報を記入する。 結果は郵送で受け取る。 窓口 東京か大阪の開示センターで請求する。 株式会社シー・アイ・シー(CIC) 主に、信販・クレジットカード・携帯電話関連を取り扱います。 インターネット 公式サイトにて必要事項を記入する。 結果は即時に閲覧する事が可能。 郵送 申込書に記入する。 結果は申込み後から10日前後郵送で受け取る。 窓口 CIC窓口にて開示請求する。 全国銀行個人信用センター(KSC) 銀行や日本学生支援機構の信用情報を扱います。 郵送 請求方法は郵送のみで可能。 2種類の本人確認資料が必要となります。 2種類のうち1つは現住所確認ができるもので、個人番号の通知カードは不可です。 有効期限内であることに気をつけましょう。 開示請求は本人のみ可能 金融事故情報は、誰にも知られたくない超個人情報です。 個人情報保護法という法律で守られており、第三者が誰でも開示請求できるものではありません。 本人の開示請求のみ可能です。 たとえ家族で会っても信用情報を請求することはできません。 本人以外が開示申請する場合には、本人・または法定代理人の委任状が必要となります。 スポンサーリンク ブラックリストでも借りれる金融業者とは? 銀行系ローンは厳しい 銀行カードローンは低金利で借り入れできますが、審査が厳しい傾向にあります。 特に銀行系ローンの場合は、金融事故情報を非常に重視した審査となります。 つまり、金融事故情報が記載されている申込者が審査に通過する可能性は非常に低いと言えます。 ローンなどの支払い延滞の場合は5年、自己破産の場合は10年ほど個人信用情報機関に記録が残ります。 銀行系ローンにこだわる場合は、ブラックリスト入りしてから5~10年期間をおいてからもう一度申込みを考えるべきでしょう。 消費者金融から借入をするのがベター 消費者金融からお金を借り入れる場合は、金融事故の記録が残っていても、現在定職についており一定の収入がある人であれば借入できるチャンスはあります。 過去の情報より、現在の情報を重視して審査判断を行う中小消費者金融会社もたくさんあります。 「定職について一定の収入がある」ということと、「現在ローンやクレジットカードの返済延滞がない」という人はさらにカードローン審査に通りやすいといえます。 消費者金融から借入を行う場合は、審査が厳しい・甘いだけを重点的に見ず、信頼できる消費者金融を選ぶことが大切です。 不当な闇金業者からは絶対に金銭の借入を行わないことが重要です。 大手よりも中小の消費者金融会社を狙う 大手消費者金融のカードローン審査は、銀行カードローンの審査よりは甘く、審査に通りやすいと言えるでしょう。 しかし、アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビットなどのいわゆる大手消費者金融であれば、審査時に信用情報機関を利用しているため、現時点でブラックリストの人はその事実がばれてしまいます。 そこで注目すべきは、中小の消費者金融会社です。 過去に金融事故を起こした人でも、現在定職に就いていれば借入できる可能性が上がります。 中小の消費者金融会社の中には、過去の金融事故を重要視せず現在の状況を見て審査判断をする会社が多いのです。 独自の審査基準を設けている業者も多く、大手ではなかなか審査に通らないような人でも、審査に通ることがあるのです。 現時点で以下の基準をクリアしていれば、審査に通る可能性が高いと言えます。 ポイント ・定職に就き、一定の安定した収入があるか ・延滞した借金の返済が終わっているか 中小の消費者金融会社の審査では、「返済能力があるか」を見て融資の判断をします。 過去の金融事故が決着しており、かつ現在の収入と借入の状態に問題無いか、という点が大切です。 闇金と中小消費者金融の違いは? 中小消費者金融を探す際に一番の不安となるのが「闇金かどうかの判断がつかないこと」にあります。 大手消費者金融であれば、テレビのCM、広告など私たちの普段の生活で目にする機会が多く、闇金ではないことは一目瞭然でしょう。 反対に、中小消費者金融となればその知名度は低く、申し込もうとしている金融業者が闇金なのか正規の消費者金融なのか、どのように判断すればよいでしょうか。 正規の消費者金融であるか見分けるポイントは貸金業者としての登録番号があるか、という点です。 偽物の登録番号を使う闇金もありますので、必ず金融庁で検索してみてください。 どの消費者金融から借りればいい? 消費者金融会社と一口に言っても多くの会社があって、どのように選べば良いのか悩むのではないでしょうか。 下記のポイントを押さえて比較を進めていくと良いでしょう。 限度額 限度額は会社によって異なってきます。 以前のコラムでもでてきた、総量規制という法律により、借入額は年収の3分の1までと決まっていますので、限度額はその人の年収によって異なってきます。 そのため、限度額は消費者金融を比較する際に重要なポイントとは言い難いですが、一応の目安として抑えておきましょう。 金利 お金を借り入れる際に多くの人が重要視するのが金利ではないでしょうか。 金利には上限・下限が表記されていますが、適用されるのは「上限」が多いため、比較の際には上限をみましょう。 消費者金融の場合、一般的には「年18. 0%」という数字を見ることが多いと思います。 余談ですが、大手消費者金融のプロミスの場合は年17. 8%と設定されています。 わずかですが、低く設定されています。 審査スピード 消費者金融の場合は、審査スピードが早いと言われています。 「最短30分・即日融資」などという文字を目にしたことがあるのではないでしょうか。 平日に申し込んだ場合のほうが、土日祝日に申し込んだ場合よりもスムーズに進むといえます。 ブラックリストの記録は消せるか? ブラックリストから消えるまでの期間 ブラックリストから消えるまでの期間のことを「信用回復期間」と言います。 ブラックリストに載ってしまうと、5~10年は金融事故情報が残ることが大半です。 ブラックリストに載る理由により、5~10年と幅があります。 返済延滞と債務整理では、信用回復期間が異なるわけです。 個人信用情報機関によって異なるブラックリスト登録期間 金融事故の情報が登録される先として、個人信用情報機関が3社あります。 3社それぞれブラックリストの登録期間が異なります。 以下の表にまとめてみました。 ブラックリストに載る原因となった金融事故の種類 CIC 指定信用情報機関 JICC 株式会社日本信用情報機関 KSC 全国銀行信用情報センター 61日以上延滞 5年 1年 5年 3ヶ月以上連続延滞 5年 5年 5年 自己破産 7年 5年 10年 債務整理 5年 5年 5年 強制解約 x 5年 5年 代位弁済 x 5年 5年 年数はすべて最長年数です。 このように信用情報機関により、同じ金融事故でも、ブラックリスト掲載期間が変わります。 ブラックリスト入りする最多の理由 ブラックリストに載る原因として最多なのが、クレジットカード・カードローン、そして携帯電話本体代金分割払い返済などの遅延です。 携帯電話は、通話料等ではなく、本体の分割払いのみがブラックリスト入り対象となり、最近増加傾向にあります。 返済がスムーズに行われていない、催促状が届いても支払わない場合に、返済状況に異動、つまり事故情報が記載されます。 支払いは1円でも10万円でも金額は関係ありません。 支払いが遅れた事実は変わりません。 返済金額に関係なくブラックリストに載ってしまいます。 返済日から61日以内に返済した場合には、ブラックリストに載る確率は低くなりますが、返済が遅れた事実に変わりありません。 そのため、信用力がないという判断材料になる可能性がありますので、きちんと返済を行いましょう。 クレジットカードの強制解約 クレジットカードが強制解約されると、異動情報として個人信用情報機関に記録されます。 期間としては、2-3ヶ月返済を滞納もしくは延滞すると強制解約される確率が上がります。 また、クレジットカード会社により、社内ブラックというクレジット会社社内情報としてブラックリストに記録が残ります。 この場合、社内でのブラック情報は消えることはありません。 A社カードを所持している場合、A社の社内ブラックリストにのってしまうと、その後はA社発行のカードを作れなくなります。 ブラックリストは訂正可能? ブラックリストに誤って情報が記載されている場合は、正式な手続きを行い、訂正・削除することができます。 ブラックリストには時効がありませんので、一定期間が立てば借金が0になるわけではありません。 返済を行わない限り一生ブラックリストに載ったままになります。 まとめ ブラックリスト入りした場合、消費者金融に申し込むほうが、銀行系ローンよりは審査に通る可能性が高いといえます。 ブラックリスト入りした人でも救いの手を差し伸べてくれる消費者金融は多くありますが、手当たり次第に借入の申し込みをせず、必ず金融会社を見極めてから借りるようにしましょう。 闇金や違法経営をしている金融会社からは絶対にお金を借りてはいけません。 広告 , ,,,,.

次の