男性 髪型 ツー ブロック。 【メンズ髪型】ツーブロック×ベリーショート特集!短髪好き集まれ

【40代×ツーブロック】モテるおじさんになる髪型15選!女子の本音も!

男性 髪型 ツー ブロック

スポンサーリンク ツーブロックとは、頭頂部から耳の上くらいまでの髪を長めにして、それより下を短くカットし、長い髪を短い部分にかぶせたヘアスタイルのことです。 上と下で髪の長さが違い、2つのブロックに分かれているように見えることからこう呼ばれます。 一般的に多く見られるツーブロックスタイルは、耳周りを短めに刈り上げ、上部は長めにしてかぶせるスタイルです。 バックのえり足も合わせて刈り上げるケースもあります。 刈り上げた部分を常に見せる他に、普段は長めの髪で隠れて見えないようにもできます。 ツーブロックはカットする長さや被せる髪のアレンジ次第で印象を変えられます。 いつもと違った髪型にしたい、部分的にアクセントを付けたい、サイドのボリュームを減らしてすっきりさせたい人にオススメのヘアスタイルです。 1.ツーブロックの特徴 ソフトツーブロック 【見た目の印象】 耳周りがすっきりするので、「清潔感」、「すっきり感」、「シャープな感じ」といった印象を与えます。 短く刈り上げるとハードなイメージになり、ある程度の長さを残すと柔らかくソフトな印象になります。 耳より上の長い部分をどう扱うかでも印象が大きく変わります。 下ろした時にかぶさる面積を調整したり、毛先をまっすぐ揃えたり、ギザギザにカットしたり、束ねたりすることで大きく表情が変わります。 ソフトな感じにしたいなら上下の髪の長さを極端に変えずに、境目をぼかして自然な感じにしましょう。 刈り上げた部分の露出が多くなるとどうしてもハードで奇抜な感じになりますので、サイドのボリュームを減らすためのツーブロックなら、上はできるだけロングにして刈り上げ部分を完全にカバーするスタイルが良いでしょう。 【ツーブロック向きの髪】 ツーブロックのポイントは、短くカットした部分に長い髪をきれいにかぶせることです。 よって髪質は柔らかめでクセの強くない髪やストレートヘアが向いています。 髪が硬かったりクセが強すぎると、サイドやトップの髪が下を向かず、横や上に広がりやすくなります。 ツーブロックはサイドのボリュームを減らしすっきりさせるものなので、横や上に広がるとカッパの様な不格好なスタイルになってしまいます。 また、髪の量が少ない、細い、クセが強い場合、髪が太く量が多い人に比べて同じ長さにカットしてもより短く見えやすく、刈り上げた時に地肌が青々としてしまうこともあるので注意しましょう。 ツーブロックは上部の髪を長めにして変化をつけるため、ショート系のツーブロックでも、ある程度の髪の長さが必要です。 【ツーブロック向きの顔】 特に向き不向きはありませんが、サイドを短くカットすると顔全体のシルエットが縦長になりますので、面長な人は刈り上げたところに髪を多めにかぶせたり、耳周りやこめかみを中心に刈り上げる範囲を狭くして調整すると良いでしょう。 ツーブロックアシンメトリー ツーブロックは、ある程度長さのあるヘアスタイルなら大体合わせることができます。 少し長めのツーブロックにパーマで柔らかさを出してソフトな印象に仕上げれば、ナチュラルなツーブロックになります。 左右の片方だけにツーブロックを入れたツーブロックなどは左右から見た時の雰囲気を大きく変えるのに有効です。 が似合う人には、短く刈り上げた部分をボブやマッシュカットで覆って見えなくするスタイルのツーブロックボブもオススメです。 普通のボブよりもシャープな印象になり、サイドの髪が流れた時に刈り上げた部分が自然に見えるのもおしゃれな印象を与えます。 毛先だけを入れてラフなスタイルにしたり、短い部分の長さに合わせて、頭頂部のトップも短くカットしたスタイルも新鮮です。 3.カットの際の注意点 ツーブロックは一度失敗するとフォローが難しい髪型です。 短くカットした部分に全体の長さを合わせると、かなりの短髪やショートヘアになってしまいます。 髪が元の長さに戻るまで時間がかかります。 短めに刈り上げる際は自分でセルフカットせずに腕の良い美容師さんに頼みましょう。 【仕上がりをしっかりイメージしよう】 一言にツーブロックといっても、カットする長さ、元の髪の長さ、髪質などによって仕上がりが全く別物になります。 美容室でカットする際は、ヘアカタログの写真やスマートフォンの画像などをを持参して美容師さんにイメージを正確に伝えましょう。 髪質によっては自分がイメージしたような感じにはできないかもしれません。 失敗時のフォローが難しく、全体のバランスを取るのが難しい髪型なので自分でカットするセルフカットはおすすめしません。 刈り上げだけならバリカンでできるなどと甘く見ると取り返しのつかない大失敗を招く恐れがあります。 関連項目•

次の

ツーブロックの「種類」と「何ミリ」にするかであなたの個性が際立つ!&ツーブロック[オシャレ]髪型厳選【15選】 | 軟毛メンズ髪型|25歳以上の出来る男の大人ヘアスタイル!

男性 髪型 ツー ブロック

トップの髪は目のラインほどでカットしてもらいます。 前下がりになるようにカットしてもらうとオールバックを作りやすいでしょう。 バックも自然に刈り上げてもらいます。 トップの髪は目のラインくらいまで残します。 バックもグラデーションで刈り上げてください。 トップの髪に癖がない場合は緩くパーマをするとセットしやすいでしょう。 バックも同じようにカットしてください。 トップは3センチ~5センチほどの長さにし、自然に立つようにします。 薄毛の方は頭の形を見ながら、きれいに見えるようにカバーしてカットしてくださいと伝えるといいでしょう。 トップは5cm~10cmほどの長さで整えます。 頭のカタチをきれいに見せるようにカットしてくださいと伝えると良いでしょう。 トップは長めにし、前髪は目にかかるギリギリのラインくらいで整えてください。 くせ毛ではない場合、軽くパーマをかけるとスタイリングしやすくなります。 9mm以上の長さがあってもいいでしょう。 前髪は頬骨くらいのラインでカットします。 サイドにおろす髪も耳が少しかくれるかどうかくらいのラインでカットしてください。 全体に緩くパーマをかけてスタイリングしやすくしてもらいましょう。 バックはトップからの髪の長さのまま自然に首へつなげる感じでカットします。 トップにそこまでの長さは必要ありません。 毛流れが多少作れるくらいの長さまでカットしてください。 トップの髪は眉の下あたりのラインまで残してもらいます。 髪に癖がない場合は少しパーマをかけるとセットが簡単になるでしょう。 バックは自然にトップからつながるようにカットし、ボトム部分はサイドと同じフェードカットを施します。 バックは首筋から自然につながるようにカットします。 後頭部はハチ周りにボリュームが出るようにしてください。 パーマは緩めにかけます。 トップから前髪は目の下くらいになるようにカットします。 サイドは耳にギリギリかからないくらいの長さでカットしてください。 バックは前髪からかき上げた時に自然に首筋へとつながるようにカットします。 バックは首筋からトップに向かって3mm~のフェードカットにしてもらいます。 前髪は短めで眉にかからないくらいの長さにしてください。 フェイスラインから自然につながるようにサイドトップの髪をカットしてもらいましょう。 うなじ部分は刈り上げてもOKです。 前髪やトップからおろす髪は全体的に長めです。 前髪は頬骨くらいのライン、サイドも耳が半分かくれるような長さでカットしてください。 全体に少しレイヤーを入れてもらいます。 パーマは全体的に緩くかけましょう。 トップは少し長めに残すことで重さを出します。 レイヤーなどは入れずに自然な癖を生かすようにしてください。 バックは襟足のみ6mmほどのカットにし、自然にトップへとつなげます。 前髪やトップの髪は長めに残し、流すことで動きが出るようにしてください。 サイドと前髪は前下がりになるようにカットしてもらいます。 元から癖がある人はそれを生かし、くせ毛ではない場合はパーマをかけるとスタイリングが楽です。 トップや前髪は自然に髪が立つくらいの長さでカットしてもらいましょう。 前髪のみ少し長めに残してもいいです。

次の

【2020年最新】営業マンの好印象を与えるツーブロック髪型6選【画像あり】

男性 髪型 ツー ブロック

スポンサーリンク ツーブロックとは、頭頂部から耳の上くらいまでの髪を長めにして、それより下を短くカットし、長い髪を短い部分にかぶせたヘアスタイルのことです。 上と下で髪の長さが違い、2つのブロックに分かれているように見えることからこう呼ばれます。 一般的に多く見られるツーブロックスタイルは、耳周りを短めに刈り上げ、上部は長めにしてかぶせるスタイルです。 バックのえり足も合わせて刈り上げるケースもあります。 刈り上げた部分を常に見せる他に、普段は長めの髪で隠れて見えないようにもできます。 ツーブロックはカットする長さや被せる髪のアレンジ次第で印象を変えられます。 いつもと違った髪型にしたい、部分的にアクセントを付けたい、サイドのボリュームを減らしてすっきりさせたい人にオススメのヘアスタイルです。 1.ツーブロックの特徴 ソフトツーブロック 【見た目の印象】 耳周りがすっきりするので、「清潔感」、「すっきり感」、「シャープな感じ」といった印象を与えます。 短く刈り上げるとハードなイメージになり、ある程度の長さを残すと柔らかくソフトな印象になります。 耳より上の長い部分をどう扱うかでも印象が大きく変わります。 下ろした時にかぶさる面積を調整したり、毛先をまっすぐ揃えたり、ギザギザにカットしたり、束ねたりすることで大きく表情が変わります。 ソフトな感じにしたいなら上下の髪の長さを極端に変えずに、境目をぼかして自然な感じにしましょう。 刈り上げた部分の露出が多くなるとどうしてもハードで奇抜な感じになりますので、サイドのボリュームを減らすためのツーブロックなら、上はできるだけロングにして刈り上げ部分を完全にカバーするスタイルが良いでしょう。 【ツーブロック向きの髪】 ツーブロックのポイントは、短くカットした部分に長い髪をきれいにかぶせることです。 よって髪質は柔らかめでクセの強くない髪やストレートヘアが向いています。 髪が硬かったりクセが強すぎると、サイドやトップの髪が下を向かず、横や上に広がりやすくなります。 ツーブロックはサイドのボリュームを減らしすっきりさせるものなので、横や上に広がるとカッパの様な不格好なスタイルになってしまいます。 また、髪の量が少ない、細い、クセが強い場合、髪が太く量が多い人に比べて同じ長さにカットしてもより短く見えやすく、刈り上げた時に地肌が青々としてしまうこともあるので注意しましょう。 ツーブロックは上部の髪を長めにして変化をつけるため、ショート系のツーブロックでも、ある程度の髪の長さが必要です。 【ツーブロック向きの顔】 特に向き不向きはありませんが、サイドを短くカットすると顔全体のシルエットが縦長になりますので、面長な人は刈り上げたところに髪を多めにかぶせたり、耳周りやこめかみを中心に刈り上げる範囲を狭くして調整すると良いでしょう。 ツーブロックアシンメトリー ツーブロックは、ある程度長さのあるヘアスタイルなら大体合わせることができます。 少し長めのツーブロックにパーマで柔らかさを出してソフトな印象に仕上げれば、ナチュラルなツーブロックになります。 左右の片方だけにツーブロックを入れたツーブロックなどは左右から見た時の雰囲気を大きく変えるのに有効です。 が似合う人には、短く刈り上げた部分をボブやマッシュカットで覆って見えなくするスタイルのツーブロックボブもオススメです。 普通のボブよりもシャープな印象になり、サイドの髪が流れた時に刈り上げた部分が自然に見えるのもおしゃれな印象を与えます。 毛先だけを入れてラフなスタイルにしたり、短い部分の長さに合わせて、頭頂部のトップも短くカットしたスタイルも新鮮です。 3.カットの際の注意点 ツーブロックは一度失敗するとフォローが難しい髪型です。 短くカットした部分に全体の長さを合わせると、かなりの短髪やショートヘアになってしまいます。 髪が元の長さに戻るまで時間がかかります。 短めに刈り上げる際は自分でセルフカットせずに腕の良い美容師さんに頼みましょう。 【仕上がりをしっかりイメージしよう】 一言にツーブロックといっても、カットする長さ、元の髪の長さ、髪質などによって仕上がりが全く別物になります。 美容室でカットする際は、ヘアカタログの写真やスマートフォンの画像などをを持参して美容師さんにイメージを正確に伝えましょう。 髪質によっては自分がイメージしたような感じにはできないかもしれません。 失敗時のフォローが難しく、全体のバランスを取るのが難しい髪型なので自分でカットするセルフカットはおすすめしません。 刈り上げだけならバリカンでできるなどと甘く見ると取り返しのつかない大失敗を招く恐れがあります。 関連項目•

次の