年金 問題。 年金未納率の嘘が明らかに!年金未納者割合はたったの2%。年金問題もやはり経済問題である。

年金未納率の嘘が明らかに!年金未納者割合はたったの2%。年金問題もやはり経済問題である。

年金 問題

あなたの年金記録は大丈夫? 消えた年金記録問題はまだ終わっていない! 平成19年2月の事ですが、この第一次安倍内閣の時に「 消えた年金記録問題」というのが大きな問題となり、日本中にとてつもない衝撃が走りました。 この時に判明したのが、平成18年8月時点で 5,095万件の誰のものかわからない年金記録がある事が判明し、平成19年の参院選、平成21年の総選挙で自民党が大敗して、旧民主党が大勝して 政権交代が起こる大きな原因にもなりました。 今の日本年金機構の前身である 旧社会保険庁も平成21年12月をもって解体された。 55年体制(1955年に自民党が誕生して与党第1党としてずっと自民党が政権を取ってた)と言われた自民党政権が重大な年金問題の発覚によって崩れ去ってしまった。 5,095万件の記録というのは、5,095万人という意味じゃなくて被保険者と年金受給者合わせると3億件ほどあった記録の内の5,095万件という意味ではありましたが、それにしてもすさまじい衝撃的な数字でした。 現在の年金記録は、人それぞれ一つの 基礎年金番号というので管理されています。 昭和61年にどんな職業に就いていようが20歳以上60歳未満の人は全員国民年金(基礎年金)に加入して、生涯を通じて同じ番号を持つという基礎年金番号というものが平成9年1月に付されることになりました。 昭和61年3月までは、 民間企業に勤めている人は厚生年金、 公務員は共済年金、 自営業の人や5人未満の零細企業の人等は国民年金に加入するというふうに制度が別々に分かれていて、 加入する制度が変わると新たな番号が付されるというような事になっていました。 また、同じ制度に転職(例えば民間企業から転職して再度民間企業に就職)した場合は普通は 同じ番号のはずなんですが、ここでもまた新たな番号が付されたりしていた。 よって、基礎年金番号ができるまでは、 一人で複数の番号を持つという事が少なくなかったわけです。

次の

日本の年金制度の良い点、問題点とは!?将来崩壊しないか不安の若者の未納問題は解決できる!? | ネットビジネスで自由に稼ぐ東大生山下雅宏のサブブログ

年金 問題

大江英樹 [経済コラムニスト] 1952年、大阪府生まれ。 野村證券で個人資産運用業務や企業年金制度のコンサルティングなどに従事した後、2012年にオフィス・リベルタス設立。 日本証券アナリスト協会検定会員、行動経済学会会員。 資産運用やライフプラニング、行動経済学に関する講演・研修・執筆活動を行っている。 『定年楽園』(きんざい)『その損の9割は避けられる』(三笠書房)『投資賢者の心理学』(日本経済新聞出版社)など著書多数。 投資の経験がある人なら、誰でも身に覚えがあるのではないでだろうか。 それは心に落し穴があるから。 そんな投資家の「心」にスポットを当て、「投資心理学」の視点から、自分だけは損したくない人のための投資術を伝授する。 勘違いによる馬鹿騒ぎに終始するあまり、報告書に書かれている「非常に重要なこと」に焦点が当たっていないことが、最も残念である Photo:PIXTA 6月初めに出された、金融庁の市場ワーキング・グループがまとめた報告書が世間を騒がせている。 この問題については、いろいろと残念なことが多い。 そもそものメディアの取り上げ方が根本的に間違っていたし、それを政権攻撃の材料にしようとする野党、年金が問題化することを恐れて受け取り拒否などという暴挙に出た金融担当大臣、そして何よりも「年金」と聞いただけで脊髄反射的に「破綻だ」「詐欺だ」と騒ぐ一部の人たち。 いずれも実に残念としか言いようがない。 この問題については、識者の多くがコメントしているし、最近ではようやく冷静な議論になりつつあると思われるので、本コラムでは少し違った視点からのアプローチを行なうことで、今回の問題で起こっている勘違いについて述べてみたいと思う。 一口に勘違いと言っても、年金制度やライフプランニングなど、かなり多岐にわたる勘違いがそこには存在しているのだが、全てを話すとあまりにも範囲が広がりすぎて収拾がつかなくなるため、今回は市場WGの「報告書」の内容に限った勘違いについて述べてみたいと思う。 まず、1つ目の勘違いは、今回の報告書の目的についての勘違いである。 最初にこの報告書が報道された時は、「老後の生活には2000万円不足するから自助努力でそれをまかなおう」という部分のみが切り取って取り上げられたため、「年金の破綻をついに国が認めたのか!」とか「保険料を払わせておいて自助努力はないだろう!」といった意見がネットに多く上がってきた。 ところがこの報告書をよく読めばわかるが、どこにも年金が破綻するだの、老後の生活は自助努力しかない、などということは書いていない。 この報告書の前提となっているのは、以下の社会情勢である。 (1)今後の社会状況を考えると、長寿化によって資産寿命を延ばす必要が出てくる (2)さらに今後、高齢化が進むことによって金融取引に対する認知・判断能力が低下する人が多く出てくるようになる。 これらが前提として述べられており、これらを踏まえて今後は誰もが将来の生活を「自分ごと」として考え、自助努力で備えると同時に、金融業者もそれに寄り沿う形で顧客に対応すべきであるということ。 すなわち、以前から唱えられているフィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)を、より一層重視していくべきであるということを言っているに過ぎない。 ところが、結論に至る説明の話の中で前提としてたった1行出てきただけ、それも1つのケースとして取り上げられたに過ぎない「2000万円の不足」という表現だけが歪曲して取り上げられてしまったことが、今回の騒動の発端になっているのだ。 しかしながら、報告書で述べられていることは、今までも多くの人が当然のこととして認識していたことである。 公的年金というのは収入がなくなってしまった、人生の終盤期を支えるための保険制度であり、年金だけでぜいたくな暮らしができるなどとは、誰も考えてはいない。

次の

老後2000万円問題とは?|公的年金だけでは、老後資金は不足する?

年金 問題

少子高齢化が進む現代において、将来の年金がいくらもらえるのか、そもそも将来年金制度が破綻しないのかなど、さまざまな不安を感じることがあります。 そこで、年金制度や年金問題の現状などをご紹介します。 ぜひご覧になってください。 年金問題の年金制度の現状 日本の年金制度は、基本的に65歳を超えると定期的にお金をもらえる制度です。 高齢者を社会全体で支えようという趣旨の制度です。 そのため、支える側と支えられる側のバランスがとても大切です。 しかし、現代の日本においては、少子高齢化が進み、このバランスが非常に悪くなってしまっています。 賦課方式と積み立て方式の現状 日本の年金制度は、賦課方式を採用しています。 賦課方式は、現在の高齢者の年金支給を、今働いている世代が納めた保険料で賄う方式です。 賦課方式は、経済が安定し成長を続け、人口を維持することで成り立ちます。 高齢者と高齢者を支える世代のバランスがとても重要です。 少子高齢化が進みこのバランスが悪くなると、高齢者への年金支給額を減らしたり、今働いている世代が納めている保険料の増額など、何かしらの対応が必要です。 年金制度を世界的に見ると賦課方式のほかに、積み立て方式があります。 積み立て方式は、将来自分が受け取ることになる年金を、自分で積み立てる方式です。 この方式であれば、少子高齢化などの人口構成のバランスに影響を受けません。 しかし、現在の年金の支払いを現在働いている世代が支えているため、切り替えるタイミングがとても難しいです。 年金は、世代により給付と負担の割合が大きく違ってきます。 そのため、年金問題に対する意識は世代ごとに大きく変わります。 年金問題に対する若い世代の意識の現状 少子高齢化が進んでいるため、若い世代の人は、支払った保険料に対して、将来受け取る年金の金額が少ない可能性があります。 さらに、このままでは年金制度が破綻するのではないかという懸念を持っているのではないでしょうか。 このまま賦課方式を続けるのか議論すべき問題です。 年金問題に対する年金受給者の意識の現状 すでに年金が受給されている高齢者になると、将来への不安は少なく、年金問題への意識が低くなっています。 このため、若い世代と高齢者では、意識が大きく違ってきます。 年金制度の財政状況について現状をご紹介します。 国民年金における財政の現状 今働いている現役世代が支払った保険料を高齢者の年金給付に充てています。 しかし、年金給付のすべてを保険料で賄っているわけではありません。 現在の年金制度は、1986年に始まり、当初から税金を投入しています。 初めは、基礎年金の3分の1を国庫負担し、2004年には、基礎年金の2分の1に引き上げられました。 2012年には、消費税の増税による税収を基礎年金の2分の1の維持に充てることになりました。 また、保険料と国庫負担以外にも、年金積立金の運用収益も年金給付に使われています。 積立金は、年金積立金管理運用独立行政法人 GPIF が管理や運用をしており、百数十兆円にも上ります。 この一部も年金給付に使用しています。 年金積立金が積み上がったのは、団塊世代が保険料を多めに支払ったためです。 これがなければ現役世代が支払う保険料はもっと増えていたという見方があります。 厚生年金における財政の現状 厚生年金制度の財源も、国民年金と同様に、保険料と国庫負担と年金積立金の運用収益から年金給付を行っています。 共済年金における財政の現状 2015月まで、公務員は共済年金に加入していました。 しかし、少子高齢化が進むにことに対し、年金財政の規模を大きくすることで、年金制度の安定化を図るため、2015年に共済年金と厚生年金は、統一されました。 年金問題の年金制度の現状 年金制度の現状について、ご紹介します。 国民年金と厚生・共済年金制度の現状 年金制度は、大きく分けて国民年金と厚生年金があります。 国民年金は、自営業者などが加入する年金で、会社員などと比べると支払う保険料が少ない反面、将来もらえる年金が少ないという特徴があります。 自営業者だけでなく、会社員も加入しています。 厚生年金は、会社員などが加入する年金で、支払う保険料は国民年金に比べると高く、そのかわりもらえる年金が多いという特徴があります。 会社員などは、国民年金にプラスして厚生年金に加入できます。 共済年金は、公務員が加入できる年金で、厚生年金より保険料が安く、もらえる年金も高い特徴がありましたが、2015年に厚生年金と統合しました。 年金問題に誤った認識の現状がある 年金問題には、誤った認識を多くの方が持ってしまったという現状があります。 実は、年金制度自体には大きな問題はありません。 しかし、少子高齢化の問題から将来的に年金は破綻するといった誤った認識を持ち、年金非加入者が増えてしまったことが問題になっています。 年金の制度には、年金積立金があり、今までの保険料がすべて年金としてに支払われてしまった訳ではないのです。 そして、この積立金はしっかりと残っており、管理、運用されています。 さらに、年金の財源には税金が使われています。 国民年金の半分は、税金で支払っています。 2025年には、2人で1人の高齢者を支える構図になるとされていますが、もし年金制度が無くなれば、2人で1人を支えるどころではありません。 夫婦2人でお互いの両親4人を支えるなどのことも考えられます。 さらに高齢化が進み祖父母も扶養しなくてはならない場合なども考えられます。 そうならないために、社会全体で助け合いをしようというのが年金制度です。 メリットの方がデメリットよりもはるかに大きいと思います。 また、年金には、老後にお金がもらえる老齢基礎年金の他にも、障害基礎年金と遺族基礎年金が付いてきます。 年金には、事故などで何かあった時に、生活の手助けをしてくれるという側面もあるわけです。 年金の非加入者が後で後悔しないよう、このような年金の制度を正しく理解してもらうことが重要です。 まとめ.

次の