インスタグラム ユーザーを読み込めませんでした。 インスタに登録できない!アカウント作成で起こるエラーの対処方法

インスタグラムに登録できない原因と対処法まとめ!ユーザーネームの登録エラーも

インスタグラム ユーザーを読み込めませんでした

ブラウザ版だと表示される 公式アプリではフォローしている人を確認することができなくても、 ブラウザ版のインスタにログインをすることで確認ができるようです。 早急に確認をする必要がある場合は、ブラウザ版にログインをしてみてはいかがでしょうか。 ブラウザ版では、アプリ版同様に投稿やプロフィールの確認や編集が行えます。 エフェクトなどの一部の機能は、アプリ版でないと利用できません。 フォローの確認は、右下の 「プロフィール」タブに切り替え、 「フォロー中」からアクセスできます。 アプリで確認できなくても、ご覧のように何事もなく確認が行えるようになっています。 ただし、インスタ全体でシステムエラー等のトラブルが発生している場合は、確認ができない場合があります。 システムエラー発生時は復旧するまで待機し、復旧後に再度お試しください。 アプリ版での対処法 すべての対処法を試しても改善しない場合は、運営による修正アップデートを待機しましょう。 アプリの再起動 アプリで不具合が確認される場合は、再起動を試してみましょう。 再起動によって解消されることがあります。 「設定」経由で確認してみる 通常、「プロフィール」ページからフォローを確認しますが、 「設定」にも同様にフォローリストを表示させることができます。 プロフィールページで確認することができない場合は、アプリ内の「設定」から確認してみてください。 「プライバシー設定」に進みましょう。 最下部に 「フォロー中のアカウント」項目が設けてあります。 この項目からプロフィール画面同様にフォローしているユーザーの確認が行えます。 アカウントの再ログイン アカウントに何らかの問題が生じていることも懸念されますので、一時的にアカウントのログアウトと再ログインを試しましょう。 下書き投稿がある場合は、ログアウト時に消失してしまいますので、先に投稿を済ませるか控えておきましょう。 「設定」を開きます。 設定画面最下部にログアウトボタンが設置されています。 「〇〇をログアウト」をタップしましょう。 ポップアップの 「ログアウト」をタップし、ログイン画面が表示されるため、再度ログインをしましょう。 ログイン後にフォローリストの確認が行えるかチェックしてください。 検索履歴をすべて消す アプリ内に蓄積された検索履歴などのデータが多く残っていると、アプリの動作に影響が出る可能性があります。 検索履歴を消去し、アプリ内の機能が正常に動作するか再度確認してみましょう。 「設定」を開きます。 「セキュリティ」にアクセスします。 項目内最下部の 「検索履歴をクリア」に進みます。 これまでの検索履歴がすべて表示されます。 右上の 「すべてクリア」をタップします。 ポップアップの 「すべてクリア」をタップすることで、すべての検索履歴が消去されます。 アプリのアップデート インスタでは、高頻度でアプリのアップデートが行われています。 アプリストアでインスタアプリのアップデートチェックを行い、 最新バージョンが配信されている場合はアップデートを実行しましょう。 アプリの再インストール インスタアプリを一時的に削除し、再インストールします。 再インストールにより、アプリ内に蓄積されたキャッシュデータも削除されるため、様々な不具合が解消するケースが多いです。 再インストール後にログインをすることで復元されます。 フォローチェックアプリを利用する インスタ向けのフォローチェックアプリなどの外部サービスを利用してフォローを確認する方法があります。 フォローチェックアプリが原因 フォローチェックアプリを利用していると、フォローしているユーザーを読み込めなくなることがあるようです。 そのため、 フォローチェックアプリを特別利用していないという場合は、インスタとの連携を辞め、アプリをアンインストールするのが良いでしょう。 フォローチェックアプリを利用したい場合は、フォローチェックアプリで確認し、特に利用していない場合は、アプリを消してください。 いずれかの方法でユーザーを確認できるようになります。 運営に問題をフィードバックする インスタでは、機能の不具合をユーザーが報告することができます。 報告により、不具合の修正が行われる可能性があります。 続いて 「ヘルプ」にアクセスします。 「問題を報告」をタップします。 続いて 「機能の問題」を選択します。 不具合内容を記入し、右上の 「投稿」をタップしましょう。

次の

インスタで「フィードがリフレッシュできませんでした」と表示される詳細と対処法徹底解説

インスタグラム ユーザーを読み込めませんでした

カメラのギャラリーが変わるエラー カメラアプリで撮影した写真をインスタグラムにアップしようとしたら、なぜか撮影した写真が出てこない…、または、時系列がばらばらで最新の画像が出てこない…そんなエラーになったことはありませんか? 原因 はっきりとした原因は不明のようですが、このエラーは主に以下の2点が考えられるようです。 ・SDカードの差し替えなどでカメラアプリの画像保存先フォルダが変わる ・スマホ上に古いキャッシュが残ってしまっている 対処方法 カメラアプリで撮影した写真は すぐにインスタグラムに投稿することが一番のようです。 他には、 キャッシュクリアできるスマートフォンアプリを使って、こまめにクリアしておくことが有効かもしれません。 どうしても過去に撮影した画像をインスタグラムで投稿したい場合は、インスタグラムのギャラリーではなく直接 画像保存フォルダを指定するしかありません。 通知が来ないエラー 自分の投稿への「いいね!」や新しいフォロワーが増えた時など、スマホに通知が来るはずなのになぜか来ないというエラー。 対処 インスタグラムのオプションメニューの 「設定」で、どのアクションで通知が届くかを指定できます。 デフォルトは通知が来る設定になっていますが、アプリのアップデート時などは変わってしまう可能性もあるため、インスタグラムのオプションを確認しましょう。 ・投稿への「いいね!」 ・コメント ・ライブ動画 ・新しいフォロワー ・承認されたフォローリクエスト ・インスタグラムの友達 ・ダイレクトメッセージリクエスト ・メッセージ受信 ・自分が写っている写真(タグつけ) ・リマインダ ・最初の投稿とストーリー ・製品発表(新しい機能の追加、お知らせなど) ・サポートリクエスト ・SMSメッセージ プッシュ通知はプロフィールページ右上の歯車のマークをタップし、オプションにある「プッシュ通知の設定」から設定することができます。 Facebookと連動しないエラー インスタグラムで投稿した画像をそのままFacebookでも投稿したいのが、なぜかインスタグラムの画像がFacebookに出てこないというエラー。 原因 インスタグラムのアカウントと、Facebookのアカウントのリンク設定をしていない。 対処 インスタグラムの設定で、 Facebookアカウントとのリンク設定をしましょう。 インスタグラム-オプション-設定「リンク済みアカウント」 ここで、いろんなSNSが表示されます。 リンクしたいSNSのアカウントにチェックするとインスタグラムとそのSNSのアカウントがリンクします。 この後いつもと同じ要領で投稿をし、その際リンクしたいSNSにチェックして投稿すると、そのSNSでインスタグラムの投稿が反映されます。 また、もし既にリンク設定をしているのに投稿が反映されない場合は、リンク設定の解除後、 再度リンク設定をすると、投稿が反映される場合があるようです。 投稿時に改行がキレイに入らないエラー インスタグラムの投稿コメントで改行を入れてハッシュタグをキレイに入れる方法、マネしたいけど改行がうまく入らないケースがあります。 出典:Instagram改行方法 6. コメント時にエラーになる 投稿コメントが長いとたまにエラーになってしまい、投稿できないケースがあります。 原因 メンション 、ハッシュタグなどは1つの投稿について 設定できる上限があります。 その上限を超えるとコメントできず、エラーとなってしまいます。 対処 投稿コメントのメンション、ハッシュタグなどの上限は以下の通りです。 これを超えない範囲で設定すると投稿ができるようになります。 ハッシュタグ :30個まで メンション :5人まで 7. 投稿写真全体、または一部が黒くなってしまうエラー 投稿した写真が黒くなってしまうものです。 これは 一部のAndroid端末でこのような現象が発生しており、はっきりとした原因は不明のエラーのようです。 対処 画像加工をせず、カメラアプリの撮影画像をそのまま投稿するとこの現象は回避されるようですが、それでも黒くなってしまう場合は、インスタグラムのオプションから「設定」にある「アップロードする画質」を「ベーシック」に変更して投稿を試してみましょう。 インスタグラムが開けない、起動できないエラー インスタグラムを起動しようとアイコンをタップしても、インスタグラムが立ち上がらずそのままエラーが表示される場合があります。 これは ユーザーのキャッシュデータ容量が多すぎるためかインスタグラムに障害が起きている場合に多いエラーです。 対処 インスタグラムに障害が起きている場合は公式からのアナウンスを待つ以外に方法はありません。 ただ、キャッシュデータは自分で削除可能ですので、試してみてはいかがでしょうか? キャッシュデータの削除はAndroidとiOSで方法が異なりますので、ご注意ください。 インスタグラムはiphoneやipad上ではなく、サーバー上にデータがあるサービスですので、今までと同じユーザー名とパスワードを使用することでこれまでと同様使用できます。 インスタグラム「オプション」 この他に、インスタグラムのエラーはインスタグラムの設定や、インスタグラムの公式サイトの 「よくある質問」や「ヘルプ」の内容を頭に入れておくことで、突然の不具合でも焦らず対処できます。 インスタグラムの設定はオプションメニューで確認することができます。 オプションメニューは自分のプロフィール画面を表示し、右上にあるメニューアイコンをタップすると表示されます。 インスタグラムヘルプセンター オプションメニューにあるは、インスタグラムの使い方の他、トラブルシューティングやよくある質問コーナーもあり、エラーについても解決策が記載されているかもしれません。 困ったときはチェックすることをお勧めします。 インスタグラムでエラーが発生した場合のチェックリスト インスタグラムを使っていてエラーになってしまった場合、以下の要領でスマートフォンやインスタグラムの設定をチェックしてみましょう。 1.携帯電話やタブレットを再起動します。 Instagramで問題が発生した場合は、最初に携帯電話やタブレットを再起動してみます。 2.アンインストールと再インストール 携帯電話やタブレットを再起動しても問題が解決しない場合は、Instagramの削除と再インストールを試してください。 iPhoneおよびiPad ホーム画面で、Instagramアプリのアイコンが振動するまでアイコンを押し続けます。 アプリの[x]をタップして削除します。 写真とプロフィールの情報はInstagramで保存します。 App Storeに移動し、Instagramを再インストールしてから、ユーザーネームとパスワードを使用してログインします。 [アンインストール]をタップします。 Google Playストアに移動し、Instagramを再インストールしてから、ユーザーネームとパスワードを使用してログインします。 3.インターネット接続の確認 上記の2つの方法で問題が解決しない場合は、InstagramをWi-Fi接続とモバイルデータ接続の両方で使ってみて、Wi-Fiやモバイルデータの接続が弱いことが問題の原因かどうか確認してください。 出典:インスタグラムヘルプセンター インスタグラムのエラーまとめ インスタグラムを使っていく上で出てくるエラーは、インターネットの接続環境やお使いのスマートフォン端末の設定によることも多いです。 エラーが出た場合は、まず 基本的な通信状況の確認やスマートフォンの再起動などを実施してみましょう。 加えて、 公式ヘルプセンターやインスタグラムのオプションを覚えておくと、突然のトラブルでも慌てず対処できます。 ぜひこの記事の内容を頭の片隅に覚えていただけると幸いです。

次の

インスタグラムに登録できない原因と対処法まとめ!ユーザーネームの登録エラーも

インスタグラム ユーザーを読み込めませんでした

インスタのDMが送れない原因や対処法 インスタ側の不具合 インスタでは過去にDMで写真が送れなかったり、DMを送信しようとすると「スレッドを作成できませんでした」と表示される不具合が確認されています。 DMが送れないだけでなく、コメントができなかったり、いいねできないなど、他の不具合も見られる場合はインスタ側で大規模な不具合が発生している可能性が高いです。 Twitterで以下のようにツイート検索して同様のユーザーが多く見られる場合は、しばらく時間を置いてからDMを送るようにしてみましょう。 「 インスタ DM 送れない」 「 インスタ メッセージ 送れない」 「 インスタ 不具合」 ブラウザ(Web版)から送る こちらは不具合時に試していただきたい方法でもあるのですが、アプリからDMを送れなくてもブラウザからであれば送れる可能性があります。 ChromeやSafariなど、お使いのブラウザからインスタグラムにログインしてDMを送信してみましょう。 電波の接続状況が悪い インスタは電波の接続状況が悪いと「インターネット接続がありません」とエラーメッセージが表示されるのですが、こちらのメッセージが表示されていなくてもDMが送れない原因の一つとして電波の接続不良が考えられます。 モバイルデータ通信のアンテナの本数が1本であったり圏外になっていないか、Wi-Fiのマークにビックリマークが付いていないか確認してみてください。 上記に該当するようであれば、以下の対処法を取り入れてみましょう。 モバイルデータ通信とWi-Fiの切り替え• 電波の良好な場所に移動• Wi-Fiルーターの再起動• ネットワーク設定のリセット メッセージの内容がスパム判定されたため 具体的にどういった内容のメッセージを送信しようとするとスパム判定されるのかは明らかにされていないのですが、インスタのセキュリティシステムによってブロックされてしまうとDMを送ることができません。 メッセージ内にスパム判定されそうなURLを含んでいたり、誹謗中傷など相手が不快に感じる文言が含まれていたり、短時間に同一のメッセージを複数人に送信しているとスパム判定される可能性があります。 ストーリーからのDMを解放していない インスタのDMはストーリーの下側の「メッセージを送信」という箇所から送ることもできるのですが、相手がストーリーに対する返信やシェアを許可しない設定にしているとメッセージを送ることができません。 ストーリーの感想をどうしても伝えたい場合は相手のプロフィールページの「メッセージ」から送るようにしてください。 相手が非公開アカウント DMを送りたい相手がフォロー外の非公開アカウントだとプロフィールページにメッセージボタンは表示されません。 ですので、一見するとDMを送れないように思うのですが、画面右上の「…」をタップして「メッセージを送信」からDMを送ることができます。 ただし、非公開アカウントにしているということは外部のユーザーとの交流にそこまで積極的なわけではないので、DMの内容にはくれぐれも配慮したいものです。 相手にブロックされている DMを送りたい相手にブロックされていても、過去にやり取りを行っていればメッセージの履歴は残ったままなので、相手には届きませんが、そちらからDMを送ることは可能です。 しかし、メッセージの履歴を削除済みだとDM内検索を行っても、アカウント検索を行っても相手のアカウントは表示されないためDMは送れません。 どうしてもDMを送りたい場合はブロックされていない別のアカウントから送るようにしてください。

次の