沢村栄純 球種。 沢村栄治は160キロ超? 往年の名投手の球速は… :日本経済新聞

沢村栄治

沢村栄純 球種

Contents• ダイヤのA act2で覚醒した沢村栄純はヤバイ! ナンバーズを習得 沢村は、 ダイヤのA act2にてナンバーズという彼独自の変化球を習得しました。 現状彼が使うナンバーズである程度戦力として考えられる球種は、• ツーシーム• ストレート• チェンジアップ• スプリット (未完成)• カットボール改• ナックル (原作投球シーン未登場) があります。 ・・・既に6種類です(汗) 高校生としては十分なストレートを習得しているにもかかわらず、更に未完成含めても5種類の変化球を持っていると考えると、この時点でもはや 最強レベルのピッチャーと言えますね。 実際、沢村はこのナンバーズを習得したことで覚醒したのです。 キレと伸びのあるストレート• クセ球• サウスポー といった本来の彼の持ち味だけでなく、変化球を習得することで彼は真のエースへと成長していったのです。 ナンバーズは、沢村の最大の武器であるとともに、 彼が急成長するきっかけにもなったと言えますね。 球速も135キロ以上に! 沢村は、高校2年生になったダイヤのA act2での沢村は、 MAX135キロ以上のストレートを投げれるようになっています。 元々彼のストレートは伸びが凄まじく、球速以上の威力があると言われていました。 実際、高校1年製の時点で、ただのストレートなのに打ち損じ・空振りが多かったほどの一級品ストレート。 それが球速を身に着け、更に緩急をつけるチェンジアップをも習得しているとなれば・・・これは 凄まじい武器ですね。 沢村の覚醒という観点で見ると、この135キロの速球もそれにあたりますね。 普通の高校生なら、この球だけで高校のレベルによりますがエース~2番手には入れます。 それが武器のたった一つであり、しかも コントロールよし、キレよし、伸び良しの豪速球となると・・・ もう無敵ですね(笑) 正確無比なコントロール 最近の沢村は、ナンバーズやストレートばかりに注目されがちですが、真の彼の武器は、その正確無比なコントロールです。 沢村は、クリスや御幸との練習の甲斐もあり、 1級品のストレートを4隅にしっかり投げ分けることのできるだけの技術を持っています。 いくら速いストレートでも、ファーボール続出、ど真ん中にすっぽ抜けてばかりでは意味がありません。 沢村の球は、速度は並(といっても、一般高校レベルで見れば十分すごいですが・・・)ですが、それを補って余りある精度があります。 彼がナンバーズを完璧に習得し、これらも全て狙ったところに投げれるようになった時、 遂にその才能は花開く時が来ます。 そう、真の覚醒、そしてエースへと成長を遂げるのです。 1試合完投できるスタミナ 沢村は、とにかくスタミナおばけです(笑) まあ練習自体が好きですし、 無茶苦茶な練習量をしっかりこなしていることもあって、ピッチャーに一番大切なスタミナは抜群! 完投することも調子が良ければ全く問題はありません。 スタミナは、完投だけでなくピッチングの精度にも影響してきます。 沢村のような細かいコントロールを武器にしているピッチャーにとって、その精度は非常に重要。 彼の驚異的なスタミナがあるからこそ、 ナンバーズもストレートも光り輝き、より一層沢村を光らせることにもつながっているのです。 1年生時から練習にしっかり取り組み、スタミナを付けてきたからこその沢村の現在の覚醒・無双状態につながっていると言えますね。 バスターを習得して打力もアップ! 沢村は、 バスター打法を取り入れることで打力もしっかり向上しています。 以前はバント職人という立ち位置でしたが、バスター(バントの構えから打つ)を覚えたことで、たまをしっかり見つつ、コンパクトなスイングで打てるようにもなっています。 これは、ピッチャーとしてでなく、一人の野球選手として沢村が覚醒しつつある兆しとも言えますね。 もちろんバスターですので、長打力は付くことはないですが、それでも沢村は ヒットを打てる確率は大幅に上がりました。 バントが上手く、戦術に応じてヒッティングも狙えるとなると、普通に代打としても活躍する時が来るかもしれません。 チームを盛り上げるムードメーカー 沢村の覚醒はダイヤのA act2からですが、その前から彼は既に チームのムードメーカーです。 そう、このムードメーカーという能力は非常に重要で、青道高校がピンチなときでも、沢村に鼓舞され、みんながやる気を取り戻すこともしばしば。 だからこそ、沢村は信頼され、また同時にみんなに支えても貰えるのです。 彼はチームを支えるピッチャーであるとともに、みんなに支えてもらっている選手でもあります。 まさに、選手の理想形とも言えますね。 ピンチにこそテンションを上げていく沢村のメンタルは、きっと勝ち進んでいく上で大きな力になることでしょう。 エースを任されたという事実 ダイヤのA act2では、遂に沢村は エースナンバーを背負うことになりました。 降谷を追いかけ、並び、遂に抜いたという事実は、彼に強烈な自信を植え付けたことでしょう。 そうした経験はピッチャーにとって、非常に大きな糧となります。 エースナンバーを背負うことは、同時に チームの期待を一身に背負うことにも繋がります。 しかし、そういった経験は選手を爆発的に成長させ、超高校生級のピッチャーへと成長させることは、ダイヤのAに限らず、現実世界でも頻繁に起こっています。 沢村もまた、エースナンバーを背負うことに寄って芽生えた自信やプライド、そしてライバルである降谷との今後も続くエースナンバー争いが、さらなる覚醒を促し、彼を成長させることでしょう。 まとめ 今回は、 ダイヤのA act2にて沢村が覚醒した現時点での能力を見ていきました。 はっきり言って、沢村は最強レベルのエースへと成長しつつあります。 これが漫画でなければ、 既にプロ入り内定しているほどに彼は今強くなっています。 しかし、エースとして覚醒を始めたばかりの沢村は、今後もまだまだ成長していくこと間違いなし! さらなる飛躍が期待できますね。 今後ナンバーズを更に増やすのか、あるいはストレートの球速が上がるのか、彼の成長がどのように進んでいき、そして覚醒することとなるのか。 漫画もアニメも、目が離せません!.

次の

ダイヤのA(エース)沢村栄純が投げてるナンバーズの正体とは?球種についても

沢村栄純 球種

オリ変で再現したかったんですが、カットボール改にオリ変を使ってしまったので、今回はムービングで代用。 チェンジアップ(ナンバー5) 前から投げてましたが、ストレートの球速が上がったことで、より緩急が付いて強力に。 カットボール改(ナンバー7) 沢村の元々の持ち球「カットボール」の改良版です。 ストレートと変わらない球速から打者の手元で大きく変化します。 元の「カットボール」は打者の直前で少し変化し打者をつまらせる球だったのが、 握りを改良したこの「カットボール改」はキレと変化量が増しており、打者から空振りを取る球になってます。 ちなみにこの球を見た天久は興味津々で沢村に投げ方を聞いてました。 カットボール改のパラメータ パワナンバー : 10300 00105 10623 こちらがオリジナル査定です。 球速や球種などを1年時より大幅に成長させてます。 act2沢村の決め球である カットボール改は「カットボール」を改造したオリ変で再現しました。 なかなかえぐい変化をしますw オリ変枠がないのと、SFFが増えた都合上、高速チェンジアップは ムービングファストに変えてます。 それによって今度はツーシームが習得できなくなったので、代わりに Hシュートを付けました。 また、練習試合でレフトの守備につくようになったので、外野のサブポジも付けたかったんですが、ポイント不足で断念。 どうせこれからナンバーズが増えると思うので、サブポジ含めてまた作り直します。 投球動画 実際にカットボール改を投げてみました。 えげつない変化です。 捕手目線からご覧ください。

次の

【パワプロアプリ】沢村栄純の評価とイベントとコンボ【パワプロ】

沢村栄純 球種

本作の主人公で、青道高校の2年生ピッチャーです。 175cm 65kg 誕生日:5月15日 血液型:O型 長野県 赤木中学出身の16歳です。 MAX135キロで、 球種はフォーシーム、ナチュラルムービングファスト、カットボール、チェンジアップ、高速チェンジアップと多彩で、チェンジアップは二種類で使い分けることが出来ます。 MAX135キロと強豪校では遅い部類に入りますが、天性の肩の柔らかさから繰り出される出処の見えづらいフォームで、打者は球速以上の体感速度を感じることになります。 コントロールも悪くなく、イップス克服後には内外に投げ分けるコントロールを習得しています。 そして、最大の武器はなんといってもピンチの場面でも逆に燃え上がるその精神力です。 中学3年時に当時の青道高校四番を三振にとるなどどんな場面でも物怖じしない強心臓のキャラとして描かれています。 全てが平均以上の能力で、意外にも実は投手としての弱点が少ないキャラとなります。 唯一の弱点といえばバッティングですが、バントでカバーできているのでプラマイ0でしょう。 エース争いのライバル・降谷、投手としてのライバル・轟 この主人公沢村ですが、2人のライバルがいます。 1人は同級生の投手、 降谷曉 ふるやさとる MAX154キロを超えるストレートを持つ怪物で、現在の青道高校のエースピッチャーです。 野球漫画で同じチーム内にライバルがいるってなかなか珍しいんですよね。 そして降谷も全国屈指の好投手となっているため、沢村がエースとなるためにはこの降谷に追いつく必要があります。 現在は知名度・実力ともに降谷が一歩リードしている状況です。 (実際エースナンバーは降谷ですしね) そしてもう1人は、同じ西東京地区の薬師高校の4番・ 轟雷市 とどろきらいち です。 噂では当初の主人公の構想だった人物で、その能力も化け物クラスになっています。 今のところ作中最強打者で、こちらも同学年のため、卒業までついてまわるライバルとなります。 沢村がエースとして成長するためには、この2人のライバルを倒す必要があるようです。 沢村の彼女候補は2人いる 最後にご紹介するのは、主人公沢村の彼女候補の人物です。 それがまた2人いて、1人は幼馴染の 蒼月 若菜(あおつき わかな)です。 現在は別の高校に通っているようですが、大会後にはメールで、 「栄純の成長をもっと近くで見届けたかったな」 と送るなど、沢村に好意を抱いている様子が伺えます。 (ただし本人は気づいていない) もう1人は青道高校の同級生マネージャーの 吉川 春乃(よしかわ はるの)です。 こちらも沢村が若菜と喋っている所を意識してみる描写が描かれるなど、沢村に好意を抱いている様子が伺えます。 (もちろんこちらも沢村は気づいていません) 蒼月 若菜 と 吉川 春乃 、おそらく漫画的にはどっちかとくっつくんでしょうが、どちらとくっつくんでしょうか? 個人的には幼馴染の若菜を応援したいところですが。 春乃エンドも十分ありえそうです。 もしくはどっちともくっつかずに終わるというのもありえるかもしれませんね。 どちらにせよ今は野球に一筋の様子が描かれているので、恋愛フェイズに移行するのはまだ先のことになるかと思われます。 こちらもどうぞ!.

次の