ポケモン剣盾 ミミッキュ アッキ。 【ポケモン剣盾】アッキの実を持たせた「ピクシー」とかいうポケモン、特性も択があって対面するとなかなか厄介よな…

【ポケモン剣盾】タルップル入りでマスターボール級【ランクバトル】

ポケモン剣盾 ミミッキュ アッキ

どうもも始めまして。 コーラマンと申します。 剣盾シーズン3で3桁記念にブログ構築記事書きます。 (ぽけふぁんに載りたすぎるので 並びはこんな感じです。 巨大強いから始まり中心の構築です。 ぽけふぁんを眺めつつを使ったいい構築ないかなと探していたところ、勝手に名前を出して申し訳ないですがライさんが使っている並びが強そうだなと思ったのでかなり参考にさせてもらっています。 もともとはパッチラゴンのところを後攻の尻尾オーロンゲを使っていましたが、構築バレしてきたのか終盤に近くなるとロン毛が尻尾を渡すだけの係になり数的不利を取られる、明らかに型を読んだ動きをされる等、動きにくさを感じたので、前期で強かったミミノラゴンみたいな動きをパッチラゴンでしたいと考えていたのでパッチラゴンを採用しました。 以下簡易解説 普通のAS鉢巻ラゴン。 地面タイプが入っていない構築も増えて通りがだいぶ良かった。 初手に投げてくちばしを打っているだけで崩壊するPTも多かった。 初手に投げて崩しを狙うか、ダイジェットて抜いて行くか、トリルスイーパーで使うか対戦の流れで色々役割を考えれて面白かった。 当てれば最強。 トリルアッキ。 配分はキッスのダイジェット皮ダメ込み耐えとアッキ後球ギャラのダイジェット皮ダメ込み耐えだったと思う。 トリルは、影打ちトリル呪いまでが確定であとひと枠が選択だと思うが挑発にしているのは,カバのあくびや終盤に増加した呪い身代わり痛み分けがウザかったため。 途中鬼火にしたりじゃれつくにしたりしたが、挑発が一番便利だった。 呪いと合わせて起点にならないのが偉い。 構築の軸でMVP。 トリル後に先制でとりあえず呪いしてしてキョダイ再生打っとくだけで強い。 きのみ拾ってきたら最強だった。 鬼火とダイドラグーンはやめて下さい。 準速パル抜き抜きキッス。 が通せなさそうなときに出す。 カバが先発できそうなときとかにとりあえず出して初手ックスしてた。 重すぎる初手ガルドに対してはエラスラひるみ狙いで誤魔化していた。 (ほぼ失敗) 普通のASガルド。 相手の呪いを見れる聖剣が強すぎた。 何故かも突っ張ってくるので倒せる。 ガルドミラーやカバもきつかったのでCSにしようとも考えたが聖剣が強すぎたので最後までこの型で使っていた。 受け構築を見る枠。 変えれるなら真っ先にここを変えるべき枠だと思うが特性や技範囲のお陰でこのPTのバランスが取れているようにも感じたので最後まで切れなかった。 誰か対受けル最強教えて下さい。 まとめ 始めてブログ書いたので文章や構成がド下手だと思いますがご了承下さい。 このPTにしてからは終始3桁は安定していたので強い構築だったと思います。 シーズン4からはキョダイ解禁でどういう環境になるか読めませんがまた構築記事書ければなと思います。 colapokepoke.

次の

【単体考察記事】アッキミミッキュ

ポケモン剣盾 ミミッキュ アッキ

【はじめに】 s7潜られていた方々、お疲れ様でした。 サネです。 前期はなかなか納得のいく結果が出せませんでしたが、今期はかなりのデフレの中でも、自分の納得のいく形で、s3振りに最終2桁を達成することができたので、記事を書きたいと思います。 対面構築において、入れ得な持ち物である襷枠を、相手から読まれにくくて、場を荒らしやすい、襷を前期から続投で採用した。 バを止めるための並びとして、カバギャラが環境に増殖していたため、簡単に崩せるようにラム持ち悪巧みミトムを採用し、この4匹ではゴリランダーがかなりきつかったため、それに強くて、なおかつ受け系統への役割を持てる眼鏡を採用した。 この5匹では、受け系統の構築 特にバ、ゴリラ入り への不安と電気の一貫を切らないのはまずいと思い、それらの問題を解決するために、弱保砂かきを採用した。 元々は陽気ASぶっぱだったが、威嚇ギャラの多さにうんざりしたため、不意をつきながら簡単に処理できる無邪気エレキボールを採用。 結果的にこの変更が最終2桁に導いてくれた。 間違いなかった。 だいたいの威嚇を簡単に落とすことができていた。 副産物として、やなどにも強く出ることができ、相手からは見えない勝ち筋を作ることができたことも良かった。 火炎も膝もシーズン通して、ほとんど外すことがなく、自覚の塊であった。 後に後述すると、この2匹はMVP級の活躍をしてくれた。 今期から夢バが追加されたこともあって、の数は益々増えていたが、襷が警戒されることは少なく、初手のドラパやパッチラゴンを葬ったり、バやカビを焼いたりと、前期に引き続き十分な活躍をしてくれた。 使い方としては、割と雑めで基本的には初手に出すことが多く、交代もほとんどしない。 怯まない限りは行動保証があるため、なんらかの役割をこなすことはできる。 焼いたりcダウンさせたりすることができればラッキー。 今期は補助技としてな瞳を採用した。 バやギャラが突っ込んでくるため、優位に働いた技であった。 相変わらずの対面性能で、数多の不利な場面をひっくり返してきた。 特に、先に展開してくるバに対して運要素が絡まなければ確実に切り返すことが出来ていたので、その点が非常に優秀だった。 アッキが発動することによって、バの攻撃も割かしなんでも耐えるが、飛び跳ねる麻痺痺れだけはやめていただきたい。 今期もミラーが多発すると予想し、前期の個体よりも少しだけSラインを上げたが、結果的にこれが正解であり、だいたいのアッキミミの上をとることが出来ていた。 間違いなくMVP級の活躍をしてくれた。 7世代から使っている対面最強ポケ。 使い所を間違えなければ、強力なエースの一体になる。 砂かきを見た時点で相手は弱保を警戒する人が多く、あまり発動機会はなかったが、上手く展開すれば最低でも1. 5匹はもっていけるので、非常にパワーのあるエースであると感じた。 受け系統に対してもを絡めて崩しの部分をしてくれた。 見かけ上の電気の一貫を切ってくれているのもGood。 ただ、使い所や使い方が自分にとっては難しく、なかなか選出機会を与えてあげることができなかったが、活躍するときは活躍してくれたので良かったと思う。 のはずが体感的に全然怯ませてくれなかったり、ここぞというときにエアスラ外したりと散々なこともあった。 しかし、それ以上に活躍は大きくて、エアスラはもちろん活きた試合が多かったが、草結びもかなり有効に働いてくれた。 基本的には非であるが、自らしてエースになり試合を決めてくれたこともあったので、良かったと思う。 一時期はドヒドをカモるためにサイキネを採用していたこともあった。 ラムを持っているためカバに対して安定して後投げが可能であり、巧んでエースになることも多々あった。 Sラインは準速ギャラ抜きにまで振ったが、ほとんどのの上から電気技を叩き込むことができたので、構築にも環境にもかなりマッチしたであった。 受け構築にも強くて偉かった。 バとミミと同じぐらい、選出したときは大活躍してくれた。 選出回数的に見て、準MVPというところ。 前期の構築は記事にしてなかった理由として、今期もこの構築を煮詰めていきたいと思っていたからです。 ですが、夢御三家がきてしまったので、前期の構築はおジャンとなり、記事にする程の価値もなかったので書きませんでした。 今期のレートについては、デフレシーズンだったとはいえ、s3振りに最終2桁を達成することができ、なおかつ前回よりも順位をあげることが出来たので、大満足な結果です。 終盤近くになって、ゴリランダーが辛すぎて、一時期今期は諦めようかとも思ってましたが、なんとか這い上がることができて良かったです。 s8からは環境がガラッと変わって、追加ポケの考察も進められていくと思うので、自分も気長にですが、負けじと頑張っていきたいと思います。 長々と話してしまいましたが、ここまで閲覧していただいた方々ありがとうございました。

次の

【単体考察記事】アッキミミッキュ

ポケモン剣盾 ミミッキュ アッキ

ミミッキュは素早さで上をとっている相手に対し、 剣舞をしながら、攻撃をばけのかわで受け、上がった攻撃で仕留めるというのが基本的な戦い方となっている。 上を取られている場合でもかげうちで削ることができる。 相手のダイマックスターンを枯らせる ばけのかわは相手のダイマックスわざを凌ぐこともできる。 ばけのかわやダイウォールでダイマックスターン稼ぎが出来るのもミミッキュの長所だ。 最近ではゴーストダイブでさらに時間稼ぎをするミミッキュが増えてきた。 持ち物はいのちのたま以外もあり この型はいのちのたま型として紹介しているが、実はピントレンズやするどいツメもおすすめ。 個体値も0を目指そう。 ただしミミッキュは最遅でもそれなりに速いため、必ず有利になるわけではないので注意。 安定してトリックルームを発動可能 特性「ばけのかわ」により大抵の状況下で1回行動できるため、トリックルーム要員に最適。 鈍足アタッカーのドサイドンやローブシン、ヨクバリスなどに繋ぐと強力だ。 トリックルームのターンを無駄にせず早期退場を狙える上に、対面した相手に絶大な負担をかけられる。 ほぼ確定で身代わりを貼れるので、 素早さで勝っている相手なら一方的に倒すことができる。 基本的には技構成は固定 受けのHPを削るためののろいは必須。 みがわりがあると補助技を対策でき、いたみわけを覚えさせれば回復と削りを同時に行える。 攻撃技は威力重視でじゃれつくがおすすめだ。 攻撃技が無い構成もあり 対耐久型だけ見るのであれば、じゃれつくをに変更し、耐久に努力値を回す選択肢もある。 ドヒドイデやミロカロスのねっとうで身代わりが壊れないようにすると、より突破不可能な状況を作れる。 また先制でゴーストダイブをすることで、 ばけのかわと合わせてダイマックスターンを枯らす動きがしやすい。 でんじははダイジェットエース対策 でんじはは、ダイジェットを使用してくるエースポケモン対策として採用。 ミミッキュはやられてしまうが、後続のポケモンで対応しやすい状況を作れる。 パーティによってはウッドハンマーやみちづれなどに変更しよう。 ドラパルトやサザンドラを先に攻撃できる こだわりスカーフを持つことで、S種族値で劣るドラパルトやサザンドラを先に攻撃できる。 性格をいじっぱりにしているのは、4振りドラパルトをじゃれつくで確定1発にするためだ。 技や持ち物の選択肢 技の選択肢 技 解説 ・便利な先制技 ・急所率が高いタイプ一致技 ・ダイホロウでBダウンが可能 ・威力の高いタイプ一致技 ・ダイフェアリーで状態異常対策ができる ・のろいやダイマックスのターンを稼げる ・ヌオーやトリトドンに有効 ・でんきだまを持たせて使う ・ダメージを与えつつ相手をまひさせる ・対ミミッキュならばけのかわを剥がせる ・じめんタイプもまひする ・スカーフを持たせて使う ・相手をまひさせる ・みがわりとの相性がいい ・やけどにしてAを下げる ・やられる直前に使って1体をみちづれにする ・受けの補助技を封じる 持ち物の選択肢はかなり多い 持ち物は回復きのみ、特にオボンのみや攻撃重視のいのちのたまが定番。 でんきだまをなげつけるで投げてまひにするのもおもしろい。 殴り合う回数が多いのでひかりのこなで攻撃を外したり、スカーフをトリックで押し付けるのもありだ。 ばけのかわを貫通するか、物理を受けながらはがね技で抜群を狙える。 アーマーガアでほとんどなにもさせない アーマーガアの夢特性は、 能力を下げられず相手に跳ね返すというもの。 ミミッキュの攻撃で通るのはゴースト技だけであり、ダイホロウのBダウンの効果も跳ね返せる。 シャドークローの急所以外には安定した対応が可能だ。 ばけのかわを剥がしながら相性のいいポケモンに交代できるため、相手に1ターン与えずに済む。 物理耐久の高いノーマルタイプで対策 ミミッキュの攻撃技は基本的に ゴーストとフェアリータイプのみ。 ノーマルタイプでゴースト技を無効にすれば、攻撃手段はじゃれつく ダイフェアリー しかない。 物理耐久を厚くしたヨクバリスなどで対策が可能だ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の