無印 土鍋おこげ。 無印良品『土釜おこげ』で作る炊き込みご飯が美味すぎたので全力でオススメしてみる

無印良品 土鍋おこげ 3合 レビュー

無印 土鍋おこげ

「土鍋で炊いたご飯は、旅館のシメで出てくるレベルに美味しい!しかも意外に簡単!」というのが、前回のお話。 もっちりやわらか系の仕上がりでとっても美味しく、今年に入ってからずっと、晩ご飯は土鍋で炊いたご飯を食べています(朝は、予約炊飯が必須なので炊飯器使用)。 難しいと思っていた火力の調整も、想像していたような複雑さはなく、慣れてしまった今では、おかずを作る流れの中でできちゃいます。 AT車からMT車に乗り換えたときのように、あーだこーだ操りながらご飯を炊くのが楽しい。 こうしてハマってくると、炊飯専用の土鍋を欲しくなるのがお決まりのパターン。 専用鍋ならもっと美味しくご飯が炊けるんじゃないかと、妄想が膨らみます。 調べてみると、無印良品の『 土釜おこげ』の評判が良く、値段も手頃、というわけで早速購入してみました。 「土釜おこげ 3合炊き(無印良品)」 4人家族の我が家では2合炊きじゃ足りないだろう、ということで 3合炊きを買いました。 白米だけならまだしも、炊き込みご飯ともなると3合でも足りないぐらいなので。 子供の成長は早い!いや大人もか、いやそれは衰退か。 一般的な土鍋にくらべると、縦横比が異なります。 一般的なものは横に広く、底面積が大きい。 一方、土釜おこげは 縦に長く、寸胴鍋的なフォルムをしています。 我が家のビルトインガスコンロには「炊飯モード」というものが付いているのですが(今まで一度も使ったことがない)、それに適したお鍋の形状というのが説明書に記載されています。 フタが重く、鍋本体に落とし込むような形になっているもの。 フタと鍋にすきまがないもの。 鍋のフチが高いもの。 鍋は深いもの。 鍋底が平らなもの。 土釜おこげのフタは、本体にただ乗っけるだけの、自重で押さえ込む仕組みなので、密閉性が確保されているわけではありません。 なので「フタと鍋にすきまがない」という項目は当てはまらないですね。 ちなみにこの「炊飯モード」、そもそも土鍋は適していないようです。 温度が正しく検知できない、というのがその理由。 やっぱりこのモードは使わないなぁ。 土釜おこげは 伊賀焼。 粒子が粗く(多孔質)という特徴を持っています。 メリットは、• 遠赤外線効果が高い• 蓄熱性が高い• 耐火性能が高い• 通気保湿効果がある デメリットは、• 水漏れしやすい• ニオイがつきやすい 基本的にはご飯専用なので、ニオイの件はスルーしても大丈夫でしょう。 どうしても気になる場合は、茶殻やお酢を入れて煮立たせると良いそうです。 それよりも水漏れが気になりますね。 対策としては 「目止め」をすることです。 お粥を炊くんですね。 初めて使うときはもちろん、底にヒビが入ってきたときにも有効な手段だそうです。 要は、糊化したデンプンで埋めてしまうわけです。 こういうナチュラルなメンテナンス方法は、割りと好みです。 八分目くらいまで水を入れ、水量に対して5分の1程度の冷ご飯を入れます。 フタをして弱火にかけ、じっくりと沸騰させます。 お粥が煮上がったら、フタをしたまま放置。 冷めたらお粥を取り出して、水洗いして完了。 コーティング作業をしているようで、なんだか楽しい。 初めての炊飯は失敗! 目止めも終了したので、説明書通りにお米を炊いてみました。 鍋の中で洗米、水切り。 中火にかける。 15〜17分後にガスを止め、フタをしたまま20分程蒸らす。 一般的な土鍋炊飯の手順よりも、 工程が1つ少ないのがポイント。 弱火に火力を落とす工程がありません。 土釜おこげは、フタと本体がとても分厚く作られているので、ガスを止めた後も追い炊き効果が維持されるんですね。 こりゃ楽チン! んでもって、初めての炊き上がり。 一見、上手く炊けているようですが、実は 失敗しています。 表面は芯が残っていて、底はべちゃっとしている。 「簡単に炊ける」というレビューは多く見るけれど、「失敗した」という声はほとんどなかったので、結構ショック。 失敗の原因は火力にあり 失敗した原因は何か? やはり火加減です。 そこで、• にそれぞれ変更してみたところ、 なんとか合格点には到達しました。 使うガスコンロにもよるのでしょうけど、我が家のコンロの中火では 火力不足だったんですね。 しかも火力不足のまま15〜17分でガスを止めたもんだから、沸騰まで至らなかったと想像できます。 味そのものは、美味しく感じました。 お米本来の甘みが引き出されていて、我が家の炊飯器には到達できないレベルの美味しさです。 けれども 食感が良くないんですね。 ベチャつきが残っていて、弾力に欠けてしまっている。 お米の一粒一粒が立っていて、噛むと若干の跳ね返りを感じつつも、中はもっちりしている、というのが理想なんですけどね。 炊き方を工夫すれば何とかなるのかな。 ちょっくら研究してみます。 あとがき 「中火に15〜17分かけた後、ガスを止めて20分放置」 一文で書けてしまうほど簡単操作の土釜おこげですが、時間表記を鵜呑みにしてはいけません。 だいたいこれぐらいの時間で沸騰するよ、という目安でしかありません。 沸騰したかどうかは、鍋とフタのすきまから蒸気が吹き出してくることで分かります。 それから1〜2分後にガスを止める、というのが自然の摂理に則った方法。 説明書にも書いてあることですが、注書き扱いになっているので見落としていました。 あれは変えたほうが良いと思いますよ、無印さん。 そう考えてみると「浸漬時間は20分」とか「蒸らしタイムは20分」とかも怪しいもんで。 このあたり、カスタマイズの余地がありそうです。

次の

【無印良品】使いやすいおすすめ鍋&フライパン14選!人気の理由を徹底解説

無印 土鍋おこげ

今年からはこいつが相棒。 ほぼ味噌汁のみ。 無印良品のステンレス鍋。 結構重い。 熱伝導が良く、すぐに温まります。 もちろんIH対応しています。 無印良品の片手鍋が人気の理由は、長時間煮込む料理でなければ、取っ手が熱くなり過ぎないという点です。 加熱しても取っ手をそのまま持てるというのは、調理中かなり便利です。 また、取っ手はステンレス製なので、そのままオーブンに入れることもできます。 大き過ぎないので、余った料理を鍋ごと冷蔵庫に入れているという人もいます。 2~3人家族なら、16cmサイズが毎日の調理に使いやすく、おすすめです。 値段は¥4,900で、耐久性があるので長く使えます。 ステンレス アルミ全面三層鋼・片手鍋・フタ付・16cm 値段 ¥4,900 容量 1. 3~4人家族であれば、18cmサイズが毎日使いやすいでしょう。 大きめのサイズなので、パスタ等の麺類を茹でるのにもピッタリです。 熱伝導が良いので、お湯が早く沸くのも助かります。 保温性も高いので、じっくり煮込む料理に使うのもおすすめです。 値段は¥5,500ですが、手入れが簡単で長期間使えることを考えると、決して高い値段ではありません。 料理のプロが使うようなステンレスの鍋を、この値段で買えると思えば、安い値段なのかもしれません。 保温性が高いので、カレーやシチュー等、弱火でコトコト煮込む料理に向いています。 片手鍋の取っ手が長く、邪魔に感じる人には、こちらの両手鍋がおすすめです。 両手鍋も、もちろんIH対応です。 焦げ付きにくく、使用後の手入れが楽なことも人気の理由です。 片手鍋と違い両手鍋は取っ手が短い分、加熱すると取っ手が熱くなるので、鍋つかみを忘れないように気を付けましょう。 熱伝導率の良い鉄製なので、カリッと焼いたり炒めたりするのが得意なフライパンです。 取っ手まで鉄製なので、オーブンにもそのまま入れられます。 鉄製のフライパンはIH対応していないものも多い中、無印のフライパンはIH対応もしています 値段は¥3,990と、安くはないかもしれませんが、長期間使えるのが魅力です。 最初に油慣らしという手順が必要ですが、使い続けるうちに油が馴染み、サビやこびりつきが無くなります。 洗う時に、洗剤は不要です。 テフロン製のフライパンのように手入れに気を遣う必要がなく、熱いうちにタワシや固いスポンジでゴシゴシ擦って洗えます。 使い続けるほど使いやすくなる、まさに「育てるフライパン」です。 鉄フライパン22cm 値段 ¥3,990 容量 1. 2年くらい迷いつつどれにしたらいいのかわからずだったけど、無印に安いのがあるの知って踏ん切りがついた鉄のフライパン。 ステンレス深鍋も買った。 — midori 0924midori 26cmの、3~4人家族でも使いやすい鉄製フライパンです。 熱伝導が良いので、いつもの炒め物や卵料理が、格段に美味しくなったという口コミが目立ちます。 26cmの方も、鉄製でありながらIH対応です。 重いと思われがちな鉄製のフライパンですが、無印良品の物は鉄製の割に軽いので、女性でも扱いやすいでしょう。 鉄フライパン26cm 値段 ¥4,990 容量 2. 黒の方が白よりも和のテイストが強くなります。 黒の土鍋は、テーブルの上に置くと、食卓全体が引き締まります。 白釉の土鍋と同じように、保温性が高い素材でできています。 意外と深さがあって、具材等がたくさん入る割に、値段もお手頃です。 ただし無印の土鍋は、IH対応はしていないので、気を付けましょう。 QUOTE 小さいかな?と思って使ってみたところ、深さもあるためちょうどよかった。 引用元:LOHACO 土鍋 黒釉・2~3人用 値段 ¥2,443 容量 1. 簡単でうまい! — 柿太郎 PUBG始めました TANUJIJII 真っ黒でおしゃれなダッチオーブンです。 キャンプをする人以外にはなじみが薄いかもしれませんが、鉄製のダッチオーブンは、内部の温度を一定に保ち、食材に均一に火を通せる鍋です。 フタが重く、鍋の中の水分を逃さないので、鍋の中が圧力鍋のようになります。 食材の持つ水分を生かした、無水調理にもおすすめです。 一見IH対応していなさそうに見えますが、無印良品のダッチオーブンはIH対応です。 オーブンにも入れられます。 ただし3. 9kgと重さがあるので、落としてしまわないように取り扱いには注意しましょう。 鉄鋳物 ダッチオーブン 値段 ¥7,900 容量 4L 用途 煮込み料理、無水調理等 先月から土鍋でご飯を炊くようになり、あまりの美味しさに炊飯器に戻れなくなりました。 土鍋は土鍋で使うこともあり専用の鍋が欲しくなりって買ったのは無印の「土釜おこげ」。 15分で火の調整要らずで炊けるということが魅力でかって、ほとんど失敗ないと言う話だったのが決め手でした。 が、 — コウ koo0h 3合のご飯が炊ける、人気の伊賀焼土釜です。 1~2号の米と具材を入れて、炊き込みご飯を炊くこともできるサイズです。 土釜は厚みがあり重いですが、その重さこそがご飯を美味しく炊ける秘密です。 蓋も重く、鍋の中に圧力が掛かるので、吹きこぼれしにくい設計になっています。 17分加熱したら、火を止めて20分蒸らすのが、おいしい炊飯のコツです。 米の粒が立った、艶々のご飯が炊けるでしょう。 おひつのような通気保温効果もあるので、炊き上がったご飯がべたつくこともありません。 玄米等を炊くこともできます。 ただし無印の土釜おこげも、土鍋と同じくIH対応はしていません。 土釜おこげ3合 値段 ¥4,900 容量 1. 8L 用途 ごはん 無印良品の鍋・フライパンの悪い口コミは? ステンレス アルミ全面三層鋼の口コミ 土釜おこげは、重たいからこそ美味しくご飯が炊けるのですが、その重さをどうしてもネックに感じてしまう人もいるようです。 重いのに取っ手が持ちづらいと感じる人もいます。 また、おこげができると洗うのが大変だと感じる人もいます。 おこげが底にこびり付いてしまったら、しばらく水に浸けておけば簡単に洗えます。 おしゃれで使いやすい!シンプルな無印良品の鍋で料理を楽しもう 無印良品で買える鍋は、シンプルなデザインのものが多く、キッチンでもおしゃれなものを使いたいという人に人気です。 プロが使うようなステンレスの鍋や鉄製のフライパンは、キッチンに並んでいるとおしゃれに見えます。 値段は激安なわけではありませんが、長く使えるものが多いので、長い目で見るとコスパも良いでしょう。 使いやすくシンプルな無印の鍋やフライパンで、今よりもっと料理を楽しみましょう。

次の

MUJI (無印良品)

無印 土鍋おこげ

失敗することなく、美味しく炊きあがるので便利な家電ですよね。 では、土鍋で炊いたご飯は食べたことがありますか?土鍋でご飯を炊くには、ちょっとしたコツが必要だったり、吹きこぼれの心配があったり。 使い方に慣れていない人には難しさを感じるかもしれません。 ですが、やはり炊飯器で炊くご飯とは違う格別の美味しさなんです。 料理屋さんでは、土鍋で炊いたご飯を〆の定番としているところもあるほど。 そんなに土鍋で炊いたご飯がおいしいと言うのなら、食べてみたい!けれどもやっぱり難しいのは…という方も心配いりません。 『無印良品』から販売されている「土釜おこげ」という土鍋を使えば、手軽においしいご飯が炊けると口コミでも評判です。 こちらは主に炊飯用の土鍋ですが、無印良品では他の料理もできる一般的な土鍋も販売されています。 今回は無印良品の土鍋について、そして、ご飯の炊き方や土鍋を使った料理もご紹介したいと思います。 用途に合わせて選択するといいですよ。 ・「土釜おこげ」を使えば、簡単&時短で炊飯できちゃう 出典: さん こちらが、無印良品の「土釜おこげ」です。 直火にかけて炊飯でき、途中で火加減を調節する必要もない優れもの!そして、約17分火にかけるだけでご飯が炊けちゃうんです。 おいしいおこげつきのご飯が簡単&時短で食べられるなら、ぜひ試してみたいですよね。 3合炊きは4,900円(税込)、1. 5合炊きは3,900円(税込)。 直火専用なので、IHでは使えませんよ。 注意してくださいね。 ・素材本来の味を引き出してくれる土鍋はいろいろ使える 出典: さん こちらは、「伊賀焼土鍋・黒釉2~3人用」です。 もちろんご飯を炊くこともできますし、鍋料理や煮込みうどんなど、たくさんの用途に使えますよ。 冬しか出番がないように感じるかもしれませんが、夏にはアクアパッツァなどを作るのもいいですね。 1,950円(税込)とお手頃価格なのもうれしいところ。 他にも、同じ伊賀焼土鍋でも白い見た目の白釉や萬古焼の小鍋も販売されています。 それが、ふっくらもっちりと炊きあがる秘訣。 土鍋で2合炊く場合の基本の炊き方をご紹介しますね。 まず、いつもどおり米を研いで浸水させます。 目安時間は夏場30分、冬場1時間ほど。 米が水を十分に吸ったらざるにあげて水気を切りましょう。 米を土鍋に移し、水を400~450ml加えます。 中火にかけたら10分ほどで沸騰を始めますが、土鍋に慣れていない間は沸騰しているかどうか、蓋を取って確かめましょう。 沸騰したら、後は弱火にして15分。 15分後、水気が残っているかを確認します。 見るポイントは、ご飯の表面に水が残っていないか、大きな泡が出ていないか。 水気があるようなら、1~2分弱火のまま火にかけておきます。 ここは慎重に、様子を見ながらおこなってくださいね。 体に良いものはできるだけ摂りたいですよね。 体に良いと分かっていても、玄米は苦手…という方。 土鍋で炊いた玄米は、ふっくらとしていておいしいですよ。 炊き方をご紹介しましょう。 2合炊く場合のレシピです。 まず、玄米をさっと洗い、1~2度水を変えます。 白米のように研ぐ必要はありませんが、浸水時間が長くなります。 玄米の場合、浸水時間は6時間以上。 この時間をしっかりと確保できるよう準備したいですね。 朝炊くのなら、前日の夜には浸水させておきましょう。 浸水させた玄米をざるに上げて水気を切ったら、土鍋に移して水を500ml加えます。 全体をやさしく混ぜたら蓋をし、中火にかけます。 様子を見ながら沸騰を待ち、沸騰したら弱火にして30分ほど炊きましょう。 炊く時間は使っている土鍋によって多少前後するもの。 30分を経っていなくても、蓋から出る蒸気が弱くなったと感じたら中の様子を確認してみてください。 水分がなくなっていたらもう一度30秒ほど強火に。 蓋をして10分ほど蒸らしたら完成です。 おこげを作る場合の土鍋の使い方をご紹介しましょう。 基本の炊き方は同じですが、最後の蒸らし前に10秒ほど強火にすること。 土鍋によっては20秒ほど強火にした方がきれいなおこげができる場合もありますし、様子をみながら何度か挑戦するとおいしいおこげを作ることができます。 ですが、それだけではありません。 卓上にそのまま出すことができますし、保温性も高いので火を止めてからも温かいお料理が長い時間楽しめます。 ・おでん 出典: さん みなさん、おでんはどうやって作っていますか?おでんも、土鍋を使って美味しく作られるレシピの1つです。 おでんを作るといつもおだしが濁ってしまう…という方、それはぐらぐら煮たてているのが原因かもしれません。 お店のような透き通ったおだしにするには、ぐらぐらしない適度な温度を保つ必要があります。 土鍋で作れば、火にかけていない状態で適度な高温を長く保つことができるのでおすすめです。 ・煮込みうどん 出典: さん 寒い季節、体を温める朝食は一日を元気に過ごすためにも家族に準備してあげたいですよね。 朝から土鍋で煮込みうどん。 体を温めてから家族を送り出すのにピッタリなレシピです。 ・七草がゆ 出典: さん 1月7日の朝、お正月行事の締めくくりとして七草がゆを食べる習慣があります。 その七草がゆも、土鍋でつくると美味しさアップ!おいしい七草がゆで無病息災を願いましょう。 ・炊き込みご飯 出典: さん 出典: さん 土鍋を手に入れたら、ぜひ食べてもらいたいレシピの1つが炊き込みご飯。 炊き込みご飯にも種類はいくつもありますよね。 さつま芋ご飯に栗ご飯、五目御飯やたこ飯。 どれもそれぞれの美味しさがあるので、どれから試そうか迷います。 基本の炊き方をベースに考え、何度も挑戦してベストな火加減や焚き時間を見つけだしてくださいね。 1人暮らしの方も、ひとり用の土鍋がありますよ! まずは毎日のご飯、炊飯器焚きから土鍋焚きに変えてみませんか?.

次の