あずき モンスト。 【モンスト攻略】長命寺アズキ(ちょうめいじあずき)のギミックと適正キャラランキング【究極】

え?帰るの?……モンスト「中の人」の仕事観を変えた先輩の一言【やしろあずき「ゲーム飯」第2回ミクシィグループ】

あずき モンスト

モンストあずき 長命寺アズキ 降臨クエスト「包むは心、甘味漢の放浪記 究極 」の攻略手順やギミック、適正 適性 キャラ・運枠のランキングなどを紹介しています。 『長命寺あずき』のクエスト攻略や周回の参考にしてください。 優秀なキャラなのでコツコツと集めていき、運極を目指しましょう。 ストライクボード対象クエスト 長命寺アズキはストライクボードの対象クエストです。 全て埋めることで豪華アイテムをゲットできるので、周回して全て回収しておきたいところです。 あずき降臨の攻略・立ち回り AGBキャラより火力を優先 重力バリアが出現しますが、ギミックが展開されるのは1ターン後のため、高火力キャラを多く編成することで重力バリアが登場する前に殲滅することができます。 そのためギミック対策よりも高火力キャラを優先して編成しましょう。 貫通タイプがオススメ ビットンやシールドが逃走をする前の開幕時は、反射タイプだと動きづらいです。 そのため開幕の敵数に左右されずに友情を誘発しやすい貫通タイプの方が、雑魚処置をスムーズに行うことができます。 神族はボスの攻撃に要注意 ボスの火力は低いわけではなく、キラー対象の神族が爆弾攻撃を受けてしまうと被ダメが高くなり危険です。 編成を控える必要はありませんが、ワールドなどを編成する際にはHP管理に気をつけましょう。 重力バリア内に味方を入れないように 敵の反撃モードを誘発してしまうと、重力バリア内に爆弾を投下してきます。 重力バリア内に味方が複数いるときに反撃を誘発してしまうと痛手となってしまうため、なるべくバリア内に味方を入れないように注意しましょう。 広範囲友情で固めよう 敵の数が多いため広範囲の強友情キャラを多く編成することで、スムーズに立ち回ることができます。 鬼がレーザーバリアをまとっているためレーザー友情で固めることはオススメしませんが、手持ちの高火力友情キャラを優先して連れて行きましょう。 Sランク(最適キャラ) Aランク(適正キャラ) あずき降臨の適正運枠ランキング 適正運枠キャラ 使える運枠キャラ あずき降臨の道中ステージ攻略 バトル1 立ち回りの注意点・コツ 友情を中心で立ち回ることで敵を大きく削ることが可能です。 そのため基本的には友情の誘発を優先して立ち回りましょう。 ビットンは初ターンに逃走をしながら重力バリアを展開します。 また同時に聖騎士が反撃モードとなり、反撃を誘発してしまうと重力バリア内に爆弾を投下してきます。 この反撃モードによる爆弾投下が主なギミックとなるため、次ステージ以降もバリア内に停止をしないように意識して立ち回りましょう。 またレーザーバリアをまとっている鬼は弱点を攻撃することで大きく削れるため、殴り・友情共に弱点攻撃を意識して行いましょう。 バトル2 立ち回りの注意点・コツ 基本的な立ち回りはバトル1と変わらず、友情を中心に立ち回ることでスムーズに突破することができます。 ただし中ボスが神キラーを持っているため、神族が爆弾攻撃を受けてしまうと被ダメが高くなってしまいます。 爆弾の火力は等倍で受けた場合でも低くないため、神族を編成している場合は注意しましょう。 バトル3 立ち回りの注意点・コツ シールドが右画面に固まっており、1ターン後にシールドのある部分に重力バリアと展開されます。 そのため左半分で立ち回ることで、重力バリアと爆弾攻撃を回避して立ち回ることができ安全です。 友情を中心に立ち回り雑魚処理・ボス削りを行いましょう。 鬼の攻撃は全体約25000程度の白爆発を行うため、攻撃が来る前に倒すようにしましょう。 ボス戦2 立ち回りの注意点・コツ 基本的な立ち回りはこれまでと変わりません。 友情を中心に立ち回り雑魚処理とボス削りを行いましょう。 アビリティロックを受けてしまうと、重力バリアに引っかかってしまい爆弾攻撃の範囲内に停止しやすくなるため、なるべく雑魚処理を素早く済ませましょう。 ボス戦3 立ち回りの注意点・コツ 基本的な立ち回りはここでも変わりません。 友情を利用しつつ殴りでダメージを稼ぎましょう。 敵の数が多いですが、SSが溜まっている場合は雑魚処理をする前に使用してしまい問題ありません。 自らの思想に反する意見を唱える者を狩ろうと、パトロールしているナチスから捕まってしまうかもしれないリスク。 反政府であるために、ドイツ軍兵士に袋だたきに遭うか殺されてしまうかもしれないリスク。 そして愛する者たちを含む全てを失ってしまうリスク。 それが我々の現実だ。 それでも我々は生き延びようとする…最も暗い時代を。 Plan, Act, Survive 舞台は1933年。 あなたはベルリンの小さなレジスタンスのリーダーであり、そのメンバーはユダヤ人からカトリック教徒、共産主義者、そして国が向かっている方向に我慢のならない愛国者などといった様々な人々です。 あなたの目的は政権に対して小さな打撃を与えることです。 ナチスたちの真の目的を記載したチラシを配ったり、壁にメッセージを描いたり、妨害活動を行い、情報を集めながら仲間を増やすことです。 しかも、それらの活動は全て秘密で行わなければなりません。 もしナチス党員たちがあなたのグループのことを知ってしまったら、全メンバーの命が危ないことになってしまうことでしょう。 Experience history レジスタンスとしてプレイする歴史ストラテジーゲームである『Through the Darkest of Times』は、第三帝国の支配下の中で苦しむ人々の薄暗いムードを忠実に描いた作品です。 本作は歴史に忠実であるため、あなたのレジスタンスは戦争の結果を変えたり、ナチスによる残虐行為を全て防ぐようなことはできませんが、可能な限り多くの命を救って、ファシズムの進行を食い止めようとすることは出来ます。 『ダマスカス だますかす 』のクエスト攻略や周回の参考にしてください。 GB対策は2体以上推奨 重力バリアも展開されるものの、画面外の敵により一部の敵だけに付与されるタイプです。 ステージ開幕時は重力バリアの展開がないものの、AGB持ちのキャラは2体以上対策しておいた方が安全です。 妖精族の編成には注意 ボスは妖精キラーを持っているため、妖精族は被ダメがかさんでしまいます。 ボスの火力も高めでHP管理が難しくなるので、極力編成しないようにしましょう。 サソリ処理に有効な友情を編成 サソリが登場するステージがありますが、このサソリを処理することでヒーリングウォールが展開されます。 クエスト唯一の回復手段となるので、素早く展開させることが重要となります。 そのため、パーティ内には必ずホーミング系や毒友情など、サソリ処理に有効な友情キャラを編成しましょう。 バジリスクを処理してから敵を攻撃 バジリスクのドクロ効果を発動することで、自身・敵ともに防御力ダウンします。 こちらの被ダメージも増えてしまいますが、敵を防御力ダウンさせないと残りの雑魚・ボスにダメージを稼ぐことができません。 そのため、バジリスクの処理を最優先に行ってから他の敵を攻撃する立ち回りを行いましょう。 防御力ダウン中の警戒攻撃に注意 中ボス・ボスが持つ警戒攻撃は拡散弾です。 回数を増すごとに攻撃範囲が広がり、防御力ダウン状態で受けてしまうのと一気にHPを削られてしまいます。 そのため防御力ダウン中はボスと距離をとって立ち回ると安全です。 特に不屈の防御は敵から被ダメージ量を大幅にカットすることができるので、適正キャラに装着させておくとより安全にクリアを目指すことができます。 フィールドで序盤の防御ダウンを防げる。 超強スパークバレット。 超強反射拡散弾EL3。 ただし、こちらも防御力ダウンになるので敵からの被ダメージも上がります。 中ボスの警戒攻撃は近距離の拡散弾なので、レザバリ内に味方を停止させなければ安全に回避することができます。 サソリの下にはニードルパネルがあり、1回あたりのダメージ量も高めです。 そのため、回避しながら残りのビゼラーを処理していく必要があります。 またサソリを倒すとヒーリングウォールの展開させます。 早めに展開させた方が安全なので、友情コンボでヒット数を稼ぎ素早く処理しておきましょう。 防御力ダウン状態にさせてしまえば魔導師・中ボスの処理にはそこまで手こずることはないでしょう。 ただし、こちらの防御力ダウン状態で受ける中ボスの警戒攻撃には注意する必要があります。 中ボスの近くには停止しないことを意識しながら立ち回りでしょう。 サソリは早めに倒してヒーリングウォールを展開させ、HP管理に役立てましょう。 こちらも最も気をつける点は中ボスの警戒攻撃です。 防御力ダウン状態で受けると一気に削られてしまうので、中ボス付近には停止しないように注意しながら攻撃していきましょう。 バトル5 立ち回りの注意点・コツ サソリのみのステージです。 サソリに有効な友情キャラに当たって素早く突破しましょう。 ただし、ニードルパネルも多いので処理する際の立ち回りには注意する必要があります。 素早くバジリスクを処理して敵を防御力ダウンさせましょう。 こちらの防御力ダウン中は雑魚・ボスともに攻撃を受けると危険です。 雑魚処理を優先しつつ、ボスの警戒攻撃を回避しながらダメージを稼ぎましょう。 ただしサソリが登場しますので、早めに処理することでヒーリングウォールが展開され安全に立ち回ることができます。 最も気をつける点は変わらず、防御力ダウン状態で受けるボスの警戒攻撃が危険です。 警戒攻撃は使用するごとに範囲が広がるので、早めに突破できるよう心がけましょう。 サソリを素早く倒しHWの展開をし、バジリスクを倒して防御ダウンを発動させましょう。 ダウン状態とさせたら残りの雑魚敵を素早く倒し、ボス削りに移ります。 ボスの頭上にあるニードルパネルは毎ターン切り替わるため、反射タイプはパネルOFF時に頭上で立ち回れるとダメージを稼ぎやすいです。 ただし、これまでと同じく防御ダウン時に被弾する拡散弾は危険です。 拡散弾は徐々に攻撃範囲が広がるため、素早く倒すか、距離を保つことを忘れずに立ち回りましょう。 これからスタートする人向けに引いておきたいオススメドレス、リセマラの終了ラインを紹介しているので、ぜひ参考にご覧ください。 目次 リセマラおすすめガチャ マジカルウェディングガチャがおすすめ リセマラではマジカルウェディングガチャがおすすめになります。 優秀な限定ドレスがピックアップされており、リセマラランキングに記載している常設ドレスも全て出現するため、ジュエルでガチャを引く場合はこちらを回しましょう。 カラス天狗ガチャについて カラス天狗ガチャでピックアップされている新ドレスは常設ドレスなので、このガチャが終了しても数ヶ月後には全てのガチャに追加されます。 今後もゲットできる可能性があることから、リセマラでの引くべき優先度は下がります。 下でおすすめしているドレスとは別にリセマラ上位にいるドレスは、ゲームを進めると解放される様々なコンテンツで使えるドレスとなるため、厳選したい方はここまで粘りましょう。 チュートリアルクリアでもらえるで序盤のアタッカーは十分ですが、後のクエストや幅広い敵に対応するために、おすすめ全体アタッカーをもう1着確保しておきましょう。 リセマラ終了例 【妥協】おすすめサポーター1着 早くゲームを始めたい方は、下のおすすめサポーターから1着以上出るまではリセマラしましょう。 アタッカーはチュートリアルクリアでもらえるで十分なので、厳選しない方はおすすめサポーターが出た時点でスタートしましょう。 3GB以上のダウンロードが行われるので、通信制限に引っかからないよう、必ずWiFi環境でダウンロードするようにしましょう。 ダウンロード時間が比較的長いのでリセマラ時間短縮のためにも、WiFi環境でのダウンロードを推奨します。 リセマラ開始時に 引けるガチャは合計で71回 プレミアチケット20回含む となるので、1回のリセマラで引ける回数が多く、厳選しやすいです。 UR確定ガチャも用意されている スタートダッシュ記念として、有償ジュエル5000個でURが確実に手に入るガチャも72時間限定で開催されています。 リセマラが面倒で課金する予定がある方にはこちらもおすすめとなります。 種類が多いため、どれを引くべきか悩んでいる場合はこちらも合わせてご覧ください。 こちらは有償ジュエル限定にはなりますが、対象のURドレスを選んでゲットできるため、課金を考えているプレイヤーには これ以上ないほどおすすめです。

次の

え?帰るの?……モンスト「中の人」の仕事観を変えた先輩の一言【やしろあずき「ゲーム飯」第2回ミクシィグループ】

あずき モンスト

実 おすすめ理由 同族加撃 わくわくの実を付けれるモンスター自身を強化。 クラピカやヘンゼルグレーテルのような、亜人族パーティの場合は恩恵が大きい。 撃種加命 全員が貫通タイプとなる事がほとんど。 ボス戦では毎ターン伝染霧を受けるため、少しでもHPを底上げしておきたい。 撃種加撃 特級なら同撃種の味方の攻撃力を1,000アップ。 直接攻撃の倍率も上がっているため、加命の次に優先して付けたい。 速必殺 自強化系のSSを持つモンスター用。 長期戦になりがちなので、道中や中ボス戦で使えば、ボス戦で再度使えるようになる。 ケガ減り ボス戦では毎ターン攻撃があり、雑魚処理に時間がかかるとジリ貧になりがち。 少しでも被ダメージを軽減できるように付けておきたい。 攻略の手順• 1:左上の雑魚2体を倒す• 2:中央の雑魚3体を倒す• 3:右上の雑魚2体を倒す ここでは上下のアクアドラゴンと、反射制限がペアになっており毎ターン蘇生し合う。 貫通タイプでブロックの隙間に入り、反射制限とアクアドラゴンを同時に倒そう。 1番手は確実に左に入り、真ん中は2番手で処理。 3番手で右の隙間に入るのが理想。 蓬莱【爆絶】の雑魚の攻撃パターン 敵の画像 攻撃内容 反射制限 【毎ターン】 隣接する雑魚を蘇生&ホーミング 【大きい数字】 白爆発(即死級) アクアドラゴン 【毎ターン】隣接する雑魚を蘇生 【2番目に大きい数字】 地雷展開、気弾:4000ダメージ 【一番大きい数字】敵の全体蘇生 リヴァイアサン 【左】伝染霧:2500ダメージ 【右】敵を透明化、敵のHP回復 第2ステージ!リヴァイアサンを優先して倒す 攻略の手順• 1:左右のリヴァイアサンを倒す• 2:左下(右下)の反射制限とアクアドラゴンのセットを倒す• 3:上のアクアドラゴンの隙間に入る 左右にいるリヴァイアサンが 雑魚を透明化させるため、優先して倒そう。 リヴァイアサンを倒したら、隙間に入って隣接する雑魚を同時に処理する。 下側の雑魚は同時に処理し損ねても、4ターン後に真横へ弾けばもう一方のセットも倒せる。 上にハマったモンスターの前のターンで突破するのが理想。 アクアドラゴンの8ターンは全蘇生 アクアドラゴンの大きい数字で、 すべての敵を蘇生する。 このステージの手順を1からやり直すことになるので、蘇生までに必ず処理するようにしよう。 1:真ん中の雑魚を倒す• 2:左上、右上の雑魚の隙間に入る• 3:ブロックを利用して浦島を倒す 下の2体は浦島の右上の数字で透明化するため、奇数ターンに倒しておきたい。 残りの雑魚は同時に処理する必要はないが、反射制限の白爆発を受けないように定期的に倒しながら立ち回るように。 浦島太郎の 左上11ターンは即死攻撃なので、それまでにブロックを利用しながら倒し切ること。 突破時に停止してはいけない位置 蓬莱のHP 約1300万 蓬莱(進化前)の攻撃パターン 場所(ターン数) 攻撃内容 右上 初回1ターン (次回13ターン) 自身透明化(3ターン継続) 右下 (1ターン) ホーミング 全体ヒット約4000ダメージ 左上 (11ターン) 氷塊メテオ 全体ヒット100000ダメージ 左下 (5ターン) エナジーサークル 1体ヒット約3000ダメージ 攻略の手順• 1:右下、左下の反射制限とアクアドラゴンを倒す• 2:反貫パネルを使ってバハムートの隙間に入る• 3:弱点を攻撃して蓬莱を倒す 蓬莱が自身を透明化 このステージでは初ターンに蓬莱が自身を3ターンの間、透明化させる。 透明化している間は攻撃ができないので、まずは左右の反射制限とアクアドラゴンを倒そう。 最低でも1体はバハムートを倒す バハムートは敵全体を回復するため、最低でも片方は倒すように。 雑魚を処理していれば、蓬莱の即死攻撃までは時間があるので、弱点往復でダメージを稼ごう。 突破時に停止してはいけない位置 蓬莱のHP 約1300万 蓬莱(進化前)の攻撃パターン 場所(ターン数) 攻撃内容 右上 (9ターン) アクアドラゴンと反射制限を蘇生 右下 (1ターン) ホーミング 全体ヒット約4000ダメージ 左上 (11ターン) 氷塊メテオ 全体ヒット100000ダメージ 左下 (5ターン) エナジーサークル 1体ヒット約3000ダメージ 攻略の手順• 1:リヴァイアサンを倒す• 2:右下と右上の反射制限とアクアドラゴンのセットを倒す• 3:蓬莱を倒す 雑魚を透明化させるリヴァイアサンを優先して倒そう。 雑魚を狙える配置にいる場合は、先に処理しても良い。 蓬莱を攻撃する際は、ブロックの隙間を利用して弱点往復すると良い。 中央のからくりブロックは1ターン毎に出入りするので、出ているときは横カン、そうでないときは縦カンで攻撃しよう。 突破時に停止してはいけない位置 ボス第1戦は、反射制限とアクアドラゴンのセットが左にある。 角に停止した状態は必ず避けること。 なお左上、左下の角から右にずらせば、リヴァイアサンと雑魚のどちらも狙える位置でスタートできる。 1:反射制限とアクアドラゴンをセットで倒す• 2:ブロックを利用しながら浦島太郎を倒す• 3:弱点を攻撃して蓬莱を倒す ここも第1戦と同様に雑魚を優先にして処理しよう。 浦島太郎を撃破しないと蓬莱は透明状態のままなので、必ず浦島太郎を処理してから蓬莱を攻撃するようにしよう。 ボス第2戦のレーザーはL字方向 蓬莱のHP 約2100万 攻略の手順• 1:左右のバハムートを1体ずつ倒す• 2:浦島太郎を弱点往復で倒す• 3:反射制限を倒しつつSSでボスを攻撃 雑魚を優先して処理しよう ボス最終戦は雑魚の数が多く、1手ミスするだけで不利になるので慎重に立ち回ろう。 まずは敵全体を回復するバハムートを倒して回復量を減らすこと。 反射制限とアクアドラゴンをセットで狙えない場合は、最低でも反射制限は白爆発の攻撃までに倒すように。 透明化が終わったらSSで蓬莱を攻撃 バハムート処理後は蓬莱を透明化している浦島太郎を優先して倒すこと。 透明化が終わり蓬莱が出現したら、SSで蓬莱を攻撃しよう。 ただし、反射制限は定期的に処理すること。 SS使用時は無理にループヒットを狙わず、縦カンで弱点を攻撃しても良い。 ボス第3戦のレーザーは下方向.

次の

【モンスト】小豆(あずき)あらい【極】攻略の適正キャラとおすすめパーティ

あずき モンスト

2393• 120• 197• 123• 139• 170• 130• 105• 157• 122• 166• 156• 133• 133• 127• 101• 157• 114• 6750• 153• 140• 149• 126• 175• 185• 204• 151• 176• 121• 127• 131• 147• 181• 155• 163• 111• 164• 103• 135• 128• 166• 125• 136• 136• 241• 220• 179• 178• 118• 167• 112• 152• 193• 162• 161• 143• 120• 181• 193• 6489• 139• 121• 132• 116• 149• 177• 151• 145• 149• 189• 122• 179• 147• 127• 151• 204• 144• 131• 140• 113• 157• 108• 111• 109• 130• 102• 108• 108• 213• 178• 229• 181• 249• 302• 105• 839• 100• 144• 175• 295• 125.

次の