何 やっ て も あかん わ。 岡崎体育『なにをやってもあかんわ』歌詞の意味を考察・解釈

あかん時は何やってもあかん

何 やっ て も あかん わ

何もおもしろくないです。 何をやっても退屈でつまらないです。 以前は楽しかったり興味をもてたものが、今ではなんで楽しくなれたのか不思議なくらいです。 具体的には次のような気分です。 気分転換しようと外に出かけてみてもむなしくなるだけです。 なんとなくまわりの景色が暗く見えて、気分がどんよりします。 テレビも映画も本もインターネットもつまらないです。 何か新しいことを始めようとしても、始める前からつまらない予感がしてする気になれません。 前は、知識欲もあり、成長したいという気持ちがありました。 しかし、今では知識を増やしたり、成長したところで一体なんになるんだろうという気分です。 いろんなことに飽きました。 出かけてつまらない思いをしたあとで、家に帰ってまたそのつまらなかったことを思い出し、さらに憂鬱になります。 今まで楽しいと思っていたものは、結局ただの物質にしかみえないです。 たとえば本はただの紙きれですし、音楽はただの音、テレビ画面もただの光です。 「美しい」ものを見ても感動しません。 美しいというのはただの人間の主観でしかないのだと思います。 時間の流れを長く感じます。 食欲はありません。 睡眠はあまりとれません。 夜は寝たいとも思いません。 しかし医師から睡眠薬を処方されているので眠くはなります。 ただ熟睡はせず、朝になって眠い気持ちで目が覚めます。 嫌な夢もよく見ます。 こんなことがずっとこれからも続いていくのでしょうか。 こんな味気ない世界の中で生きていくのでしょうか。 何を楽しみにして生きていけばいいか分からないです。 夢も希望もなく、ただ時間が流れていき、このまま年をとって病気になって死んでいくのでしょうか。 なんでこうなったのか分からないですが、親友から縁を切られたあとからひどくなったような気がします。 今までのその人とのすばらしかった思い出もすべてが損なわれてしまいました。 大きな喪失感があります。 今まで自分の生活の一部になっていた人だったからです。 また、以前は毎日のように酒を飲んでいてアルコール依存だったのですが、ドクターストップがかかり、もう3か月近く飲んでいません。 かといって飲みたいとも思いません。 なぜなら飲んだところでむなしい気持ちになるだけです。 急激に環境が変化したという感じはします。 何か依存する対象を見つけようと思うのですが、ヤケ食いしようとしたり、コーヒーをたくさん飲もうとしても、おいしくないです。 恋人はいます。 しかし遠距離なのでそばにいることができません。 悲しいです。 また、先日に台風が近づいてきたあたり、気圧の変化のせいかとてもつらい気持ちになります。 3日前に友人と遊びにでかけました。 楽しかったです。 とても癒されました。 しかしそのあとでやはり不安になり、「またむなしい気持ちになったらどうしよう」と思っている内に、またこのような状態に戻りました。 遊んだところで楽しいのはそのときだけで、また退屈な時間がやってくるわけです。 体調を壊したのをきっかけに、心療内科に月一回で通院しています。 前回は、とくに精神的に病的なものはない、と言われています。 しかしそのあとからこのような状態が続いています。 今アルバイトなので正社員として就職しなくては、と思ったところ体を壊して、それからズルズルと今のような状態が続いています。 どんな仕事をしたいのか分かりません。 元気がでないので面接も通る気がしません。 お盆休みのときにとても憂鬱になり、何もしたくない、何も食べたくないという状態になり、ずっと布団の上で横になっていました。 深夜になってやっと起きて何か食べ物を口にしますが、やはりむなしくなります。 とてもつらかったので、病院に行こうとも思いましたが、ここ数日なんとか食べてアルバイトにも行けているので病院には行かないことにしました。 ただアルバイトもやることがなく暇で、つまらないです。 職場の人が何か「面白い」ことを言えば作り笑いをしますが、それにも疲れました。 毎日いろんなことにうんざりします。 どうせ病院にいったところで、例えば「うつ病」などと診断されるわけでないのであれば、私の心の問題になります。 かといってどうすれば楽しい気持ちになれるのかもわかりません。 楽しかったころのことを思い出してもなんだか心が暖められません。 なぜならそれはもう昔の事だからです。 インターネットで「なにも面白くないときの対処法」など見ても、それが自分の状況と同じには思えないです。 「何もおもしろくないのはあなた自身の問題です」と言われても、自分でどうすればいいか分かりません。 こうやってここで質問を出すのも疲れました。 こんにちは。 私は精神科の医師ではないですし、専門的な知識も持っていないので自分の人生経験からでしかお話しできませんが、あなたの文面から気になることや解決につながるのではないか?という考えが浮かびましたので記載します。 この文面です。 原因は何なのでしょうか。 その原因があなたの無気力の原因ではないと思います。 しかしその親友との乖離が原因の一つと思えます。 となれば縁を切られた原因はあなたの現状の原因と間接的につながります。 楽しかったです。 とても癒されました。 しかしそのあとでやはり不安になり があります。 あなたは本能的に自身の幸福が人とのつながりの中にあることを知っています。 そしてそれは人として正常な思考であると思います。 親友との乖離の原因を考えてみて下さい。 そして改めてみて下さい。 考えて分からなければ、その親友に聞いてもいいと思います。 悪いところを改めたい。 だから教えてほしい。 教えてくれないかもしれません。 連絡すらとれないかもしれません。 しかし、動かなければ何も変わりません。 動けば変わるかもしれない。 私にも親友と呼べる人間が二人います。 とても大切な人間です。 今は離れた場所で生活しているので頻繁に会う事は出来ませんが、一年に一度は会います。 非常に豊かな気持ちになります。 大きな喪失感があります。 今まで自分の生活の一部になっていた人だったからです。 楽しかったです。 とても癒されました。 このように考えられるあなたは友人との友情関係を継続していける人だと思います。 また、そういう人でなければ、友情の喪失でそれだけの精神的なダメージを受けないと思います。 その親友の方との関係を修復する努力をしてみて下さい。 あなたならそのことにも生きる活力を見出せる気がします。 あなたの文章は素晴らしいと思います。 これだけの長文を支離滅裂にせず書き上げることが出来る。 精神的なものを整理出来る方だと思います。 是非頑張って下さい。

次の

岡崎体育 なにをやってもあかんわ 歌詞&動画視聴

何 やっ て も あかん わ

「ええ加減にせんとしばくでほんまに。 何べん言うたら分かんねや」 「こっちの台詞や。 分からんやっちゃな、眼鏡割ったろかガキが」 「…さっきからなにやっとんねんあいつらは」 「あ、真子お帰り〜」 「お帰りなサイ」 「おう。 っちゅうか、リサとひよ里は何や、喧嘩中か?何で誰も止めへんねん」 「…いやぁ…ちょっと…」 「あそこには入れないな。 というか入りたくない」 「お前も逃げたほうが身のためだ」 「え」 「あの硬派な感じが何で分からんのや! そんでもってちょっとシャイな感じが女として守ったり守られたりしたなるやろ!」 「これやからガキはあかん。 そういうストイックさに逆にむらむらっとくるんやん。 押し倒したなるやろ! いっそ裸白衣とかさせたなるやろ!!」 「阿呆か!ちゃんと服着てるほうがええに決まっとるわ。 そんでついでに眼鏡とか掛けさせたらきゅんとするやんか!」 「眼鏡はエロアイテムや!顔射用や!!」 「なっ…なんちゅー事ゆうねん!リサ、お前エロ本の読みすぎで頭ン中腐っとるんちゃうか!」 「そっちこそ少女マンガの読みすぎやっ」 「………何やねんあれは」 「う〜ん、何と言うか、意見の食い違いと言うか…嗜好の問題って言うか」 「??とにかく煩くてしゃあないわ。 おいお前ら、ええ加減にし」 「あ、だからやめたほうが…」 「真子!あんたは黙っとき!!これは女と女の戦いや!」 「ハゲには関係あらへん!」 「つか、一体何をそんな二人して熱くなってんねや。 議題は何や」 「あぁ?そんなん」 「「一護は乙女萌えか腐女子萌えかに決まっとるやんか!!!」」 「…はぁ?」 「乙女萌えに決まっとるやろ!あいつで不埒な想像すなや!!」 「腐女子萌えや。 そんでもって受けや!総受けや!!お子様にはわからへん」 「あない綺麗でかっこええのんが何で受けなんや!」 「それだけじゃなくて一護は可愛いやないの!そんであの強気な態度…襲いたなるやろー!泣かしたなるわ!!」 「そんなんあかん!!」 「…意味分かるか、お前ら…?」 「全然分かりまセン」 「あ、でもベリたんが可愛いっていうのは分かる〜!」 「あーまぁそれは…」 「…ひよ里、リサ…お前らなぁ…」 「真子?」 「一護はロリショタや!!!」 「「「………」」」 「15歳やぞ!?ぴっちぴちやぞ!!あの細い脚、細い腰!穿かせるなら半ズボンかゴスロリやろが!」 「は…阿呆か。 ハゲ」 「阿呆やな。 ついでに変態な真子。 2006. 29 sakuto kamunabi ゴスロリは…ちょっと…(泣)。 (しかも裸白衣に眼鏡って何そのマニアックさ) ていうかほんとすいません…!しかも仮面の軍勢誰が誰やら。 一部しか分かんないですね。 それに何て云うかこう、もう少し一護の萌え部をうまい事表せたら良かったんですけど!(笑) 無理でした…orz もっとあるよ!ベリたんの萌えどころ!!.

次の

なにをやってもあかんわ 岡崎体育 歌詞情報

何 やっ て も あかん わ

何もおもしろくないです。 何をやっても退屈でつまらないです。 以前は楽しかったり興味をもてたものが、今ではなんで楽しくなれたのか不思議なくらいです。 具体的には次のような気分です。 気分転換しようと外に出かけてみてもむなしくなるだけです。 なんとなくまわりの景色が暗く見えて、気分がどんよりします。 テレビも映画も本もインターネットもつまらないです。 何か新しいことを始めようとしても、始める前からつまらない予感がしてする気になれません。 前は、知識欲もあり、成長したいという気持ちがありました。 しかし、今では知識を増やしたり、成長したところで一体なんになるんだろうという気分です。 いろんなことに飽きました。 出かけてつまらない思いをしたあとで、家に帰ってまたそのつまらなかったことを思い出し、さらに憂鬱になります。 今まで楽しいと思っていたものは、結局ただの物質にしかみえないです。 たとえば本はただの紙きれですし、音楽はただの音、テレビ画面もただの光です。 「美しい」ものを見ても感動しません。 美しいというのはただの人間の主観でしかないのだと思います。 時間の流れを長く感じます。 食欲はありません。 睡眠はあまりとれません。 夜は寝たいとも思いません。 しかし医師から睡眠薬を処方されているので眠くはなります。 ただ熟睡はせず、朝になって眠い気持ちで目が覚めます。 嫌な夢もよく見ます。 こんなことがずっとこれからも続いていくのでしょうか。 こんな味気ない世界の中で生きていくのでしょうか。 何を楽しみにして生きていけばいいか分からないです。 夢も希望もなく、ただ時間が流れていき、このまま年をとって病気になって死んでいくのでしょうか。 なんでこうなったのか分からないですが、親友から縁を切られたあとからひどくなったような気がします。 今までのその人とのすばらしかった思い出もすべてが損なわれてしまいました。 大きな喪失感があります。 今まで自分の生活の一部になっていた人だったからです。 また、以前は毎日のように酒を飲んでいてアルコール依存だったのですが、ドクターストップがかかり、もう3か月近く飲んでいません。 かといって飲みたいとも思いません。 なぜなら飲んだところでむなしい気持ちになるだけです。 急激に環境が変化したという感じはします。 何か依存する対象を見つけようと思うのですが、ヤケ食いしようとしたり、コーヒーをたくさん飲もうとしても、おいしくないです。 恋人はいます。 しかし遠距離なのでそばにいることができません。 悲しいです。 また、先日に台風が近づいてきたあたり、気圧の変化のせいかとてもつらい気持ちになります。 3日前に友人と遊びにでかけました。 楽しかったです。 とても癒されました。 しかしそのあとでやはり不安になり、「またむなしい気持ちになったらどうしよう」と思っている内に、またこのような状態に戻りました。 遊んだところで楽しいのはそのときだけで、また退屈な時間がやってくるわけです。 体調を壊したのをきっかけに、心療内科に月一回で通院しています。 前回は、とくに精神的に病的なものはない、と言われています。 しかしそのあとからこのような状態が続いています。 今アルバイトなので正社員として就職しなくては、と思ったところ体を壊して、それからズルズルと今のような状態が続いています。 どんな仕事をしたいのか分かりません。 元気がでないので面接も通る気がしません。 お盆休みのときにとても憂鬱になり、何もしたくない、何も食べたくないという状態になり、ずっと布団の上で横になっていました。 深夜になってやっと起きて何か食べ物を口にしますが、やはりむなしくなります。 とてもつらかったので、病院に行こうとも思いましたが、ここ数日なんとか食べてアルバイトにも行けているので病院には行かないことにしました。 ただアルバイトもやることがなく暇で、つまらないです。 職場の人が何か「面白い」ことを言えば作り笑いをしますが、それにも疲れました。 毎日いろんなことにうんざりします。 どうせ病院にいったところで、例えば「うつ病」などと診断されるわけでないのであれば、私の心の問題になります。 かといってどうすれば楽しい気持ちになれるのかもわかりません。 楽しかったころのことを思い出してもなんだか心が暖められません。 なぜならそれはもう昔の事だからです。 インターネットで「なにも面白くないときの対処法」など見ても、それが自分の状況と同じには思えないです。 「何もおもしろくないのはあなた自身の問題です」と言われても、自分でどうすればいいか分かりません。 こうやってここで質問を出すのも疲れました。 こんにちは。 私は精神科の医師ではないですし、専門的な知識も持っていないので自分の人生経験からでしかお話しできませんが、あなたの文面から気になることや解決につながるのではないか?という考えが浮かびましたので記載します。 この文面です。 原因は何なのでしょうか。 その原因があなたの無気力の原因ではないと思います。 しかしその親友との乖離が原因の一つと思えます。 となれば縁を切られた原因はあなたの現状の原因と間接的につながります。 楽しかったです。 とても癒されました。 しかしそのあとでやはり不安になり があります。 あなたは本能的に自身の幸福が人とのつながりの中にあることを知っています。 そしてそれは人として正常な思考であると思います。 親友との乖離の原因を考えてみて下さい。 そして改めてみて下さい。 考えて分からなければ、その親友に聞いてもいいと思います。 悪いところを改めたい。 だから教えてほしい。 教えてくれないかもしれません。 連絡すらとれないかもしれません。 しかし、動かなければ何も変わりません。 動けば変わるかもしれない。 私にも親友と呼べる人間が二人います。 とても大切な人間です。 今は離れた場所で生活しているので頻繁に会う事は出来ませんが、一年に一度は会います。 非常に豊かな気持ちになります。 大きな喪失感があります。 今まで自分の生活の一部になっていた人だったからです。 楽しかったです。 とても癒されました。 このように考えられるあなたは友人との友情関係を継続していける人だと思います。 また、そういう人でなければ、友情の喪失でそれだけの精神的なダメージを受けないと思います。 その親友の方との関係を修復する努力をしてみて下さい。 あなたならそのことにも生きる活力を見出せる気がします。 あなたの文章は素晴らしいと思います。 これだけの長文を支離滅裂にせず書き上げることが出来る。 精神的なものを整理出来る方だと思います。 是非頑張って下さい。

次の