ビッグローブ光 メリット。 ビッグローブ光からドコモ光へ乗り換え!メリット・デメリットや転用の手順と費用

ソネット光プラスとビッグローブ光の違いを36時間調査した結果

ビッグローブ光 メリット

値引き期間中にご解約の場合、残金を一括でお支払いいただきます。 土日休日の工事の場合は追加工事費3,000円をお支払いいただきます。 工事内容によっては別途追加工事費がかかる場合があります。 無線LANルーター解約時には機器返却が必要となります 返送手数料は特典により無料。 「ビッグローブ光電話」をご利用の場合は本機器は不要です。 *3 KDDIが提供するサービスです。 割引適用には「auスマートバリュー」と「ビッグローブ光電話」のお申し込みが必要です。 *4 対象のプランによって割引額が異なります。 auの一部のプランは割引対象外です。 その他のセット割、トリプル割と重複適用はできません。 *6 UQコミュニケーションズが提供するサービスです。 対象プランは説明ページでご確認ください。 割引適用には「ギガMAX月割」と「ビッグローブ光電話」のお申し込みが必要です。

次の

ビッグローブ光のデメリットを正直に話そうと思う。

ビッグローブ光 メリット

フレッツ光から転用の場合は工事不要 フレッツ光からの転用(乗り換え)の場合、初期工事が必要ないため工事費は発生しません。 事務手数料3,000円のみで転用することが出来ます。 ただしフレッツ光の旧タイプ(Bフレッツ、光プレミアム等)は別途工事費が発生しますのでご注意ください。 回線とセットなのでプロバイダの変更はできない ドコモ光やauひかりなどの光回線は、複数のプロバイダから自分の好きなものを選んで契約します。 メールサービスや独自の特典などを比較して自分に合ったものを選ぶことが可能です。 しかしビッグローブ光で使えるのは初めからセットになっている 自社プロバイダのみとなっています。 ドコモ光やauひかりのように複数のプロバイダから好きなものを選ぶことができません。 他社との月額料金比較 他社との比較表がこちらです。 解約月の考え方 解約月は通常どの会社も利用開始日(工事完了日)の月から丸3年後となっています。 例えば2018年6月に工事が完了すれば2021年の6月が解約月となります。 ビッグローブ光の場合、完全新規契約だとそうなりますが、フレッツ光からの転用の場合、工事完了日が20日より前なのか後なのかで解約月が変わってきます。 例えば2018年5月19日に工事が完了した場合、解約月は2021年5月になりますが、21日の場合は解約月が翌月にずれて6月となります。 ご注意ください。 auスマートバリューが適用されるとスマホ代が安くなる ビッグローブ光は現在 auスマートバリュー対応の光回線となっています。 auスマートバリューとはauのスマホ、携帯電話をセットで利用すると1台に付き月額最大1,000円割引されるとてもお得な割引サービスです。 スマホセット割引はau以外もある! ビッグローブ光はauのスマホ・携帯とセットで割引されるauスマートバリューと呼ばれるプランがありますが、 ドコモやソフトバンクにもセット割引があります。 そのため現在ドコモを利用している方はドコモとセットで割引がされるドコモ光、ソフトバンクを利用している方はセットで割引がされるソフトバンク光(またはNURO光)を利用する方が断然お得です。 詳細は下記ページをご確認ください。 評判を見てみる 次にビッグローブ光の評判ですが、現在は「良い評判」も「悪い評判」も同じくらいあるようです。 調べたところ、 混み合う時間帯でもまあまあ速いようという意見もありましたが、ネットが途中で切れるという意見もありました。 twitterでは下記のような意見が見られました。 新居のビックローブ光こんな感じ。 この時間帯にしてはまあまあ速い?ちなみに環境は無線LANカードぶっ挿してるだけ。 がビックローブの代理店の対応控えめに言っても悪いのでおススメ出来ない。 光回線なのにインターネットが遅いのは「IPv4接続(現在主流の接続方式)」による遅延が原因の一つとされています。 インターネットが遅いという悩みを解消するために普及し始めたのが次世代の接続方式、「IPv6接続(IPoE方式)」です。 「IPv6接続」なら利用者が少ないこともありますが、次世代通信方式により地域や時間帯の影響を受けず、快適にインターネットを利用できます。 ビッグローブ光はIPv6に対応しており、回線速度の向上を実現しています。 ちなみに価格コムでもやはり賛否両論といった感じでした。 評価が分かれる理由 少し余談になりますが評判が分かれる理由について少し触れておきたいと思います。 今回のビッグローブ光に限らず速い、遅いという意見が分かれるのは別に珍しいことではなくどのネット回線でも同じような状況になっています。 その理由は大きくわけて二つです。 地域や環境の違い(主に利用している場所)• 実際にA県A市とB県B市に分けて同じ回線を利用している人にアンケートを取ってみるなりしないと分からないからです。 ただ、 地域によって設備が薄かったり利用者が過密していたりということがあるのでそれが原因で速度に差が出るという可能性は高いです。 例えばADSLから光回線への乗り換えなら、快適とは言い難い2Mbps程度でも快適に使えると感じます。 逆にすでに光回線を使っていてHD動画を毎日観ている人にとっては多少遅くなったりする時間があればダメな回線だと感じてしまいます。 後は機器自体の問題だったというケースも少なくありません。 月額料金は可もなく不可もなく• 初期工事費は実質無料でお得• au利用者は割引プランがあるのでおすすめ• キャッシュバック額は比較的高い• 回線速度は他社にくらべてやや好評 という感じです。 au利用者はメリットが多い ビッグローブ光の最大のメリットはなんと言っても auスマートバリューが適用されることです。 auのスマホ、携帯電話を利用していてフレッツ光やソフトバンク光等を利用している人はビッグローブ光に 乗り換えた方が断然お得です。 今使っている回線を解約する際に多少違約金が発生してもビッグローブ光はキャッシュバックがあるので損失は小さく済むと思います。 また、2019年7月から光回線の 事業者変更が可能になったので、例えばソフトバンク光やOCN光などのフレッツ系の光回線からであれば 工事不要で簡単に乗り換えることが可能です。 特にauを利用している方は総合的に安くなるので乗り換えを検討すると良いですよ。 フレッツ光からの転用方法については下記ページで解説しています。

次の

ビッグローブ光のデメリットを正直に話そうと思う。

ビッグローブ光 メリット

フレッツ光とビッグローブ光の通信速度に違いはない フレッツ光とビッグローブ光の違いは、光回線の契約をNTTと行うか、ビッグローブと行うかという点です。 ビッグローブ光も回線そのものはNTTのものを一括借り上げして提供していますので、品質は同等です。 最高接続速度は1Gbpsのベストエフォート方式ということも、フレッツ光と変わりません。 ビッグローブ光はビッグローブとの契約に一本化される フレッツ光とビッグローブ光の大きな違いは、契約形態にあります。 フレッツ光は、NTT東/西と直接契約し、利用者側でプロバイダを別途契約します。 プロバイダは自由に選べます。 ビッグローブ光は、プロバイダサービスを提供しているビッグローブがNTTより回線を借り受けプロバイダサービスと一緒に提供している光コラボの回線です。 そのため、プロバイダを変更することはできません。 もしプロバイダを変更したい場合には、光回線ごと乗り換えることになります。 その代わり、料金が安い、サポート窓口や支払いが1か所で済むというメリットがあります。 ビッググローブ光はフレッツ光より利用料金が安くなる フレッツ光とプロバイダ(ビッグローブ)の合計料金と、ビッグローブ光の料金を比較すると、ビッグローブ光の方が安くなります。 フレッツ光 ビッグローブ光 戸建て 5,300円 4,980円 マンション 4,300円 3,980円 ビッグローブ光の料金は、プロバイダ込みの料金でファミリータイプが月額4,980円、マンションタイプは3,980円です。 さらに契約後2年間は200円の割引がありますので、フレッツ光+プロバイダよりもお得に利用できます。 スマートフォンとのセット割引がある ビッグローブは、格安SIMのビッグローブモバイルのサービスも提供しています。 このほか、auのスマートバリューの対象プロバイダでもありますので、au利用者にもおすすめです。 auスマートフォンの利用料金から、最大2年間毎月最大で1,000円の割引を受けられます。 高速接続サービス(IPv6)がオプション利用可能 ビッグローブ光では通信速度の低下を防ぐための高速接続サービスであるIPv6を利用できます。 通信速度が低下しやすい時間帯でも、IPv6を利用することで、インターネットを快適に利用可能です。 フレッツ光からビッグローブ光への転用は無料 フレッツ光からビッグローブ光に変更するには、転用という手続を取ります。 流れを簡単に説明します。 転用承諾番号の取得 NTT東/西で、フレッツ光の転用承認番号を取得しておきます。 それぞれの公式ページか電話にて取得ができますが、受付時間が決まっていますので注意しましょう。 ビッグローブ光への申込 ビッグローブ光サイトから、乗り換えの申込を行います。 取得した転用承諾番号は、有効期限がありますので、5日以内に申し込みを済ませる必要があります。 有効期限が切れてしまった場合には、再度取得が可能です。 申し込みが受け付けられると、ビッグローブ光から、乗り換え日などの調整のための電話があり、申し込みが確定します。 その後、接続設定に必要な情報が記載された「BIGLOBE会員証」もしくは「接続ID通知書」が届きますので、開通日に設定を行います。 開通が確認できたら、以前使っていたプロバイダは解約しても問題ありません。 工事費など転用にかかる費用 フレッツ光の設備を利用してビッグローブ光に乗り換える転用の場合には、基本的に工事の必要はありませんので、工事費はかかりません。 ただし、もともと使用していたフレッツ光の回線の種類や接続方式が変更となる場合には、その種類によって派遣・無派遣の工事が必要となり、工事費用が発生することもあります。 なお、ビッグローブ光は申し込み手数料として3,000円が必要です。 ビッグローブ光に乗り換える前に注意しておきたいこと フレッツ光からビッグローブ光へと転用する場合、付帯サービスについての乗り換えや変更が必要となる場合もありますので、確認しておきましょう。 オプションサービスの移行について確認 NTTのフレッツ光で利用していた、ひかり電話やフレッツ・テレビなどのオプションサービスは、ビッグローブ光でも提供されています。 ひかり電話はビッグローブ光電話(高速接続対応)に、フレッツ・テレビはビッグローブ光テレビと名称が変わり、転用時に引き継ぐことができます。 ただし、セキュリティ関係のオプションなど、似た内容のサービスは別扱いになりますので、NTTで解除し新たにビッグローブで入りなおさなければならない場合もありますので注意が必要です。 NTTのフレッツ会員サービスは利用できなくなる NTT東日本で提供されていた「フレッツ光メンバーズクラブ」、西日本の「CLUB NTT-West」については、転用後は利用できなくなります。 会員ポイントが貯まっている場合には、転用手続き前に利用しておきましょう。 なお、ビッグローブ光で取り扱っていない、NTT西日本の「フレッツ・スポット」や「フレッツ・あずけ~る」などのオプションは残すことも可能です。 この場合は会員機能も継続となります。 利用中のプロバイダに違約金の可能性 フレッツ光を転用する場合には、年間契約などがあっても違約金は発生しません。 しかし、プロバイダの場合は異なります。 最低利用期間に達していない場合や、自動更新の年間契約で契約更新月以外では、プロバイダの解約で違約金が発生する場合があります。 転用を進める前には、プロバイダの契約期間についても確認しておきましょう。 まとめ NTTのフレッツ光からビッグローブ光への転用は大きな費用もかからず簡単にでき、毎月のインターネット接続料金を安くできます。 ビッグローブ光は、提携サービスとの同時利用でさらに料金を下げることができるお得な光コラボですので、転用を考えている人はぜひチェックしてみてください。 インターネットおすすめ光回線.

次の