ポケモン徹底攻略 ドラパルト。 【ポケモン剣盾】強すぎると噂のじゃくてんほけんドラパルトで対戦してみた結果…【種族値と育成論】

【ポケモン剣盾】おにたた(おにび・たたりめ) ドラパルト 調整/育成論

ポケモン徹底攻略 ドラパルト

特徴 その名前からカタパルト、またその分類からステルス戦闘機を彷彿とさせる、ガラル地方の600族ドラゴンポケモンの1体。 見た目とは裏腹に子供への愛情が深く、その子供と思われる進化前のを角の穴に入れて遊ばせながら暮らしている。 戦いになるとマッハ2に近いスピードでドラメシヤを飛ばして攻撃する。 角の穴に入ったドラメシヤ自身はなぜか飛ばされるのを心待ちにしているようである。 50で• 60で ポケモンずかんの説明文 ツノの あなに ドラメシヤを いれて くらす。 たたかいになると マッハの スピードで ドラメシヤを とばす。 漢字 ツノの 穴に ドラメシヤを 入れて 暮らす。 戦いになると マッハの スピードで ドラメシヤを 飛ばす。 ツノに はいった ドラメシヤは マッハの スピードで とばされるのを こころまちに しているらしい。 漢字 ツノに 入った ドラメシヤは マッハの スピードで 飛ばされるのを 心待ちに しているらしい。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 ソード・シールド - - 備考• 色違い:ピンク色の部分が黄色• このポケモンのとしてがある• 600族の中で素早さの種族値が一番高い。 ・・を除いて・ならびにタイプの中で最ものが高い。 進化に必要なレベルは60であり、の次に遅い。 2020年2月27日に行われた公式人気投票のポケモン・オブ・ザ・イヤーではガラル地方1位、総合11位を記録した。 一般ポケモンではゴーストタイプの中で最も種族値合計が高い。 アニメにおけるドラパルト マンガにおけるドラパルト ポケモンカードにおけるドラパルト• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の

【ポケモン剣盾】最強ポケモン(600族)

ポケモン徹底攻略 ドラパルト

の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 このページは、 の対戦での扱い、及び育成論について記述するところである。 ドラパルトの歴史 第八世代 登場するなり環境の1トップとなった。 速度と等倍範囲のおかげで攻め切れない相手が極めて少なく、しかもを撒かれる前に一仕事しやすいのである。 ただ、ドラパルトの場合は、、など先制技に弱く、しかも不利が、、など悉く物理型でありを持たせて打ち合いに備えるということがしづらい。 また、がどれも環境の主流であり、特に、、などのデバフ系に弱い。 そのため、対策自体は決して困難とは言い切れない。 ドラパルトの存在はが評価される一因となっており、おにび要員としてが使われる理由ともなっている。 最速ドラパルトがで素早さのを1段階積めば実数値が319となり、を発動したの308を超える。 ただ、素の素早さは絶対視できる水準でもなく、持ちなら最速、に抜かれる。 特にひかえめサザンドラのはHP4振りでダイマックス状態のようきドラパルトを43. さらに、素早さの種族値が近いポケモンが環境にほとんどいないため、最速にしてもドラパルトのミラーマッチに強くなる以外意味があまりないという意見もある。 もし素早さを削るなら、素早さ無補正の44振りで最速100族抜きの168に調整した型が無難。 弱点物理技に弱いという欠点すらもでを上げる、で相手のを下げる、などの方法である程度克服でき、そこから安全なの発動に繋げればたとえ火力を削って耐久にを回したとしてもその分を補うことができる。 じゃくてんほけん型はポケモンとして考えると先発向けであり火力と技範囲に特化した、いわゆる「逃げ切り先行型」に分類される。 また「対ダイマックス型」でもあるダイマックス型としての性質も持つ。 ランクバトルシリーズ1末期には型が増加し、同じ頃には攻撃と特攻に努力値を各252振りしたいわゆる「ヤケクソ振り」型も登場。 この頃は特殊型が主流化していた。 ランクマッチシングルバトルシリーズ1最終1位構築に王道のこだわりハチマキ型がエントリーされていたが、それも然ることながら最終12位構築には型が確認された。 最終13位のとで粘りつつとで負担を掛ける型も特筆される。 ランクマッチシングルバトルシリーズ1ではに上から叩く要員として採用される場合があり、、、、、を受け要員としつつ自身を投入した型もある。 最終17位構築としては、、、、という技構成で、が、がという個体が確認された。 シリーズ3シーズン4でが解禁されるとキョダイラプラスを起点にじゃくてんほけんを発動するすりぬけ型が対策として考察された。 タイプ相性上は不利だが先手で壁を貼ればその点はネックになりづらい。 シリーズ3シーズン4終盤に、おにび、、みがわりで物理を起点にしてゴーストダイブでターン消費数を稼いでやけどダメージを重ねる型が公開された。 ランクバトルシリーズ3シーズン5期にはにより攻撃と特攻に努力値を各252振りした、所謂「ヤケクソ振り」のじゃくてんほけんドラパルトが公開された。 無振りドラパルトの素早さは実数値162であり、これは準速アイアント、準速アローラキュウコン、最速ヒヒダルマなどが位置する実数値161を1上回る計算。 道具をに替えると、攻撃の火力をそのままにで状態のやを、相手が耐久無振りの場合だいもんじで確定1発にできる。 シーズン6になると初手投げが増えたことで抜群技を受けることありきの型が安定しなくなったこと、カビゴンに露骨にを撒かれて居座りを前提とする型の弱みが目立つようになったことから、非ダイマックス前提のこだわりメガネ型がシングルバトルにおいても増加。 シーズン7最終1位の構築には型がエントリーされていた。 この頃になると最終100位以内の構築においては特殊型が大半となり、それに対してでドラパルトを受ける構築も増えた。 ただ、シーズン8でポリゴン2が解禁されると、特に特殊型の場合元々の微妙なの数値から攻め切れないケースが増えた。 例として、いのちのたまおくびょうドラパルトの は特殊耐久特化ポリゴン2に最高乱数で40. も決して低くないのででも需要がある。 の程度の火力で倒れる他、メジャーなタイプのポケモンの攻撃で倒れやすいため、でのが下がった後に場に残って足手まといになりづらい。 型というのも優秀で打ち逃げに適している上に、クリアボディのおかげで相手のによる無駄消費も防げる。 では同じドラパルトに抜群で確定1発となりやすいことから、後続を無償降臨させるための倒れ役という面もあり、この場合は相手のドラパルトに上を取られるように型にする必要がある。 もし相手がこちらのドラパルトをスルーすれば相手のドラパルトを処理することに繋がる。 シーズン1においてHPと特攻に厚く振ったとつげきチョッキ型が成立。 当時環境に多かった特殊のなどを確定で耐えつつ攻撃性を確保することを主な目的として開発された型である。 無振りでも実数値162と最速95族(、など)抜きが実現できるため、仮想敵次第でHPと特攻に252振りした型も荒唐無稽とは言えなくなる。 ランクバトルシリーズ2期のオフライン大会におけるダブルバトルではドラパルトとの並び「ドラパキッス」が流行。 持ち物を特定しづらく、どちらがダイマックスするか読みづらい強力なコンビである。 ランクバトルシリーズ3シーズン4ダブルバトルでは、おくびょう最速特殊ドラパルト、ようき最速物理、ずぶとい、ウォッシュロトム、、はらだいこキョダイカビゴンがとして浸透している。 シリーズ3シーズン5では、味方のので十分物理に強く出ることができることから、を搭載しない型が相対的に増えた。 対戦ではトップクラスの活躍をしているがシナリオでは底辺の使い勝手。 というのも、進化前のが攻略に使えるまともな技を覚えない上に、ドラメシヤの合計は270と貧弱で、に進化させるにはレベル50まで育てないといけない。 そもそもドラパルトに進化するレベル60まで上げる前に殿堂入りしてしまうことがざら。 こうしたことから、ではシナリオ勢から見捨てられたドラメシヤが大量に放流される。 2020年4月28日から5月12日まででランクバトル使用率上位のポケモンがピックアップされ、その1体としてドラパルトがピックアップされた。 技も対戦仕様に寄っており個体値も星5の場合5V以上確定なので性格と特性さえ合わせればそれで厳選は完了する。 ダイマックスレベルも予め上がっているのでを投与する手間も少なくて済む。 シーズン5あたりで、、、、、の5匹を指す「ズキュントス」という呼称が発祥した。 ダウンロードコンテンツ解禁前ののの例えである。 ドリュウ「ズ」、ミミッ「キュ」、カビゴ「ン」、ドラパル「ト」、トゲキッ「ス」といったように、それぞれの名前の一部を取って作られた。 一般的な育成論 高いとを持つ。 素早さでは前世代までのを大きく上回り、600族の中では最速。 半減6、無効2だが弱点5であるため、耐性面では一長一短。 両刀アタッカーとして育てるのが吉。 他の600族ドラゴンポケモンと違い、4倍弱点を持たないが、防御、特防が低く、HPもそこまで高くないので耐久性が低いのが欠点。 メインウエポンは専用技の、のを枯らせるために有用な上にダイマックスで溜め技としてのデメリットを帳消しにできる。 はと合わせてを見るために使うならアリ。 サブウエポンは、、、、、、。 ゴーストダイブと同様の性質のある技としてはが存在しており、技範囲の補完のためにいっそのことゴーストダイブとの同時採用もアリ。 は、、、、、、、、がある。 は元々素早さが過剰であるため恩恵が少なく、火力もダイマックス状態でじゃくてんほけんを発動すれば積めるため基本的には不採用。 特殊一刀型で特攻にを全振りしており、尚且つやを持たせた場合なら、対策のも前提で採用されることがある。 因みにたつじんのおびを持たせたドラパルトの(ソーラービーム)はダイマックス状態のHP4振りガマゲロゲに最低乱数で112. は、すばやさ重視ならせっかち・むじゃき・ようき、こうげき重視ならいじっぱり・さみしがり・やんちゃなどが良い。 素早さの種族値が非常に高いため、素早さにを振らない場合であっても効率を優先して素早さに性格補正を掛ける場合がままある。 特性は等の低下対策になるが推奨される。 はアタッカー型であるドラパルトとはシナジーが無いので基本的には非推奨だが、壁貼り型などで相手に攻撃の試行回数を稼がせやすい場合は一考の余地がある。 持ち物は、が主流。 こだわりハチマキの効果はダイマックス中は解除されるため、すれば技の打ち分けができる。 技範囲、火力の種族共に高水準なのでも候補に挙がる。 物理技寄りなのでおにび対策としても候補。 技構成としてはドラゴンアロー、ゴーストダイブ、とんぼがえり、だいもんじが主流。 意外ととの相性も良い。 というのも、主力技の1つであるゴーストダイブにより経過ターンを水増しすることでたべのこしによる回復回数を増やすことができるためである。 相手の火力調整を破るという使い方もできるが、勿論これは1発で倒されないという前提の下での話である。 ダブルバトルなどでは、、を中心とした特殊型が主流。 火力が微妙なのでを持たせたり前提で敢えてなどの命中不安技を覚えさせたりするのもアリ。 ダブルバトルでは無効のサポーターという性質も持つ。 やなみのりにより味方の攻撃を受けた時に発動するを活かすのもアリ。 シングルバトルと異なり最速の実数値213というのは絶対的ではなく、当たり前のように使われるやで行動順を逆転させられがちなので注意が必要。

次の

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【変幻自在のトリックスター!なんでも屋の厨ポケ】

ポケモン徹底攻略 ドラパルト

の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 このページは、 の対戦での扱い、及び育成論について記述するところである。 ドラパルトの歴史 第八世代 登場するなり環境の1トップとなった。 速度と等倍範囲のおかげで攻め切れない相手が極めて少なく、しかもを撒かれる前に一仕事しやすいのである。 ただ、ドラパルトの場合は、、など先制技に弱く、しかも不利が、、など悉く物理型でありを持たせて打ち合いに備えるということがしづらい。 また、がどれも環境の主流であり、特に、、などのデバフ系に弱い。 そのため、対策自体は決して困難とは言い切れない。 ドラパルトの存在はが評価される一因となっており、おにび要員としてが使われる理由ともなっている。 最速ドラパルトがで素早さのを1段階積めば実数値が319となり、を発動したの308を超える。 ただ、素の素早さは絶対視できる水準でもなく、持ちなら最速、に抜かれる。 特にひかえめサザンドラのはHP4振りでダイマックス状態のようきドラパルトを43. さらに、素早さの種族値が近いポケモンが環境にほとんどいないため、最速にしてもドラパルトのミラーマッチに強くなる以外意味があまりないという意見もある。 もし素早さを削るなら、素早さ無補正の44振りで最速100族抜きの168に調整した型が無難。 弱点物理技に弱いという欠点すらもでを上げる、で相手のを下げる、などの方法である程度克服でき、そこから安全なの発動に繋げればたとえ火力を削って耐久にを回したとしてもその分を補うことができる。 じゃくてんほけん型はポケモンとして考えると先発向けであり火力と技範囲に特化した、いわゆる「逃げ切り先行型」に分類される。 また「対ダイマックス型」でもあるダイマックス型としての性質も持つ。 ランクバトルシリーズ1末期には型が増加し、同じ頃には攻撃と特攻に努力値を各252振りしたいわゆる「ヤケクソ振り」型も登場。 この頃は特殊型が主流化していた。 ランクマッチシングルバトルシリーズ1最終1位構築に王道のこだわりハチマキ型がエントリーされていたが、それも然ることながら最終12位構築には型が確認された。 最終13位のとで粘りつつとで負担を掛ける型も特筆される。 ランクマッチシングルバトルシリーズ1ではに上から叩く要員として採用される場合があり、、、、、を受け要員としつつ自身を投入した型もある。 最終17位構築としては、、、、という技構成で、が、がという個体が確認された。 シリーズ3シーズン4でが解禁されるとキョダイラプラスを起点にじゃくてんほけんを発動するすりぬけ型が対策として考察された。 タイプ相性上は不利だが先手で壁を貼ればその点はネックになりづらい。 シリーズ3シーズン4終盤に、おにび、、みがわりで物理を起点にしてゴーストダイブでターン消費数を稼いでやけどダメージを重ねる型が公開された。 ランクバトルシリーズ3シーズン5期にはにより攻撃と特攻に努力値を各252振りした、所謂「ヤケクソ振り」のじゃくてんほけんドラパルトが公開された。 無振りドラパルトの素早さは実数値162であり、これは準速アイアント、準速アローラキュウコン、最速ヒヒダルマなどが位置する実数値161を1上回る計算。 道具をに替えると、攻撃の火力をそのままにで状態のやを、相手が耐久無振りの場合だいもんじで確定1発にできる。 シーズン6になると初手投げが増えたことで抜群技を受けることありきの型が安定しなくなったこと、カビゴンに露骨にを撒かれて居座りを前提とする型の弱みが目立つようになったことから、非ダイマックス前提のこだわりメガネ型がシングルバトルにおいても増加。 シーズン7最終1位の構築には型がエントリーされていた。 この頃になると最終100位以内の構築においては特殊型が大半となり、それに対してでドラパルトを受ける構築も増えた。 ただ、シーズン8でポリゴン2が解禁されると、特に特殊型の場合元々の微妙なの数値から攻め切れないケースが増えた。 例として、いのちのたまおくびょうドラパルトの は特殊耐久特化ポリゴン2に最高乱数で40. も決して低くないのででも需要がある。 の程度の火力で倒れる他、メジャーなタイプのポケモンの攻撃で倒れやすいため、でのが下がった後に場に残って足手まといになりづらい。 型というのも優秀で打ち逃げに適している上に、クリアボディのおかげで相手のによる無駄消費も防げる。 では同じドラパルトに抜群で確定1発となりやすいことから、後続を無償降臨させるための倒れ役という面もあり、この場合は相手のドラパルトに上を取られるように型にする必要がある。 もし相手がこちらのドラパルトをスルーすれば相手のドラパルトを処理することに繋がる。 シーズン1においてHPと特攻に厚く振ったとつげきチョッキ型が成立。 当時環境に多かった特殊のなどを確定で耐えつつ攻撃性を確保することを主な目的として開発された型である。 無振りでも実数値162と最速95族(、など)抜きが実現できるため、仮想敵次第でHPと特攻に252振りした型も荒唐無稽とは言えなくなる。 ランクバトルシリーズ2期のオフライン大会におけるダブルバトルではドラパルトとの並び「ドラパキッス」が流行。 持ち物を特定しづらく、どちらがダイマックスするか読みづらい強力なコンビである。 ランクバトルシリーズ3シーズン4ダブルバトルでは、おくびょう最速特殊ドラパルト、ようき最速物理、ずぶとい、ウォッシュロトム、、はらだいこキョダイカビゴンがとして浸透している。 シリーズ3シーズン5では、味方のので十分物理に強く出ることができることから、を搭載しない型が相対的に増えた。 対戦ではトップクラスの活躍をしているがシナリオでは底辺の使い勝手。 というのも、進化前のが攻略に使えるまともな技を覚えない上に、ドラメシヤの合計は270と貧弱で、に進化させるにはレベル50まで育てないといけない。 そもそもドラパルトに進化するレベル60まで上げる前に殿堂入りしてしまうことがざら。 こうしたことから、ではシナリオ勢から見捨てられたドラメシヤが大量に放流される。 2020年4月28日から5月12日まででランクバトル使用率上位のポケモンがピックアップされ、その1体としてドラパルトがピックアップされた。 技も対戦仕様に寄っており個体値も星5の場合5V以上確定なので性格と特性さえ合わせればそれで厳選は完了する。 ダイマックスレベルも予め上がっているのでを投与する手間も少なくて済む。 シーズン5あたりで、、、、、の5匹を指す「ズキュントス」という呼称が発祥した。 ダウンロードコンテンツ解禁前ののの例えである。 ドリュウ「ズ」、ミミッ「キュ」、カビゴ「ン」、ドラパル「ト」、トゲキッ「ス」といったように、それぞれの名前の一部を取って作られた。 一般的な育成論 高いとを持つ。 素早さでは前世代までのを大きく上回り、600族の中では最速。 半減6、無効2だが弱点5であるため、耐性面では一長一短。 両刀アタッカーとして育てるのが吉。 他の600族ドラゴンポケモンと違い、4倍弱点を持たないが、防御、特防が低く、HPもそこまで高くないので耐久性が低いのが欠点。 メインウエポンは専用技の、のを枯らせるために有用な上にダイマックスで溜め技としてのデメリットを帳消しにできる。 はと合わせてを見るために使うならアリ。 サブウエポンは、、、、、、。 ゴーストダイブと同様の性質のある技としてはが存在しており、技範囲の補完のためにいっそのことゴーストダイブとの同時採用もアリ。 は、、、、、、、、がある。 は元々素早さが過剰であるため恩恵が少なく、火力もダイマックス状態でじゃくてんほけんを発動すれば積めるため基本的には不採用。 特殊一刀型で特攻にを全振りしており、尚且つやを持たせた場合なら、対策のも前提で採用されることがある。 因みにたつじんのおびを持たせたドラパルトの(ソーラービーム)はダイマックス状態のHP4振りガマゲロゲに最低乱数で112. は、すばやさ重視ならせっかち・むじゃき・ようき、こうげき重視ならいじっぱり・さみしがり・やんちゃなどが良い。 素早さの種族値が非常に高いため、素早さにを振らない場合であっても効率を優先して素早さに性格補正を掛ける場合がままある。 特性は等の低下対策になるが推奨される。 はアタッカー型であるドラパルトとはシナジーが無いので基本的には非推奨だが、壁貼り型などで相手に攻撃の試行回数を稼がせやすい場合は一考の余地がある。 持ち物は、が主流。 こだわりハチマキの効果はダイマックス中は解除されるため、すれば技の打ち分けができる。 技範囲、火力の種族共に高水準なのでも候補に挙がる。 物理技寄りなのでおにび対策としても候補。 技構成としてはドラゴンアロー、ゴーストダイブ、とんぼがえり、だいもんじが主流。 意外ととの相性も良い。 というのも、主力技の1つであるゴーストダイブにより経過ターンを水増しすることでたべのこしによる回復回数を増やすことができるためである。 相手の火力調整を破るという使い方もできるが、勿論これは1発で倒されないという前提の下での話である。 ダブルバトルなどでは、、を中心とした特殊型が主流。 火力が微妙なのでを持たせたり前提で敢えてなどの命中不安技を覚えさせたりするのもアリ。 ダブルバトルでは無効のサポーターという性質も持つ。 やなみのりにより味方の攻撃を受けた時に発動するを活かすのもアリ。 シングルバトルと異なり最速の実数値213というのは絶対的ではなく、当たり前のように使われるやで行動順を逆転させられがちなので注意が必要。

次の