豚 コレラ 福井。 豚熱

豚熱

豚 コレラ 福井

豚コレラの発生により経営する福井県越前市の養豚場で全頭殺処分となった食肉卸、養豚業のなんえつミート(本社越前市)は、10月16日までに事業を停止し福井地裁への自己破産申請の準備に入った。 帝国データバンク福井支店によると、昨年9月以降の一連の豚コレラの影響での自己破産は全国で初めてとみられる。 同支店によると、同社は1985年に設立。 2013年に、親族が1960年ごろ創業した養豚業を吸収合併した。 自社ブランド「越前旨香(うまか)豚」を主力商品に食肉小売店などへ販路を築き、2018年11月期の売上高は約1億2千万円だった。 同社の養豚場では7月29日に豚コレラの感染が確認され、家畜伝染病予防法に基づき飼育していた豚全309頭を殺処分した。 処分により今後の売り上げの見通しが立たなくなったとみられ、10月1日までに事業を停止した。 福井県は、経営再開に向けた資金調達支援を盛り込んだ本年度一般会計補正予算を編成し、杉本達治知事が8月に専決処分していた。 福井県内では7月に豚コレラに感染した野生イノシシが初めて見つかった。 8月には越前市の別の養豚場で県内2例目となる豚への感染が確認され、飼育していた全688頭を殺処分した。 農林水産省によると昨年9月以降、福井を含む6県の約60農家の養豚施設で豚コレラが発生。 これまでに事業停止や廃業した農家は何軒かあるという。

次の

豚熱

豚 コレラ 福井

豚コレラの発生により経営する福井県越前市の養豚場で全頭殺処分となった食肉卸、養豚業のなんえつミート(本社越前市)は、10月16日までに事業を停止し福井地裁への自己破産申請の準備に入った。 帝国データバンク福井支店によると、昨年9月以降の一連の豚コレラの影響での自己破産は全国で初めてとみられる。 同支店によると、同社は1985年に設立。 2013年に、親族が1960年ごろ創業した養豚業を吸収合併した。 自社ブランド「越前旨香(うまか)豚」を主力商品に食肉小売店などへ販路を築き、2018年11月期の売上高は約1億2千万円だった。 同社の養豚場では7月29日に豚コレラの感染が確認され、家畜伝染病予防法に基づき飼育していた豚全309頭を殺処分した。 処分により今後の売り上げの見通しが立たなくなったとみられ、10月1日までに事業を停止した。 福井県は、経営再開に向けた資金調達支援を盛り込んだ本年度一般会計補正予算を編成し、杉本達治知事が8月に専決処分していた。 福井県内では7月に豚コレラに感染した野生イノシシが初めて見つかった。 8月には越前市の別の養豚場で県内2例目となる豚への感染が確認され、飼育していた全688頭を殺処分した。 農林水産省によると昨年9月以降、福井を含む6県の約60農家の養豚施設で豚コレラが発生。 これまでに事業停止や廃業した農家は何軒かあるという。

次の

福井県における豚コレラの疑似患畜の確認(国内37例目)について:農林水産省

豚 コレラ 福井

令和元年8月12日 農林水産省 本日、国内34例目の移動制限区域内にあり、かつ野生イノシシ陽性確認地点から10km以内にあり監視対象となっていた福井県越前市の農場において豚コレラの疑似患畜が確認されました。 本病の防疫措置等について万全を期します。 現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれがあることなどから厳に慎むよう御協力をお願いいたします。 発生農場の概要 所在地:福井県越前市 飼養状況:615頭 2. 経緯 (1)福井県は、8月11日(日曜日)、農場から、飼養豚が異常を呈しているとの報告を受け、家畜防疫員による立入検査を実施しました。 (2)同日、家畜保健衛生所での検査により豚コレラの疑いが生じたため、精密検査を実施したところ、本日(8月12日(月曜日))、豚コレラの疑似患畜であることが判明しました。 今後の対応 「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」に基づき、以下の防疫措置等について万全を期します。 (1)当該農場の飼養豚の殺処分及び焼埋却、移動制限区域の設定等の必要な防疫措置を迅速かつ的確に実施します。 (2)移動制限区域内の農場について、速やかに発生状況確認検査を実施します。 (3)感染拡大防止のため、発生農場周辺の消毒を強化し、主要道に消毒ポイントを設置します。 (4)感染経路等の究明のため、国の疫学調査チームを派遣します。 (5)本病の早期発見及び早期通報の徹底を図ります。 (6)関係府省と十分連携を図るとともに、生産者、消費者、流通業者等への正確な情報の提供に努めます。 (7)農場の消毒や野生動物の農場への侵入防止等の飼養衛生管理基準の遵守に関する指導を徹底します。 (8)感染経路等の究明及びまん延防止のため、あらゆる可能性を想定し調査します。 その他 (1)豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。 また、感染豚の肉が市場に出回ることはありません。 (2)現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれがあること、農家の方のプライバシーを侵害するおそれがあることなどから厳に慎むよう御協力をお願いいたします。 特に、ヘリコプターを使用しての取材は防疫作業の妨げとなるため、厳に慎むようお願いいたします。 (3)今後とも、迅速で正確な情報提供に努めますので、生産者等の関係者や消費者は根拠のない噂などにより混乱することがないよう、御協力をお願いいたします。

次の