弱保アーマーガア。 《HBわんぱくアーマーガア単体考察》簡易メモ

【ポケモン剣盾】弱点保険ドリュウズの調整と対策【育成論】

弱保アーマーガア

何を隠そう、あの日本三位の喰い断氏が、ガントルに完全敗北した生放送のアーカイブである。 何を言っているか分からないかもしれないが、 本当に、ただ純粋に、ガントルに崩されている喰い断の姿がそこにあるので、未視聴の人は是非目を通して欲しい。 あの喰い断が、ガントルに敗けた……。 その事実は瞬く間に界隈へと広がり、人々は衝撃と笑撃を受け、騒然となった。 「このままではいけない……」 日本三位が、ガントルに負けたままでいいのか。 いや、いいはずはない。 ガントルに負けるのは普遍的な事象であると証明するため、ガントルから続く負の連鎖を断ち切るため… 私は使命感に駆られ、ガントル構築を組み上げることにした。 構築の経緯 まず最初にパーティに入るのはガントルである。 しかし、ガントルには強力なライバルが存在する。 ギガイアスだ。 ガントルを普通に使えばギガイアスの劣化であるため、ギガイアスにはない 特性「くだけるよろい」を活用することにした。 くだけるよろいのすばやさ上昇を利用すれば、鈍足ポケモンであるギガイアスとまた違った動きが可能になる。 味方殴りでガントルの弱点保険とくだけるよろいを同時に発動する。 ギミックの根幹は決まったので、殴ってくれるパートナーとして サンダースを採用することにした。 くだけるよろいを二回起動できる「にどげり」を使えるポケモンの中で最も素早いからだ。 その上、ただでさえ早いすばやさを特性「はやあし」でさらに1. 5倍にできる。 しかも、はやあしの起動に使う「かえんだま」がにどげりの火力を下げてくれるという奇跡のような噛み合いっぷり。 恐らくサンダースはガントルに蹴りをいれるためにゲームフリークにデザインされたポケモンだと推測できる。 サンダースのすばやさを活かす為に ニンフィア、掃除役として有用でガントルの大爆発に巻き込まれない ドラパルトを採用。 地面の通りが良かった為、ボックスから適当な飛行タイプとして アーマーガアと トゲキッスを投入して完成。 中間進化の割に火力が高いので、保険と合わせるとかなりいいダメージが出せる。 一致技のいわなだれ、はやあし起動の為などに使うまもる、いざという時に使うだいばくはつ、鋼タイプへの打点としてじだんだで4枠が埋まった。 意地でも陽気でも最速ドラパルトは抜ける為、火力の高いいじっぱりで採用。 にどげりでガントルを強化する為に生まれたポケモン。 一応一致電気技として10まんボルトを採用。 はやあし起動のまもると、ガントルがやられた時に裏から出てくるニンフィアを強化する為にりんしょうを採用した。 はやあしサンダースのすばやさからスキンりんしょうを叩き込みたい。 普通にハイパーボイスとか撃ってもいいと思う。 いのちのたまなので、ダイマックスしたらかなりの火力が出せる。 前述3匹が全部ナットレイ重めなので、炎技を採用する為に特殊型。 一応アイアントにも強め。 地面の一貫を切る以外の採用理由は別に無い。 個人的に火力の無いポケモンが苦手なので、ハチマキを持たせている。 地面の一貫を切りたいのと、この指で立ち回りに幅が出来る、ということで採用してみた。 ナットレイの打点があるのも大きい。 使用感 無し。 いや、ここまで読んでもらって申し訳ないのだが、私自身は一度もこの構築を使ったことがない。 そのため、使用感は書けないのだ。 本当に、ただ喰い断氏に使わせるために生み出しただけなのだ。 その為にA0サンダースを用意し、ガントルを厳選した狂気。 ただただノリで、見栄えの面白さのみで組み上げた構築。 最低限戦えるようにはしたつもりだ。 だが、その出来栄えは私にはわからぬまま… しかし私の思いは届き、彼はこの構築を使用した。 その議事録がこちらである。

次の

S5使用構築ー挑発サザンドラ+弱保アーマーガア【最終374位/最高143位】

弱保アーマーガア

〈構築経緯〉 2シーズン前くらいに孵化していたときに出た色を使いたかったので、から構築を組み始めた。 何種類か持ち物を使い分けて個人的に一番使いやすかった耐久振りの眼鏡を採用した。 次に、が苦手なや系統に強く出られるを探していたところ、なにかのついでに捕獲していた色がボックスにいたので使ってみたら、思ったより使いやすかったのでを採用した。 次に、が重かったので対面撃ち合えそうな弱保アーマーガアを採用した。 次に、パッチラゴンがきつく受け崩しの枠もいなかったため、ラムを採用した。 また、もと撃ち合えると考えた。 ここまでで、に誰も勝てないのでに勝てる腕白を採用した。 最後に、いろいろ誤魔化せたりだけでは不安なパッチラゴンに対してなんとかできるを採用した。 また、残飯に対して隙を見せたくなかったため、構築全体で残飯に強くなるように型を決めた。 火力も十分にあり、初手で出し勝ちできたときの裏へ大きい負担をかけることができたり、抜群をとることができればックス相手にもほぼ瀕死に近いダメージを与えることができた。 熱湯火傷やムンフォCダウン次第では、襷やにも勝てることもあった。 草食でやどりぎの一貫を切ることができるのが偉い。 と対面したとき、ほとんどの場合どくどくをしてくるので身代わりでアドを稼げる。 受け構築に対しても積極的に出し、やアシボからで崩す動きもできた。 ドラパミミキッスに弱いのが難点だが、ドラパルトに対してはドラゴン技を撃たせられるために引くことができたり、のダイフェアリーを1回は耐えるため、アシボ+裏ので大きく削ることもできた。 今回はメタでもあり息吹で麻痺になると困るため不採用 3. 弱保を持つことでや特殊ドラパルトと撃ち合うことができた。 や、アーマーガアに対しても強いところがよかった。 通りがいいときやパッチラゴンがいたとき、の壁ターンを枯らしたいときには選出した。 型破りなので天然を無視して崩しを行えることが強かった。 やアーマーガアに対して挑発を入れればガン起点にすることができる。 後出しから相手の珠に勝てるのが強すぎた。 構築にもいるときは選出される可能性が高いのでのHPを大事にすることを意識して選出の 1を決める。 相手の残りの5体に合わせて 2を決め、は確実に威嚇を入れられるように裏に置くことが多かった。 パッチラゴンを倒したら通りやすいのを 2に決める。 パッチラゴンのを枯らせば、がしたとき逆鱗を耐えて切り替えせるため選出することもあった。 初手に投げてできそうな場合は裏にHPの高いアーマーガアやを選出する。 または、のアシボ+で崩す。 は環境に多いやに強く出られるためいたら出し🉐 1は相手の構築に合わせて柔軟に選出する。 初めて育成したも新鮮でかなり楽しかった。 最終日は、有名強者やFFの方とも何度か当たり、最後まで緊張感のある対戦でした。 勝ったときの喜びはやばかった。 結果は今までの自己最高レートと順位を大きく更新し、個人的にはかなり満足です。 次は最終2桁前半目指して頑張ります! ここまで閲覧ありがとうございました。

次の

【ポケモン剣盾】弱保砕けるガントル構築【ダブルバトル】

弱保アーマーガア

tnゆうで潜っていた者です。 シーズン6お疲れ様でした。 対戦してくださった方々はありがとうございました。 s6最高153位、最終日最高320位という中途半端な結果になりましたが記事に残すことにことにしたので、よかったら最後まで見ていってください。 上記のような構築で潜っていました。 【構築経緯】 序盤はメガネなどを使って遊んでいましたが5桁まで落ちたので、昨シーズン使用し感触の良かったアマガピクシードヒドを再び使いたいと思い軸にすることに決めました。 アーマーガアが、に無理やり突破されることが多かったので以前から注目していたも物理受けとして採用。 鈍足ばかりだと上から制圧されるのでドラパルトも加え、最後に鉢巻ウオノラゴンやミトムが重かったためそれらの一貫を切りつつにも抜群をつける貯水を加え完成しました。 途中かなり迷走し、チョッキや珠ピクシー、かえんだまピクシー、弱保パッチルドンや鉢巻、チョッキすなかき、弱保すなかき、スカーフ型破り、弱保ドラパルトなどを採用したがしっくりきませんでした。 とりあえずチョッキ持たせればいいと思ってるよなこの人。 とにかく型をたくさん試しました。 結果的に火力でゴリ押しが可能でありしなくても強い珠での採用に落ち着きました。 取り巻きとも相性良く終盤に大活躍してくれました。 1番長く使ってたのは弱保だと思います。 初手キッスはしてこないのでダイスチルを押すと試合が終わります。 役割対象的にはHD特化でいいと思うが気持ち物理方面にも振りたかったのでとりあえず100振った。 何が変わったのかは知らない。 も役割対象だったが終盤に渦潮滅び型が増加したため何度も滅ぼされた。 ピクシーのためにキッスに毒を撒くのが大事なお仕事。 後出しされるやを熱湯で焼いたことがないお茶目な一面もある。 してきたドラパの型判別もできるすごい子。 A140振ればダイスチルで無振りキッスが落ちるが耐久を削りたくなかったのでHB特化で採用。 の交換読みドリルに一生怯えてた。 対も安定して勝てるので受け回しには必須なだと思いました。 もプレミしなければ勝てます。 も楽に対処できます。 無振りでもAが高いためしても強いためとりあえずエアスラを打ちそうな顔をしたキッスにはさっさとダイアイスを打って処理をすることもありました、パッチラゴンのダイバーンも3、4割しか入らないため鉄壁からで間に合います。 H252D4のをダイバーンで中乱数で落とせるらしい。 がほとんどミリ耐えされました。 HD252で良いと思います。 一回サザン対面で裏の読みで放射を押したらラスカを打たれたことがあったのでサザン対面はムンフォ押すように決めてました。 キッスを倒すにチョッキカビを採用していた時はかえんだまや珠も試しましたがしっくりこなかったので残飯HDに落ち着きました。 貴重なフェアリー打点のある。 願い事はまもるを自然と採用できる点と、回復量が天候に左右されないことを評価し採用しました。 じめんタイプのという括りだけ決めて後は色々なじめんタイプを試しました。 やヌオー、トドン等を試しましたが1番火力のあり貯水でウオノラゴンやミトムなどを対策できるに落ち着いた。 持ち物は特に候補がなかったので適当にチョッキを持たせました。 副産物としてストリンダーや前提になるが対策もできたので悪くはなかったと思います。 あとカジリガメ対策にもなってくれていました。 40試合で1度も貯水が発動したことはありませんでした。 【後語り】 いつも最終盤で溶かしていたので、最終日を3桁で迎えるというのが1つ大きな目標でした。 それを大きく上回ることができて良かったと思います。 最後まで読んでいただきありがどうございました。 次はもっと良い成績を残せるよう頑張ります。 pokeaaiueoo.

次の