ツイステ クルーウェル 小説。 ツイ腐テ (ついすてっどわんだーらんどふむけ)とは【ピクシブ百科事典】

採集ラビリンス!

ツイステ クルーウェル 小説

サイズは3種類ご用意がございますが、ご指定ない場合はMサイズで作成致します。 S、Lサイズご希望の場合は購入後にメッセージをお願い致します。 0㎜ 縦20. 0㎜ 縦19. 0㎜ 縦18. 0㎜ 縦18. 0㎜ 縦17. 0㎜ 縦16. 0㎜ 縦15. 0㎜ 縦15. 0㎜ 縦13. 5㎜ 10…幅9. 0㎜ 縦13. 5㎜ こちらの商品に関しましてはデザインのご変更は承っておりません… デザインのご変更や別キャラクター等でご注文をご希望でしたら、オーダーページよりお問い合わせください。 サイズは3種類ご用意がございますが、ご指定ない場合はMサイズで作成致します。 S、Lサイズご希望の場合は購入後にメッセージをお願い致します。 0㎜ 縦20. 0㎜ 縦19. 0㎜ 縦18. 0㎜ 縦18. 0㎜ 縦17. 0㎜ 縦16. 0㎜ 縦15. 0㎜ 縦15. 0㎜ 縦13. 5㎜ 10…幅9. 0㎜ 縦13. 5㎜ こちらの商品に関しましてはデザインのご変更は承っておりません… デザインのご変更や別キャラクター等でご注文をご希望でしたら、オーダーページよりお問い合わせください。 出品者の他の商品.

次の

採集ラビリンス!

ツイステ クルーウェル 小説

『 ユウさん、今日は良い天気ですね!僕が用意しておいたので、こちらを背負ってください。 少し重たいのでお気をつけて』 ジェイドがキャラメル色の登山用のバッグを ユウの背中に添わせ、 ユウはありがとうございますと腕を通す。 『おや? ユウさんは長靴を履いてこなかったのですか?』 『すみません。 生憎長靴を持っていなくてスニーカーで来ました。 やっぱりまずかったですか?』 『山は湿っぽくて滑りやすいので長靴の方が安心です・・・が、大丈夫。 こんな事もあろうかと ユウさん用の長靴も用意してありますから』 ジェイドは胸に手を当てにっこり笑うと上着ポケットからマジカルペンを取り出し、 ユウの靴を瞬間移動魔法で長靴に変えた。 『 ユウさんの靴は僕の自室に保管してあるのでご安心を。 さあ!行きましょう!!』 『・・・・・・はい』 ある日の休日。 ユウはジェイドときのこ狩りにNRCから離れた、とある山へ来た。 意気揚々としたジェイドとは逆に、あまり乗り気ではない ユウは、重い足取りで整備がされていない、枯葉の絨毯の上を歩いてジェイドに付いて行った。 ユウが山に来ることになったのは、数日前の出来事があった。 ****** 監督生の ユウが一悶着あった入学式を終えて暫くたったある日のこと。 『本当の世界なら入学式といえば桜で満開なはずなのに・・・窓からは枯葉ばかりが見える。 あぁ・・・桜が恋しいなぁ・・・。 あ、葉っぱが1枚また落ちた・・・私の運命もここまでのようね』 『 ユウ・・・本当に・・・ごめんなんだゾ』 『ううん、魔法が使えない私が悪いの。 錬金術の仕上げに魔力を込めるだなんて、私には出来ないから。 経過観察をして、観察最終日に魔力を注ぐことを忘れて反応を記録することが出来なかっただなんて・・・うん、気にしないで』 『め、めちゃくちゃ怒ってるんだゾ・・・怒った ユウ怖いんだゾ』 ユウの肩の上でグリムは涙目で震える。 ユウは笑顔で笑っているが、目は笑っていない。 グリムには魔力のないはずの ユウから黒い龍の靄が出ているように見えた。 これからクルーウェル先生の授業が始まる。 2人で1人の生徒であり、どちらかのミスは両方のミス。 どちらかが真面目に課題をこなしていても、肝心なところでこうなってしまえば宿題の忘れ物になる。 クルーウェル先生も ユウが真面目な生徒であるのは知っているが、グリムの監督不行届ということで結局躾し直される。 『居残りかなぁ・・・反省文かなぁ・・・。 グリムも手伝ってよね』 肩の上のグリムの頬をむにっと軽く摘むと、縦に口が開いたまま何度もうなづいた。 ゴーン・・・ゴーン・・・ 授業開始の鐘がこれほど億劫になることはない。 開始の合図とともに、クルーウェル先生がスパン!とドアを開けた。 終わった・・・と ユウが瞳の色を消す。 『今日の隣は ユウさんとグリムさんでしたか。 当たりの授業ですね』 『ジェイド先輩・・・こんにちはー・・・』 『あ、双子の片割れだゾ!』 少し怯えたグリムとは逆に、負のオーラを漂わせながら挨拶をする ユウにジェイドは目が開く。 『あぁ・・・それは困りますね。 良ければ僕の観察結果をお見せしましょうか?絵も描いたのでわかり易いと思いますよ』 『え!お前いいのか?!へへーん! ユウ~これで怒られなくて済むんだゾー!!』 『グ、グリム!駄目よ!ジェイド先輩はちゃんと宿題してるのに、私たちが写すなんてズルいよ』 肩からピョンと飛び、ぺらっとファイルから観察結果を取り出したジェイドから用紙を奪おうとするグリムのリボンを掴む。 『ステイ!!そこの仔犬ども!授業早々騒がしいとはいい度胸だな?』 『す、すみません!!!』 ひぃ!とグリムは白目剥いて両手を広げ急いで ユウの肩に戻る。 『おやおや・・・。 ユウさん、どうしますか?僕の宿題写しますか?宿題忘れたのが分かれば先程より叱られますよ?』 『うぅ・・・背に腹は変えられない。 ジェイド先輩お願いします』 現代風に机の上に軽く手を揃えて重ね、頭を下げる。 ジェイドは、どうぞ・・・とクルーウェル先生が見てない隙に ユウの前に用紙を置く。 小さくお礼を何度も言いながら ユウは用紙を受け取った。 『 な、なんて見やすくて・・・わかりやすい!!字も綺麗し絵も上手い・・・ 』 ユウはジェイドのまとめ方に感動しながら提出の時間までに写し、無事に終わった。 『ジェイド先輩、ほんっとーにありがとうございました!!』 『お前のおかげで助かったんだゾ!これで反省文書かなくて済むんだゾー!』 『いいえ、お役に立てて良かったです。 あぁ、ところで ユウさん・・・僕がお見せした宿題の対価はどのようなことをしてくれるのですか?』 先程まで優しい眼差しで見おろしていたジェイドの目が怪しく光る。 特徴のギザ歯も笑った口端から覗く。 『え・・・?!た、対価?!そ、そうですよね・・・えっと・・・ランチのご馳走でいいですか?・・・あまり高い物はご馳走出来ませんが・・・』 『僕はアズールと違って、 ユウさんからお金は頂きませんよ。 そうですね・・・体で対価を払ってもらいましょうか?』 『か、か、か・・・体?!』 『えぇ、そうです。 詳しいことは後程お伝えに参ります。 それでは・・・』 ジェイドは丁寧な会釈をすると教室から退室するかと思えば、クルーウェル先生の元へ向かっていく。 身振りをしながら何か説明をしているようだ。 たまに ユウやグリムを見ているのは気の所為なのか。 グリムは腹減ったから行こうと ユウの裾を引っ張る。 ジェイドは話が終わったのか軽く ユウに手を振って退室して行った。 『ステイ!仔犬・・・いや、仔狸!!さっき、ジェイド・リーチから聞いたぞ。 監督生の ユウは課題をしていたが、仔狸が忘れたせいで出せなかったようだな!・・・みっちり躾の時間の用意をしよう』 『た、狸じゃねぇんだゾ!!って、うげえぇなんだゾ!!くそっ!!ジェイドのやつに売られたんだゾー!!』 『クスっ・・・僕は ユウさんからは対価を貰いますが、グリムさんからは何も頂けませんからね』.

次の

採集ラビリンス!

ツイステ クルーウェル 小説

ツイステッドワンダーランド ツイステ メタルカード メタカ 自販機 ver. 1枚1888円(送料手数料込み)。 数字は残数になります。 複数纏めての方優先。 オクタヴィネル、クルーウェルは条件厳しめです。 8月発売予定の商品です。 発売元都合での延期・キャンセルの可能性もあります。 予めご了承の上、ご購入ください。 (支払いはオタマの支払期限。 相談可。 ) 商品受け取り次第、迅速に発送させていただきます。 (ぴったりサイズ) キャンセル不可。 ご希望をコメントよろしくお願いします。 カテゴリ ツイステッドワンダーランド ツイステ メタルカード メタカ 自販機 ver. 1枚1888円(送料手数料込み)。 数字は残数になります。 複数纏めての方優先。 オクタヴィネル、クルーウェルは条件厳しめです。 8月発売予定の商品です。 発売元都合での延期・キャンセルの可能性もあります。 予めご了承の上、ご購入ください。 (支払いはオタマの支払期限。 相談可。 ) 商品受け取り次第、迅速に発送させていただきます。 (ぴったりサイズ) キャンセル不可。 ご希望をコメントよろしくお願いします。 出品者の他の商品.

次の