アイビス 色塗り。 アイビスペイント。クリッピングの使い方をわかりやすく解説するよ【初心者必見】

【初心者必見!】アイビスペイントXの使い方!写真→線画流れを分かりやすく解説。

アイビス 色塗り

スポンサーリンク アイビスペイントでアナログ線画を写真から取り込みする手順 その1:アナログ線画をスマホで撮影する まず最初に、アナログで描いた線画をスマホで撮影します。 このときに気を付けるポイントが2つあります。 なるべくならペン入れをしっかりしておくと、どちらの場合も綺麗に仕上がるのでオススメです。 罫線のあるノートなどに描いてあると、その線もそのまま使うことになってしまうので注意。 描いた絵だけ取り出すというのは出来ません。 特に「明るい所と暗い所」が出来てしまうと、全体のバランスを整えるのが難しくなってしまうので「全体を均一な明るさで」撮影するのがポイントです。 全体が均一になっていれば、ちょっと暗くなってしまってもアイビスペイントで多少の調整が出来るので問題ありません。 <OK例> <NG例> ここで綺麗な写真を撮っておけばそれもラクになるので、なるべく明るく影が出来ないように、また線画の色が光で薄れないように気を配りながら撮影してみてくださいね。 その2:アイビスペイントで写真を読み込む アイビスペイントを起動して、マイギャラリーを開き、左下の+マークをタップします。 一覧から、お好きなキャンバスサイズを選択します。 大きすぎると動作が重くなったり、使えるレイヤー数が少なくなってしまうので、あなたのスマホで快適に動く大きさでお好みのサイズを選びましょう。 私はよく3:4を選びます。 これで新規キャンバスが作成されましたね。 次に、右下のレイヤー操作のアイコンをタップします。 開いたメニューの中から、カメラのマークをタップします。 そうすると、画像を選択する画面が開きますので、先ほど撮影した線画の写真を選びましょう。 スマホによって表示は違うかもしれませんが、私のスマホではこんな感じの画面です。 画像を選択すると、キャンバスにバーンと選択した絵が表示されて、右下にメニューが出てきます。 写真をそのまま読み込むとでっかくてビックリしますね。 笑 しかも、何故か横向きになってしまっているので、こんな時は右下メニューの、虫メガネの隣の「丸い矢印マーク」をタップします。 タップすると白い矢印が青くなりますので、そうしたら二本指でぐるっと回すと絵が回転するようになります。 もし、写真を撮った時に絵が傾いてしまっていたら、ここでお好きな角度にしても大丈夫ですよ。 ちょうど良い角度になったら、ズレないように先ほど青くした矢印マークをタップしてまた白に戻します。 これでもう回転することはないので、あとはお好みの大きさに調節しましょう。 普段画像を大きくしたりするのと同じ二本指操作です。 サイズが思い通りになったら、あとは一本指で画像をちょうどいい位置に合わせます。 大きさも位置もOKになったら、緑色のチェックマークをタップすれば完了です。 ここで、線画抽出を行いますか?というダイアログが出てきますね。 ここからは、塗り方によって選択を変えることになるので、あらためて2種類の塗り方について説明しますね。 この方法で塗るなら、線画抽出はしないで、取り込んだ画像そのままを乗算レイヤーというものにして使っていきます。 この方法は、「サラっと簡単に色塗りをしたい」場合にピッタリです。 線画抽出をする時の明るさ調節などの手間がなく、紙にペンで色を塗っていくのに近い感覚で塗っていけるので、 初めてデジタルで色塗りをするならコチラがオススメですね。 また、こちらの場合は線画にきっちりペン入れなどしなくても塗れるので、シャーペンで描いた絵に軽く色塗りしたい時にも便利です。 ただし、綺麗に線と空白部分に分かれるわけではないので、線で囲まれた範囲を自動で選択してくれる便利ツールやバケツでの色塗りが上手く出来ません。 また、線画の色を変えたい場合にはレイヤーモードを変更するなど、線画抽出より少しわかりにくい作業になってくるので、後から線画自体をいじりたい場合は覚えるまでちょっと難しいかもしれませんね。 こちらは、その名のとおり写真から線画を「抽出」するので、線画以外の白い部分は「透明」になります。 つまり、アイビスペイント上で線画を描くのと同じ状態に出来るんですね。 なので、塗り方もアイビスでイチから描いた時と同じ手法で出来ます。 デジタルでの色塗りに慣れてきたらこちらの方が塗りやすいかもしれません。 注意点は、最初の説明でも書きましたが、アナログでしっかりペン入れ(シャーペンでもくっきり濃く描いて、余計な線が無ければOK)しておかないと上手く抽出出来なかったり、影があると調整が難しく上手くいかなかったりすること。 でも、線画の色を自由に変えたりするのはコチラの方が簡単なので、デジタル絵としてしっかり完成させたいなら線画抽出する方法が向いていますね。 ざっくり説明ですが、あなたがどんな塗り方をしたいのかによって選んでみてください。 私は気分によってどちらも使いますが、ラフな仕上がりにしたい・アナログ感を出したい時にはそのまま、デジタル絵として完成させたい時は線画抽出をして塗っています。 線画抽出をしないで、画像をそのまま使って塗る場合は、キャンセルを押しましょう。 これで画像の取り込みは完了になります。 この状態からの色塗りの手順はこちらで紹介しています。 スポンサーリンク 線画抽出をして色塗りをしたい場合は、OKを押すと画像の調整に入ります。 一番上の「黒側」をバーは最初0%になっていますね。 それを右側に動かして%を上げていくと、画像がどんどん暗くなっていきます。 線画の色が薄いときは、これで黒を濃くすることができます。 が、影があるとそれも濃くなってしまうので、私はあんまり動かしていません。 真ん中の「白側」は最初100%になっています。 これを左側へどんどん下げていくと、画像が明るくなっていきます。 画像全体がちょっと暗い場合、これで明るくすることができます。 薄くでも影や暗さが残っていると、それも一緒に抽出されてしまい、色が暗く見えてしまう可能性があります。 なので、できるだけ白い部分は真っ白になるように調整したほうがいいですよ。 最後に、一番下の「中間値」ですが、これは最初真ん中になっていますね。 これを左に動かすと、画像全体が明るくなっていきます。 そして反対に、右側へ動かしていくと、画像全体がどんどん暗くなっていきます。 黒側の数値を上げた画像より、全体的に均一に暗くなっているのがわかりますか? こちらの方が黒をハッキリさせるのに綺麗に仕上がりやすいので、私はいつも 「白側」を下げて全体を明るくしてから 「中間値」を上げて黒い線をハッキリさせています。 このあたりのバランスは慣れと好みなので、色々試して練習してみてください。 ただし、あまり黒を濃くしすぎると線のギザギザが目立ってしまうので、やりすぎには気を付けましょう。 例の画像では、白側60%・中間値60%でイイ感じになりました。 これでOKと思ったら、緑のチェックをタップして決定してください。 レイヤーメニューを開いて、こんな感じになっていれば大丈夫です。 線以外の部分が白とグレーの市松模様になっていれば、その部分は透明ということなので、無事に線画だけが抽出されていることになります。 試しに、絵が入っているレイヤーの下のレイヤーに、ペンでグリグリっと色を塗ってみます。 そしてレイヤーメニューを閉じたところがこちら。 どうですか?線が綺麗に出た状態で色を塗れていますよね。 これで、アナログ線画の取り込みは完了です。

次の

アイビスペイントの塗りつぶし機能で綺麗に色塗りするための方法

アイビス 色塗り

イビスペイントXアプリの概要 イビスペイントXアプリは、あなたが友人とあなたのデジタルアートを共有すると同時に、あなたの絵を描くためにそれらを従事することができます描画アプリです。 このアプリは、1つの主要な理由のために素晴らしいです:初心者はそれをダウンロードし、彼らの未経験に関係なく素晴らしいイラストを作り始めることができます。 覚えておいてください、このアプリはiOSデバイスと互換性があります イビスペイントXは、ブラシ、描画モード、スクリーントーンなどを含む2,500以上の材料を持っています。 私は今、このアプリのいくつかの機能を一覧表示するつもりです。 SNS 描画機能を備えており、プロセス ビデオを通じて他のユーザーの描画方法を簡単にモデル化できます• 描画処理機能を記録する. 60 FPS. まで描画• クレヨンやチャコールブラシなど335種類のブラシ• アルファブレンド、ブレンド、レイヤーの不透明度などのレイヤーパラメータが含 イビスペイントXの無料と有料版があります。 アプリの有料版は - 毎月の支払いを伴うプライムメンバーシップですが、広告なし。 もう一つは、1回の支払いを伴う広告の追加を削除します プライム会員登録にはプライム素材、プライムフォント、トーンカーブフィルタなどのメリットが付きます。 あなたはそれを念頭に置いておきたいかもしれません。 先ほど述べたように、初心者はイビスペイントXを使い始め、良いイラストを作り始めることができます。 これは私がアプリを使用すると、出芽やプロのアーティストのための素晴らしいアイデアになると思った理由に私をもたらします:から学ぶためにプロセスのビデオやチュートリアルがあります。 イビスペイントXで描くメリット• このアプリを使って描画することを学ぶのは簡単• 他の人のプロセスビデオから学ぶ必要があるので、練習も簡単です• それは非常に直感的で思慮深い、特にアプリに入力されたすべての材料を考慮 アプリを使用することの欠点• アップデート後にいくつかの不具合があります• いくつかのバグが含まれているため、さらなる改善が必要です あなたのWindowsコンピュータで アイビスペイントX を使用するのは実際にはとても簡単ですが、このプロセスを初めてお使いの場合は、以下の手順に注意する必要があります。 これは、お使いのコンピュータ用のDesktop Appエミュレータをダウンロードしてインストールする必要があるためです。 以下の4つの簡単な手順で、アイビスペイントX をコンピュータにダウンロードしてインストールすることができます: 1: Windows用Androidソフトウェアエミュレータをダウンロード エミュレータの重要性は、あなたのコンピュータにアンドロイド環境をエミュレートまたはイミテーションすることで、アンドロイドを実行する電話を購入することなくPCの快適さからアンドロイドアプリを簡単にインストールして実行できることです。 誰があなたは両方の世界を楽しむことができないと言いますか? まず、スペースの上にある犬の上に作られたエミュレータアプリをダウンロードすることができます。 または B. 個人的には、Bluestacksは非常に普及しているので、 "B"オプションをお勧めします。 あなたがそれを使ってどんなトレブルに走っても、GoogleやBingで良い解決策を見つけることができます lol. 2: Windows PCにソフトウェアエミュレータをインストールする Bluestacks. exeまたはNox. exeを正常にダウンロードした場合は、コンピュータの「ダウンロード」フォルダまたはダウンロードしたファイルを通常の場所に保存してください。 見つけたらクリックしてアプリケーションをインストールします。 それはあなたのPCでインストールプロセスを開始する必要があります。 [次へ]をクリックして、EULAライセンス契約に同意します。 アプリケーションをインストールするには画面の指示に従ってください。 上記を正しく行うと、ソフトウェアは正常にインストールされます。 今度は アイビスペイントX を検索バーに表示し、[検索]を押します。 あなたは簡単にアプリを表示します。 クリック アイビスペイントXアプリケーションアイコン。 のウィンドウ。 アイビスペイントX が開き、エミュレータソフトウェアにそのアプリケーションが表示されます。 インストールボタンを押すと、アプリケーションのダウンロードが開始されます。 今私達はすべて終わった。 次に、「すべてのアプリ」アイコンが表示されます。 をクリックすると、インストールされているすべてのアプリケーションを含むページが表示されます。 あなたは アイコンをクリックします。 それをクリックし、アプリケーションの使用を開始します。 それはあまりにも困難ではないことを望む? それ以上のお問い合わせがある場合は、このページの下部にある[連絡先]リンクから私に連絡してください。 ぜひご登録ください。 youtube. 広告除去アドオンをご購入頂ければ、広告は表示されなくなり、ibis Paint有料版との差は無くなります。 プレミアム会員は広告が非表示になるためプレミアム会員になる方は広告除去アドオンを購入しない方が安く済みます。 すでに広告除去アドオンを購入の方はプレミアム会員になってから解約しても広告除去されたままとなります。 多くの方が会員になっていただけると開発速度があがります。 より多くの機能を作りたいと思っていますのでぜひご検討ください [プレミアム会員] プレミアム会員はプレミアム機能が利用可能になります。 初回のみ1ヶ月の無料お試しが可能です。 [広告除去アドオン] ibis Paint X(無料版)ではibis Paint(有料版)と違い、広告が表示されます。 このアドオンを購入(買い切り)することで、広告が表示されなくなり、ibis Paint(有料版)との差は無くなります。 プレミアム会員になると広告除去もされますので、プレミアム会員になる方は広告除去アドオンを購入しない方が安く済みます。 ibis.

次の

アイビス作業工程【メイキング】

アイビス 色塗り

目次 アイビスペイントの使い方 キャンバスを出す キャンバスすなわち絵を描くところですね。 アプリを起動したら「 マイギャラリー」をタップします。 左下の「+」をタップします。 キャンバスの大きさを決めます。 リサイズなしでブログに使える大きさです。 これでキャンバスができました。 円を描く 赤枠のところが「ペン」のときは線が描けます。 はじめは自動でペンになっているはずです。 この状態で線が描けます。 上のように円を描いてみましょう。 次は線を細くしてみます。 赤枠のスライダを動かすと線の太さが変えられます。 細かく調節したいときは両端の「+」「-」をタップすればOKです。 細い線で円が描けました。 タップし続けるとずっと戻り続けます。 画像は消しゴムの状態です。 真ん中の緑の四角に赤い斜線が入っているのは「いま消しゴムなので色が塗れません」という意味です。 色を変える 色を変えるときは赤枠の箇所をタップします。 上の円と四角のところにそれぞれひとつずつグレーの小さな〇があります。 これを動かして色を選択します。 外側の〇でおおざっぱに色を変えて、内側の〇で色の感じを変えます。 適当に動かしてみてください。 これで色違いの円が描けるようになりました。 小さく消した方がつなぎやすいです。 画面上で指2本をぐいっと広げて拡大します。 大きくすると線がつなぎやすくなります。 線を描いてつなぎます。 きれいにつながりました。 今回は指で描きましたが 専用のペンがあったほうが断然描きやすいです。 1000円程度なのでイラストを描き続けるならもっておいて損はないかと思います。 ぼくが使っているものを下に紹介しておきます。 100円ショップにも似たものがあるそうなので使いやすいものを選べばよいでしょう。 細い線から色を取る場合は、十分に拡大して境界にかからないようにしてから色を取りましょう。 境界線にかかると色が薄くなります。 色が取れたらふたたびメニューから「塗りつぶし」を選択し、塗りたいところをタップすれば色が塗れます。 保存する 赤枠の矢印をタップすれば描いたものが保存できます。 ブログに使うならJPEGでもよいです。 こちらのメニューから作品の複製もできます。 あとはアイビスペイントでどんどん描いてください 以上の操作ができればこんなイラストは余裕で描けます。 あとはどんどん描くだけです。 こんな感じのほのぼのアイコンの描き方が知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。 まとめ:アイビスペイントなら初心者でもイラストが簡単に描ける!円が描けて色が塗れて保存できれば基本的な使い方はOK• 円がきれいに描ければ線画は描けるよ• レイヤーが使えれば色塗りもできるよ• これだけでカトーレベルのイラストは描けちゃうよ.

次の