工藤外科内科。 クリニックのご紹介

工藤クリニック【公式】

工藤外科内科

わが国において消化器の癌死はすべての癌の中で最も多く、特に大腸癌の死亡率は男女ともに上位を占め、今世紀の早い段階で第1位となることが予想されております。 こうした現状に対して、近年飛躍的な進化を遂げた拡大内視鏡による、早期診断早期治療の役割が、今、一層重視されています。 1.拡大内視鏡を用いた質の高い医療を提供すること 2.患者様の満足度を満たすこと 3.世界へ内視鏡診断学と治療法を広げていくこと また、当クリニックでは、一般保険診療のほか会員制ドックを取り入れ専用ラウンジをご用意しホスピタリティー溢れるアットホームな空間を皆様に提供させて頂きたいと考えております。 工藤胃腸内科クリニック 特別顧問 工藤進英 院長ごあいさつ 大腸癌は増加の一途をたどり、また秋田での癌死亡率は全国2位に及んでおります。 このたび、父の故郷であり、また、研修時代の3年間を過ごした秋田で工藤進英先生の掛け声をもとにクリニックを立ち上げることとなり、研修時代の未熟な自分に対して暖かく接していただいた患者様に恩返しができると思い参加させていただいたしだいです。 胃癌、大腸癌は、極早期の段階でみつかれば内視鏡的に癌を取り除くことができ、おなかに傷をつけずに完治できます。 しかし、早期の段階では症状はでにくく、人間ドックや健康診断といった患者様自らクリニックに積極的に足を運び検査をしなければ見つけることが難しいのも事実です。 検査は大変なことも多いですが、それらの苦痛を少しでも少なくするように、上部内視鏡では鼻から挿入する鉛筆程度の太さの内視鏡も導入しました。 それでも検査がつらかった方には鎮静剤を導入し更に苦痛の少ない検査を目指して行っております。 大腸内視鏡検査は陥凹型(かんおうがた)大腸癌の知識を世に広めた工藤進英先生にもきていただき、大腸検査でつらい思いをした方や、大腸に関するご質問などに対応していただきます。 消化器の癌が少しでも減るように努力していきたいと思います。 これはpit pattern診断学と呼ばれ、これを使用することで、腫瘍かそうでないかの鑑別を検査中にできるようになりました。 拡大内視鏡は通常の検査の一連で行うことができ、当施設では大腸内視鏡スコープ全例に拡大機能を装備しております。 早期発見のために拡大内視鏡を用いた診断と、また、苦痛のないような検査法(胃の内視鏡検査であれば、細いスコープを使用して鼻から挿入する経鼻内視鏡の導入、それでも反射が出る人は眠り薬を用いて検査する方法など)も取り入れて、検査の恐怖をやわらげるよう努めております。 大腸も挿入困難の方には鎮痛剤(痛み止め)を用いて検査を受けることも可能です。 ご宿泊、お食事などはホテルとの連携により質の高いサービスをご提供しています。 また、プライバシーにも配慮した運営を心がけ著名人の方にも安心してご使用いただけます。

次の

くどうちあき脳神経外科クリニック(大田区/大森駅)|ドクターズ・ファイル

工藤外科内科

電話番号 043-461-0126 公式サイト 診療時間 正確な診療時間は医療機関のホームページ・電話等で確認してください 月 火 水 木 金 土 日 祝 09:00-12:00 09:00-12:00 09:00-12:00 09:00-12:00 09:00-12:00 09:00-12:00 ー ー 14:30-18:00 14:30-18:00 15:00-18:00 14:30-18:00 14:30-18:00 14:30-18:00 ー ー 駐車場 あり 有料駐車場 0台 無料駐車場 10台 管理医師 工藤驍悦 診療科目・専門外来・専門医 診療科目 内科系 、、、、、、 外科系 、、、、 皮膚科系 泌尿器科系 小児科系 その他 、 専門医 一般系 呼吸器・循環器・消化器系 、 専門外来 呼吸器系 実施治療 実施治療 花粉症 予防接種 、、、、、、、、、、、、、、、 おかしな咳が1ヵ月以上続き、呼吸が苦しくなった為受診しました。 レントゲンとお薬の吸入をし、すぐに今の肺の状態とどういった治療が必要か説明して下さいました。 小さな子供がおり忙しいことを伝えると、... おかしな咳が1ヵ月以上続き、呼吸が苦しくなった為受診しました。 レントゲンとお薬の吸入をし、すぐに今の肺の状態とどういった治療が必要か説明して下さいました。 小さな子供がおり忙しいことを伝えると、このままでは苦しいので今日は点滴を打ち、また後日この日かこの日に来て下さいとの事。 点滴の際も、少し時間がかかりますがお子さんは大丈夫ですか?とお気遣い下さいました。 看護士さんも丁寧に対応して下さいました。 初回の吸入と点滴で呼吸がとても楽になり、助かりました。 設立当初から何かある度に通いました。 地元での評判はあまりよろしくないです。 医者も看護師も雑というか、患部をグィグィやられたことが何度もあります。 最近は中指の爪からばい菌が入り腫れたので診てもらいました... 設立当初から何かある度に通いました。 地元での評判はあまりよろしくないです。 医者も看護師も雑というか、患部をグィグィやられたことが何度もあります。 最近は中指の爪からばい菌が入り腫れたので診てもらいましたが、麻酔も無く爪の半分をおもむろにザックリとハサミでカット!思い出すだけで鳥肌が立ちます。 お陰さまで治りましたが、何て言うかもう少し優しくできないものですかね… まあ早く治したい人には案外合ってる病院かもしれません。 この地域では一番信頼がおける先生だと思います。 なので、敷居の高い肛門科ですが、勇気を持って辛い事を打ち明ける事が出来ました。 いつもにこやかな先生で、きちんと話を聞いて下さり、適格な処置をして下... この地域では一番信頼がおける先生だと思います。 なので、敷居の高い肛門科ですが、勇気を持って辛い事を打ち明ける事が出来ました。 いつもにこやかな先生で、きちんと話を聞いて下さり、適格な処置をして下さいます。 外観は古い感じがしますが、待合室は明るく清潔で、内科で受診される方が多く、予防接種に来た小さなお子さんから、ご年配の方まで様々な方が受診されてます。 先生の診察が丁寧なので待ち時間が長くなりますが、飲み物の自動販売機や雑誌、お子さん用のオモチャなどが置かれていて患者おもいの病院です。 病院の建物は少し古い感じがして、昔からある近所の病院、という感じです。 患者さんは年配の方が多い印象です。 空いているときもありますが、私が行くときには混んでいることが多く、長いときには1時間... 病院の建物は少し古い感じがして、昔からある近所の病院、という感じです。 患者さんは年配の方が多い印象です。 空いているときもありますが、私が行くときには混んでいることが多く、長いときには1時間以上待つこともあります。 駐車場にも待合室にも自動販売機があるのがありがたいです。 子供向けのアンパンマンの飲み物などもありました。 待合室には本などもあり、テレビもついています。 先生はにこやかで感じが良く、いつでも元気な印象で信頼できる感じがします。 しっかり話を聞いてくれると思います。 受付の方も優しくて感じが良いです。 個人的には、風邪をひいたとき、熱が出たときにここの病院に行くと、他の病院に行くよりも早く治る気がします。

次の

工藤クリニック【公式】

工藤外科内科

わが国において消化器の癌死はすべての癌の中で最も多く、特に大腸癌の死亡率は男女ともに上位を占め、今世紀の早い段階で第1位となることが予想されております。 こうした現状に対して、近年飛躍的な進化を遂げた拡大内視鏡による、早期診断早期治療の役割が、今、一層重視されています。 1.拡大内視鏡を用いた質の高い医療を提供すること 2.患者様の満足度を満たすこと 3.世界へ内視鏡診断学と治療法を広げていくこと また、当クリニックでは、一般保険診療のほか会員制ドックを取り入れ専用ラウンジをご用意しホスピタリティー溢れるアットホームな空間を皆様に提供させて頂きたいと考えております。 工藤胃腸内科クリニック 特別顧問 工藤進英 院長ごあいさつ 大腸癌は増加の一途をたどり、また秋田での癌死亡率は全国2位に及んでおります。 このたび、父の故郷であり、また、研修時代の3年間を過ごした秋田で工藤進英先生の掛け声をもとにクリニックを立ち上げることとなり、研修時代の未熟な自分に対して暖かく接していただいた患者様に恩返しができると思い参加させていただいたしだいです。 胃癌、大腸癌は、極早期の段階でみつかれば内視鏡的に癌を取り除くことができ、おなかに傷をつけずに完治できます。 しかし、早期の段階では症状はでにくく、人間ドックや健康診断といった患者様自らクリニックに積極的に足を運び検査をしなければ見つけることが難しいのも事実です。 検査は大変なことも多いですが、それらの苦痛を少しでも少なくするように、上部内視鏡では鼻から挿入する鉛筆程度の太さの内視鏡も導入しました。 それでも検査がつらかった方には鎮静剤を導入し更に苦痛の少ない検査を目指して行っております。 大腸内視鏡検査は陥凹型(かんおうがた)大腸癌の知識を世に広めた工藤進英先生にもきていただき、大腸検査でつらい思いをした方や、大腸に関するご質問などに対応していただきます。 消化器の癌が少しでも減るように努力していきたいと思います。 これはpit pattern診断学と呼ばれ、これを使用することで、腫瘍かそうでないかの鑑別を検査中にできるようになりました。 拡大内視鏡は通常の検査の一連で行うことができ、当施設では大腸内視鏡スコープ全例に拡大機能を装備しております。 早期発見のために拡大内視鏡を用いた診断と、また、苦痛のないような検査法(胃の内視鏡検査であれば、細いスコープを使用して鼻から挿入する経鼻内視鏡の導入、それでも反射が出る人は眠り薬を用いて検査する方法など)も取り入れて、検査の恐怖をやわらげるよう努めております。 大腸も挿入困難の方には鎮痛剤(痛み止め)を用いて検査を受けることも可能です。 ご宿泊、お食事などはホテルとの連携により質の高いサービスをご提供しています。 また、プライバシーにも配慮した運営を心がけ著名人の方にも安心してご使用いただけます。

次の