北都銀行。 北都銀行

一次解決貧窮與浪費 國際都來取經的台灣食物銀行

北都銀行

北都有線電視與頻道代理商的授權金風波,導致10萬收視戶面臨斷訊危機,消基會呼籲主管機關NCC「硬起來」。 (資料照) 2020-04-28 14:10:54 〔記者羅綺/台北報導〕北都有線電視與頻道代理商的授權金風波,導致10萬收視戶面臨斷訊危機。 消基會表示,業者恣意斷訊挑戰政府公權力,蠻橫剝奪消費者收視權益,國家通訊傳播委員會(NCC)應從嚴督促雙方依法提前因應可預期斷訊事件,避免消費者權益受損。 消基會指出,斷訊風波恐在5月21日引爆,頻道代理商永鑫於4月21日發函給北都,限期1個月內提出申請並完成頻道變更,恐影響北都近10萬用戶,屆時包含:HBO、CINEMAX、FOX SPORTS、FOX SPORTS 2、CNN、CN卡通頻道、ANIMAX等七個熱門頻道都會受到本件授權金談判破局影響而遭下架。 請繼續往下閱讀... 消基會表示,系統台經營者與頻道代理商的授權金糾紛屬商業利益之爭,但商業談判卻屢以斷訊籌碼牢牢綁架訂戶收視權,影響公眾視聽甚鉅。 NCC應該發揮主管機關應有的監督與示警角色,要求雙方循合法程序積極提出可預期斷訊的相應措施,如涉有營運不當,致生損害訂戶或視聽眾權益情事或有損害之虞,與罔顧消費者收視習慣及閱聽權益者,應予儘速究責及重罰。 消基會也表示,依照規定,有線電視系統業者不得任意停播頻道,如因授權到期而停止播送時,應考慮收視戶權益,並應於斷訊前5日以書面或連續5日於該頻道週知收視戶,如有違反收視戶得請求減少收視費。 消基會認為,針對頻道可預期授權終止日而產生的斷訊影響,北都應正視訂戶視聽權益,立即啟動緊急應變機制,加派人力明確且快速回應申訴案件、提出與下架頻道品質相當的替代頻道,並訂定減收收視費用或展延收視期間的訂戶權益保障措施,做出積極因應作為。 對於受斷訊爭議影響的收視戶,消基會也將致力協助進行求償,同時也提醒消費者,應保留收視契約文件併同廣告宣傳單,並以手機拍下頻道斷訊畫面,以利日後求償佐證所用。

次の

北富銀換制服了!全新藍綠色營造台版法式優雅

北都銀行

不到2小時,就把1000多斤剩餘蔬菜解決掉,恐怕連北農老總都沒這麼大本領,食物銀行聯合會執行長陳玠甫卻辦到了。 他如何將台灣上下游食物鏈整合起來,連國際企業都買單? 運籌帷幄彈指間,這句話用在台灣食物銀行聯合會執行長陳玠甫身上,再適合不過了。 去年,雲林有間有機農場蔬菜過剩,在他的安排下,不到2小時就將1150台斤的蔬菜,送給當地供餐給老人的長青食堂。 「其實幾分鐘、喝杯咖啡的時間就解決了,我們動作很快,」陳玠甫一派輕鬆口吻說。 (延伸閱讀:) 陳玠甫之所以如此有把握,是因為成立於2016年底的台灣食物銀行聯合會,已經將台灣的食物捐贈,建立起從上游到下游完整串聯起來的一套系統,還成為受邀在APEC上發表分享的「台灣經驗」。 這個成功的「台灣經驗」,一方面將過去各自獨立運作的食物銀行串連起來;另一方面,也跟各地方的社福團體建立聯繫,包括村里辦公室、非營利組織(NPO)等。 更特殊的是,他們創新了以往的慈善捐贈模式,將整個食物供應鏈都納入,不光只是乾糧,連剩餘或NG但尚可用的食材,都可以有系統地捐贈給需要的人。 從源頭的農民、中間的食物裁切場(例如客戶包括全聯、摩斯在內的青松樂活)、到下游的零售商,包括家樂福、石二鍋、台灣聯合利華等等,都加入「續食」不浪費的運動。 圖片來源/陳玠甫提供 不光解決貧窮,還要減少浪費 「之前食物銀行是做食物援助,物資主要是靠募集;我們現在做的是不要浪費,要把整條食物供應鏈,都變成食物銀行,讓社會上的隱性浪費變資源,」同時也是紅十字會台中市支會總幹事的陳玠甫,在食物銀行「解決貧窮」的目標之外,還加上「環境永續」的新意涵。 2017年,他們收集分送了超過30萬公斤的食材,2018年這個數字翻了一倍到61萬公斤!短短兩年的時間,就有如此驚人的成績,其實得歸功於長期經驗的累積。 陳玠甫早在2012年就創辦台灣第一間實體食物銀行。 當時,紅十字會台中支會承接地方政府的食物銀行專案,但陳玠甫不想用傳統發送物資方式,因為這只是「單向捐贈」,受贈者拿到的未必是所需的,「送你一包米或麵條,你用不到也得拿。 」 相反地,他利用有限經費,在台中第一廣場(即現在的東協廣場)開了間天天都營業的「NPO超市」,貨架上放的是募集來的食品與生活用品,進去一樣有推車。 不同的是,上面沒有標價只有點數,「顧客」憑著每月拿到的點數,可以隨時並分批兌換真正需要的物資,不僅較為人性化,也能達到資源不浪費的目的。 「要讓他們進去就是shopping的感覺,開幕第一天,一個阿伯感動流淚,他說『以前我是被分的,現在是來買的,我覺得很溫暖,』」陳玠甫說,「原先那邊是八大行業的集中地,不知道是不是因為我們進駐後,改變了當地的的磁場,現在那邊是台中很夯的地段。 」 從乾糧小聯盟,到生鮮大聯盟 以實體食物銀行打響名聲後,他在2013年跟開始家樂福合作,串連包括家樂福文教基金會、社福團體、與不同的食物銀行等數十個單位。 但這個「小聯盟」仍是以捐贈分送乾糧為主。 直到2016年,家樂福決定捐出麵包與生鮮品,跟陳玠甫合作,在全台找到100多個地方社福機構,才逐漸打造出目前這個食物捐贈的基礎。 (延伸閱讀:) 中間的過程並不容易,因為捐出的是新鮮食材,受贈者必須有基本的倉儲、運送、與廚房設備,才能確保食物新鮮,因此必須離家樂福全台100多家分店不遠,但是並非每個單位都有能力消化處理這些食材,「有些有意願沒能力,有些覺得量太少,要找到剛剛好的不容易。 」他們花了1年多的時間,才建立起這套架構,為了將這套系統制度化,特別成立食物銀行聯合會這個「大聯盟」。 「我們靠人介紹、透過政府資料、大家互相介紹一直串連,我辦說明會,家樂福的人親自來講,一天拜訪5、6家,把網絡建構起來。 但架構建立起來後就容易多了,像石二鍋只花了兩個月就上線,」 陳玠甫說。 (延伸閱讀:) 雲林口湖鄉的長春食堂,就是一例。 原先的食堂設備簡陋,衛生有疑慮,靠著政府有限的補助,也不容易請到廚師,即便每天有人捐出食材,也很難善加利用。 在家樂福贊助下,他們在2017年將長春食堂改造成現代化的中央廚房,提供廚工較高的薪水,並雇司機載免費食材。 省下的食材成本,他們還希望能回饋到老人身上,達到免費供餐的理想。 從產業跨足NPO,翻轉社工思維 「當地老人要吃長春食堂供的餐,一個月還是要繳500塊,但是可能有些人連500塊都出不起。 目前先試營運,若是有獲利的部分,則全部用在公益上面,」談起數字,陳玠甫一點都沒有NPO的感覺。 (延伸閱讀:) 的確,陳玠甫的創新思維,跟他的職場背景有關。 在加入紅十字會之前,他在電源供應器大廠環隆科技做行銷,還曾被派去中國擔任行銷與生管部經理,負責導入Oracle平台。 後來因為前同事邀請,他才加入紅十字會,一腳從科技業跨入NPO。 「我是被『奸人』所害,哈哈,我想說去試看看,紅會當時只有3個人,我一進去一看快昏倒,」陳玠甫笑著說。 他的產業經驗也改造了紅十字會,原先社福機構多半是靠募款與政府經費補助,但是他覺得應該要有永續收入,於是轉型提供有收入的服務,例如替企業開設如何急救的教育訓練課程。 後來看到食物銀行是個尚未被開發的領域,才又這樣為紅十字會創造「新事業」。 「社工訓練以人為主,但是沒有企業訓練,所以人家一開始覺得我這個總幹事有點怪怪,因為我有企業背景。 但我看到食物銀行是NPO的『藍海』,所以現在主要在做這塊,其實聯合會沒給我薪水,我的薪水還是紅十字會給,我很感謝紅十字會啦,」陳玠甫說。 用企業營運的概念,來經營NPO 這樣的背景,對於食物銀行的推廣大有助益。 雖然本質是社會公益服務,但是整套系統所講究的效率與速度(畢竟,新鮮食材怎堪等上好幾天),跟企業營運相差無幾。 例如,聯合利華自去年開始加入,捐出康寶濃湯與其他日用品。 但是要怎麼捐?從哪裡送?誰來領?何時來領?看似簡單的後勤作業,其實需要慎密的規劃與執行做法,才能最有效率地直接從聯合利華的發貨倉庫,直接出到受贈單位。 (延伸閱讀:) 「我帶Jeff(陳玠甫的英文名字)去看發貨倉庫,他一看就說這邊應該要怎樣弄會比較好,因為他有企業的背景,溝通上就容易很多,」聯合利華永續發展暨企業傳播事務經理兼總經理執行助理尤慈霞觀察。 台灣特色的食物銀行,享譽國際 這套讓國際企業都願意點頭加入的系統,也在國際間享有盛名,東南亞各國都來取經。 陳玠甫分析,其實各國的條件不太一樣,做法也有所不同。 新加坡幾乎沒有農地,市中心地價又貴,實體食物銀行難以為繼。 馬來西亞幅員較大,上游新鮮食材的分送比較困難,因此在下游的熟食分享做得比較出色。 反而是台灣因為面積不大,有農業又能經營社區型的食物銀行,得以將上下游整合起來,打造出具備「台灣特色」的食物銀行。 「馬來西亞從南到北8個小時,台灣40分鐘就可以,省很多物流成本,連冷凍都不用擔心,負18度的台灣鯛送到台中都還是很冷,」陳玠甫笑著說。 下一步,陳玠甫希望能夠進一步擴大到熟食分享,例如便當、自助餐的剩食。 這個目標難度更高,一方面這些食材必須在4小時內就處理掉,另一方面,餐廳或超商雖然也覺得丟掉很浪費,但總難免擔心有人因此生病的責任問題。 (延伸閱讀:) 「超商不願意做就是因為怕一個便當有人拉肚子,就影響到全台生意,其實法律有保障善意捐助者,但是企業還是會怕,」陳玠甫說。 儘管有挑戰,今年54歲屬龍的他,也只是笑笑地說:「就把這個當成是天命,老天交代給我們的,就把它做好就對了。

次の

北都汽車股份有限公司(TOYOTA)-1111人力銀行

北都銀行

)は、に本店を置く。 概要 に、現在ので増田銀行として設立され、に改称した地銀の羽後銀行が、にであった秋田あけぼの銀行を合併して発足した銀行である。 横手市・などの。 に基盤を持つ地方銀行・と、同行と共にに本社を置く・株式会社(フィデアHD)の傘下に入った。 近年はなどの実行による地域経済の活性化に取り組んでおり、8月には、と共にの事業に5億円のを組成した他 、翌2015年3月には内の工業団地に「ユナイテッドリニューアブルエナジー」が建設中である東北最大級の木質発電所に関し、と共に幹事を担い、総額106億円のシンジケートローンの組成もしている。 さらに同年2月に明らかとなった、が秋田港とで手掛ける洋上風力発電事業のに秋田銀など共に参画した。 このほか2016年5月20日には、北都銀系列のウェンティ・ジャパン(本社:秋田市)となどが出資し「秋田潟上ウインドファーム合同会社」を設立。 総事業費は200億円超を投じ、と秋田市の沿岸にを22基建設。 2019年前半に稼働を開始しした電力をを使ってへ売電する計画を明らかとしている。 また2015年1月には、による「女性が輝く先進企業表彰」で内閣総理大臣賞を受賞するなど、女性行員の登用にも積極的である。 経営 公的資金注入 3月、フィデアHDにから方式の資本注入が行われ、それを元資に、北都銀行が新たに発行する優先株 をすべてフィデアHDが引き受ける形で間接的に公的資金が導入された。 他銀行との関係 フィデアHD傘下入り前は、筆頭株主に(従来は)が名を連ねていたほか、同様、も主要株主の1社であった。 CI・キャラクター 4月1日の合併時にを導入。 やのデザインを始めとした VIシステムおよび通帳や名刺などのアプリケーションの開発デザイナーは末広峰治デザイン室(現・パワーデザイン)の末広峰治。 シンボルマークの中心の大きな正円は自然の宝庫である秋田の豊かな大地、また大地に根付いた地域の金融機関でありたいという願いを。 周りの6つの楕円は東北6県と移り変わる東北の四季を、また価値の増大と、今後変わりゆく時代環境に順応していく同行の姿を表すとしている。 マスコットキャラクター 合併後は、をモチーフにしたオリジナルキャラクターの「ほっくん」が採用されている。 (明治28年)5月 - 株式会社増田銀行として(現:横手市)に設立。 (大正11年)• 3月 - 株式会社羽後銀行に商号変更。 5月26日 - 秋田支店を開設。 (昭和3年)• 9月 - 大館銀行と仁賀保銀行を合併する。 10月31日 - 本荘支店を事業譲受。 12月14日 - 初めての県外店舗として(現:)に川尻支店を開設。 (昭和7年)4月 - 植田銀行を事業譲受。 (昭和11年)10月30日 - 安田銀行横手支店を事業譲受。 (昭和12年)3月27日 - 川尻支店を廃止し、岩手殖産銀行(現:)に事業譲渡。 (昭和24年) - 本店を平鹿郡横手町(現在の横手市)に移転。 秋田無尽、秋田市に設立(旧:秋田あけぼの銀行)• (昭和26年) - 秋田無尽、秋田相互銀行に改称(旧:秋田あけぼの銀行)。 (昭和37年)12月10日 - 中央支店を開設。 本店機能の一部を移転。 (昭和39年)5月1日 - 本店を秋田市に移転。 中央支店を廃止。 (昭和40年) - 東京事務所を開設。 (昭和52年) - 本店新館竣工。 (昭和53年) - オンラインシステム稼働。 (昭和55年) - 財団法人久米田羽後奨学会設立。 くらしと経営の相談所開設。 (昭和58年) - 羽後信用保証株式会社(現:)設立。 (昭和60年) - 外国為替取扱業務開始。 (昭和62年) - 公共債フルディーリング業務開始。 (平成元年) - 普通銀行化にともない、秋田相互銀行が秋田あけぼの銀行に改称。 (平成2年) - の地銀初となるサンデーバンキング開始。 「うぎんユーシーカード」(後の、現:北都カードサービス)を設立。 (平成3年) - 「うぎんディーシーカード」(後の北都カードサービス)を設立。 (平成5年)4月 - 秋田あけぼの銀行と合併、 株式会社北都銀行に商号変更。 (平成6年) - 長期ビジョン「北都21世紀ビジョン」策定。 (平成7年) - 創業100周年を迎える。 (平成8年) - コルレス包括承認銀行認可取得。 旧山王グラウンド跡地に事務センター竣工。 (平成9年) - 新オンラインシステム稼働。 (平成10年) - 「北都銀行倫理憲章」制定。 外為業務全店取扱開始。 投資信託窓口販売業務開始。 (平成11年) - 「すまいるローンプラザ」休日営業開始。 (平成12年) - 第三者割当増資を実施(資本金126. 69億円)。 (平成13年) - インターネット・モバイルバンキング開始。 山本支店を開設。 (平成14年) - テレホンバンキング開始。 生命保険窓口販売業務開始。 (平成15年) - システム運用部門の開始。 (平成16年) - 「決済用預金」取扱開始。 (平成17年) - 創業110周年を迎える。 長期ビジョン「Our Future」策定。 証券仲介業務開始。 秋田西支店を開設。 (平成18年) - 勘定系システムをPROBANKに移行。 本荘御門支店を廃止。 (平成19年) - 秋田北支店を開設。 (平成20年)• 5月14日 - 荘内銀行との共同持株会社を通じた経営統合を視野に入れた資本提携を行うことを発表。 10月1日 - が北都クレジットを吸収合併。 11月17日 - 秋田市最古の支店である秋田支店を廃止。 11月17日 - イオン銀行と個人カードに限って相互無料開放開始。 11月20日 - 株式会社北都ソリューションズを設立し、債権の一部を吸収分割により同社へ譲渡。 (平成21年)• 1月19日 - 荘内銀行とATM相互無料開放開始。 3月 - 盛岡支店を廃止して大曲支店へ統合。 8月10日 - 秋田市南部の支店を一部再編し、秋田南支店を中核とする体制に変更。 8月11日 - ライフプラザホールディング(現:ほけんの窓口グループ)と保険商品窓口販売に関する業務提携を締結。 10月1日 - 株式会社フィデアホールディングス設立にともない、同社の子会社となる。 10月10日 - 内に、大曲プラザ支店を開設。 10月16日 - ほっくんプラザ・秋田駅前支店仲小路出張所ATMコーナーに「北都 ほけんの相談窓口」を開設。 (平成22年)• 2月15日 - 荘内銀行・イオン銀行とのATM相互入金提携(終日無料)を開始。 3月31日 - 公的資金100億円の注入を受け入れる。 9月18日 - 内に大館プラザ支店を開設。 (平成23年)• 4月1日 - ICキャッシュカード一体型の銀行本体発行のクレジットカード・「北都ブライトワン」の発行開始。 4月11日 - (本店:)とATM相互無料開放開始。 5月1日 - 土崎南支店を近隣の内に移転し、と称する店舗に転換。 (平成24年)• 3月1日 - を吸収合併。 4月1日 - 子会社のがに吸収合併され、となる。 5月28日 - セブン銀行と接続開始。 (平成25年)• 3月17日 - 本荘石脇支店をイオンスーパーセンター本荘店内に移転し、インストアブランチと 称する店舗に転換。 10月1日 - 本店営業部設置50周年(2014年)事業に伴う本店本館の改修工事終了にともない、本店営業部の新店舗営業を開始。 (平成26年)• 1月24日 - 北都銀を所属銀行とする初の店舗として、同日オープンした秋田住宅流通センター秋田中央店内に、「北都銀行本店営業部秋田住宅流通センター秋田中央代理店」を開設。 の受付と店舗外ATMの取り扱いとなる。 5月1日 - 本店営業部開業50周年となる• 5月7日 - 勘定系システムをBeSTAcloudへリプレース。 7月1日 - 北都銀ビジネスサービス株式会社を吸収合併。 9月22日 - ・北都銀行あきたびじょん支店を開設。 10月31日 - 子会社の株式会社北都ソリューションズを解散。 11月17日 - 大館駅前支店が新築移転し、大館プラザ支店が内から、大館駅前支店内にで移転する。 (平成27年)• 1月22日 - 北都ビルディング内に所在するローン専管拠点である「すまいるローンステーション」の窓口機能を泉支店の2Fに移設した上、「ほくと泉ローンステーション」を設置。 支店併設の保険相談に併せて土日営業を実施。 4月1日 - 秋田市からのを一括取得。 各館に「ほくとライブラリー」の愛称が冠された。 7月6日 - あきた食彩プロデュースが開業した「食彩・町家館」などが立地する再開発エリアに角館支店を新築移転。 8月3日 - イーネット及びローソンATMとの接続開始。 (平成28年)• 2月22日 - 北都チャレンジファンド1号投資事業組合を清算。 6月6日 - 県内金融機関としては初のペット保険の取り扱い開始。 11月28日 - 農作物生産・流通ベンチャーのアグリホールディングスと連携協定を締結。 (令和元年)• 8月1日 - 「有料職業紹介事業」についての許可を取得し、業務を開始。 歴代頭取 羽後銀行頭取 代 氏名 期間 備考 - 1988年 - 1993年:合併。 こうした中、羽後銀はに迎える創業100周年にむけ、資金量9,000億円の達成のため業容の拡大に取り組んでいたが、規制によりむやみに資産は増やせない状況下にあり、徹底した合理化を図るにせよ資金量は1兆円は欲しいと考えていた。 一方、秋田あけぼの銀はに合理化推進のため実業団野球チームを解散したほか、これからの投資には最低1兆円の資金量が必要であると認識しはじめていた。 この資金量1兆円への渇望が、両行が合併に向う大きな誘引となった。 また、今後一層のや国際化が進展し多岐にわたることが予想される顧客ニーズを踏まえ、収益状況に余裕のある段階での合併が最良であるとも判断した。 4月1日に誕生した北都銀行は、合併時の店舗合算が131店となり秋田銀の107店を上回る体制となったため、これを有効に活用しリテールバンク「大衆金融」に徹し、地元中小企業や、個人事業主に対する資金提供や経営相談に特化する戦略が打ち出された。 合併当初は、県内を代表する二大銀行のひとつとして行内外より歓迎を受け、創業100周年にあたる1995年には業績も順調に伸びていた。 この時点では、の創業110周年を目処に、秋田県の企業としては2社目となる一部上場を計画していた。 混迷、そしてフィデアホールディングス傘下へ しかし、その後の長期不況やの進行により秋田県経済も深刻度を増した上、1996年に始まったの荒波にもまれ経営は苦戦を強いられた。 北都銀もその渦中には、までには53か店の統廃合や人員削減中心の合理化策を講じるも、2期連続の赤字計上となり効果がうまく生かされなかったほか、行員の不祥事によりからを受け、ついには頭取(当時)が引責辞任に追い込まれるほど、経営は混迷を極めた。 そして、収益力の脆弱さを補うべく講じられていた積極的な運用あるいはが、や破綻による市場の混乱により、あだとなってしまい、3月末には120億円を超える含み損を抱える事態となり、も5. そこで、顧客に安心感を与えるため早急な自己資本増強策に迫られた頭取(当時)が、親密先であるに相談したところ、荘内銀行への橋渡しをされたことが、資本提携、ひいてはフィデアHD傘下入りする端緒となった。 営業政策 県内店舗 秋田市 以降順次、市内店舗のリロケーションと営業体制の見直しがはかられた。 その端緒として、同年には八橋支店(旧羽後銀八橋支店)を西支店(旧あけぼの銀西支店)と統合の上、現在地に新築移転し秋田西支店と改称した。 には、港北支店(旧羽後銀港北支店)を飯島支店(旧あけぼの銀飯島支店)と統合、新築移転し秋田北支店と改称。 また、翌年には秋田支店を本店営業部に統合(後述のを参照)。 さらに、には秋田南支店を現在地に移転させ、旧あけぼの店としては、同市初の中核店に格上げした。 これにより、同市中心部の中核店を本店営業部(副次的に秋田駅前支店および保険相談プラザ)、郊外部の中核店を土崎支店、秋田・東西南北各支店とする体制が確立された。 10月24日には、同市では羽後銀行時代に設置された店舗としては最後の店舗である泉支店を、隣接する駐車場敷地内に新店舗を建設したうえで新店舗開業と同時に個人専門店に転換し、平日の延長営業と土日営業を開始した。 次いで、同年11月22日には、牛島支店(旧・羽後店)を、牛島店敷地向かいに移転し、土日の窓口は従来どおり開かれないものの、平日の時間延長の部分のみながら営業内容自体は泉支店同様の営業スタイルの店舗に転換した。 泉支店には、1月22日より、「ほくと泉ローンステーション」を併設し、ローン相談の強化を図ることになった。 1月14日には、新国道支店を新店舗へ移転し、と同一敷地内の拠点で、平日延長営業を開始している。 なお、新国道支店・秋田西支店・秋田南支店の3拠点に関しては、4月1日より時間延長を取りやめた。 旧秋田支店 秋田市進出の1号店は、秋田支店であった。 これは、当時のに本店を置いていたことから、秋田市の基幹拠点として設置したものである。 の設置であるため、戦後の発足である秋田無尽を前身とする旧秋田あけぼの銀行本店だった、旧秋田中央支店よりも歴史が古い。 なお、北都銀発足後に、旧あけぼの店である旭南支店を統合している。 しかし、法人顧客の重複などを理由に、11月17日に本店営業部に統合され、店舗外ATM「本店営業部大町出張所」として存続させたが、翌年には同出張所は閉鎖した。 その後跡地には2月9日に「秋田大町店」がオープンした。 これにともない、秋田市で最古の拠点は後述の秋田駅前支店となり、戦前に開設された拠点はなくなった。 本店所在地の都市名の支店が設置されるのは全国的にも珍しいが、北都銀の場合は、上記のいきさつによるものである。 秋田駅前支店 (旧・中通り支店跡地 ) 11月に本店営業部に統合された秋田支店に次ぎ、市内店舗としては2番目に古い店歴(あけぼの店を含めれば3番目)を誇り、現存店舗としては、旧あけぼの店を含め、秋田市では最古の拠点となる。 これは、に当時の羽後銀秋田支店を母店とする有人出張所(秋田支店秋田駅前出張所)として開設されたのが始まりで、正式にはの改組、支店昇格が当支店発足の原点としている(支店昇格からカウントしても、現本店発足より5年も前に設置されている)。 には、2代目店舗に移転し、北都銀発足後も変わらず同地に所在したが、10月、旧あけぼの銀秋田駅前支店を前身とする中通り支店を統合し、同時に旧中通り支店跡地に移転、現在に至る。 北都銀行分館 北都銀行本店新館に隣接する、旧秋田分館を買収し、北都銀行分館として利用している。 現在は、関連会社の(本社および秋田営業部)が所在する。 インストアブランチ 秋田県内で最大5店舗を展開していたが、3月までに内の御所野支店を除き、ほかの全店は近隣支店に統合となった。 ほけんの窓口 北都銀行 8月11日、ライフプラザホールディング(現:)と保険商品窓口販売に関する業務提携を締結。 御所野支店、大曲プラザ支店などの保険販売拠点で同社のスタッフ派遣を受け入れていたが 、提携をさらに強化し、共通ブランドを設けることが集客や販売強化につながると判断し、新たに「ほけんの窓口 北都銀行」を創設した。 海外駐在員事務所 7月31日、北都銀としては初の海外の拠点としてのに駐在員事務所を開設した。 同行から派遣する行員と、2010年8月から2年間、専門職大学院(秋田市雄和)に留学し、北都銀でに臨んだいたバンコク出身の女性を新規採用し 、県内企業の現地での販路拡大や進出を支援するほか、タイの旅行代理店に秋田県をPRして誘客に取り組むとしている。 県外店舗 酒田支店 7月1日に秋田相銀が酒田市上中町(現:同市中町)に酒田支店を開設し 、さらに羽後銀も12月26日に同市中町に酒田支店を開設した。 合併後、秋田あけぼの銀酒田支店は酒田中町支店に改称され、3月22日に同店は酒田支店に統合となった。 11月13日、酒田支店は酒田共栄火災ビル1階から同市中町1丁目に店舗を新築し移転した。 仙台支店 8月10日、羽後銀が仙台市(現:同市本町)に仙台支店を開設。 他方、2月25日に秋田相銀は同市(現:青葉区一番町)のTMビルに仙台支店を開設した。 合併後、秋田あけぼの銀仙台支店は仙台一番町支店に改称。 1月に同店は仙台支店に統合され、旧仙台一番町支店を新「仙台支店」とした。 12月2日に羽後銀がのティ・エヌビルに開設したものの、不採算であった仙台東支店を10月12日に仙台支店に統合した。 東京支店 12月5日、羽後銀がのビル1階に東京支店を開設。 他方、秋田相銀は7月14日にのビル1階に東京支店を開設した。 合併後、秋田あけぼの銀東京支店は上野支店と改称され、後年、東京支店に統合となった。 フィデアHD傘下入りにともない、東京支店と荘銀東京支店等は、中央区日本橋室町の日本橋室町ビル2階に移転集約した。 廃止となった県外店舗 青森県 8月20日、秋田相銀はに弘前支店を開設。 加えて同行は、10月4日にのビル1階に青森支店も開設した。 他方、羽後銀は10月23日に同市橋本に青森支店を開設した。 合併後、羽後銀青森支店は青森南支店に改称され、3月28日に同店は青森支店に統合となった。 その後の不採算店舗の見直し政策に沿って、青森、弘前の両支店は11月末までに廃止となり、業務は大館支店が引き継いだ。 岩手県 11月24日、秋田相銀がに盛岡支店を開設。 他方、羽後銀は2月22日に同市本町通に盛岡支店を開設した。 合併後、羽後銀盛岡支店は盛岡本町支店に改称され、11月7日、盛岡本町支店は盛岡支店に統合。 旧盛岡本町支店を新「盛岡支店」とした。 その後、同店は廃止となり営業は大曲支店が継承した。 山形県 10月21日、秋田相銀が山形市香澄町に山形支店を開設。 9月25日に同店は、のテナントビル(現:ユトリアケアセンターかすみが立地)1階に移転し営業を開始した。 他方、羽後銀は9月4日に同市桜町のの隣に位置した山形支社ビル(現:ジェネラスマンション桜町が立地)1階に山形支店を開設した。 合併後、秋田あけぼの銀山形支店は山形駅前支店と改称され、1994年3月28日に合理化推進のため、同店は山形支店に店舗統合となった。 その後、非効率店舗の統廃合の一環で9月22日を以て、山形支店は閉鎖・廃止となった。 同店の業務は仙台支店が引き継ぎ、他の金融機関へのを希望する取引先には荘銀を紹介した。 新潟県 羽後銀が6月17日に(現:同市東大通)に新潟支店を開設。 合併後、同店は非効率店舗の廃止の一環で9月10日で廃止となった。 埼玉県 秋田相銀が6月20日に(現:土手町)の1階に大宮支店を開設。 合併後、同店は合理化推進のため9月を以って東京支店に統合となった。 地方公共団体取引 指定金融機関 秋田県内の次の自治体の指定金融機関を受託している。 横手市• (秋田銀行との輪番制) 指定代理金融機関• (男鹿支店のみ、船越支店は) 収納代理金融機関• 公営企業会計出納取扱金融機関• (温泉事業における)• (山本地域の水道事業の出納取扱金融機関) 公営企業収納代理店• (本店営業部) 自動機サービス ICキャッシュカード 12月10日から生体認証対応の発行が開始した。 普通預金・貯蓄預金・カードローンの各カードが対象で、指認証を採用し、同時に各支店にIC・生体認証対応ATMが設置。 クレジットカード一体型のものについては、4月1日より「北都ブライトワン」の発行を開始。 クレジット部分は、北都銀行がに加盟して本体発行している。 コンビニATM 5月28日、と接続を開始。 さらに8月3日、およびとも接続が開始した。 イオン銀行ATM無料接続 11月17日より、個人カードのみだがATMとの相互無料接続を開始した。 その後、入金 と振込にも対応した。 入金は利用可能な時間帯は無料で対応している。 ATM相互無料開放(地銀間) 北都銀・荘内銀・みちのく銀の3行間でATM相互無料開放を実施しており、いずれかの個人・法人カードで3行のATMを利用した場合、各行所定の平日時間内のカード出金における手数料が徴収されない。 系列会社の新設等 ウェンティ・ジャパンを設立 9月28日、風力発電事業を手掛けることによって、人口減や経済低迷に悩む地域を再生させることを目標に、市民風力発電(本社:)や北都銀のほか、地元企業などの出資によって設立。 社長には北都銀会長(当時)からの推薦によって、羽後設備(本社:秋田市)の佐藤裕之社長が就任した。 地銀としては異例の参画で、風力発電の整備計画を進めている。 売り上げのみならず、建設、メンテナンスなどを内製化し、地元秋田に経済効果が広がる仕組みとした。 秋田、新潟などに77基の設置を予定している。 あきた食彩プロデュースを設立 2012年10月29日、秋田県農業におけるコメ生産偏重から脱し、農産物に付加価値をつけ農業の化などを推し進めることを目的に 、北都銀やフィデアグループ、やのほか、県内企業等の出資によって設立。 また秋田とは縁の深いは設立にあたって500万円を寄付した。 2014年10月には、秋田からの食品輸出やからの誘客などに関する調査にあたる台湾事務所を開設。 加えて同年12月27日には、秋田市1丁目の再開発区域である内の商業施設を所有する「秋田まちづくり」からテナント管理等の委託を受けていた秋田まるごと市場の事業撤退を受け、同年6月、新たに秋田まちづくりと業務委託契約を結んだあきた食彩プロデュースが 、と契約を締結のうえ、『 4の3』(アットヨンノサン)と命名され、改装オープンした商業施設の1階にあきたタニタ食堂を開業した。 しかし、タニタ食堂は売上低迷のため2018年3月末で閉店した。 その後、タニタ食堂跡地にはレンタル店舗8店とレンタルボックス16個が設置のなかいち秋田銘品館として改装され、同年5月24日にオープンした。 このほか、4月19日にはのホテル跡地に農産物の6次産業化拠点施設として飲食や物販を営む「食彩・町家館」を開業した。 高齢者移住施設を整備 11月4日、秋田県が2015年度に策定した人口減少対策の一環として2019年度までに県内7ヶ所に県版CCRC を整備する目標を示したことに沿って、北都銀系列の秋田不動産サービス(本社:秋田市)が事業主体となり県からの補助事業採択を受け、秋田市中通2丁目の北都ほけんプラザや秋田駅前支店などの跡地約1050平方メートルの区域に、医療や介護などの機能を備え、高齢者の移住の受け皿となる拠点施設である「CCRC」の建設計画を発表した。 9月に、地上17階・地下1階建ての分譲マンション「クロッセ秋田」の建設が着工した。 クロッセ秋田は1、2階に北都銀と秋田信金の支店や調剤薬局、交流スペースが入り、3、4階には内科、歯科、訪問介護ステーション等、5階以上に元気な高齢者を想定した分譲マンション60戸を設け、11月に完成を予定する。 総事業費は約30億円 、6月末から販売を始め、9月末までに完売した。 情報処理システム• 本店営業部窓口は本店本館西側に設置。 手前の低い建物は店内ATMコーナー。 奥の高いビルは本店新館。 既存の優先株は、フィデアHD設立前に、資本提携の一環として荘内銀行がいったん引き受た上で、設立後にフィデアHDへ引受先が移転している。 羽後銀時代におけるキャラクターとしては、創業地である(現・横手市)出身であり、同行の元行員であった原作のや犬の「ころちゃん」が採用され、長く親しまれた。 同年には、大曲北支店を大曲支店に統合もしている。 ただし、同出張所所在地は、現在の横手市役所北庁舎・南庁舎のいずれでもなく、新設合併以前の旧市時代の市役所本庁舎である、現在の市横手庁舎内に所在する。 建物自体は、秋田あけぼの銀行秋田駅前支店を前身としているため、北都銀発足当初は、中通り支店として使用。 2代目店舗跡地は、取り壊しの後、有料駐車場と「ほっくんプラザ」にリニューアルされ、同所にはしばらく店舗外ATM(秋田駅前支店仲小路出張所)のみが設置されていたが、10月16日より、保険相談プラザ「北都 ほけんの相談窓口」(後の、「北都ほけんプラザ秋田駅前」)が併設された。 これに伴い、「仲小路出張所」の名称が「保険相談プラザ出張所」に改称されている。 秋田銀行が秋田信用金庫に代わって指定金融機関に昇格した為、同庫、あきた湖東農業協同組合とともに、収納代理金融機関に降格。 Continuing Care Retirement Community 継続なケア付きの高齢者たちの共同体。 日本経済新聞. 2014年8月29日. 2015年3月14日閲覧。 プレスリリース , 株式会社北都銀行・株式会社新生銀行, 2015年3月31日 , 2015年5月2日閲覧。 「秋田)秋田にバイオマス発電所 東北地方最大級、建設中」『朝日新聞デジタル』2015年4月3日• 日本経済新聞. 2015年2月6日. 2015年3月14日閲覧。 産経ニュース. 2016年5月20日. 2016年6月25日閲覧。 日本経済新聞. 2016年5月20日. 2016年6月25日閲覧。 麓幸子 2015年2月5日. 日本経済新聞. 2015年3月14日閲覧。 河北新報. 2015年1月14日. 2015年3月14日閲覧。 日本経済新聞. 2010年3月10日. 2013年11月19日閲覧。 「安田銀行横手支店 羽後銀行へ譲渡 昨日一切の手続完了」『秋田魁新報』1936年11月1日付朝刊• 「きのう店開き 羽銀秋田中央支店」『秋田魁新報』1962年12月11日付朝刊• 「本店業務きょうから 羽銀の秋田中央支店」『秋田魁新報』1964年5月1日付朝刊• 株式会社北都銀行 2013年9月18日. 2014年1月27日閲覧。 2014年11月7日(プレスリリース) - 北都銀行• 河北新報. 2015年2月20日. 2015年3月14日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2016年6月7日. 2016年6月25日閲覧。 日本経済新聞. 2016年11月29日. 2016年12月18日閲覧。 日本経済新聞. 2019年8月2日. 2019年12月15日閲覧。 「編集長インタビュー 加賀谷武夫・北都銀行頭取 合併スタートから10年、「信用と信頼」を再構築する」『近代セールス』 2003年9月1号• 共同通信. 2008年5月13日. 2014年3月23日閲覧。 東洋経済オンライン. 2008年9月1日. 2014年3月23日閲覧。 株式会社北都銀行. 2010年9月9日. 2014年3月23日閲覧。 2014年6月17日閲覧• プレスリリース , 株式会社ライフプラザホールディング, 2009年8月26日 , 2013年11月19日閲覧。 日本経済新聞. 2011年7月16日. 2013年11月19日閲覧。 「北都銀、バンコクに駐在員事務所 進出取引先を支援」『日本経済新聞 電子版』 2014年4月3日• 河北新報. 2014年6月25日. 2014年6月28日閲覧。 『秋田相互銀行三十年史』p. 396• 370• 「北都銀 仙台東支店を仙台支店に統合」『日本経済新聞』1999年7月9日• 『秋田相互銀行三十年史』p. 407• 『秋田相互銀行三十年史』p. 405• 「北都銀 青森から撤退 秋田に経営資源集中」『日本経済新聞』2002年4月13日• 「北都銀、盛岡で支店統合」『日経金融新聞』1994年9月8日• 『秋田相互銀行三十年史』p. 403• 「北都銀が山形支店を9月22日付けで廃止」『日本経済新聞』2000年4月15日• 「北都銀行が新潟から撤退 9月に支店廃止」『日本経済新聞』1999年3月17日• 『秋田相互銀行三十年史』p. 409• 「北都銀行 東京支店に大宮支店統合」『日本経済新聞』1998年4月21日• 『広報美郷』平成29年10月号• 日本経済新聞. 2017年12月18日. 2017年12月29日閲覧。 株式会社北都銀行. 2011年3月31日. 2014年3月23日閲覧。 「フロントランナー 風力発電 ウェンティ・ジャパン社長 佐藤裕之さん 目指すのはメイド・イン秋田」『朝日新聞』2015年2月21日• 『捨てられる銀行』p. 230 - 231• 『捨てられる銀行』p. 231• 「農業 6次産業化に新会社 北都銀など28組織 新規参入促進目指す」『読売新聞』秋田版 2012年10月30日• 「北都銀系会社、台湾に事務所食品輸出・誘客など調査」『朝日新聞』秋田版 2014年9月10日• 「なかいちにタニタ食堂 食彩社長表明、地産地消で減塩」『朝日新聞』秋田版 2014年6月10日• 「エリアなかいち あきた食彩社に委託 テナント運営管理、タニタ食堂も誘致へ」『毎日新聞』秋田版 2014年6月10日• 朝日新聞デジタル. 2017年12月1日. 2017年12月9日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2018年5月30日. 2018年6月13日閲覧。 「角館に食彩・町家館 地元農産物の販路開拓・商品開発 6次産業化の拠点施設」『朝日新聞』秋田版 2015年4月20日• 日本経済新聞. 2015年4月18日. 2016年12月24日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2016年11月12日. 2016年12月15日閲覧。 日本経済新聞. 2016年11月5日. 2016年12月15日閲覧。 日本経済新聞. 2018年9月13日. 2018年9月16日閲覧。 日本経済新聞. 2019年4月16日. 2019年4月20日閲覧。 秋田魁新報. 2019年12月5日. 2019年12月15日閲覧。 『ニッキン縮刷版 38版』• 富士通株式会社. 2006年5月8日. 2014年3月23日閲覧。 日経コンピュータ. 2006年5月8日. 2014年3月23日閲覧。 参考文献• 『秋田魁新報』 1936年11月1日朝刊。 『秋田魁新報』 1962年12月11日朝刊。 『秋田魁新報』 1964年5月1日朝刊。 羽後銀行編 『羽後銀行80年史』 羽後銀行、1975年。 秋田相互銀行編 『秋田相互銀行三十年史』秋田相互銀行、 1980年。 『週刊金融財政事情』 1992年11月19日号。 『日本金融名鑑 1994年版 上巻』日本金融通信社、1993年。 『ニッキン縮刷版』 日本金融通信社、2001年、38版。 『日本金融名鑑 2012年版 下巻』日本金融通信社、 2011年。 橋本卓典 『捨てられる銀行』 、2016年。 関連項目• - で毎週土曜朝に放送されている情報番組の提供。 - 現で元外野手。 秋田相互銀行の出身。 前身の羽後銀行に勤務。 外部リンク• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の