伊藤 詩織 山口。 性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体 【後編】|小川榮太郎

山口敬之の現在と伊藤詩織の正体は?グラビア撮影をした真相とは?|イヌノツドイ

伊藤 詩織 山口

先ほど東京地裁がジャーナリスト・伊藤詩織さんに対して元TBS記者・山口敬之氏から性暴力を受けたことを認定し、損害賠償330万円の支払いを命じました。 同時に山口氏が伊藤さんに起こした1億3000万円の名誉棄損訴訟は棄却されるなど、全面的に山口氏側の非が認められる格好となりましたが、どうしても見逃せないポイントがあります。 詳細は以下から。 まず見てもらいたいのが「月刊Hanada」2019年10月号。 小川榮太郎氏の「 【伊藤詩織氏を告発する! 】性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体」という記事が掲載されました。 2019年11月号では「 【告発! 「伊藤詩織」事件の闇】「伊藤詩織」は性被害者なのか」という記事。 あくまで性被害者でない……と言わんばかりのタイトルです。 2020年1月号では「 【徹底追及『Blak Box』! 巨大ネットワークの正体】「伊藤詩織」に群がる面々」として、今度は伊藤さん周辺の人物をターゲットにしています。 別の月刊誌では対談記事を載せるなど、小川氏は山口氏を積極的に支援しています。 ちなみに山口氏に対する「月刊Hanada」のバックアップはこれらの記事だけでなく、編集長・花田紀凱氏が自らの番組に出演させることも。 つまり雑誌ぐるみで伊藤さんを攻撃していたわけです。 「 "伊藤詩織問題"。 山口氏の言い分を真に受けた視聴者から「山口さんがかわいそうだ。 こんな変な女に引っかかって」などのコメントが寄せられています。 性暴力が認定された今、これらの記事や動画は伊藤さんの名誉を毀損するものになるのでは……という気がしてなりません。 ・18:00追記 なお、山口氏を積極的に支援している小川榮太郎氏は「少数意見の偏重で国民は幸せになれるのか?」といったキャッチコピーが躍る本で対談するなど、杉田水脈議員と意見を共にすることでも知られています。 杉田議員の寄稿が炎上した後の「新潮45」ではLGBTを「性的嗜好(正しくは性的指向、性的嗜好はフェチなどを指す)」と断言した上で性犯罪と同列に並べて語るなどして、彼女をバックアップしていました。 そしてそんな杉田議員はをはじめ、各所で伊藤詩織さんを叩いていた人物。 さらに杉田議員の盟友・はすみとしこさんも強く侮辱するイラストをアップし、BBCで報じられた伊藤さんの泣き顔に「」とコメントするなど、むせ返るような悪意をぶつけています。 上記の例だけでも、伊藤詩織さんが保守を自称する人々から、どれだけ徹底的に蹂躙されてきたのか分かるのではないでしょうか。 ・次の記事.

次の

【真相】伊藤詩織事件の経緯・内容まとめ!ハニートラップの噂やドアマン証言で山口危機?

伊藤 詩織 山口

山口敬之・元TBSワシントン支局長(52)からのレイプ被害を訴える伊藤詩織さんが、1100万円の損害賠償を求めて山口記者を提訴したのは2017年9月のこと。 これに対し山口記者は、1億3千万円を求めて詩織さんを反訴する手段に出た。 そして訴状は、漫画家の小林よしのり氏にも……。 *** 『ゴーマニズム宣言』で著名な漫画家の小林氏の元にも、山口記者からの訴状が届いた。 詩織さんのケースと同様、名誉毀損とプライバシー侵害である。 「年が明けてから、山口氏に訴えられたことに、わし自身驚きました。 山口氏が逮捕されなかったのはあまりにひどいんじゃないかと思って、『SAPIO』に作品を掲載したのです。 わしは今でも、伊藤さんを信じています」 とは、小林氏ご当人だ。 山口反訴状において詩織さんは、〈「日本における性暴力被害の課題」を訴え続ける社会活動を「ビジネス化」し、それが、詩織さんの「生業」となった〉と指弾されている。 これについては、 「いったい、山口氏はどういうつもりで伊藤さんを反訴したのだろうか。 ちょっと、常識に反していると思わざるをえない。 反訴において、あたかも、経済目的から伊藤さんがレイプ(準強姦)の被害を公にしたかのように説明しているみたいだが、経済目的にしてはリスクが大きすぎますよ。 被害を公表することは、本当に大変なことだし、現に伊藤さんはバッシングを受けていて、セカンドレイプのようなことだって起こっているわけです。 そういうリスクを背負って、伊藤さんは活動しているわけで、これは金儲けではやれませんよ」 日本社会の実態にも話は及んで、 「多くのレイプの被害者が泣き寝入りをしなくてはいけないというのが現実です。 ある意味で日本の男尊女卑的な風潮に対しては、男も自分の身を振り返りながら、一緒になって戦わなきゃいけない。 レイプをされた際の女性の心理についても、皆、もっと理解をした方がいいと思います。 被害にあったら、すぐにどこかの医療機関に駆け込まないといけないとされていますが、そんなことなかなかできませんよ。 被害にあった直後は、疑問、嫌悪感など、いろんな感情が湧くはずです。 すぐにからだは動かないだろうし、最初にしたいのは、からだを洗うことだったりするでしょう」 と訴えるのだ。 特集「『小林よしのり』も呆れた! 『伊藤詩織さん』に1億円払えと訴えた『安倍総理』ベッタリ記者」より• あわせて読みたい関連本•

次の

伊藤詩織事件の真相は?ハニートラップという噂も!山口氏は反訴の意向!

伊藤 詩織 山口

先ほど東京地裁がジャーナリスト・伊藤詩織さんに対して元TBS記者・山口敬之氏から性暴力を受けたことを認定し、損害賠償330万円の支払いを命じました。 同時に山口氏が伊藤さんに起こした1億3000万円の名誉棄損訴訟は棄却されるなど、全面的に山口氏側の非が認められる格好となりましたが、どうしても見逃せないポイントがあります。 詳細は以下から。 まず見てもらいたいのが「月刊Hanada」2019年10月号。 小川榮太郎氏の「 【伊藤詩織氏を告発する! 】性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体」という記事が掲載されました。 2019年11月号では「 【告発! 「伊藤詩織」事件の闇】「伊藤詩織」は性被害者なのか」という記事。 あくまで性被害者でない……と言わんばかりのタイトルです。 2020年1月号では「 【徹底追及『Blak Box』! 巨大ネットワークの正体】「伊藤詩織」に群がる面々」として、今度は伊藤さん周辺の人物をターゲットにしています。 別の月刊誌では対談記事を載せるなど、小川氏は山口氏を積極的に支援しています。 ちなみに山口氏に対する「月刊Hanada」のバックアップはこれらの記事だけでなく、編集長・花田紀凱氏が自らの番組に出演させることも。 つまり雑誌ぐるみで伊藤さんを攻撃していたわけです。 「 "伊藤詩織問題"。 山口氏の言い分を真に受けた視聴者から「山口さんがかわいそうだ。 こんな変な女に引っかかって」などのコメントが寄せられています。 性暴力が認定された今、これらの記事や動画は伊藤さんの名誉を毀損するものになるのでは……という気がしてなりません。 ・18:00追記 なお、山口氏を積極的に支援している小川榮太郎氏は「少数意見の偏重で国民は幸せになれるのか?」といったキャッチコピーが躍る本で対談するなど、杉田水脈議員と意見を共にすることでも知られています。 杉田議員の寄稿が炎上した後の「新潮45」ではLGBTを「性的嗜好(正しくは性的指向、性的嗜好はフェチなどを指す)」と断言した上で性犯罪と同列に並べて語るなどして、彼女をバックアップしていました。 そしてそんな杉田議員はをはじめ、各所で伊藤詩織さんを叩いていた人物。 さらに杉田議員の盟友・はすみとしこさんも強く侮辱するイラストをアップし、BBCで報じられた伊藤さんの泣き顔に「」とコメントするなど、むせ返るような悪意をぶつけています。 上記の例だけでも、伊藤詩織さんが保守を自称する人々から、どれだけ徹底的に蹂躙されてきたのか分かるのではないでしょうか。 ・次の記事.

次の