中国語 翻訳 字幕。 字幕翻訳プログラム・通学

[中国語]翻訳者養成コース:レギュラーコース|プロ通訳者・翻訳者の養成学校/ISSインスティテュート

中国語 翻訳 字幕

字幕翻訳という仕事は、それほど求人が多いものではありませんが、中国語の翻訳となると、なおさらです。 英語翻訳であれば、それなりに需要がありますが、中国語となると、かなりレアです。 一般的な翻訳業務であれば、数は多いので、できれば、そういった仕事も視野に入れたほうが、職に就ける可能性が高くなりますが、どうしても、字幕翻訳にこだわるということであれば、下記の転職会社に相談してみてください。 どの転職会社も、翻訳、通訳業務の求人案件の取り扱い数が多く、中国語の字幕翻訳という求人の取り扱い実績も豊富なので、仕事を紹介してもらえる可能性があります。 もちろん、これらの転職会社に相談しても、時期によっては、仕事がないという結果に終わるケースもあると思いますが、その時には、求人需要自体が存在しないと言えるので、新しい求人が出てくるのを、気長に待つようにしてください。 いずれにしても、中国語の字幕翻訳という仕事を探す際には、これ以上、頼りになる存在はないので、うまく活用してください。 国内最大級の求人案件を保有する転職エージェント。 海外市場に進出している日系グローバル企業とのコネクションが強く、中国語のスキルが必須となる求人案件を、幅広く扱っています。 字幕翻訳スタッフを募集する求人についても、問い合わせれば、何らかの求人を紹介してもらえる可能性が高いです。 また、字幕翻訳に関連する求人として、翻訳サービスの営業といった案件があり、クライアントのニーズを正確に把握するために、字幕翻訳の経験者が募集されています。 一般的な字幕翻訳の仕事よりも、好条件なので、収入重視で、仕事を探している人は、ぜひ一度チェックしてみてください。 (既存顧客のルート営業が中心なので、営業経験がないという人でも始めやすいです。 ) 話を中国翻訳に戻すと、翻訳業務の経験がある人材を募集する求人が、大半を占めますが、まれに、翻訳に対応できるだけの語学力があれば、未経験者でも応募可能という求人が、見つかることもあります。 また、翻訳会社のなかには、中国語、英語の二言語において、翻訳に対応出来る人材を募集するケースもあります。 待遇面については、その人の経歴やスキルに応じて変動しますが、パソナキャリアが、取り扱っている求人の多くは、高年収の部類に入るので、収入アップを目指して、転職活動を行っているのであれば、一度は相談しておくべき転職会社と言えます。 グローバル人材の転職支援に力を入れている転職会社。 高いレベルで、中国語を運用出来るスキルを持つ人材を募集する様々な業種の企業からの、求人案件を幅広くカバーしています。 字幕翻訳に関連する求人となると、かなり限定されますが、ほかの求人サイトに出回っていないような求人を見つけられるので、JACリクルートメントは貴重な情報源となります。 なお、その一例を挙げると、世界シェアトップクラスの一流企業において、映像字幕・吹き替え作業を管理するプロジェクトマネージャーの募集案件といったものがあります。 受注から納品までの一連の管理業務(フリーランサーやベンダーへの発注、社内エディターへのエディティング依頼、納品前の最終納品物のチェックなど)を担当します。 字幕翻訳という業務から、さらに一段階、上の仕事がしたいという、キャリアアップ志向が強い人に、オススメです。 なお、応募条件については、職務経歴以上に、語学力が重視される求人が多いのですが、企業によっては、中国語だけではなく、英語、日本語についても、高いレベルを要求してくるので、注意してください。 JACは海外移住、海外転職を支援するサービスではありません。 海外勤務、海外駐在などの求人を紹介してもらえます。 年収600万円~2,000万円の方にオススメのサービスです。 国内有数の人材紹介会社、リクルートグループが運営する転職支援サービス。 日系グローバル企業や外資系企業からの求人案件の取り扱いに力を入れており、勤務地を問わず、中国語のスキルが必須となる、正社員採用案件を紹介してもらうことが出来ます。 字幕翻訳関連の求人については、幅広く制作・翻訳案件を手掛けている企業での、翻訳コーディネーター募集案件を扱っています。 はじめは、翻訳コーディネーターのアシスタントとして、簡単な編集作業やシステム入力作業からスタートして、慣れてきたら、見積作成、翻訳者手配、納品前準備といった管理業務を担当するという流れになります。 未経験者でも応募可能なので、実務経験がない人でも、採用されるチャンスがあります。 ただし、英語と中国語については、ビジネスレベルの運用力が求められることになるので、その点は注意してください。 想定年収については、案件によって、様々ですが、未経験者で300万前後、経験者で450~500万円というのが、一つの目安となります。 映像分野に特化した転職支援サービス。 もともとは映像技術スタッフの派遣を行っていた関係から、ほかの転職サイトに挙がらないような、翻訳、通訳関係の求人案件を保有しています。 中国語の字幕翻訳に関しても、大手映画制作会社などからの求人案件を扱っています。 5~6名のチームで業務にあたるため、映像制作会社にありがちな、バタバタした現場ではなく、落ち着いた雰囲気のなかで、業務を遂行することが出来ます。 注意点としては、業務の都合上、残業や休日出勤の機会が多いので、そのあたりに抵抗がないというのが、前提となってきます。 応募要件に関しては、字幕翻訳の実務経験と、中国語のスキルが求められますが、実務経験に関しては、英語の字幕翻訳など、中国語以外の翻訳経験でもOKなので、そういった意味では、条件は緩めです。 年収は経験者で400万円以上が見込めますが、実際のところは、本人の経験・スキル次第なので、何とも言えません。 実績豊富な人であれば、条件アップの可能性は十分にあるので、具体的に、どれぐらいの給与が見込めるのか、問い合わせてみるのもアリです。 ただし、上記で紹介したパソナキャリア、JACリクルートメント、リクルートエージェントと比べても、エルコムウォークが扱っている求人は、条件面で一歩劣ります。 また、派遣業務からスタートしている人材紹介会社なので、正社員ではく、派遣社員としてスタートして、勤務実績によっては、正社員として再契約するという形の求人が多くなっているので、雇用形態についても、注意してください。 【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。 現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。 (年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。 ) 業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。 職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。 なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。 年収1000万越えの案件が揃っています。

次の

映像翻訳者になる為の情報サイト:映像翻訳.com

中国語 翻訳 字幕

映像翻訳(字幕・吹替え) 株式会社 UHB 代表取締役 松本直子 中国語の映像翻訳にずっと携わって 参りました。 映像会社様や翻訳会社 様からテレビ番組やミュージックビデ オ等様々な字幕・吹替えのお仕事を ご依頼頂いています。 中国語の映像翻訳 字幕・吹替え SST納品可能 〜テレビ番組・ドラマ・映画の字幕、会社パンフ・プレゼン映像 実績多数〜 中国語から日本語への映像翻訳、字幕・吹替え作業、承ります。 SSTを使用し、実際に映像に字幕が入った形での納品が可能です。 映像翻訳の他、中国の歌番組の担当経験もありますので、アーティストの方の歌詞の字幕翻訳も高品質でご提供可能です。 法人向け翻訳だけでなく、個人の方向けに、説明書やお手紙の翻訳等もしておりますので、 ご予算や納期等、お気軽にご相談ください。 対応可能言語 中国語、英語、日本語の3言語で、ご対応可能です。 5分程度の映像をお送りいただき、トライアルさせてください! 1週間以内の納期で、提出可能です。 実際に私たちの翻訳品質、対応、納品速度等をご覧頂けます。 ご満足頂けましてから、正式にご依頼くだされば結構でございます。 安心の制作実績!高品質の翻訳をお届けします 翻訳は、間違いがないのはもちろん、「表現のうまさ」が問われます。 弊社には豊富な実績があり、かつ現在も継続して映像翻訳(字幕・吹替え)のお仕事を頂いておりますので、安心してご依頼頂けます。

次の

中国語映像翻訳ならY2C WORKSへ

中国語 翻訳 字幕

『妻への家路』、『初恋のきた道』、『北京ヴァイオリン』の日本語字幕を担当した 水野衛子先生から、字幕翻訳の技術、心構えが学べる講座です。 受講生全員が、字幕翻訳ソフトを使用し、授業に参加します。 2012年4月に通学クラスを開講して以来、3人に1人が字幕翻訳家としてお仕事を受注しています。 または、使用したことはあるが、基礎からもう一度学びたい方 内容 1)字幕翻訳の基本ルール、心構えなどについて 2)字幕翻訳作業で使用する機材、ソフトの説明。 使用方法の指導 3)字幕翻訳を実践 (映画やドラマ等の素材を中心に実際の字幕翻訳に挑戦します) 目標 字幕翻訳ソフトの取り扱いに慣れ、「養成クラス」への進級を目指します。 字幕翻訳の基本的なルールを抑え、中国語力、日本語力双方を磨きます。 目標 翻訳会社のトライアルテスト等に合格、翻訳の納品が可能なレベル、字幕翻訳者として仕事を受注することができるレベルを目標とします。 字幕翻訳ソフトを、ご自身のパソコンにインストールしていただきますので、ご自身のパソコンは必携です。 OSは、 Windows7以上(日本語版)を推奨します。 授業終了後に担当講師から授業の進度や簡単な内容が分かる復習メール「おさらいメール」と「模範翻訳」が送られてきます• ご欠席時のお振替えは、10回中4回まで可能。 開講中の他の字幕翻訳クラスにご参加いただけます。 振替先はご相談ください• 途中入会可能です• 当クラスへのご参加は、レベルチェック後にご案内させて頂いております。 こちらの よりお申込みください。

次の