日立 金属 不正。 日立金属、車部品などの特殊鋼・磁石で検査不正が発覚[新聞ウォッチ]

日立金属、特殊鋼・磁性材製品で品質不正

日立 金属 不正

日立金属は27日、同社と子会社が製造する特殊鋼製品と磁性材料製品の一部で検査不正などがあったと発表した。 顧客に提出する検査成績書や製造工程の一部を改ざんして報告していた。 対象顧客は自動車部品メーカーなど延べ約170社。 現時点では今回の不適切事案で安全性や性能などに関する問題は発生していない。 同日、電話会見を行った西山光秋会長兼CEOは「少なくとも10年以上は続いていた」と説明した。 2020年1月に特殊鋼製品を製造する安来工場(島根県安来市)の不適切行為に関する情報提供とその後の調査で一連の不正が発覚した。 特殊鋼製品では14品種を約30 社に納入されたことを確認した。 磁性材料製品では自動車の電装・駆動用モーターなどにも使うフェライト磁石と希土類磁石の製品の一部で検査成績書の改ざんが発覚した。 2製品合計で自動車部品メーカーなど約140社に納入されたことを確認。 対象工場は熊谷磁材工場(埼玉県熊谷市)や佐賀工場(佐賀県大町町)、子会社、韓国やインドネシアなどの海外拠点などとなる。 不適切行為の発覚後は顧客に対して個別に報告し、対応について協議を続けている。 また、27日付で弁護士などで構成する「特別調査委員会」を設置し、客観的な視点での事実関係や発生原因の調査を依頼した。 同委員会の調査結果を踏まえて、コンプライアンスの強化など再発防止策に取り組む。 不正に関する業績に与える影響は現時点では不明としている。

次の

日立金属、難路の独り立ち 品質不正で社長引責辞任 :日本経済新聞

日立 金属 不正

日立金属の西山光秋会長兼CEOは4月27日に電話会見を開き、「現時点では安全性、性能に問題があるものは確認されていない」と説明したうえで、「顧客にご相談申し上げて、合意のもと出荷を継続している」と話した。 業績に与える影響は現時点で不明という。 不正が発覚したきっかけは2020年1月下旬、安来工場で不正が行われているとの情報提供だった。 社内調査を進めた結果、フェライト磁石と希土類磁石でも同様の不正が判明した。 西山会長は「不正は少なくとも10年以上前から継続していた」と説明。 上層部も関わっていた可能性があるため、今後歴代幹部から聞き取り調査を行う方針とみられる。 4月27日付で長島・大野・常松法律事務所の弁護士らからなる特別調査委員会を設置し、原因究明を急ぐ考えだ。 日立の中核子会社で相次ぐ不正 日立グループをめぐっては、中核子会社の日立化成でも2018年に産業用鉛蓄電池などで大規模な品質データ不正が発覚している。 このとき、日立グループでは全社に総点検するように指示していたが、今回の不正を防げなかったことになる。 くしくも日立金属の西山会長は4月に親会社である日立製作所の専務兼CFOから転じたばかり。 西山氏は「今回の不正と人事は関係ない」としたうえで、「(日立グループの総点検で)不正が把握できなかったのは私としても悔しい」と話した。 一方、日立化成に続く中核子会社での相次ぐ不正は日立グループ全体の問題ではないかとの指摘には反論。 西山氏は「日立グループの問題というよりも、日立金属は(独立した)上場会社だ。 責任を持って調査して説明責任を果たさなければならない」と強調した。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

日立金属が品質検査不正=特殊鋼や磁石で10年以上

日立 金属 不正

バルブ製品情報検索 利用規約• 本ダウンロードサービスで提供する図面は各製品の外観図となります。 施工図等を作成する場合に使用する承認図、製品寸法表は当社あるいは当社製品販売店へご用命ください。 本ダウンロードサービスにおける全ての情報は、著作権法上の保護を受けています。 このソフトウェア及びプログラムについて、日立金属株式会社株式会社からの文書による許諾を得ずに、いかなる方法においても無断で複写 、複製し、又は不正に使用し、及び第三者への譲渡を行う事はできません。 本ダウンロードサービスの改造、解析は行わないで下さい。 お客さまが無断で行われた解析や改造の結果、お客さまに損害が発生しても当社は責任を負いません。 本ダウンロードサービスを使用して発生したいかなる損害も、当社では責任を負いません。 諸般の事情により製品構造・材質について、事前の予告なしに変更する場合がありますのでご承知おきください。 本ダウンロードサービスにて提供する製品の図面は、市場で流通しているもの、及び製造時期によっては、異なる仕様、寸法、構造になっている可能性があります。 バルブのご選定にあたって バルブのご選定にあたって使用する流体、温度、圧力、配管径、使用方法さらに外部環境を基に、最適な特性を持ったバルブを選定ください。 自動弁を選定される際はさらに電源、操作回路、操作方法が必要です。 弁種別にみる特性は下記の通りです。 玉形弁、逆止め弁、ストレーナ、流量調節弁は設置方向は一方向に限定されます。 仕切弁、流量調節弁以外のボールバルブは全開もしくは全閉で使用されます。 中間開度での使用や長期放置は、エロージョンによるシート漏れの原因となります。 この状態でボールバルブを使用する場合、異常昇圧防止形ボールバルブをご指定ください。 マレブル玉形弁、仕切弁のグランドパッキン、ボンネットガスケットは、アスベストフリー品(グラフォイル系)を使用しております。 流体により材質の変更が必要な場合があります。 また蒸気で使用の場合は増締めが必要です。 蒸気、熱媒油、腐食流体、毒性ガス等に対するグランド漏れ防止用として増締め不要のベローズバルブをお薦めいたします。 電動弁は停電時には作動不能となります。 停電時に緊急閉(開)動作が必要な場合は緊急遮断(開放)弁としてハイトルクモノセーフを選定ください。 但し、長期間開(閉)で 御使用の場合、1年に1度動作確認を行って下さい。 各弁の詳細仕様、カタログ内容の御確認、引き合いに関しては、弊社最寄の支店・営業所に御問い合わせ下さい。 ご利用にあたって• 本サービスを利用できるブラウザはMicrosoft Internet Explorer 5. 0以上となります。 PDFファイルの閲覧にはAcrobat Reader4. 0以上が必要となります。

次の