派遣 仕事 が ない。 派遣先が暇すぎで仕事がないから困ってる。暇つぶし対策と解決方法

派遣先が暇すぎで仕事がないから困ってる。暇つぶし対策と解決方法

派遣 仕事 が ない

Contents• 派遣社員で仕事ができる人とできない人の違い 一般的に、仕事ができる人は上司から好かれやすく、仕事ができない人は嫌われやすい傾向にあります。 では、派遣社員で仕事ができる人とできない人の違いは何でしょうか。 仕事をこなす能力の差ももちろんありますが、人間性でもその差は生まれています。 ここでは派遣社員で仕事のができる人とできない人の違いについて説明していきましょう。 仕事ができる派遣社員の特徴 最初に、仕事ができる派遣社員の特徴から見ていきましょう。 コミュニケーション能力が高い 仕事ができる派遣社員はコミュニケーション能力が高いです。 人と話すことが上手く、また聞き上手な人でもあります。 相手の話を聞いている時は必ず適度な相槌を打ち、一つの会話から話を広げていくので会話が不自然に途切れることがありません。 また、話の内容を分かりやすく伝えることに長けていて、簡潔に話すので無駄がないため説得力があります。 相手に対して適度な距離でコミュニケーションをとれるので印象が良く、信頼関係に繋げることができるため、結果として仕事ができる人と言われるのです。 分からないことはすぐに聞く 仕事ができる派遣社員は分からないことはすぐに聞きます。 自分の勝手な判断で業務を進めず確認を怠らないので、大きなミスに繋がるリスクが減るのです。 すぐに聞くと言うと「少しは自分で考えて」と言われそうですが、仕事ができる派遣社員の場合は聞き方が違います。 たとえば「これは何のことですか」ではなく「これは〇〇のことでしょうか」といったように、自分の中でも一度考えた上で質問するので嫌な印象を与えません。 自分が困った時に上手く助け船を求められる人とも言えますね。 スピードを意識して効率よく作業する 仕事ができる派遣社員はスピードを意識して効率よく作業しますので、 やらなくてもいい無駄な作業をしません。 たとえばデータ入力をする際でも、ショートカットキーを多用し作業スピードを速めたり、一度席を離れる際は同時に行える作業がないかを考え、何度も行き来する時間を省くなどの工夫をするのです。 一日の業務の中でどんなことに長い時間をかけてしまうのか、省ける作業はないのかなどを振り返っているため無駄なく仕事を進められるのです。 残業は適度にする 仕事ができる派遣社員は残業を適度にします。 自分の作業は終わっていたとしても「我関せず」という顔で定時上がりをせずに、繁忙期など会社の空気を読んで会社に貢献する協調性があるのです。 実際に私は残業ほぼなしの会社で働きましたが、予想外の自体が発生したため、「残業した方が絶対に良い空気」を感じたので残業しました。 もちろん「残業して」とは言われていません。 そういったことが重なったので派遣先の上司からは気に入られ、無期雇用の話が出たりと、悪いことはなかったのです。 契約上では残業なしだったとしても、社員が忙しそうに残業している時は「今日は残れます」と言って仕事を手伝う姿勢を適度に見せた方が、上司からの「できる人」という評価に繋がるでしょう。 マナーがしっかりしていて謙虚 仕事ができる派遣社員はマナーがしっかりしていて謙虚です。 上司や先輩がどんなに飾らないタイプの人でも立場をわきまえて発言し、言葉遣いや行動も慎重に行いますし、たとえ褒められても天狗になったりはしません。 また、自分が行った業務に対する責任感があり、小さなミスでも見つけた場合は謝罪し反省します。 過度な謙虚さは時に「頼りない」という印象を与えますが、仕事ができる人の謙虚な姿勢は好印象で、何かあっても周りが「これくらい大丈夫だよ」と自然にフォローしてくれることも多いでしょう。 自分は派遣だからという甘えがなく真面目に仕事をする 仕事ができる派遣社員は「派遣だから」という甘えがなく、真面目に仕事をします。 「派遣だからこんなに頼まれる筋合いはない」「派遣だから残業しなくて当然」などという考えがなく、仕事に対して真面目に取り組むのです。 雇用形態にこだわって「派遣だから」と言って卑屈になったりする人は、それが仕事ぶりにも表れるものですが、 仕事ができる派遣社員の場合は雇用形態が何であろうと「これは私のするべきこと」だと思って働いています。 仕事ができない派遣社員の特徴 次に、仕事ができない派遣社員の特徴を見ていきましょう。 作業が遅い 仕事ができない派遣社員は、作業が遅いという特徴があります。 これはあえてダラダラと作業しているというよりも、そもそもスピードを意識していないか、意識していても遅いかのどちらかです。 頑張って作業スピードを上げようとする意欲や目標がない人は、もっとスピードを意識して欲しいと思われているでしょうし、意識していても作業が遅い人の場合は「適性がない」とみなされます。 どちらにしても「長期働いてほしい」とは思われず、次の更新で契約を終了されるケースもあるでしょう。 いつも同じミスをする 仕事ができない派遣社員は、いつも同じミスをするという特徴があります。 上司から教えてもらった業務を何故かメモにとらなかったり、メモしても後から見返さない人はいつも同じミスをするため、周りから「できない人」だと思われてしまうのです。 私の派遣先にも実際にいつも同じミスをする人がいたのですが、彼女の場合はパニックになりやすく、どこにメモしたのかすら分からなくなってしまうため、上司から呆れられていました。 分からないことがあっても質問しない 仕事ができない派遣社員は、分からないことがあっても質問をしないという特徴があります。 話しかけることが苦手で聞くのが気まずいという人もいますし、「何度も聞くことで嫌な印象を与えたくない」と言う思いから聞かない人もいるでしょう。 中には何が分からないのかすら分かっていないため聞けないという人もいると思います。 ただ、疑問に思った時に聞くことができないと、後で大きなミスに繋がりやすいので気を付けなければいけません。 私の派遣先にいた人は何度も聞くことが気まずかったのか、自己判断で作業を進めたら大きなミスになり結果的に解雇されました。 契約以外の仕事は断固としてしない 仕事ができない派遣社員は、契約以外の仕事断固としてしないという特徴がありま す。 もちろん派遣社員は契約が全てですから、派遣先の企業は契約外の仕事は本来頼めないことになっています。 しかし、今の作業に大きな影響を与えない程度のほんのちょっとの作業を頼まれただけであれば、引き受けた方が印象は良く、派遣先との良好な関係を築くためにもなるでしょう。 もちろん強制はできませんが「ちょっと手伝ってもらえるかな」程度のものであれば、助け合いも時には必要ではないかと思います。 ただ私の派遣先には「どんな小さな作業であろうと、契約外ですから私には無理です」という発言を繰り返した人もいて、上司からは「全く協調性がなくて使えない」と嫌われていました。 あまりにも頑なに断ると、印象はよくありませんね。 残業を絶対にしない 仕事ができない派遣社員は、残業を絶対にしないという特徴があります。 先程の「契約外の仕事を頑なに断る」ことと重なるのですが、 入社時から「残業一切なし」の契約であれば、残業する必要はないので強制はできません。 ただ、イレギュラーが発生して忙しくなり、手が回らない状況になった場合、そこでも多少は助け合いをした方が良いのではないかと思います。 一方周りがどんなに忙しくても「私は派遣なのでお先に失礼します。 」と断固として残業しない人は嫌われるでしょう。 結局のところ、契約内容云々ではなく会社に貢献しようという気持ちが印象を左右するのかもしれませんね。 スキルアップしようとしない 仕事ができない派遣社員は、スキルアップしようとしないという特徴があります。 たとえば仕事で慣れない作業を頼まれた時に「私には難しいです」と言って相手に返したり、自分のスキルアップをしようという意欲がなく「現状維持」を保つ人です。 後退しないのは良いのですが、前にも進まないのでは印象が良くなりません。 特に周りにスキルアップ意欲が強い人がいる場合は比較され、「あの人はいつまで経っても向上しない」という印象になるでしょう。 そもそもスキル不足だったり経験不足である 仕事ができない派遣社員は、そもそもスキル不足だったり経験不足であるという特徴があります。 この場合、自分のことを過大評価してアピールしていたり、登録時の経歴内容に嘘があるため自分に見合った派遣先が紹介されていないことがあるでしょう。 そもそも派遣先が求めているレベルに達していない人が無理して就業すると、「思ってたより全然できない人」「使えない」と言われてしまいます。 派遣ということに対して卑屈で、正社員にひがみを持っている 仕事ができない派遣社員は、派遣ということに対して卑屈で、正社員にひがみを持っているという特徴があります。 実際に私の派遣先にいた人は「派遣なんだから、正社員より仕事量が少なくて当たり前」「給料が少ないのに、こんなことやらされるなんてやってられない」が口癖でした。 確かに言っていることは間違っていませんが「そんなに卑屈になるのにどうして正社員を目指さないのだろう」という気にもなりますよね。 「派遣社員で働いていることが卑屈で仕方ない」ということを全面に出していると、仕事に協力的でなくなり「仕事ができない人」と思われてしまいます。 派遣で仕事ができないとクビ?更新はなし? 「私は仕事ができないからクビになるかもしれない」と不安に思っている人は案外多いのではないのでしょうか。 私も実際に入社したばかりの時は役に立たず「このままならクビかもしれない」と思ったことがありました。 しかし派遣社員には未経験OKの仕事も沢山ありますので、最初は初心者だと思って見てくれることも多く、少し仕事ができないからと言って解雇されることはないでしょう。 ただ場合によってはあり得るので、以下で具体的に説明します。 スキル不足による解雇はあり得る 多少仕事ができないからといって、すぐに派遣先をクビになるということは考えにくいですが、あまりにも仕事ができないとみなされるほどのスキル不足であれば解雇されることが考えられます。 解雇される理由の中に、能力不足という項目があるからです。 労働者の労務提供の不能による解雇• 能力不足、成績不良、勤務態度不良、適格性欠如による解雇• 職場規律違反、職務懈怠による解雇• 経営上の必要性による解雇• ユニオンショップ協定による解雇 (引用:厚生労働省) 実際に私の派遣先にいた仕事ができない人も、電話応対で相手の名前と担当者の名前すらメモをとれないということが続き、スキル不足を理由に解雇されてしまいました。 派遣先によっても「許容範囲」というものがあるので、どの程度で見切りをつけられるかはまちまちですが、スキル不足による解雇はあり得るので気を付けましょう。 ただし契約期間中の解雇は基本的にあり得ない 残念なことに解雇されてしまうということがあった場合でも、基本的には契約期間中に「明日で終わりです」と言われることはありません。 それは不当解雇に該当するからです。 ですから契約で定められている派遣期間内は働くことができます。 ただし、無断欠勤が多いなど勤怠が悪かったり、上司に対して攻撃的、会社に大きな損害を与えるミスなどをした場合は契約期間内でも解雇される場合があるでしょう。 基本的に派遣先で契約終了と判断される場合、30日前には通知されるのが一般的です。 契約途中の解雇については以下の記事を参考にして下さい。 更新はしてもらえない 契約途中の解雇がないとしても、ほとんどの場合に初回の更新時に断られてしまうことになるでしょう。 正社員として雇用しているのであれば、少しくらい長い目で見て成長することを期待し、そして教育します。 しかし派遣社員はあくまで有期雇用であり、自社の社員でもありません。 わざわざ育てる、仕事ができるように待つなんて会社はなく、更新せずに違う派遣社員に変えるだけです。 どれだけ仕事ができるべきかの基準は就業先の会社によって異なりますが、その基準に達していないのであれば、更新は望めないのです。 仕事ができる派遣社員になるには 仕事ができないと最悪クビになる可能性もゼロではないと知って、益々不安になってしまった方もいるかもしれません。 仕事ができないと思われると良いことはないですね。 なんとかして仕事ができる人になりたいものです。 ここからは、仕事ができる派遣社員になるにはどうしたら良いのか説明します。 仕事に真摯に、常に考えながら仕事をする 仕事ができる派遣社員になるためには、仕事に対して真摯に向き合い、常に考えながら仕事に取り組むことが必要です。 「派遣社員だからこの程度でいい」というようなことは考えず、契約内容に従って、まずは自分に与えられた仕事をしっかりとこなすようにしましょう。 自分の業務がままならならいうちに、仕事ができる人を装って他の仕事を引き受けてしまうのは本末転倒です。 自分のするべき業務を以下に効率よくこなせるか、無駄を省けるか考えて、たまにやり方を変えてみるなど自分なりに工夫して業務に取り組むと良いでしょう。 慣れない仕事はスキルアップだと思って取り組む 仕事ができる派遣社員になるためには、慣れない仕事でも「自分にはできない」と諦めず、やり方を上司に聞いて学びがら取り組んでいく姿勢が大事です。 仕事ができる人は「慣れない仕事こそスキルアップになる」と思って挑戦します。 頑張っていればいつか自分の得意分野に変わるかもしれませんので、最初から苦手意識を持たないでやってみるということが大事ですね。 与えられている仕事は全部、自分が向上するためのものだと思って取り組んでみましょう。 派遣会社のスキルアップ制度を活用する 仕事ができる派遣社員になるためには、派遣会社のスキルアップ制度を活用することも大事です。 自分の派遣会社にはどんなスキルアップ制度があるか知っているでしょうか。 大手の派遣会社では特にスキルアップ制度が充実していて、事務で使うOAスキルやIT講座、英語力を身に付けられる講座や資格対策、各種セミナーや研修など、あらゆるサービスが無料で利用できるように用意されています。 大手の派遣会社に登録している人は多いですが「そんな制度あったの」と、せっかくのチャンスを水に流してしまっている人も多いのです。 自分の今の職場で活かせる講座はもちろん、将来のために気になる講座も受講してみることをおすすめします。 自分のスキルを活かせる仕事に就く 仕事ができる派遣社員になるために は、自分のスキルを活かせる仕事に就くことも大事です。 もちろん挑戦したい職種があればやってみるのも良いですし、それも派遣の醍醐味でもあります。 ただ、自分の性格やスキルに全く見合わない仕事を選んでしまうと、結果的に仕事ができない人になってしまう可能性が高いので、自分の活かせるスキルを把握しておくことは大事です。 自分の強みを知っていれば、派遣先で活かせなかった場合でも、次は適した派遣先に行けるでしょう。 各派遣会社には「キャリアカウンセリング」が用意されていることがほとんどですので、自分の活かせるスキルが何か分からない人、不安な人は相談してみると良いですね。 会社が合わないと思ったら辞めることも大事 今回は派遣の仕事ができる人とできない人について説明しました。 自分がどちらに当てはまるか考えた時に、少しでも仕事ができない人の要素があった場合は、仕事ができる人の真似をして少しずつ仕事ができる人になっていきましょう。 仕事ができる人は効率よく作業をしたり、自分のスキルアップに励むなど、努力を怠らない姿勢があるのと同時に、謙虚な姿勢や協調性が見られます。 ただ、仕事ができないと感じていても、それはスキルに見合った会社ではないというだけとも考えられるので、全て自分が悪いと落ち込むのではなく、「自分が活かせる職場が他にあるのではないか」と前向きに捉えていくことが大事です。 会社が合わないのであれば潔く諦めて今の職場を辞め、他の職種に就くために一歩進んでみて下さいね。 正社員に転職すれば、契約解除に怯える必要がなくなる 従業員を解雇できる条件 正社員 派遣社員 病気・けがによる就業不能 著しい能力不足、成績不良 著しい協調性の欠如 頻繁な遅刻や欠勤 横領や私生活上での犯罪 病気・けがによる就業不能 著しい能力不足、成績不良 著しい協調性の欠如 頻繁な遅刻や欠勤 横領や私生活上での犯罪 契約満期 正社員、派遣社員どちらでも 会社の都合では解雇することができません。 しかし、派遣社員の 契約満期時には会社が解雇したいと考えていれば 必ず解雇することができます。 一方正社員に契約期間はないので、あなたに致命的な能力不足や不法行為がなければ解雇されることはありません。 日本では、終身雇用の考え方がいまだ根強く残っています。 契約満期が近づくたびに、 「契約を解除されるのではないか」と不安に思っている方は 正社員として転職することを検討してみましょう。 正社員として働くことは、 雇用が安定するだけでなく、 給与や福利厚生の面でも多くのメリットがあります。 9万円 209. それは、転職エージェントがあなたに 求人の紹介をしたり、内定を獲得するために 書類添削や面接対策などのサポートを行ってくれるためです。 なぜサポートを行ってくれるかというと、転職エージェントは 企業に人材を紹介し、内定となることで報酬を得ているからです。 企業から報酬を得ている以上、企業から求められる人材を紹介する必要があります。 そのため、エージェントは企業がどのような条件の人物を求めているのかを熟知しており、紹介する求人はその条件に当てはまっています。 また、紹介される求人の 約8割は転職サイト等で掲載されていない非公開の求人です。 複数の求人を紹介してもらうことができるので、あなたは マッチ度の高い求人から条件の良いものを選ぶことができます。

次の

「実は結構多い」職場で放置される派遣社員!放置する理由と対応法

派遣 仕事 が ない

仕事がないというのは楽に見えて辛いことです。 派遣社員の立場上、このようになってしまうことも少なくはありません。 わざわざ派遣社員を雇っているにも関わらず、仕事を与えないというのは不思議に感じますが、実際に多々あることです。 仕事が暇なのは、楽そうに見えてかなり辛いです。 時間が経つのが遅くて、居心地も悪い。 大きなストレスの原因となります。 そこで、今回は派遣先での仕事がない理由や対処法を紹介します。 おすすめ; 派遣先に仕事がない!その原因は? 派遣社員の多くが悩む、派遣先に仕事がないという状態。 なぜ、その状態に陥ってしまうのでしょうか。 そもそも人手が多い 派遣社員は、正社員では人手不足になってしまうという時に雇うのが普通です。 ただ、実は必ずしもそういうわけではないのです。 派遣先の会社と派遣元の会社の付き合いで雇っている場合もあり、仕事をこなすのは正社員で十分な場合もあるのです。 こういった会社に派遣されてしまうと、仕事を与えられず、仕事がない状態に陥るのも仕方ありません。 瞬間的な忙しさに対応する為に雇っている 派遣社員を雇う理由ん、瞬間的な忙しさに対応する為である場合も多いです。 例えば、月に数回の忙しさに対応する為に雇う場合も多々あります。 そうなると、その忙しい時以外は、仕事がなく暇になってしまいます。 仕事を教えてくれない 忙しすぎることが原因で、仕事がない場合もあります。 人手不足を解消する為に雇っているにも関わらず、忙しすぎるあまりに仕事を教えることができずに、そのまま放置されてしまう場合があります。 また、仕事を教えてくれるはずの人が、派遣社員に不信感、嫌悪感を抱いてしまっていて教えてくれない場合もあります。 企業にとってはデメリットでしかないのですが、派遣を雇用することを決めた人と、実際に職場で一緒に働く人が異なることがほとんどである為、そうなってしまいます。 手が余っていることに気付いてもらえてない 能力を低くみられ、簡単な仕事、すぐにできる仕事しか与えてもらえない場合もよくあることです。 派遣社員がどの程度のスキルを持っているか、どれだけ仕事を早くこなせるかということが最初はわかりません。 低いであろうと見られてしまい、与えられた仕事がすぐ終わり、暇になってしまいます。 見放されている 仕事ができないことで、仕事がない状態に陥ってしまうこともあります。 仕事を教えても覚えない、仕事のスピードが遅すぎる、仕事の質が悪いという状態が続くと、 見放されてしまい仕事がない状態に陥ってしまいます。 仕事ができない人に仕事をふると、余計時間を食われることになるので、与えないほうがましだとなってしまうのです。 仕事がない時の対処法 では仕事がない状態に陥ってしまい、暇が苦痛になった時、どういった対処を行っていけばいいでしょうか。 まずは、なぜ仕事がない状態に陥ってしまっているのかを知るところから始めてください。 その上、それぞれの問題にあった対処を行っていきましょう。 与えられるのを待たない 派遣社員だからと言って、仕事を与えられることを待っている必要はあrません。 積極的になることも必要です。 与えられるのを待っていても、なかなか仕事を与えてはくれませんが、たとえ仕事がなさそうでも仕事がないかと相談しに行けば、仕事を探してくれます。 仕事は探せばいくらでもあるものですから、派遣社員だからと引け目を感じずに、積極的になってみてください。 それを、嫌な風に感じる人はいないはずです。 職場の他の人ともコミュニケーションをとる 仕事がない時は、職場で仕事を与えてくれる人だけではなく、同じ課、グループの他の人とも積極的にコミュニケーションをするようにしましょう。 そうすることで、色々な人から仕事を教えてもらえるようになったり、仕事を与えてくもらうことにつながります。 仕事が多い、仕事が間に合わないという人はいるはずですから、仕事を与えてもらえるチャンスが広がります。 勉強時間にあてる 仕事がないことを割り切って、勉強時間にあててしまうのも一つの手です。 お金を貰いながら、暇を潰し、そして勉強できるなんて素晴らしいことです。 もちろん、その派遣先の仕事と全く関係ない勉強することはだめですが、必要なものであれば何も言われないことが多いです。 派遣元会社に相談する あまりにも仕事がなくて辛い、誰に言っても改善しない、勉強する時間にあてることも許されない。 もちろんそんな状態になってしまうこともあります。 どうにも改善しようがないのであれば、派遣元会社に相談しましょう。 派遣元会社から会社に相談して貰うことができ、個人で言うよりも改善する可能性が高いです。 辞める 場合によっては、辞めるという選択肢も持っておきましょう。 暇な状態は辛いですし、時間も非常にもったいない状態が続きます。 自分のスキルは全く上がらずに、年齢を重ねるこtになってしまいます。 今後のことを考えると、辞めたほうがいいです。 派遣社員のメリットは契約延長しないという形で、辞めやすいという点ですから、活用しましょう。 成長を望むなら正社員を目指そう 仕事が暇な状態が続くと、なかなか自分の成長にはつながりません。 もし、自分を成長させたい、スキルを身につけたいと思っているならば、こんな状態が続くのは望ましくありません。 成長を望むならば、正社員を目指しましょう。 やはり正社員で働いたほうが与えられる仕事の内容、量、教育制度の観点で考えても優れています。 正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイト等への登録です。 転職サイトでおすすめなのが、、と。 は最大手の転職サイトであり、転職エージェントサービスも利用できる転職サービス。 求人数が多くスカウト機能も充実、幅広い年齢層、職種を網羅しているまず使うべきサービスです。 転職エージェントサービスの評判も良く、非公開求人数は10万件以上。 転職活動全般を無料でサポートしてくれるので、ぜひ使ってみることをお勧めします。 公式サイト: は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。 しかもそのオファーは面接確約。 書類選考が必要なくなります。 大手転職サービスを運営しているパーソルキャリアが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。 最初に登録しておけばあとは待っていれば良いので、とりあえず最初にさっと登録しておきたいサイトです。 公式サイト: は派遣社員や契約社員などの非正規社員はもちろん、フリーターや既卒など職歴がない人も利用可能な転職エージェント。 未経験業界への転職実績が多く、転職内定率も8割超えのかなり使える転職エージェントです。 求人も実際に確認した上で紹介してくれるのでブラック企業はほぼなく、求人票だけではわからない仕事環境についても教えて貰えます。 応募書類のチェックから面接対策など転職活動全般をサポートしている転職エージェントは就職・転職を成功させる為には是が非でも利用すべきものサービスです。 公式サイト: スポンサーリンク• スポンサーリンク.

次の

「実は結構多い」職場で放置される派遣社員!放置する理由と対応法

派遣 仕事 が ない

派遣社員は雑に扱われる まず、派遣社員というものは正社員から見て格下の立場に見えるようです。 まあ日本では実際その通りなのですが、それゆえ 雑な扱いを受けることが多いですね。 派遣先の正社員も「派遣?どうせすぐ辞めるだろ」みたいに思っているようで、対等には扱ってくれません。 すぐ辞められても痛手が少ないようにするためかは知りませんが大して仕事を教えてくれませんし、ひどい時にはずっと放置プレイされます。 まあこちらとしては、仕事が無い状態でならいくら放置されようが時給は発生しているので別にいいですが、「だったらなんで派遣雇ったし・・・」って感じです。 ただ、仕事がある状態での放置はかなりキツイですね。 やり方が分からないから進められず、聞いても 「そんなのも分からないの?自分で調べて考えてよ」みたいに言われるため自力でなんとかしなければなりません。 「近くの正社員は手取り足取り教えてもらってるのに・・・」と、かなりの屈辱を感じた記憶があります。 正社員が派遣を放置する理由 もしかしたら、派遣を放置するような職場というのは忙しい会社ではありませんか? その会社の正社員が慌ただしく動き回っているような職場では いちいち派遣に仕事を教えている時間的余裕もないでしょう。 まあ、こちらとしてはたまったものではありませんが、こういう忙しい会社だからこそ派遣を雇っているのでしょうね。 猫の手すら借りたいみたいな状況でしょう。 ただこういう会社ってかなり理不尽な場合が多いですよ。 忙しいことによるストレスかは分かりませんが、派遣に対してかなり強く当たってきます。 「お前そんなことも分かんないのかよ?」• 「これ昨日も同じこと言ったよね?1回で覚えらんないの?」• 「何ボーッとしてるの?早く仕事進めてよ」 みたいなことを実際に私も言われました。 「早く仕事を進めてよ」って言われても・・・。 やり方聞いても教えてくれないし放置してるのはあなたでしょうが。 まあ、こういう会社は私も含めてすぐ辞めるので、入れ替わり立ち代わりも激しいですね。 だから社員も派遣を放置するのだと思います。 一生懸命派遣に仕事を教えたのにすぐ辞められてしまえば、また別の人に最初から教えなければなりませんからね。 単純に面倒なのでしょう。 ただ、これって完全に悪循環に陥っていますよね。 派遣が放置されるのはこれが原因でしょう。 職場で放置されている時の対処方法は? では、こういった「会社で放置プレイを受けている」場合、どうやって対処したらいいでしょうか。 キレる 冒頭でも少し話しましたが、正社員から見て派遣社員というのは格下の存在です。 つまり、 ナメているんですよ。 要は相手のことを下に見ているから、「放置する」みたいな雑な扱いをしてくるわけですね。 だったら、 いっその事キレてみるのもいいでしょう。 私が派遣で働いていた頃も、正社員の人からバカにされたような発言が続いていて、最初は耐えていたのですがある時限界を迎えてキレたことがあります。 足で壁を蹴って相手を睨みつけ、相手が目をそらすまでガンを飛ばしながら 「お前、限度って知ってる?」って言ったら黙りましたからね。 しかもその日から急に態度が柔らかくなりましたし、仕事も教えてくれるようになりました。 やっぱり人間も動物なので、 無意識のうちに上下関係を決めてしまっているんですよ。 自分より下だと判断した相手に対してナメた態度を取るというのは多くの動物が共通して持っている本能です。 だから、こちらがキレる事でその序列をぶっ壊そうって事ですね。 強引に仕事をもらいに行く とはいっても、キレるというのもリスクがあって、「派遣先をクビになる」可能性もあります。 そういったリスクを避けるのであれば、たとえ嫌な顔をされようとも強引に仕事をもらいに行くようにした方が安全です。 「忙しいのは重々承知ですが、教えていただけないでしょうか?」• 「このままでは暇を持て余すだけですので、何か仕事はありませんか?」• 「次は何をやったらいいでしょうか?」 と、どんどん積極的にいきましょう。 そこで やる気出して結果を見せていくことで少しずつ相手の評価も変わっていき、次第に仕事を教えてもらえるようになったり、新しい仕事がもらえるようになるかもしれません。 まあ、派遣にここまでやらせるような会社で働き続けるのもどうかとは思いますが、派遣先を変えるほどでもないって場合はこれが一番でしょう。 ただ、 いくら自分から率先して動いたところで時給は変わらないため、給料は同じです。 スキルが身に付けられる仕事であればいいのですが、そうではないのならむしろ暇を持て余していた方がお得かもしれませんね。 いっその事開き直る 放置されているのであれば、いっその事開き直ってしまうのもいいと思います。 仕事中にスマホを見たり、ブラブラと休憩に出かけたり。 たとえ文句を言われたとしても、「だってずっと私を放置してるじゃないですか」とでも言えばいいでしょう。 放置する会社が悪いのですから、何を言われようと堂々としていればいいと思いますね。 さすがに仕事中に何もしていなければ、それを見かねた社員が何か言ってくるでしょうから、放置プレイから脱却出来るかもしれません。 っていうか、本来であれば社員の方から来るべきですよね。 派遣というのは時給制なため、バリバリ働こうが何もしていなかろうが賃金は発生しているわけですよ。 そんな状態で派遣を放置していればただ会社が損をするだけです。 ですから、放置されていることを悩むよりもむしろ開き直ってもいいと思いますよ。 少ない労働力でいつもと同じ給料がもらえるのですから、こんなに楽なこともないでしょう。 確かに暇すぎるのもつらいですが、慣れれば次第に「こういうのも悪くない」と思えてくるかもしれません。 今の派遣先にしがみつく理由はある? 果たして、今の派遣先にしがみつく理由はなんでしょうか? 放置してくるようなクソ会社なんかで働き続ける意味もないはず。 派遣先なんていくらでもありますから、派遣元に相談して派遣先を変えてもらえば一発で解決するかもしれません。 たとえ渋い顔をされたとしても「派遣先を変えてくれないなら、もうこの派遣元ごと辞めます」とでもいって脅すのが効果的。 派遣元というのはあなたの稼ぎの中から給料を得ているため、あなたに辞められたら困るわけです。 つまり、 「うーん。 派遣元を辞められるくらいなら、派遣先を変えてやるか」という方向に進む可能性が高いですね。 派遣社員をやること自体がもったいない 根本的な話なのですが、正社員よりも待遇の悪い派遣社員をやる事自体がもったいないと思います。 今は人手不足の影響で求人が山ほどありますから、 派遣社員並みに楽な正社員の仕事というのは沢山あるんですよね。 それに 派遣というものは日本においては職歴とすら見られないものですから、続ければ続けるほど不利になる一方です。 ですので、今のうちに正社員の職を探し始めるというのも選択肢のうちの1つでしょう。 とりあえず、転職サイトに登録してざっと求人を眺めてみてはいかがでしょうか。 世の中には楽な仕事の正社員なんて沢山あるということが分かるはずです。

次の