活水 くすのき ポータル。 Movie(Hey! Say! JUMP)

社会人講座

活水 くすのき ポータル

概要 [ ] 歴史 (明治12年)、アメリカ婦人外国伝道協会の宣教師によって創立されたを前身とする。 (明治20年)に初等科・中等科・高等科・神学科・音楽科・技芸部を置き、・・の総合教育機関となっている。 (昭和26年)、中学・高校は現校地の宝栄町に移転。 (昭和54年)、高校に普通科音楽コースを設置。 (平成15年)、高校に英語科を設置。 系列のへは例年3割ほどが進学している。 教育理念・方針にはの精神が反映されている。 (平成21年)に創立130周年を迎えた。 校名の由来 「 わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。 わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る 」 —聖書(ヨハネによる福音書4章14節より) スクール・モットー 「知恵と生命との泉 - 主イエス・キリスト - に掬(むす)べよ」 理念 「隣人を思いやる愛を持った女性・個性豊かな女性・品位と知性あふれる女性」 校章 のの中央に、校名である「活」の文字を置いている。 校歌 作詞は相沢照子、作曲はオリーブ・カリーによる。 歌詞は4番まである。 設置形態• 活水中学校• 活水高等学校 - 2学科• 英語科• 普通科 3コース - 特別進学コース・総合進学コース・音楽コース 沿革 [ ] 女学校・高等女学校時代• (12年)• - が渡来。 - エリザベス・ラッセルが東山手16番館に「女学校」を設立し、開校(当初の正式な校名は不明)。 創立当初の生徒は官梅能子1名だけであった。 (明治13年)• 4月 - 南山手のリンガー館(現在 の旧オルト住宅)に移転。 7月 - 生徒数が9名となる。 (明治14年)8月 - 第4章14節 に因み、校名を「 活水女学校」と定める。 (明治15年)10月 - 東山手13番地に新校舎「ラッセル館」が完成し、移転。 生徒数が43名になる。 (明治20年)4月 - 初等科・中等科・高等科・撰修科・神学科・音楽科・技芸部を設置。 (明治44年)• 4月1日• 中等科と高等科を統合し、大学部を設置。 それとは別に専門部を設置(・の前身)。 初等科を小学部と 高等女学部に改組。 (大正7年)7月 - 校章を制定。 (大正8年)3月 - 活水女学の設立が認可される。 大学部をにより活水に改組。 (大正12年)12月 - 初代校歌を制定。 (大正15年)10月 - 鉄筋コンクリート造4階建ての新校舎が完成。 (17年)4月 - 二代目校歌を制定。 初代校歌は創立記念日の歌とする。 (昭和19年)2月 - 女学校高等女学部を「 活水高等女学校」に改組。 新制中学校・高等学校• (昭和22年)4月1日 - (六・三制の実施)により、を併設し、「 活水中学校」と命名。 (昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により、高等女学校を廃止し、新制高等学校「 活水高等学校」が発足。 (昭和25年)4月1日 - 学制改革により、活水女子専門学校がとなる。 (昭和26年)• 4月1日 - の施行により、活水女学財団法人が(現法人名)となる。 9月 - 竹の久保町(現:宝栄町)の旧校舎を改修し、使用を開始。 短期大学との併設を解消。 (昭和54年)• 4月1日 - 高等学校に「普通科音楽コース」を設置。 12月 - 長崎市民会館において活水学院創立100周年記念式典を挙行。 (昭和56年) - 新校舎(4号館)が完成(この年四年制大学が開学)。 (昭和59年)• 4月5日 - 寄宿舎が完成。 7月 - 第1回中学サマーキャンプを実施。 (昭和62年)4月 - LL教室を一新。 (平成3年)9月 - 4号館を増築。 (15年)4月1日 - 高等学校に「英語科」と「普通科国公立進学コース」を新設。 著名な出身者 [ ] 存命人物 [ ]• - ・・• -議員• - 声優・俳優 故人 [ ]• - 婦人運動家、• - 元• - 衆議院議員・厚生大臣・日本初の女性大臣(1891~1976)• - 被爆校舎 [ ] 原爆で損壊した鎮西学院校舎。 戦後、同学院より譲り受け大規模な修繕を行った上で、活水学院中学・高校1号館となった。 現在の校地には中までは鎮西学院が所在していた。 2011年まで使用された本校1号館は、当時の被害を受けた後に修復されたものである。 同館は1998年に長崎市からBランクの「」に指定されたが、学校側は老朽化と耐震性などを理由として早ければ2011年に取り壊す予定であることが2009年7月に報じられた。 保存を求める声も上がっていたが、長崎市の田上市長は「学校は『できるだけ痕跡が残るような形を検討する』と前向きに考えてくれている」と取り壊しを容認する見解を示した。 上記報道通り2011年に取り壊されることとなり、同年2月に当校舎での最後の卒業式が行われ 、7月より取り壊しが開始された。 解体工事中の同年9月、敷地内の地下から戦争中のの遺構が発見された。 校舎解体後、跡地はオブジェを配した芝生の広場となり、校舎の外壁の一部が保存されている。 解体中に発見された防空壕跡は、安全と費用の両面からの判断で埋め戻されたが、今後その存在を示す予定としている。 交通アクセス [ ]• 「しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう」• 長崎新聞2011年2月18日• 活水中学校・高等学校ウェブサイト(2011年7月14日)• 西日本新聞2011年9月25日• 毎日新聞長崎版2011年9月25日• (2005年(平成17年)3月に廃止)• - - 外部リンク [ ]•

次の

その他の外部検索

活水 くすのき ポータル

メール、電話、FAX、もしくは参加申し込み書の郵送にてお申し込み下さい。 《メールでの申込の場合》 「件名」または「本文」に「東山手キャンパス オープンキャンパス申し込み」とわかるように明記してください。 ・参加日 ・氏名(フリガナ) ・郵便番号 ・住所 ・電話番号(携帯可) ・学校名 ・学年 ・学食体験への参加、もしくは不参加 ・送迎バス希望(行き・帰り・往復の人数)もしくは希望しない 《電話・FAXでの申込の場合》 入試課の電話番号へお電話していただきますと、担当の職員が対応いたします。 FAXでのお申し込みの際は、オープンキャンパス参加申込み(東山手)・送迎バス申込み・学食体験用紙をホームページからダウンロードし、必要事項をご記入の上、活水女子大学入試課まで送信ください。 《郵送での申込の場合》 オープンキャンパス参加申込み(東山手)・送迎バス申込み・学食体験用紙をホームページからダウンロードし、必要事項をご記入の上、活水女子大学入試課までお送りください。 メール、電話、FAX、もしくは参加申し込み書の郵送にてお申し込み下さい。 《メールでの申込の場合》 「件名」または「本文」に「看護学部 オープンキャンパス申し込み」とわかるように明記してください。 ・参加日 ・氏名(フリガナ) ・郵便番号 ・住所 ・電話番号(携帯可) ・学校名 ・学年 ・送迎バス希望(行き・帰り・往復の人数)もしくは希望しない 《電話・FAXでの申込の場合》 入試課の電話番号へお電話していただきますと、担当の職員が対応いたします。 FAXでのお申し込みの際は、オープンキャンパス参加申込み(大村)・送迎バス申込み用紙をホームページからダウンロードし、必要事項をご記入の上、活水女子大学入試課まで送信ください。 《郵送での申込の場合》 オープンキャンパス参加申込み(大村)・送迎バス申込み用紙をホームページからダウンロードし、必要事項をご記入の上、活水女子大学入試課までお送りください。

次の

英和学院大学 ポータルサイト ログイン

活水 くすのき ポータル

この期間は不要不急の外出及び帰省についても、極力、控えるようにしてください。 また、学生のみなさんへのお知らせは今後も「活水くすのきポータル」を利用してお知らせしますので、毎日確認するようにしてください。 キャリアデザインセミナー第4回授業レポート 10月21日(月) 今日の授業に向けて、10年後の理想の自分を形にしてきました。 そして、グループを作ってお互いに説明や質問をし合うことで、自分像を共有し合い、新たな発見もできました。 また、理想の自分になるために鍛えたい力とそのためにやるべきミッションを見出し、具体的に何を行うのか考えてみました。 取材したクラスの担当の食生活健康学科の池田先生も10年後の理想の自分を語って下さりました。 池田先生は10年後、今は全然追いつけていないけれど自分が尊敬している先生に少しでも近づいていたい、そのために妥協癖に負けずひたすら努力するとおっしゃっていました。 取材したクラスの担当のSAさんは、最初SAの主体的な活動に最初は戸惑いつつも、今はSAの活動にやりがいを感じているようです。 池田先生が今はいろいろやって下さっているけれど、これからは自分でも主体的にどんどん動いていきたいと語って下さりました。 取材したクラスの1年生の学生さんより、SAさんは先生よりも近く感じるので話しやすく親しみやすいということ、先生と変わらないくらいはきはき進めているのがすごいというポジティブな意見をいただきました。 あなたの応援が、九州の若人の走りを熱くする!平成新山島原学生駅伝大会【part1】 島原学生駅伝大会(第19回九州学生女子駅伝対校選手権大会)に出場します! 2019年12月7日(土)に長崎県島原市で開催される「平成新山 島原学生駅伝大会」に本学陸上競技部が出場します。 創部4年目の陸上競技部をずっと引っ張ってきてくださった4年生は、この駅伝が大学競技生活で最後の大会となります。 たくさんの方々への感謝の気持ちを忘れず、今年こそは優勝できるよう、チーム一丸となって頑張ります。 そして、たくさんの方々へ勇気や希望を与えられるような力強い走りで、一本の襷を繋げたいと思います。 皆様の応援をよろしくお願いいたします。 島原の師走の風物詩「平成新山島原学生駅伝大会」 青春真っ只中、令和元年度出場校の意気込みをお届けします! 平成新山島原学生駅伝を、島原市への「ふるさと納税」で応援してください。 教養教育科目「キャリアデザインセミナー」SAミーティングの様子をレポートします! 後期から、毎週水曜日9. 10限(16:20-17:50)に、教養教育科目「キャリアデザインセミナー」の担当教員・SAミーティングを実施しています。 次週10月14日(月)は「体育の日」で授業がお休みのため、今週は運営教員とSAミーティングを実施しました。 これまで2週にわたって授業を進行したりグループワークに介入した経験を踏まえ、各クラスの状況を共有し、また今後SAのスキルアップ研修でどんな力を身に付けていきたいかを検討していきました。 授業を受講する1年生の成長を支えるために、SAもどんどんたくましく成長していっています! 教養教育科目「キャリアデザインセミナー」第3回授業を取材! キャリアデザインセミナー第3回(月曜9. 10限)の授業では、10年後のなりたい自分と、そのためにどんな力を身につけるのか、そもそも自分はどんな事を大切にしているのかを発見することをテーマとしていました。 そのために、自分のキャリアアンカーを探りました。 取材したクラスでは、「安全・安定指向」がキャリアアンカーであると言う人が多くいました。 キャリアアンカーを探った後にはワークシートを使って自分と仕事のマッチングについて考えていきました。 また、将来なりたい自分や今の自分を見つめながら、活水女子大学の各学科の卒業生がどのような仕事に就いているのかを知り、その中から気になった仕事の良いところを考えていきました。 キャリアアンカー調査やワークシートからそれまで自分の考えたことの無いような自分の価値観や仕事への意識を捉え直す良い機会となったようです。 取材したクラス担当の日本文化学科の原田先生にお話を聞くと、「自分もキャリアアンカーを実際に調べてみて、『自由・自律指向』『挑戦・克服指向』が強いという結果が出て、確かにそうかもしれないと思った」と、ご自身でも納得されていました。 原田先生のクラスのSA(Student Assistant)に授業への介入の仕方についてお話を伺うと、最初は不安を抱えていたそうですが、今では受講生との距離が近くなり、楽しく授業を行っているようです。 また、今は原稿を見て話すことも多いけれど、これから受講生の目を見ながら話せるようになりたいと前向きな意見をいただきました。 受講生からは、SAとの関わりについて「先輩の授業進行だと親近感も湧いて聞きやすい。 」「コミュニケーションを取りやすくて楽しい。 」といったポジティブな意見がありました。 (キャリアデザインセミナー担当学生レポーター) 教養教育科目「キャリアデザインセミナー」がスタート! 今年度より教養教育科目として「キャリアデザインセミナー」(1年次後期必修)がスタートしました。 この授業では、自己分析や他者理解のワーク、PBL(Project Based Learning)でのチーム活動から、コミュニケーション力や課題発見力、論理構成力の育成を目指します。 東山手キャンパスと大村キャンパスで12クラスに分かれ、各クラスに3年生がStudent Assistant(SA)として入り、担当教員と協力して授業の進行などを担います。 学年や学科の枠を超えたつながりを生み出し、大学生活や生涯を通じてキャリアデザインしていくきっかけづくりへとつなげます。 9月23日(月)には第1回授業としてオリエンテーションを実施した後、9月25日(水)には、授業を担当する教員とSAが集まりキックオフミーティングを行いました。 お互いの自己紹介やどのようなクラスにしたいかなどを話しながらアイスブレイクを行い、とても和やかな雰囲気でミーティングが進みました。 9月30日(月)の第2回授業では初めて各クラスに分かれて授業が行われ、受講生同士の自己紹介をした後、自己分析シートや10年後の自分ストーリーシートを使ったグループワークを行いました。 各クラスをまわりながら全体をサポートしたSAは「どのクラスも話し声や笑い声が聞こえてきて楽しそうな雰囲気を感じた」「初対面の学生同士だと話しにくいこともあるけどSAが入ることで話が膨らんだり共通点が見つかったり良い雰囲気づくりにつなげられていた」と感想を話してくれました。 全15回の前半は自己分析や他者理解を中心に行い、後半は企業から実際に課題を出してもらいチームに分かれてPBLに取り組みます。 今後も授業の様子を紹介していきます!.

次の