テセウス の 船 犯人 の 日記。 『テセウスの船』犯人みきおの日記が見れる完全ネタバレ動画をパラビで無料視聴!ワープロで書かれた日記の全文紹介

テセウスの船「犯人の日記」後編|ネタバレ感想【正志がみきおを裏切った理由】|DRAMARC

テセウス の 船 犯人 の 日記

なんと、テセウスの船でParaviオリジナル特典映像として、『テセウスの船 完全ネタバレ! 前編前編は3月22日のテセウスの船:最終回放送終了後から配信• 後編は、3月29日(日)から配信開始 テセウスの船の犯人の日記について、ネタバレも含む可能性がありますので、最終話を見てい人は自分の判断で読み進めてください。 最終話がまだの人は、先にこちらで見てからにしましょう(ただし無料で見れるのは4月19日までです) ここでは、• 私が実際に犯人の日記を見た感想• ツイッターでテセウスの城「犯人の日記」を見た人達の感想• 公式サイトで紹介している犯人の日記についての内容 以上3つを紹介していきます。 目次:好きなところへジャンプ• 犯人(ミキオ)の日記、paraviに登録して見ました!感想です 前編と後編に分けて、個人的な感想を少し。 最終話を見て、犯人が誰か解っていると前提で話をすすめます。 今回の犯人の日記は、ミキオの日記ということになります。 ミキオの日記:前編を見た感想 放送時間は19分 まず最初に、主演の竹内涼真さんと鈴木亮平さんが二人でテセウスの船を振り返って話をしているシーンから始まります(約2分30秒程度) そこで、竹内さんの独自の台本の読み進め方が非常に印象的で、そこまでしないと気持ちが耐えられなかったんだなぁと思うと、いかに役に感情が入っていたかが解ります。 次にミキオの日記が始まります。 農薬をどうやって手にいれたのか、どうして大量殺人の計画をたてたのか?など、その理由が解ります。 そして、6:30頃に主演の2人のコメントがまた入ります(約30秒ぐらい) なんだか、主演のお2人と一緒にミキオの日記を読んでいる感じがします。 そして、最後まで見ました(後半1分ちょっとは、また主演のお2人のトークです) 思っていたのと違っていた点が一つ。 竹内さんと鈴木さんのお2人も、ミキオの日記:前編を見終わった後に話していた点と一緒。 私も同じように思いました。 そして、竹内さんご本人から、文吾が千夏ちゃんの手を引いて雪の中を歩いていた理由も聞けました。 (私の予想ですが、この辺はディレクターズカット版に入るかもしれませんね) 話は、心が2度目のタイムスリップで未来(現在)に戻るところまでです。 ミキオの日記:後半を見た感想 放送時間は20分 本当にモヤモヤがスッキリ解消です。 今回のテセウスの船に出演している役者さんたちも、なぜ?と思いながら演じていたところが沢山あったようで、このミキオの日記を見て、全てが解消されたと竹内さんはおっしゃっていました。 本当にその通りです。 過去でミキオがせいやに殺されかけた理由はなぜなのか? 過去でなぜせいやの父親が殺された理由は何なのか? 未来でせいやが殺された理由はなぜなのか? 未来でさつきが殺された理由はなぜか? などなどが解ります。 スポンサーリンク テセウスの船 犯人の日記 ツイッターでの感想 テセウスの船Paraviオリジナル:犯人の日記を実際に見た人の感想を。 ネタバレも含む可能性がありますので、最終話を見てい人は自分の判断で読み進めてください。 paraviオリジナル テセウス犯人の日記 前編:音臼小毒殺計画のはじまり 皆さん… 今すぐ登録してパラビで犯人の日記大公開編を見るのです…… 本編では言われなかった謎が少しスッキリします……… 因みにパラビは2週間お試しで無料で全部見れますので…… あと心さんと文吾さんが仲良く話しててめちゃくちゃ安心した気持ちになれます……是非見てください… — Fin. ということで、Paraviの登録にかかるetcをまとめて紹介しています。 課金はしたくない!という人のために、無料で視聴する方法もあります! paraviオリジナル テセウス犯人の日記 後編: まずは公式ツイッターのカワイイ写真付きのツイートから。 観てきました!ドラマと同じ時間だったのですね😂 みきおくんが田中のじいちゃんとさつき先生を消した理由。 緻密かつ大胆、予測不能な犯行で主人公・田村心と視聴者を翻弄し続けた犯人の視点から、その犯行の一部始終を前編・後編に分けて振り返る内容だ。 Twitterで密かに運営されていた真犯人のアカウント「おじいさんの古い斧」 gfsoldaxe の謎めいたツイートの秘密や、地上波本編では明かされなかった事件の裏側の未公開映像も含まれている。 そんな犯行日記の全貌を見届けるのは、本編で犯人に翻弄され続けた竹内涼真(田村心)と鈴木亮平(佐野文 吾)。 2人もはじめて知る事件の裏側に、思わず飛び出す本音トークも見どころのひとつ。 事件の裏側(違う視点)から、ドラマを見ることが出来るってことですね まとめ この犯人の日記は、見ないと本当に後悔します。 パラビでの公開がいつまでしているのか解りませんが、ずっと配信されているとは限りません。 ぜひ、Paraviの登録をして犯人の日記を見ましょう。 見るのに時間はそんなにかかりません!! 本当に謎が解けてスッキリします。 そして、私が想像していたミキオともう一人の犯人の関係性が違っていたことも見て良かった理由の一つです。

次の

『テセウスの船』パソコン(ワープロ)の日記?文章まとめはこちら!真犯人の書き留めている内容は?【ネタバレ】

テセウス の 船 犯人 の 日記

もくじ• テセウスの船の原作の漫画は完結してるネタバレ 「テセウスの船」が実写ドラマ化される事になりました。 詳細についてはまだ言えませんが、情報解禁になり次第随時お知らせしていきます。 そして来週発売の週刊モーニングで最終回を迎えます。 単行本は、9巻まで発売されていますが、連載では完結して最終回を迎えていています。 完結しているので、犯人や結末が明らかになっている! 衝撃の展開が面白くて、9巻一気に読んでしまいました! スポンサーリンク ドラマ「テセウスの船」最終回結末までの完結ネタバレ 父親が逮捕された無差別殺人事件 主人公の田村心(竹内涼真)は、警察官の父親・文吾(鈴木亮平)が殺人事件を起こして逮捕された 加害者家族として、生きてきました。 田村は母親(榮倉奈々)の旧姓で、家族は事件に触れないようにしながら、身を隠すように生きてきました。 心は、父親と母親、姉と兄の5人家族でした。 父親の佐野文吾(鈴木亮平)は、 31年前に逮捕されて死刑判決を受けましたが、拘置所で 冤罪を訴えています。 母親の田村和子(榮倉奈々)は、加害者家族として、笑ったり泣いたりすることを子供に禁止して、周りにバレるたびに借金をして引っ越す生活をしてきました。 そして、12歳上の姉の鈴(白鳥玉季)と6歳上の兄の慎吾(番家天嵩)、父親が逮捕された時には、心は母親のお腹の中にいました。 父親が逮捕された事件は、小学校のお泊り会で、青酸カリの入ったオレンジジュースを飲んで、21人が死亡した無差別殺人。 その後、 家から青酸カリが見つかったため、父親の文吾が逮捕されました。 31年経った今でも週刊誌の話題になる事件で、誰もが知っている 史上最悪の殺人事件です。 心が結婚・由紀が妊娠 心は、教師を目指して大学で教員免許を取りましたが、ふさわしくないと諦めて、就職していました。 妻の由紀(上野樹里)とは、大学で知り合って、心の立場を知りながら、親に反対されたまま結婚しました。 最愛の妻・由紀は、妊娠中で臨月を迎えて、幸せをかみしめていました。 由紀は、心に事件と向き合って欲しくて、事件のことを調べてノートにまとめていて、義父は冤罪の可能性があることを心に話します。 すると、父親の事件の前に、 周辺で不可解な事件が連続していたことがわかりました。 しかし、事件の時に心は母親のおなかの中にいたので、父親に会ったこともなく、母親を苦しめてきた 父親をただ恨んでいました。 最愛の妻・由紀が悲劇に そんな中、由紀(上野樹里)が、女の子を出産した直後に亡くなってしまいます。 由紀の両親は、孫を渡すように言いますが、 未来と名付けて、自分が育てていくことを決心します。 そして、最愛の由紀が言っていた 「お父さんを信じてみて」の言葉を胸に事件と向き合うことを決心します。 テセウスの船の原作漫画は、 一度読んだら止まらなくおもしろいです! スポンサーリンク タイムスリップするネタバレ 31年前にタイムスリップ とりあえず、31年前の事件現場の小学校に行ってみましたが、更地になっていました。 そして、突然の霧に包まれると、目の前に小学校が建っていて、事件が起こる直前の1989年(平成元年)にタイムスリップしていました。 霧の中、たどり着いた家は 佐野さんの家で、そこは 心が生まれる前の実家でした。 そこで心が目にしたのは、今と全く違う明るく笑う母親と、12歳年上の姉の鈴、6歳上の兄の慎吾、そして、明るく優しい父親でした。 そんな父親を見ているうちに、冤罪を信じ始めて、父の事件を阻止することを考えます。 事件を止めようと過去を変える 心は、由紀の残したノートを基に、小学校無差別殺人事件の前に起きた事件を前もって止めようとします。 佐野家に行くと姉の鈴が雪下ろしをしていて、屋根から転落して倒れていました。 心は、鈴を近くの三島医院に運びました。 そのことで、 鈴の命の恩人と温かく迎えられました。 本来ならば、新聞配達員の長谷川翼(竜星涼)に助けられていましたが、心が助けたことで過去が変わってしまいました。 千夏の事件 そこで、今日起きるはずの、三島医院の千夏が除草剤のパラコートを飲んで中毒死する事件を止めようとします。 心は、三島家の倉庫でパラコートを見つけると持ち去って捨てます。 これで、千夏の事件は解決すると思った時、千夏と心の父親が一緒に歩いているところを見かけて、父親を疑います。 その後、父親が千夏がパラコート中毒で倒れているところを発見して、更に疑わしくなります。 やっぱり、父親が犯人なのか? ねこまろ しかし、心がパラコートを盗んだところを見たという新聞配達の長谷川翼(竜星涼)の言葉で、心は父親(文吾)から疑われます。 パラコートを捨てて、過去を変えたつもりでしたが、千夏は亡くなりました。 その後、千夏の姉の明音が行方不明になる事件も発生してしまいます。 父親に未来から来たと話す 心を疑って免許証を盗み見た文吾(鈴木亮平)は、平成生まれに戸惑いましたが、聞かれた心は正直に話すことにしました。 父親と触れ合う度に、殺人事件を起こしたとは考えられずに信頼していきます。 未来から来て、文吾の子供だということや小学校のお泊り会で事件が起きて、文吾が逮捕されることを伝えます。 心が事件を前もって知っていたことで、半信半疑だけど信じた父親は、心と協力して事件を阻止しようとします。 由紀は?娘の未来はどうしてる? ねこまろ 由紀が生きてる 由紀の実家を訪ねると、由紀の両親は心のことを知らないと言い、 由紀は週刊誌の記者として、31年前の文吾の事件を調べていました。 小学校無差別殺人事件の記事を見ると、事件が起きたのが一日遅くなっていて、青酸カリがオレンジジュースではなく、地元の人が作るはっと汁になっていました。 また、被害者の先生や児童が変わっている! 事件で亡くなったはずの木村さつき先生(麻生祐未)や児童の佐藤や藤崎が生きていました。 姉の鈴に会う 文吾に会うことを決心して、拘置所に行くと、姉の鈴が面会に来たことを知ります。 姉の鈴(貫地谷しほり)に会うと、 村田藍という名前で、整形をしていて、別人になっていました。 鈴は妊娠5か月で、 内縁の夫の木村みきお(安藤政信)は、車いす生活でした。 そんな中、父親の事件の冤罪に協力してくれる証言者が現れます。 それは、新聞配達の長谷川(竜星涼)の妻だった佐々木紀子(芦名星)でした。 原作漫画は、一度読んだら止まらなく面白い! 衝撃的な最終回の結末! ねこまろ 佐々木紀子が殺される 父親の冤罪を証言してくれることになった佐々木紀子(芦名星)は、病気で余命1年と宣告されたので、過去の事件を証言する覚悟を決めました。 佐々木紀子は、31年前、新聞配達をしていた長谷川(竜星涼)の婚約者で、小学校の先生だった木村さつき(麻生祐未)の実家の工場で働いていました。 ある日、 長谷川に工場から青酸カリを盗むように命令されてDVを受けていました。 その後、長谷川は、三島明音を監禁する事件を起こして、青酸カリで自殺していました。 長谷川は一度家に帰ってきたときに、騙されたとか、本当に殺すとは思っていなかったと言っていました。 他にも、長谷川の事件現場を訪れたときに、 金丸 刑事(ユースケ・サンタマリア)が犯人と話している内容を聞いていて、直後に金丸が崖から突き落とされるところも見ていました。 そのことを証言しようとしましたが、家を訪れた 木村さつき(元小学校の先生・麻生祐未)に刺されて、殺されてしまいます。 犯人は加藤みきお 木村さつきは、小学校の事件で生き残った先生で、事件の後に 加藤みきお(大人になって安藤政信)を養子にしていました。 それが、鈴(貫地谷しほり)の内縁の夫の木村みきお(安藤政信)です! 小学校の事件やその周辺で起きた事件の犯人は、加藤みきおでした! 加藤みきおは、父親がおらず、母親を早くに亡くしていて、祖母と暮らしていて、元々サイコパスな思考を持っていました。 転校してきて、鈴と隣の席になって、鈴の優しさに触れて、鈴に執着するようになりました。 そんな時、みきおは、長谷川(子供が好きな特殊な趣味がある)に乱暴されたことで、逆に周りにバラすと 長谷川を脅して犯行を手伝わせます。 犯行動機が鈴のヒーローになりたい 犯行動機が子供っぽい!みきおと鈴が一緒に帰った時に、好きな人の話になりました。 鈴は、好きな人はいないけど、結婚するなら お父さんのような正義感のある人がいいと言います。 それを不満に思ったみきおは、父親の文吾を陥れるために、小学校の事件を起こして、文吾の家に青酸カリを置きました。 そんな時、木村さつき先生は、祖母が亡くなると一人になってしまうみきおを養子にしてくれました。 最初の事件ではオレンジジュースですが、過去や未来が変わると、はっと汁にかわります。 みきおは少しだけ舐めて、倒れて被害者を装いました。 車いすも偽装で、本当は歩けます。 ドラマの共犯者は、霜降り明星のせいやでした! ねこまろ お祭りで母親が間違って毒キノコを入れてしまって、亡くなる人が出た事件で、いじめられて佐野文吾に逆恨み! 村を離れていたが、父親の介護のために実家に戻ってきたときに、文吾に「家族を大切にしろ」と言われて殺意が芽生える! 文吾を陥れたいみきおと利害が一致して犯行が始まりました! 音臼小の事件は起きない・心が死ぬ 加藤みきおは、小学校の事件を起こさずに、鈴を助けて正義の味方になることを計画します。 鈴を助けて、正義の味方になれば、 鈴の父親の文吾のように鈴に好かれると思いました。 せいやに文吾が刺されて、止めに入った心ともみあいになって、心が刺されました。 そして、心は亡くなります。 中にあった宝物の中には、過去にタイムスリップしていた時に心が入れた佐野家と田村家の家系図と結婚指輪、写真が入っていました。 妊娠している鈴(貫地谷しほり)が見つけた週刊誌には、逮捕された 少年A( 加藤みきお)の記事が特集されていました。 そして、写真を見ると文吾をかばって 亡くなった心(竹内涼真)と末っ子の心がそっくりです! すると鈴は、末っ子の名前を「正義」にしようとしていたけど、お父さんが命の恩人と同じ名前にしたいからと「心」にしたと話します! その頃、心は同僚教師の岸田由紀(上野樹里)にランチに誘われて、その後、婚約者として家族に紹介しました。 心と岸田由紀が結婚することで、感激する文吾! 未来が変わってハッピーエンドになりました。 テセウスの船の最初の問いかけでしたが、ハッピーエンドなら本当の家族でOKだと思います。 長いネタバレを読んでいただいて、ありがとうございました! パラビでは、「テセウスの船完全ネタバレ!犯人の日記大公開 前編 音臼小毒殺計画のはじまり」が動画配信されました! パラビで無料で見る方法あります!.

次の

『テセウスの船』パソコン(ワープロ)の日記?文章まとめはこちら!真犯人の書き留めている内容は?【ネタバレ】

テセウス の 船 犯人 の 日記

大人気テレビドラマ『テセウスの船』。 このドラマはリアルタイムでも様々な考察が飛び交い最後まで犯人が誰なのかわからずドキドキしましたね。 しかし、 本編では回収されないままの伏線が多くあり、 最終回放送後もなんだかモヤモヤとスッキリしない終わり方でした。 ですが、『 』というものがあるのをご存知でしょうか? 特別編、というかネタバレを含めた犯人視点で物語を進めていくスピンオフ。 このモヤモヤを解決できるのが で視聴できる『』です。 この動画を見ればテセウスの船のモヤモヤはスッキリすること間違 いなし。 それくらい納得のいく動画でした。 正直、 最終的な伏線の回収を有料コンテンツでするっていうやり方はどうかと思うところもありますけどね。 本編の中でここまでやっていたらテセウスの船はドラマ史に残る名 作になっていたのになぁ。 そこだけが残念。 テセウスの船にハマったのなら、 パラビの無料お試し期間を使って見ても損しないですね。 それくらいの見事な回収っぷり。 って何?って方はコチラをご覧ください。 から登録できますが、 そんなことはいいからとりあえず知りたいという方もいると思うの で『テセウスの船 完全ネタバレ!犯人の日記大公開』の内容と見た感想をお伝えします。 ネタバレ動画は【前編】と【】に分かれているのでそれぞれに合わせて解説していきます。 村まつりで母親が不慮の事故で犯人にされた• 村の正義の味方である文吾が母親を逮捕• かつていじめにあっていた• 家族がバラバラになり、最愛の妹が自殺• 文吾にも同じ思いをさせてやりたいという復讐心 田中のおじいちゃんの家でいつものように暇つぶしをしていたとき、みきおとまさしが出会ったのです。 まさしがアリの巣に農薬をかけたとき、アリがワラワラと死んでいく様子を見てとても興味をもったみきお。 このとき、「気持ちがスゥッとした」と日記に書いているが、最初からおそろしいほどのサイコパス。 だって「人間だったらどうなるのかな?」なんて常人だったら考えないですからね。 そしてみきおと同じようにいじめられていたまさしは、かつてお楽しみ会で毒入りのオレンジジュースを飲ませる計画を妄想した。 という話しをするのです。 この話をきっかけに音臼小事件を思いつくみきお。 まさしの何気ない思い出話がすべての始まりだったのです。 この まさしとの数奇な出会いからみきおは完全犯罪を実行するために動き始めることになります。 千夏ちゃん殺害の犯人、誰が農薬パラコートを飲ませたのか? まさしは思ってたよりバカだ 千夏ちゃん殺害の犯人はだれだったのか? 「完璧な計画には実験が必要なのに」 みきおの頭の中には完全犯罪が描けていたのでしょう。 みきおが選んだ第一の実験は千夏ちゃんに農薬を飲ませて殺害すること。 このシーンは本編でもありましたが、倉庫から心さんがパラコートを持ち出したため、犯行を食い止めたはずでした。 なのに千夏ちゃんはパラコートの誤飲で亡くなってしまいます。 実はみきおがパラコートをのませたのです。 本編で毒の反応があるって言っていたのが繋がりました。 ここで気になったのは、本編でパラコートは倉庫から心さんが持ち出したはず。 みきおはどのようにしてパラコートを手に入れたのでしょう? なんと、農家である徳さん 今野 のトラックから盗み出したのです。 徳さんのトラック、荷台はガラ空きでしたからね。 毒薬なのに。 もう少し徳さんがしっかり管理していれば起こらない犯行だったんじゃないかなー。 倉庫からパラコートを持ち出すところを翼に見られたおかげで心はこのあとどれほど大変な目にあうか。 まぁ、 この心がみきおにことごとく振り回されるっていうところがテセウスの船の見どころだからしょうがないんですけどね。 第一話で文吾が千夏ちゃんの手を引いて雪の中を歩いていた理由 文吾と千夏ちゃんの怪しい関係 千夏ちゃんが殺害される前、心がパラコートを山に捨てに行ったとき、強引に千夏ちゃんの手を引き、吹雪の中を歩く文吾の姿を見てを目撃しました。 このシーンについてもスピンオフで解説されています。 千夏ちゃんはお姉ちゃんの明音とリスにエサをあげる約束をしていました。 その約束を守るために吹雪の中、山に入って行ったのです。 それを見かけた文吾が「危険だから」、と無理やり手を引いて連れ戻した。 ということなのです。 本編では最後まで理由がハッキリしなかったのですが、さすが文吾さん、正義の味方。 というより、こんなの説明されなきゃ分からないですよ。 心の未来のノートと免許はだれが拾ったのか? 未来のノートと免許を拾ったのは誰? 心が慌てて音臼峠から投げ捨てた「未来のノート」と「免許証」が何者かに拾われました。 この拾われたノートと免許は最後まで誰の手に渡ったのかわからないままでした。 ここもモヤモヤポイントでしたね。 実はノートと免許を拾ったのもみきおでした。 みきおは未来のノートを手にしたことで自分の計画した「音臼小事件」が大きく取り上げられている未来にテンションが上がります。 自分の計画が完璧に成功して文吾が犯人として捕まっていることがうれしくてたまらなかったのです。 「鈴ちゃんのヒーローは僕ひとりでいい」 この ずっと抱き続けた思いがついに叶ったのですから。 だからこそ計画を邪魔する心が憎くてたまらなかったのです。 いや、心だけでなく、計画の邪魔をするすべての相手がみきおにとって敵だったのでしょう。 塗りつぶされた免許はみきおの心に対する宣戦布告に過ぎなかったのです。 金丸刑事を突き落として殺したのはだれか? 金丸刑事は誰に突き落とされたのか? 物語のキーマンであった金丸刑事。 音臼岳で突き落とされて殺されてしまうところは描かれていましたが、肝心の実行犯は分からないままでした。 ネタバレで実行犯の顔がハッキリします。 みきおが金丸刑事を呼び出して突き落としたのです。 心が拘留された翌朝に急に金丸刑事が釈放をしたのはみきおに未来のノートについて聞かされたからでしょう。 金丸刑事は心と文吾の無実を信じていました。 この金丸刑事の人情を逆手に取り、みきおは完璧な犯行を進めて行くことになります。 なんておそろしいほどの冷酷なサイコパスなのでしょう。 『テセウスの船 完全ネタバレ!犯人の日記大公開【前編】』の感想・まとめ テセウスの船では本編内で未回収の伏線がありすぎました。 『 』ではこの伏線を見事に回収している動画になっています。 主人公は心ですが、一番印象に残っているのはやはりみきおです。 みきおの言葉で思わずドキッとしたセリフ。 心先生は全然分かってないなぁ、僕の計画は完璧だ。 【】に続きます。

次の