ドラマ g 線上 の アリア。 ドラマ『 G線上のあなたと私 』でオープニングを飾った「G線上のアリア」Air On The G String です。 国立音楽大学

【G線上のあなたと私】ネタバレ・最終回のあらすじ!理人にイライラ

ドラマ g 線上 の アリア

G線上のあなたと私の原作は? ドラマ「G線上のあなたと私」には、原作があります。 いくえみ綾さんの同名の漫画です。 『G線上のあなたと私』ドラマ化帯つき重版がそろそろ書店さんに到着します。 単行本は全4巻あります。 ドラマ「G線上のあなたと私」の内容は? ドラマ「G線上のあなたと私」の内容です。 大人のバイオリン教室で出会った年代も環境もバラバラの男女の恋愛模様を描くドラマ。 主人公の也映子は、寿退社間近に婚約者から「他に好きな人ができた」とフラれてしまう。 失意のあまりフラフラと立ち寄ったショッピングモールでバッハの名曲「G線上のアリア」の生演奏を聴き、自分も弾いてみたいと思い、大人のバイオリン教室に通う。 そこで、不器用なイケメン大学生に出会う。 スポンサーリンク ドラマ「G線上のあなたと私」のキャストは? ドラマ「G線上のあなたと私」のキャストです。 主人公は、元OLの 小暮也映子。 寿退社間近に婚約者から婚約を破棄される。 性格は明るく頑張り屋で気遣いもできる。 そんな小暮也映子を演じるのが、 波留さん。 也映子のバイオリン教室の仲間。 イケメンだが不器用。 バイオリンは練習熱心で上達が早い。 講師の眞於に片想いをしている。 そんな加瀬理人を演じるのが、 中川大志さん。 也映子が通うバイオリン教室の講師。 理人の兄である侑人と婚約しちたが、 侑人に浮気をされ、婚約破棄になった。 そんな久住眞於を演じるのが、 桜井ユキさん。 バイオリン教室に通う也映子のバイオリン仲間。 小5の娘を持つ母親。 冷静で大人の女性。 そんな北河幸恵を演じるのが、 松下由樹さん。 眞於と婚約を破棄した後、芙美と結婚。 優しく女性にはモテるが単純な性格。 そんな加瀬侑人を演じるのが、 鈴木伸之さん。 関東のみなさん、台風が来ていますね。 安全第一ですので、気をつけてお過ごしください。 本日16時からのナビは、特別報道番組に差し替えさせて頂きました。 現在、妊娠7か月。 明るく屈託のない性格。 そんな加瀬芙美を演じるのが、 滝沢カレンさん。 美容師。 新婚旅行から帰ってきたばかり。 天真爛漫な性格。 そんな渡辺晴香を演じるのが、 真魚さん。 初回の評判は? かなり高評価のドラマとなっています。 面白いという方がほとんどとなっています。 TVerで1話配信してるので、もしよかったら皆さんぜひ観てみてください! — えのき。 なんか面白いなー。 見始めたら止まらなくなった 刑事もの以外で見るの久々かも。 松下さん好き。 — SAKA KANA kanakana0611 G線上のあなたと私 面白いなー😄 波留さん、中川大志くん、松下由樹さん、この3人の組み合わせ絶妙😁 次回も楽しみー — たかてん hiroiatom 初回の平均視聴率ですが、7・8%ということです。

次の

【第1話】ドラマ『G線上のあなたと私』ネタバレと視聴率。波瑠×松下×中川の3人の掛け合いが面白いと話題に

ドラマ g 線上 の アリア

「大人のバイオリン教室」で出会った 年齢も立場もバラバラな3人の男女 恋か、愛か、はたまた友情か、 人間関係もバイオリンも 一筋縄ではいかない… 日常に起きる ほんの些細な出来事が織りなす、 奇跡のハーモニー TBSでは、10月期の火曜ドラマ枠(毎週火曜よる10時)で『G線上のあなたと私』を放送する。 原作は、常に時代とマッチした感度の高い作品で、女性を中心に幅広い年代から愛される恋愛マンガの名手・いくえみ綾が「ココハナ」で連載していた『G線上のあなたと私』(集英社マーガレットコミックス刊・全4巻)。 主人公・小暮也映子(こぐれ・やえこ)は寿退社間近に婚約破棄され、仕事も結婚も失った。 そんな日にたまたま聞いた「G線上のアリア」の生演奏をきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。 優雅な趣味と思いきや、そこにはバイオリンのように一筋縄ではいかない恋愛、仕事、家族などで様々な問題を抱える人たちが集まっていた。 そんな悩める大人が通うバイオリン教室を舞台に繰り広げられる恋と友情の物語だ。 好きなのに上手くいかなくて空回り、どう進んでいいかわからない…そんな誰もが経験したことのある切なく苦しい想いを抱きながらも、バイオリン教室に来て練習することで前向きになっていく登場人物たち。 その姿に応援したい気持ちが芽生え、いつのまにか励まされてしまう作品だ。 『あなたのことはそれほど』は、全話平均視聴率11. 2%、最終回は14. そんな彼女が再びいくえみ作品とタッグを組み、新たな火曜ドラマに挑む。 今作で演じる也映子は、寿退社間近に婚約を破棄された元OLの27歳アラサー女子。 無職になり、たまたま興味を持った大人のバイオリン教室に通い始める。 仕事も恋人も失い、教室に行くことだけが日々の楽しみとなっていく也映子だが、今まで出会うはずのなかった人たちとの出会いによって、日常に彩りが添えられていく。 そして、也映子がバイオリン教室で出会うイケメン大学生の加瀬理人(かせ・りひと)役には 中川大志。 火曜ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season〜』(2018年4月期・TBS)ではヒロインの婚約者を演じ、若い世代から圧倒的な支持を獲得。 現在放送中のNHK連続テレビ小説『なつぞら』での演技も幅広い年代から注目を浴びている。 そんな中川が、今回不器用で真っ直ぐないまどきの大学生・理人をどのように演じるのか期待が高まる。 もうひとりのバイオリン教室仲間の北河幸恵(きたがわ・ゆきえ)を演じるのは 松下由樹。 数多くの映画やドラマに出演し、実力派としてシリアスからコメディーまで幅広い役柄を演じる松下が今作で演じる幸恵は、小学生の娘を持つ平凡な主婦で、嫁姑問題に直面中。 バイオリン教室に行くことが唯一の楽しみという女性だ。 波瑠、中川、松下は今作が初共演。 3人が演技で織りなすハーモニーにもご期待いただきたい。 様々な事情を抱えながらも、 初めてのバイオリンに挑戦し奮闘する3人 悩める大人たちにエールを贈る、 恋と友情の物語 脚本は、『きのう何食べた?』(2019年・TX)、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON(2017年・CX)ほか、人気ドラマを多く手掛け、巧みなセリフ回しで多くの視聴者を惹きつける安達奈緒子。 TBSのドラマで脚本を手掛けるのは初となる。 プロデューサーは、数々の話題作を手掛けてきた磯山晶と佐藤敦司。 演出は、同じくいくえみ作品が原作の『あなたのことはそれほど』(2017年4月期・TBS)も担当した金子文紀、竹村謙太郎、福田亮介が務める。 放送前コメント 主演・波瑠さん いくえみ綾先生のマンガは元々好きなので、原作を楽しく読ませてもらっていました。 バイオリンを頑張る女性を描くのではなくて、バイオリン教室を通して描かれる人間関係や一人ひとりが影響を受けたり与えたりする姿がとても日常らしくて、面白いなと思いました。 私が演じる也映子は、婚約破棄にあって悲劇のヒロインになってもおかしくないのに、お腹が空いたら食べて、眠くなったら寝るっていう姿がリアルで、これから愛していけそうなキャラクターだなと思います。 私の人生でまさかバイオリンを弾くとは思ってもいなかったので、今必死に練習中です。 やっぱり少し練習しただけでは上手に弾けるものじゃないんだなと痛感しています。 今回、波瑠さんには婚約破棄されて次への一歩をどう踏み出し、どう今後の人生に変化を仕掛けるか、悩めるアラサー女子を思いっきり演じて頂きたいです。 凛とした存在感と堂々とした表現力を併せ持つ波瑠さんが、今回どのように演じるのか今からとても楽しみです。 中川大志さんに演じていただく理人は、落ち着いた大人っぽさと可愛らしい子供っぽさを両方兼ね備え、波瑠さん演じる也映子に自分を変えるきっかけを与える大切な存在です。 松下由樹さんに演じていただく幸恵は、一緒にいるだけで気分が明るくなる「愛されキャラ」、みんなを繋ぐ架け橋になる存在です。 波瑠さん、中川さん、松下さんがバイオリン仲間から親友へ。 かけがえのない時間をどのように過ごしていくのか、このドラマの大きな見どころです。 「自分らしく生きるとは何か?」「本気で打ち込めるものは何か?」「人を好きになるってどういう気持ちか?」皆さん自身が自分に置き換えて考えていただけるドラマにしたいと思っています。 ぜひ、ご期待ください!.

次の

ドラマ『 G線上のあなたと私 』でオープニングを飾った「G線上のアリア」Air On The G String です。 国立音楽大学

ドラマ g 線上 の アリア

いよいよスタートした、火曜ドラマ『G線上のあなたと私』(TBS系)。 波瑠、中川大志、松下由樹と実力俳優が、元OL、大学生、主婦という年齢も環境もバラバラな3人を演じ、大人のバイオリン教室を舞台に友情を育んでいくさまを描く。 彼らが、バイオリンを手に取るきっかけを作るのが、桜井ユキ演じる久住眞於の存在だ。 真於がショッピングモールの広場で披露した「G線上のアリア」。 その演奏を聞いて主人公の也映子(波瑠)、幸恵(松下由樹)は「自分も弾けるようになりたい」とバイオリン教室へと足を運ぶ。 そして、理人(中川大志)と真於の間には何やら過去がありそうで……。 そんな物語のキーパーソンとなる眞於役の桜井ユキにインタビューを行った。 「行きたくなったら1人でも焼肉に行く」という男気あふれる桜井に対して、今回演じる眞於は女性要素の強いキャラクター。 その違和感を楽しんでいる様子が伝わってきた。 過去の出来事を経たことで、今の眞於が形成されたと思うので、そこを感じられるように演じていきたいと思っています。 正直、自分の中ではすごく違和感がありますね。 私が今まで演じてきたキャラクターとは、ちょっと雰囲気が違うので(笑)。 でも、処世術じゃないですけど、眞於自身そうやって生きてきたんじゃないかって思うようにしたら、少しずつ馴染んできました。 ーー新鮮な感じですか? 桜井:そうですね。 ファッションも、自分では1枚も持っていないような服ばかりです。 お話をいただいたとき、「私で大丈夫ですか?」って聞いたくらいでしたから(笑)。 ーーバイオリンの先生役として、初回から「G線上のアリア」を披露されていました。 桜井:あのシーンが1番大変でしたね、もうひたすら練習しました(笑)。 「G線上のアリア」は小さいころから耳にする曲ではあったんですけど、じっくり聞いたことはなかったので楽しかったですね。 「エモーショナルな曲ですよね」っていうセリフがあるんですけど、まさにそのとおりで。 弾いてみたら、より一層哀愁を感じて、この作品にぴったりだなと思 いました。 ーー桜井さんはピアノも得意なんですよね? 桜井:4、5歳から中学ぐらいまでやっていました。 でも、バイオリンを手にしたのは、今回が初めてで。 このお話をいただく直前、ギターを買ったんですよ。 友人のギターを触らせてもらったら、ちょっと音が出たのがうれしくて。 バイオリンもギターも、すごく素敵な楽器なので、これからも続けていきたいなと思っています。 私、あまり趣味っていう趣味がなくて。 興味が湧いたものは、とりあえず手を出してみるんですけどなかなか続かないんですよね。 だから、これを機にバイオリンは続けたいなって(笑)。

次の