疫病 キングダムカム。 [キングダムカム デリバランス]プリビスラヴィッツ潜入と盗賊掃討戦~プレイ日記10~

“善人面の極悪人プレイ”が「キングダムカム・デリバランス」を熱くする!

疫病 キングダムカム

Questions and Answers 質問と回答 「 初陣 」を完了後で自動的に開始されます。 このクエストは2つのクリア方法があります。 捕虜から話を聞き、『偽硬貨の受け渡し場所』の情報を得る。 捕虜から手紙を入手し、『謎のドイツ人騎士』の情報を得る。 また、このクエスト中にのみ派生するサイドクエストがあり、この項目で同時に解説する。 そのうち「 疫病 」はメインクエスト進行中に自動的に開始される。 進行不能になるバグがあるので注意。 サイドクエスト「Pestilence 疫病 」には非常に厳しい時間制限あり。 読書、調薬の技能があれば対処が楽になるので、村人を全員救いたい場合は事前取得を推奨。 該当技能が無い場合でも全員救助は不可能ではないが、時間に余裕が無くなり、達成が非常に難しくなる。 ラジック卿に話を聞く。 プリビスラヴィッツの戦闘イベント終了後、自動的にラッテイ・ピルクシュタイン城前の豚小屋に設けられたヘンリー君の私室に移動する。 新たに用意された私室には、セーブのできるベッドと、ペシェク家や宿屋と繋がるトランクが置かれている。 所持品の整理を。 この時点で、DLC「 灰の中から 」が解禁される。 ピルクシュタイン城の三階の広間で、ハヌシュ卿とラジック卿が、バーナード隊長の報告を受けている。 話を聞きに行くと、ヘンリー達がプリビスラヴィッツで戦っていた間に、兵士の出払ったマーハジェドの村が襲撃を受けたことと、村の住人がそれを撃退して捕虜を捕まえたことが知らされる。 また、プリビスラヴィッツで発見された大量の硬貨は、全て精巧な模造品の偽物であることがわかる。 ヘンリー君は、偽の硬貨とプリビスラヴィッツの傭兵の件において裏で手を引く黒幕の手がかりを、マーハジェドの捕虜から聞き出すことを命じられる。 また、ヘンリーはスカーリッツの幼馴染 ウンコ投げていた三人組の一人 であるマティアスが、マーハジェドで働いていることを事前の噂に聞いていたので、様子をうかがいに行くことになる。 マーハジェドへ向かう。 マーハジェドに向かう道筋で、村に近づかないよう警告している人物がいる。 無視しても構わないが、いずれにせよ村の中のNPCの誰かに話しかけた段階で、同じようにマーハジェド内で疫病が発生していることが伝えられ、サイドクエスト「 疫病 」が開始される。 このサイドクエストは 非常に時間制限が厳しい上に難易度が高く、失敗した時の影響も大きい。 メインクエストの項目後に改めて解説を設けるので。 メインクエスト上の問題点は、件の捕虜も同様の疫病に感染しており意識不明であること。 また、動揺した村人達がそもそも捕虜への面会を禁止していることだ。 捕虜への尋問を行うためには、サイドクエスト「 疫病 」に従って村の疫病問題を解決するか、強引に押し通って意識不明・もしくは死亡した捕虜から所有している手紙を奪い取ってしまう二種類の解決法が考えられる。 ここで、メインクエストの進行に関わるバグがあるので注意。 病気問題の解決前に、捕虜から手紙を入手した場合、速やかにラジック卿へその手紙を届けなければメインクエストを進行させることが不可能になる可能性がある。 手紙を先に入手した時は、病気の解決はひとまず放置して速やかにラジック卿の元へ走ること。 捕虜が既に手紙を持っていない状態で、疫病クエの解決や日数経過 クエ失敗 によって『捕虜から手紙を得る』目標が再設定されてしまうと、詰む。 マティアスに話を聞く。 マティアスでなくとも村人の誰からでも入手できる情報ではあるが、とりあえず代表してマティアスに話を聞くこととする。 マティアスはマーハジェドの馬牧場で働いていたので、厩舎へ行ってみよう。 彼は襲撃の際に敵の馬の下敷きになり、腕を骨折して寝込んでいる。 ここで入手できる情報は、• 賊の襲撃は村人たちが協力して撃退したが、その中心になった若者が殺されてしまい、捕えた捕虜は恨まれていること。 村の中で疫病が流行していること。 また、捕虜も感染しているが、あえて何の治療もされていないこと。 臨時の村のまとめ役であるMelicher メリシャル が、捕虜を納屋に監禁していること。 殺された若者の父親Straw ストロー が、気が触れておかしくなっていること。 などである。 ちなみに、この時点でマーハジェドでは家畜が全滅しているため、牧場で馬を購入することができなくなっている。 ヴォイツェックの馬泥棒等のクエストが達成できないので注意。 『疫病』を成功させて村人を救っていれば、家畜も時間経過で復活することを確認。 治療に失敗した場合は事実上の廃村となるので家畜も復活しない。 メリシャルに話を聞く。 村の執行官にあたる役職は、ノイホフで殺されたスミルが担当していたらしく、現在この村は自治組織として村人の中からメリシャルがまとめ役として管理している。 正式に領主から任命された執行官では無いため、領主命令の効きが悪い。 「日頃から高い給金や権限を貰ってるわけでもなく、治安維持もままならない状態で、遠くからお偉方が口だけ挟んでやってられるか、コノヤロー 意訳 」という状況である。 メリシャルに捕虜への面会を依頼すると、先に「疫病問題の解決」を迫られる。 無視して押し通ることもできるが、捕虜も感染して意識不明状態であり、強引に手紙を入手するのはリスクが伴う。 押し通って手紙を入手する場合、前述のバグによって進行不能になる可能性もあるので注意。 疫病問題の解決については。 捕虜に話を聞く。 メリシャルから許可を得ることが出来た場合、納屋に入って捕虜に話をすることができるようになる。 正しく疫病の治療が時間内に行えていた場合、捕虜は意識を回復する。 会話ができるようになった捕虜は既に死刑を覚悟しており、非常に協力的である。 プリビスラヴィッツの運営がどのように行われていたか等の情報に加えて、黒幕とおぼしき『ハンガリー貴族』について、また、彼の手配する『贋金の受け渡し場所』について、そしてその時に渡すよう指示されていた『偽造の協力者から黒幕への手紙』について、など喋ってくれる。 何故手紙を相手に渡す前に戦闘に参加していたのかは不明だが、丸腰の村人相手の略奪だけのつもりだったので油断していたのかもしれない。 正しく治療が行われなかった、もしくは時間切れで死亡してしまった場合、入手できる手がかりは捕虜の所持する手紙だけである。 手紙を入手したら速やかにラジック卿への報告を行うこと。 捕虜の処遇を決める。 治療に成功していた場合、尋問終了後にストロー(殺された若者の父親)が現れ、捕虜の身柄の引き渡しを迫る。 ヘンリーに要求される選択は、• 尋問に協力した盗賊を ラッテイに連行し、司法に引き渡す。 (拷問があるかは分からないが、処刑は免れないだろう) こちらの場合は、ストローを説得してリンチをやめさせる必要がある。 また、成功後に捕虜へ話しかけ「連行する」を選ぶと、ファストトラベルで自動的にラッテイの牢屋へ移動する。 ストローに捕虜を引き渡し、 村人たちでリンチにかけて復讐させる。 最初から素直にストローに引き渡してもいいし、説得が難しくて諦めた場合もこちらになる。 説得に失敗すると、激高したストローと戦闘になってしまう。 どの選択をしても、なかなかに後味の悪い結末を迎える。 村人のリンチはかなり陰惨であるし、偽善を語ると辛辣な皮肉を返される。 Pestilence 疫病 メインクエスト進行中に自動的に派生するサイドクエスト。 非常に時間制限や前提条件が厳しく、難易度が高い。 マーハジェドの村には元々店などは少ないが、その中の食料品店は発病しており、牧場の馬は全滅しているので、村としての機能はほぼ失われている。 特に診断を間違えるなどした場合、村人はメリシャルを除き全滅する。 村人を全員救うために最低限必要な技能。 上記の技能を持ち合わせていなかった場合、ニコデモス修道士が単身で診断と調薬を行うため、最短ルートを辿っても 村が半壊する非常に厳しい。 クエストが始まってから勉強を始めていたのでは間に合わない。 村人を救いたいならプリビスラヴィッツ戦前に習得を終えておくのが無難である。 読書・錬金とも修道士に任せきりでも、村人全員を助けられました。 病人は以下。 範囲は村全体ではなく半分ほどの家。 ちなみに動物にも感染し、 家畜は全滅している。 メリシャルの妻。 本人を調べても手がかりはないが、夫の話から彼女の症状は 発熱。 ストロー一家。 夫は錯乱しているので会話がチグハグだが、妻を調べるとメリシャルの妻と同じで 発熱だとわかる。 息子が殺されている状況なので目立たないが、村の中に他にも同じ状態の者がいるので、ストロー自身の 幻覚も病気の症状だと推測できる。 ヴィンセント一家。 サイドクエスト「」が発生する。 文字を書けるかどうかを聞かれる。 書ける場合はサイドクエストの開始。 それとは無関係に聞き取りでの症状は 下痢・嘔吐。 ベトリックス一家。 --既に死亡している夫の埋葬を頼まれる。 死んだ夫の埋葬を頼まれる。 頼みを聞くと夫の症状について話す。 主訴は 激しい腹痛。 ダニエル一家。 食料品店• 話しかけた時点でかなりのせん妄状態であり、症状は 幻覚・喉の渇き等。 病気の診断。 ニコデモス修道士に病気の症状の解説をすることで、彼は文献を調査し診断を行う。 彼の診断は正確なのだが、調査が終了するまでに一晩かかる。 ヘンリーが読書スキルを所持している場合、代わりに部屋の文献を読むことで調査時間の短縮が行える。 医務室の閲覧台にある文献に記載されている病気は以下の通り。 ジフテリア。 「嘔吐・下痢。 動物には感染しない」• ペスト。 「発熱・嘔吐・下痢・喉の渇き・発疹・咳。 小動物には感染しない」• 「発熱・下痢。 動物には感染しない」• 水の中毒。 「発熱・嘔吐・下痢・喉の渇き・幻覚。 他人には感染しないが、水源の汚染等が原因の場合は同時に発症する」• ガス中毒。 「発熱・嘔吐・下痢・喉の渇き・幻覚・発疹。 他人には感染しない」• 舞踏病。 「死ぬまで踊り続ける。 動物には感染しない」 村人に薬を配る。 マーハジェドに移動したニコデモス修道士に治療薬を渡すと、手分けするので他の患者に薬を配るように言われる。 ストロー一家にはニコデモス修道士が、メリジェルの妻にはヨハンカが付いていてくれるので、他の家を回って薬を渡そう。 当然ながら渡さなかった相手は死亡する。 正しい診断が出来ていた場合でも、時間がかかりすぎた場合は、上記の既に発症していたNPCは死亡してしまう。 ヴィンセント一家。 旦那さんに渡そう。 ついでに遺書について聞かれるので、渡したと(嘘でもいいので)伝えると謝礼がもらえる。 ベトリックス一家。 奥さんが家の奥で苦しんでいるので渡す。 ダニエル一家。 本人に渡す。 お店の方は立入禁止扱いなので、今はあまり行かないように。 メインクエストの進行に関わるバグがあるので注意。 メリシャルに治療薬を渡した時点で、捕虜への面会が許可される。 しかし、この時点で既に捕虜から手紙を受け取っていた場合、詰むことがある。 捕虜の手紙は疫病対策前にラジック卿に渡すこと。 また、時間制限で捕虜が死亡した場合も、『死体から手がかりを得る』目的が設定されるが、その時点で捕虜が既に手紙を持っていなかった場合は詰む。 手紙を事前に入手した場合は「All that glisters」までメインクエストを先に進めておくこと。

次の

キングダムカム デリバランス 攻略 序盤のおすすめ金策4つ(Kingdom Come: Deliverance)

疫病 キングダムカム

プレイ日記 蛇のねぐら 偵察と破壊工作 ラジク卿の命により、タルムバークから北西、プリビスラヴィッツにある盗賊たちのキャンプの偵察に向かいました。 見張りの盗賊たちの目を避けながら、キャンプの地形や敵の人数、装備を偵察! ちなみに、隠密のPerk「しゃがみのカメレオン」で30%の隠密ボーナスを得るようにしていました。 見張りを後ろから一人倒す度に「救世酒のシュナップス」でセーブするという慎重プレイでキャンプ内に潜入。 鍋を見つけたので、毒を入れておきました。 矢の束にも火をつけて破壊工作・・・ そして、夜番だったのか、仮眠していたクマン人を処理。 さらに破壊工作を行おうとしたところで他のクマン人に見つかりました。 潮時と判断して撤退! ラジク卿の元に戻ることにしました。 報告と支援要請 ラジク卿にキャンプの様子や装備、盗賊だけではなくクマン人もいたこと、人数などを報告しました。 ここでは「あまり多くはなかった」と報告しました。 そしてタルムバークのディビシュ卿に支援を要請するよう命じられたのでタルムバークへ。 準備を整えたら、いよいよ盗賊のキャンプへの攻撃が始まります。 戦火の洗礼 作戦会議 プリビスラヴィッツまでロバード隊長の部隊を案内し、ラジク卿の部隊と合流しました。 どこから仕掛けるか作戦会議が始まりました。 キャンプに直通する小道• 森の中を遠回りし古い堰を越えていく経路• 堀に架かる狭い橋を渡る経路 直通する小道は常に見張りがいるので矢の雨を降らせてくる可能性があり、森を抜けるには時間がかかるので着く前に警笛を鳴らされる可能性あり。 橋を渡る経路が採用されました。 偵察の結果によっては別の突入経路が採用されたのかも? 突入 戦闘が始まりました。 このゲームで複数対複数の戦闘は初めてです。 他の人が戦っている敵を後ろから斬りつけるスタイルで参戦。 そして、砦の門を破ると・・・ ラジク卿の剣を奪った男「ラント」! ヘンリーは彼を追い、一騎打ちに・・・! ムービーシーンが終わり、いよいよ対決! と思ったところで・・・ 「自軍の犠牲者が増えすぎた」ということでゲームオーバーになりました。 え、そんな・・・ ラジク卿への報告前のセーブデータをロードし、敵の数は「かなり大勢いた」と報告しました。 対決 タルムバークからの増援を増やしてもらい、リトライ! 無事にラントとの対決が始まりました。 突きからの斬撃を与えたところで戦闘能力のPerk「サディスト」発動! 敵の出血で筋力ボーナス+1を得られるPerkです。 ちなみに、敵が出血する確率を上昇させるPerk「流血鬼」も覚えています。 ギリギリの戦いでしたが、決着! 剣の行方を聞き出すことはできませんでしたが、ラントを倒すことができました。 しかし、ラジク卿からキャンプには箱いっぱいの銀貨があり、彼らには 後ろ盾が存在していたことを教えられます。 俺たちの戦いはこれからだ! (漫画の打ち切りエンドを連想しましたが、まだ続きます) 編集後記 盗賊のキャンプ潜入時は何度も敵に見つかってゲームオーバーになりました。 セーブで使う「救世酒のシュナップス」は高いですが、 盗賊の装備を売れば黒字になるので慎重プレイがオススメです。 あとラント戦は厳しかったので、ラッタイのバーナード隊長にもう一度戦闘の訓練をしてもらおうと思います。 続きは下記からどうぞです。 以上、いろはでした。

次の

キングダムカム・デリバランス

疫病 キングダムカム

注意事項• 個人や企業への、批判・誹謗中傷はご遠慮下さい。 悪質な投稿や削除があった場合は規制・通報などの対応を行います。 各情報にはネタバレを含む可能性があります。 また、情報が正確でない可能性もあります。 閲覧は自己責任で行ってください。 本サイトでは本タイトル以外にもたくさんのゲームを取り扱っております。 も募集中です。 Co-published by Koch Media GmbH, Austria. Deep Silver is a division of Koch Media GmbH, Austria. Deep Silver and its respective logos are trademarks of Koch Media GmbH. Co-published in Japan by ZOO Corporation. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners. All rights reserved. コメントフォーム.

次の