乳がん 症状。 乳がんの初期症状とは?原因/生存率/治療法や再発予防【まとめ】

乳がんの初期症状とは?原因/生存率/治療法や再発予防【まとめ】

乳がん 症状

乳癌は体の表面近くに出来るガンなので大きくなっても、重要な臓器(肺や肝臓)を圧迫したり、破壊しません。 しかし、転移して様々な症状を引き起こします。 治療法が良くなり、延命できる期間が延びていますが、転移を生じる期間も長くなり末期になると転移の症状に苦しみます。 他のガンと同様に悪液質になり、体重が減り食欲が減ってゆきます。 [lwptoc] 乳癌の特徴• 体の表面のガン• 肺、肝臓、骨、脳への転移症状• 悪液質 体の表面のガン 体の表面に出来るガンは内臓に出来るガンと異なり、大きくなって他の臓器を圧迫する症状がありません。 体の表面に向かって大きくなっても、命に関わらないという特徴があります。 しかし、大きくなると、いつかは皮膚を破り、ガンが体表で感染し、強い悪臭を生じます。 皮膚を突き破っても痛みは強くないのですが、見た目は派手であり、ボディーイメージが崩れるため自尊心が傷つきます。 乳癌は女性に多く、乳房という女性のシンボルの形が崩れるため、を生じやすく、心のケアが重要です。 癌は表面に向かって大きくなるだけではありません。 ガンは体の中心に向かって大きくなります。 ガンが体の中心に向かって広がってゆくと、肋骨、肺があるため、痛み、息苦しさを生じるようになります。 肋骨や胸膜には痛みを感じる神経があるので、強い痛みが出現します。 肺までガンが広がれば、息苦しさが生じてきます。 転移 乳癌の末期症状の特徴の1つが転移です。 他のガンでも転移は生じますが、乳癌の場合は転移の大きさが命に関わってきますし、症状にもつながります。 骨への転移 乳癌は骨に転移すると、転移したところの骨膜を破壊し骨折を引き起こします。 骨折すれば当然痛いです。 骨転移が増え、転移した骨からカルシウムが異常に放出されてしまうと、血液内のカルシウム濃度が上がり、意識障害を生じるようになります。 意識障害は、相当な量の転移が広がらないと生じません。 リンパ節転移 乳癌はワキの下のリンパ節や首のリンパ節に転移します。 ワキの下には腕からの神経が走っているので、圧迫すればしびれや痛みを生じるようになるでしょう。 リンパ液の流れが悪くなると、腕がむくみ、重たく感じるようになります。 また腕が太くなるという、体の姿形が崩れるため、精神的な辛さ、スピリチアルな痛みが生じるでしょう。 肺転移 乳癌は肺に近いためか、肺に転移しやすいガンです。 肺転移は命に関わってきます。 肺転移が大きくなれば、呼吸が不十分になり、息苦しさを生じるでしょう。 肝転移 肝臓への転移も多いです。 肝臓への転移は相当大きくならないと肝不全にはなりませんが、肝臓が大きくなるとお腹が痛くなります。 脳転移 脳への転移は様々な症状を引き起こします。 痙攣、意識障害、頭痛、吐き気、めまい、半身不随、誤嚥などです。 脳転移は症状が様々で、治療法や対策が少ないため、本人も周囲も大変辛い思いをします。 進行が遅い乳癌で脳転移を引き起こすと、長い間、半身不随や、意識障害、けいれんなどの症状に苦しむ場合があります。 悪液質 体のやせ具合は、乳がんの進行速度に依存します。 進行が早い場合は、やせも非常に早く進行します。 どのガンでもいえることですが、ガンと診断された時から、をしておけば、自分で自分のことが出来る時間が増える可能性があります。 乳がんもほかのガン同様に、悪液質の進行が死因となるケースが多いようです。

次の

乳がんの初期症状とは|乳がん細胞に負けない予防法なび

乳がん 症状

その場合、遺伝子解析により診断されます。 女優のアンジェリーナ・ジョリーが遺伝子解析で病気を知り、予防的に乳房と卵巣を切除したことが話題となりました。 しかし、まだ発症していない段階での予防的手術は、お勧めできません。 手術よりも生活習慣の改善を心がけて下さい。 発症原因に乳脂肪分の摂取が推定されているため、乳製品を食べなければならない際は無脂肪と表示のものを選び、食べなくても良い場面では食べないことをお勧めします。 乳がんの症状 早期の段階では自覚症状に乏しいとされる乳がんですが、病期の進行とともに症状が現れます。 よく知られる症状のひとつが乳房のしこりです。 乳腺のしこりはほかの病気でも見られ、約90%が良性とされますが、乳がんのしこりは硬く、あまり動かないのが特徴です。 しこりを発見したら、自己判断せず、専門医の診断を受けましょう。 乳頭や乳輪に湿疹やただれを生じたり、乳頭から血の混じったような分泌物が出たりといった症状が見られるときも乳がんが疑われることがあります。 がんの進行とともに乳房にえくぼのようなへこみを生じることもあります。 皮膚の赤みや腫れ、熱っぽさといった症状にも注意しましょう。 乳房に感じる痛みから乳がんが発見されることもあります。 乳がんが腋わきの下のリンパ節に転移すると、腋わきの下の腫れやしこり、しこりによる神経の圧迫からくるしびれなどを生じることもあります。 こうした症状はほかの病気などでも現れることがありますが、早期発見のためにもなにか異変に気が付いたら、専門医の診断を受けることが大切です。 引用:ファイザー 乳がんを学ぶ 乳がんは身体の表面にできるため、セルフチェックが重要です。 乳房が柔らかくなりしこりに気付きやすい時期、具体的には生理が始まってから一週間前後に実施するといいでしょう。 閉経した人は月に一度セルフチェックの日を決めて行いましょう。 しこりの有無は乳房全体をまんべんなくチェックしてください。 乳がんの発生確率は、上半分外側で43%、上半分内側で24%、下半分外側で15%、下半分内側で8%となります。 確率的に低い部位も丁寧に触れて確認してください。 セルフチェックでしこりを感じたら、乳腺外来を受診しましょう。 乳がんの原因 乳がんのリスク要因としては、まだはっきりとしたことは分かっていませんが、その中でもいくつかの要因が考えられています。 乳がんのおもなリスク要因 ・初経年齢が早い ・閉経年齢が遅い ・出産歴がない ・初産年齢が遅い ・授乳歴がない ・閉経後の肥満 ・飲酒習慣 ・一親等の乳がんの家族歴 ・良性乳腺疾患の既往歴 乳がんの発生、増殖には、性ホルモンであるエストロゲンが重要な働きをしています。 上記のリスク要因の中には、体内のエストロゲンレベルに影響を与えるようなものがほとんどです。 引用:日本医師会 乳がんの検査法 問診 月経周期、初潮・閉経時期、未婚/既婚、妊娠・出産歴、病歴、家族歴、気になる症状の有無などの情報を収集します。 視診 乳房の形、左右の対称性、ひきつれ・陥没の有無、皮膚の状態などを観察します。 触診 医師が乳房やわきの下にふれて、しこり、出血や分泌物、リンパ節の腫れなどの有無を確認します。 多くの場合、マンモグラフィ検査と併用で行われます。 マンモグラフィ検査 乳房専用のX線撮影装置を用いた検査です。 撮影台の上に乳房を乗せ、透明な板で圧迫して薄くのばして、上下や斜め方向からレントゲン写真を撮ります。 超音波検査(エコー) 超音波を発する機器を乳房にあて、反射された音波を画像化して、乳房内部の様子を映し出します。 マンモグラフィ検査と合わせて実施することにより、乳がんの発見率を高めます。 細胞診、組織診(生検) 画像診断で良性か悪性かの区別がつかない病変や、がんを疑った場合に行われます。 しこりに細い針を刺して細胞を採取する細胞診、やや太めの針を刺して組織の一部を採取する組織診などがあります。 その他の画像診断 CT検査やMRI検査などを行う場合もあります。 引用:ファイザー 乳がんを学ぶ 乳がん検診でマンモグラフィーを用いる医療機関が多いようですが、検診を経験した女性の中には痛みを訴える人が少なくありません。 まだ普及されていないものの、うつぶせになって行うPET検査 マンモPET、乳房専用PET は痛みがなく、精度も優れているとされています。 この検査はわずか3mm大の小さな乳がんを検出可能で、さらに日本人に多い高密度乳房 乳腺組織の密度が高い の場合でも、マンモグラフィーで検出できない乳がんを検出できる点で話題です。 ただ、料金が高いことと、まだ全国で10カ所程度しか普及がされていないことが課題となっています。 乳がんの治療方法 乳がんの治療は、手術(外科治療)、放射線治療、薬物療法(内分泌[ホルモン]療法、化学療法、分子標的治療など)があります。 それぞれの治療を単独で行う場合と、複数の治療を組み合わせる場合があります。 がんの性質や病期(ステージ)、全身の状態、年齢、合併する他の病気の有無などに加え、患者さんの希望を考慮しながら、治療法を決めていきます。 引用:国立がん研究センター がん情報サービス.

次の

乳がんとは|乳癌 症状|胸のしこりの痛み

乳がん 症状

乳腺外科を受信する女性の7割は「しこりがある」と言って病院にやってきます。 他には「乳頭から血液のようなものが出た」「乳房が痛む」ここに書いた3つが主な訴えです。 乳がんは5mm~1cmぐらいの大きさになると、自分でも触って探すことができます。 したがって、早期発見のためには自分で気づくことが大切です。 ただ、乳がんのしこりは必ずしも硬いものだけとは限らないし、痛みの有無もさまざまです。 自己検診は重要ですが、自己判断を過信するのもいけません。 また、しこりのほとんどは病的なものでもなく、病的であってもがんではないものが大半です。 しこりが見つかってもパニックを起こさずにとにかく乳腺専門医を尋ねてください。 乳がんの症状 その2 遠隔転移した場合の症状ですが、これはどこに転移したかにより異なります。 乳がんが転移しやすいのは、骨、肺、肝臓、脳などで、領域リンパ節以外の遠くのリンパ節に移動することもあります 遠隔リンパ節転移といいます)。 腰、背中、肩の痛みなどが持続する場合は、骨への転移が認められます。 咳が出たり息苦しくなったりすれば肺転移です。 肝臓の場合は症状が出にくいのですが、お腹が張ったり、食欲不振、あるいは黄疸なども出ることもあります。 脳への転移では無症状の場合もありますが、手足の麻痺や言語障害、あるいは脳がむくんで頭蓋内圧力が高くなると、頭痛や気持ちが悪い、吐き気などの症状が出ることがあります。 良性のしこりと悪性のしこりの見分け方 体中に張り巡らされた管と言えば血管ですが、もうひとつ「リンパ管」という管もあります。 リンパ管の源流は毛細血管から細胞の間に漏れ出た液体成分で、これをリンパ液といいます。 リンパ液は死んだ細胞や血球のかけら、細菌などを集めて、細いリンパの流れを作ります。 細いリンパ管はだんだん太くなり、最終的には静脈に流れ込みます。 リンパ管は言ってみれば下水道の役割をしており、リンパ節は要所要所に配置されたろ過装置です。 リンパ液にはたくさんのリンパ球が含まれています。 リンパ球は免疫システムの主役で、リンパ節に流れ込んできた病原体や異物、毒素などと戦います。 リンパ節が腫れるのは、リンパ球がそれらと戦っている証拠です。 異物の力の方が強いと、リンパ節が壊されることもあります。 リンパ節に流れ込んだがん細胞は、リンパ球に殺されることもあれば、そこに新たな病巣を作ることもあります。 遠隔転移の見つかり方 乳がんってどんな病気なの? どんな症状なの? 遺伝するの? 何科で診てもらえばいいの? いきなり切りましょうって言われたんだけど 切る以外に治す方法はないの? 最近、胸にしこりがあるんんだけど・・・ 乳がんの検診って痛いのかな? お金はいくらくらいかかるのかな? 乳がんは手術しないで治療できるの? 化学療法って何? 抗がん剤の副作用ってどんなの? 乳がんの手術って、乳房を全部取らなきゃダメなの? 乳房を再生することってできるの? 術後のブラジャーは特殊なのを着けるの? 乳がんで入院する時は何が必要なの? 退院後いつからお風呂に入れるの? どれくらいで痛みは消えるの? 乳がんを予防する方法はあるの? 乳がんになったら妊娠は無理? 乳房が片方ないことをどうやったら隠せるの? 乳がんの手術後も自己検診した方がいいの? 再発することもあるの? 手術後は何に気をつければいいの?.

次の