インパルス 400。 GSX400インパルス(GK79A)の系譜

インパルス400

インパルス 400

北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 甲信越・北陸• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 東京都• 埼玉県• 神奈川県• 千葉県• 茨城県• 群馬県• 栃木県• 大阪府• 兵庫県• 京都府• 滋賀県• 奈良県• 和歌山県• 愛知県• 岐阜県• 三重県• 静岡県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 熊本県• 大分県• 長崎県• 宮崎県• 鹿児島県•

次の

インパルス400/スズキのクチコミ・レビュー・評価・評判・足つき情報|バイク中古車なら【Webikeバイク選び】

インパルス 400

速さで言ったら、速い方でしょう。 しかし、規制前のバンディットやCB-1などには敵いません。 加速は他の400よりタイヤ2個分速いくらいです。 フラットな加速でスルスル加速していくので峠でとても扱いやすくオススメですよ^^ 現行400ccではCBが一番速い等と言われていますが同等の加速力です。 ギア比の関係でCBがタイヤ1個分前に出るくらいです。 改造をするならばベースとしては最速です。 ZXR400のエンジンよりも高出力を目指せます。 GSX-R等からエンジンパーツの流用が出来るので恐ろしく速くなります。 スダのチューンド車両でインパルスの最高速は260Km以上を記録していたと思います。 クラッチはそう簡単には滑りませんよ。。。 扱い方でしょう。 それは。 クラッチの扱いが乱暴な人は1万キロでご臨終ですからね… 丁寧に扱えば3~5万キロはもつでしょう。 値段18万はかなり安い方ではないですかね。 エンジンやキャブの状態が気になります。 あまり安いものは後々出費がかさむのでやめた方が良いと思いますよ。 あなたの言っている通り、クラッチが滑る車両に当たるかもしれませんし。 乱暴に扱われ最初からクラッチ版が磨耗してる車両だったら痛い目みます。。 そうなると3万以上の出費がどんどんかさみます。 キャブ、前後ブレーキ ブレーキローターも 、前後サスのヘタリ具合、エンジンの状態、クラッチの磨耗等、これぐらいは確認しておきたいですね。 特にブレーキローターが磨耗してると1枚2万はしますので注意です。 ブレーキパッドやタイヤはオマケ程度と考えておいた方が無難ですね。

次の

インパルス400/スズキのクチコミ・レビュー・評価・評判・足つき情報|バイク中古車なら【Webikeバイク選び】

インパルス 400

概要 [ ] 車種名にある Impulseはで衝撃の意味を持つ。 車体種別はにあたるが、初代から2代目まではまだネイキッドという概念がなかった時期である。 初代インパルスはから派生した特別仕様車として発売された。 短期間で販売終了したが、と共同開発した集合マフラーの採用やシングルシート風にデザインされたシート形状などにより 話題性は大きかった [ ]。 2代目インパルスはハンス・ムートによりデザインされてたが、 当時はまだネイキッドブーム前夜であったことなどもあって販売は振るわず [ ]、初代と同様に販売期間は短かった。 3代目以降は、 初代の外観を範としながらも正統的ネイキッドとしてそつがなく使い勝手をも考慮したつくりなどからそれなりの人気を獲得し、スズキの中排気量ネイキッドの定番的車種として定着していた [ ]が、の基準が強化されたに生産終了した。 モデル一覧 [ ] GSX400FSインパルス [ ] に発売され、後に続くシリーズの初代モデルとなった。 当時の販売価格は49万3千円で、先に発売された(登場、43万円)ならびに(1982年登場、44万8千円)の特別仕様として登場し [ ]、これらと同じエンジンが搭載されたが、TSCC Twin Swarl Combustion Chamber と呼ばれる 燃焼室形状が改良された [ ]。 また、と共同開発した4-in-1式の集合が採用されるなどの変更も合わせて、GSX400FIIより3高い、最高出力48psを発揮した。 と共同開発したマフラーは、エキゾーストパイプとサイレンサーはブラッククロームで仕上げられ、サイレンサーには「Impulse」のエンブレムが取り付けられている。 車体も製スイングアームやリモート式減衰力調整機構付きリアショックアブソーバーが採用されるなど、基となったGSX400FIIとの差別化がはかられていた。 翌に角パイプ製フレームにを搭載したGSX400FWが登場して、GSX400FSインパルスの販売は終了した。 を手がけたハンス・ムートによりデザインされた。 当時のカタログに「日本の若者のライフスタイルをイメージした」と表現された外観は 「」や「六本木」などの現代的な日本をモチーフにした [ ]もので、仕様 GSX400X とハーフカウル仕様 GSX400XS の二種類があった。 特にネイキッド仕様は、外観の由来や、剥き出しになったフレームマウントのトラス状ステーの外見から、 「 東京タワー」という通称でも知られる [ ]。 当時の販売価格はネイキッド仕様が56万9千円で、ハーフカウル仕様が59万5千円だった。 [ ] エンジンは同年に発売されたGSX-R(型式:GK71F)と同じ、排気量398ccの4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒で、シリンダーヘッドを水冷、シリンダーブロックは空冷、ピストン裏にオイルを噴射してでも積極的に冷却する油冷とし、3種類の冷却方式を組み合わせたSATCS Suzuki Advanced Three-way Cooling System と呼ばれる独自の方式が採用された。 最高出力や最大トルクもGSX-Rと同じ59psと3. 8kg-mを発揮した。 フレームはGSX-Rとは違い、鉄鋼製ので、トップチューブ(タンクレール)をシリンダーヘッド側面に取り回し、ダウンチューブは左右共にボルトにより分割可能とされて整備性を向上された。 トップチューブが燃料タンクよりも低く配置されてタンクの幅がフレームの影響を受けず、タンクのニーグリップ部分やシートレール周りが細く作られた。 シート高も低くできており、直列4気筒エンジンを搭載した車種としては シート高が695ミリと他の同クラスのバイクに比べて足つき性が良好なのも特徴の一つだった [ ]。 はフロントに正立式テレスコピックフォーク、リヤに「Eフルフローター」と呼ばれるリンク式モノショックサスペンションが採用された。 ブレーキはフロントに同径対向4ポット式キャリパー、リヤに同径対向2ポット式キャリパーのが採用された。 同型エンジンを搭載するGSX-Rから単になどを取り外しただけではなく、社外のデザイナーにデザインを依頼してフレームが専用設計された車種だったが 販売は振るわず [ ]、2年で販売を終了した。 発売当時の販売価格は56万9千円だった。 [ ]TypeSはスズキワークスカラーとされてビキニカウルが装備された派生仕様である 57万9千円 [ ]。 2代目インパルス販売終了後は400ccクラスのネイキッド車種としてが販売されていたが、GSX-R400 GK73A 譲りのエンジンを搭載するなど スポーツ路線で、といった他社の競合車種よりもやや高めの販売価格だったことなどもあり、バンディットよりも手軽な価格設定の正統的 [ ]ネイキッドとして発売された。 エンジンはGSX400Sカタナのものを流用し、バンディットと同じ排気量399ccの水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒で最高出力53psのエンジンが搭載されていたが、シリンダーやシリンダーヘッド周りの造形はバンディットとは異なる。 車体の外観は 初代インパルスを範としたもの [ ]で、鋼管製ダブルクレードルフレームに正立テレスコピックフォークと2本式リアショックなど、 つくりは一般的ながら使い勝手の良さが特徴 [ ]であった。 数回に渡る細部の改良を受けながらにまで販売された。 インパルス400 [ ] 2008年 インパルス400スペシャルエディション に4代目として発売され、型式はGK7CAとされた。 発売当時の販売価格は66万450円。 3代目GSX400インパルスを 踏襲した [ ]外観であるが、エンジン型式や車体外装などは変更された。 販売途中から「GSX400」が省略されて「インパルス400」が正式な車種名となった。 エンジンは排気量398ccの水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒エンジンで最高出力53psを発揮した。 車体の構成も3代目の最終型と ほぼ同様 [ ]であるが、年々厳しくなる自動車排出ガス規制などのへの対策として、二次空気導入システム等が採用された。 1月、初代GSX400FSのカラーリングをイメージした黒赤2色のグラフィックパターンと、クラッチカバーのTSCCロゴを再現した特別仕様車「インパルス400スペシャルエディション」が発売された。 限定生産300台ながら販売価格は据え置きで66万450円。 自動車排出ガス規制の基準強化により [ ]同2008年に生産終了となった。 脚注 [ ]• スズキ株式会社 二輪製品ニュース 1999年6月21日• スズキ株式会社 二輪製品ニュース 2004年10月7日• スズキ株式会社 二輪製品ニュース 2007年12月21日 参考文献 [ ]• 「1969-2009 日本の直4全車史746台」『月刊オートバイ』2009年2月号()• - 1999年 3代目インパルス GK79A マイナーチェンジ時の広報資料• - 2004年 4代目インパルス GK7CA 発売時の広報資料• - 2007年 インパルス400スペシャルエディション発売時の広報資料 関連項目 [ ]• - お笑いコンビ。 GSX400インパルスが名前の由来。 外部リンク [ ]•

次の