ダメなバレエ教室。 バレエも同じ、何事もやってみなくちゃわからない、続けてみなくちゃわからない

東京都のバレエエクササイズ|教室・スクール情報|ジモティー

ダメなバレエ教室

子どものメジャーな習い事としていつの時代もバレエは人気な趣味の一つ。 ) バレエのお教室選びをするポイントは次の点があるかないか? HPをみればすぐわかりますよね? こういう点に注意するといいですよ。 バレエ講師のプロフィールがしっかりとしているか?• 体験や見学が無料でできるか?• クラス内容とレベル設定• 費用設定 目次• 1 バレエ教室の良い選び方:バレエ講師のプロフィールはちゃんと読もう バレエでプロのバレリーナを最初から目指している子どもたちは珍しいんです。 子供対象でも大人対象でも、いい加減にバレエをお遊戯のように教えているバレエ教室はけっこうたくさんあるんです。 そういう人たちのプロフィールをみるとね、 バレエを習っていただけというので、プロのバレエ団に合格してなかったりする人たちが多いんです。 バレエ講師が少なかった時代はそれでもよかったのかもしれない。 でも今は海外のバレエ団でも日本のバレエ団でも高度なレベルのバレリーナの人たちがたくさんいる時代なんです。 オンラインバレエでは海外のバレリーナの人たちのレッスンも見様見真似でうけることができるでしょう? だからこそプロのバレエの世界でやっているバレイーナや元バレリーナの経験がものをいう時代になってしまったんです。 趣味でやるバレエでも正しいことを教えてもらいたいって思うじゃないですか? バレエ習っているのに猫背のままだったり、立ち姿も美しくなかったり、痩せなかったりと・・・こういうバレエ教室はいい加減に教えているバレエの先生がいるところです。 一つのバロメーターとして、プロとしてのバレリーナの経験があるかどうかはお教室選びで大切なポイントです。 そしてこういう実話もあります。 一般的にジムでやるよう なアスリート向けの筋トレは、太ももの全体、特に外側を使ってしまうので大腿四頭筋(太ももの前面)に筋肉がつき、足を太く、短く見せるボコっとした筋肉がついてしまいます。 こんことを知らない筋力トレーナー出身のバレエ講師もかなりいるんですよね。 そこでは定期的にバレエ関係者や一般の人でも代謝をあげて綺麗なバレリーナのような細く痩せた筋力をつけることを勉強したり、研究したりしてます。 必要であれば、そういったバレエに関わる筋トレの資格や、メンタリティー、整体、マッサージの資格や講座まで学び直して、常に新しい技術の向上とバレエ関係者のためと一般に綺麗に痩せたい人のための「使える美しい筋力」というものを追及している先生たちばかりがそろっています。 太ももの筋力はバレリーナも必要ですが、四頭筋全ての筋肉で足を上げたり、高さを保ったりしているわけではないんです。 例えば太ももの筋トレの方法でも、バレエに必用な筋力はどういうことなのか上記を説明できる人がどのくらいいるでしょうかね? だからこそ上記の バレエ関係者の筋トレパーソナルトレーナーが信頼ができる理由なんです。 そこの情報だと、実際にジムの人たちとの交流もあるんですが、 ジムのトレーナーの資格なんて持っていない人もジムやカルチャーセンターで教えてお金を頂いてるということ・・。 そういった何も資格もとってない、知識もあいまいな一般の安いジムの筋力トレーナと言われる人たちから太ももの筋トレを教わっただけでも怖い気がしてきます。 これじゃ無料のDVDやYoutubeで筋力トレーニングを自己流でやっちゃっている人たちと同じことですよね・・。 そうだから無料とか資格のない人たちとか、バイト感覚でバレエの筋トレを教えているパーソナルトレーナが信じられない・・。 大きなチェーン店で全国展開しているジムのかたわれで経営しているバレエコースはそういうことが当たり前になっている事実も知っておきべきです。 バレエの体験や見学が無料でできるバレエ教室を選んでますか? バレエ教室で初めて見学するときや体験レッスンするときは1回きりのところが多いですよね? その1回でできる限りのお教室の見極めが必要になります。 スタジオの条件やバレエ教室の雰囲気を感じ取れるとベストです。 そのために次の項目に特に注意するといいですよ。 スタジオの広さ• スタジオの床の質• (子どもたち)生徒さんの雰囲気や先生の教えている態度• 習っている人の感想や口コミ等 バレエ教室の選び方ポイント1:スタジオの広さを実感しよう スタジオの広さや床の質は要チェック! 都内や都内近郊の駅近くのスタジオだと、地代が高いのでバレエ団のようにかなり大きなスタジオをもてるバレえ教室は数えるほどです。 いろいろメリットもデメリットもあるけど。 バレエではバーにつかまってやるそれほどスペースを必要としないエクササイズから、センターで大きなジャンプをする動きまであります。 最低でも大きなジャンプは小学生の子どもであればジャンプのエクササイズはできる大きさがベストです。 大人であればせめて1回グランジャンプはできるスペースは欲しいです。 バレエシューズの時はそれほど感じないかもしれませんが、トーシューズを履くと、床が固すぎる木材だったり、滑りやすかったりするとポワントだととくにつま先1点でたつので転んだり怪我しやすくなります。 また滑りやすい床だと滑らないようにするためにかなり足に負担がかかってきます。 あとでふくらはぎ等がパンパンになっていたりする・・。 必要以上にいらない筋肉を硬直させてしまうことにつながっちゃいます。 また リノリウムが全ていい床とは限りません。 リノリウムにも質がいろいろあってピンきり。 これは実際に踊ってみて感触をつかんでみることが大切です。 トーシューズでジャンプの着地で床でトーシューズのカンカンといっている音が大きかったりする生徒さんがたくさんいる床は、ちょっと硬すぎる床なのではないか?と思われます。 また 木材の床でもバレエ用の木の床があるので(Kバレエスクールのように)、いい木材を使用しているスタジオでも十分にバレエが踊れるようになるということもスタジオを見分けるポイントになります。 できたてのスタジオだと床が滑りやすいという特徴もあるので年数をかければ滑りにくい床質になっていくこともあるので一概に言えませんが。 バレエ教室って先生の言動で生徒さんたちの態度に反映されているのでよく生徒さんを観察したほうがいいと思います。 趣味程度、お遊び程度のバレエ教室を探していたとしても、 習っている(子ども)生徒さんたちがだらしない恰好でだらだらとした感じだったら、バレエを習う意味はないと思います。 本格的にバレリーナを目指さなくても真面目に取り組んでくれている先生がいるお教室を見極めること。 例えば生徒さんの髪の毛が長いままだったり、ぼさぼさだったり、お団子にしていなかったり・・・ これでは「 見た目がだらしない子ども」になってしまいがち。 またレオタードも色がバラエティーなのもいいのですが、子どもたちのバレエ教室であればレベルごとに色が決まっているバレエのレオタードだと、さっぱりしていて体のラインも見やすいので矯正しやすいというポイントもあります。 その中で学校の授業中のように、おしゃべりしちゃう子どももたまにいるんですよね。 そういう子どもを放置していると他の真面目にレッスンで学んでいる子どもに迷惑な行為です。 またおしゃべりする癖がついて集中力をなくす癖がついてしまうのも子どもにとっても親にとってもデメリットですよね? 不必要な場面でおしゃべりを容認してしまう親として見られてしまいがち・・。 こういったマナーの悪い生徒さんにはっきりと注意ができるバレエの先生がいるスタジオがベストです。 (バレエってレッスンだけじゃないんですよ・・。 人によっては厳しめの口調で、昔ながらの注意の方法でスパルタ的に怒る先生や、時には怒鳴る先生も少なくはないです。 私自身も子どものころからずっと日本でならっていたバレエの先生はこういったちょっとヒステリック系の先生でしたから。 慣れてしまうとどうってことないんです。 ただメンタル的にちょっと弱い子どもや大人の人なら、怒鳴らないで普通の口調で説明してくれる先生のお教室のほうがベターです。 とりあえずは、体験レッスンや見学を申し込んで一度レッスンで本場の様子を感じることが、ダメなバレエ教室、よいバレエ教室を見極めるのに一番ベストです。 当会員サロンでは 」 では< 2週間無料のメルマガ>をやってます。 xn--ick2dvds33lkj3e. お名前• メールアドレス• カンタンな質問アンケート を入力し、「確認」ボタンを押してください。 すぐにご確認ください。 これをクリックします。 サロンの主催・責任者として「万が一」の性犯罪やその他男女関係のトラブルはあってはならないことと責任を感じております。 大変残念ですが過去に 成人男性 登録者 による出会い系や恋愛系目的でサロンに入会する方が増えたため、 男性の参加を基本的に「お断する結果」となりました。 純粋に ご自身の「バレエ上達」だけを目的とした限定サロンなので、恋愛系・出会い系とは趣旨が全く違います。 また有料会員の方たちとのバレエの上達を目的とした 「イベント」 をいくつか準備中ですが、このイベントは 「女性限定のイベントの内容」になるため、男性の方の参加はお断りしております。 以上、ご了承ください。 またこのように注意書きしても執拗に名前やメールアドレスを変更して繰り返し登録してくる男性の方に対して法的措置も考えられます。 ご理解のほど重ねてお願いいたします。 総合Arts-Danse代表 Artomo.

次の

塾・教室のコロナ対応は代替授業や返金などさまざま。子供の習い事の選び方は変わらざるをえない?(LIMO)

ダメなバレエ教室

1 子供にバレエを習わせるメリット・デメリット バレエ教室に来られる親御さんからよく「バレエを習うことのメリット、デメリット」について尋ねられます。 実際に、可愛い我が子にどんな習い事をさせれば良いか悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか? 「可愛い衣装が着られる」以外にも沢山の良いことがあります。 これらの原因改善に効果的なバレエは、美しい姿勢やボディラインを作るのに最適といえます。 それ以外にも品の良い所作が身についたり、行儀作法を覚えたりするので身のこなしが綺麗になり大人になってバレエを辞めたとしても、その子の一生の財産になります。 ただし姿勢が悪かったり間違えたトレーニングをしていると太ももの筋肉が発達して太くなってしまいますので要注意です。 バランス感覚が養われると、ちょっとやそっとのことで転びにくく、怪我をしにくくなります。 あるTV番組で脳化学者の先生が頭が良くなる習い事でダンスを紹介していました。 脳科学的にみると、ダンスは脳の瞬発力に大きな影響を与えます。 脳の瞬発力とは、頭を切り替える力のことで今の子供達に必要な力です。 ゲームをずっとやっているだけの子供は頭の切り替えが鈍くなります。 ダンスは音楽に合わせて止めたり動かしたりして、スタートとストップが頻繁に繰り返されることが脳の瞬発力を鍛えてくれるので、勉強にも繋がってきます。 上半身は優雅に動かしてても、下半身は水面下で脚をバタバタさせている白鳥のように休む間も無く、とても体力を必要とするのでバレエを習ううちに体が強くなってきます。 バレエも基礎をきっちり体に覚えさせ心身の発達と共に花開いていく芸術ですので、幼児を過ぎ上手になったね。 と言われるまでの道は長いです。 なので、ちょっとやそっとではやった気になれるものではないです。 教室によって金額はさまざまで、発表会の規模も変わります。 またコンクールに出るくらいになると、平日や土日も子供は練習に行くのでその送り迎えやサポートで親の時間的負担は大きいと思います。 2 子供にあったバレエ教室の選び方 バレエに興味はあるけど、何を基準に教室を選べばいいの?と迷っている方も多いのではないでしょうか? 身近にバレエの経験者がいたら教室の選び方に迷うことはないでしょうが、初めての教室選びはどうしても不安がつきものですよね。 選び方のポイントを大きく分けると、本格的にレッスンをしていくか、習い事として将来に役立つことを目的に選ぶかです。 そして大切なのは、目的に応じた教室選びと教室ごとに雰囲気や方針が異なるため、なるべく子供が「楽しい」「通いたい」と思う教室を選んであげるのがいいでしょう。 立地条件、経済的なこともありますので、色々な教室を見学や体験レッスンして比較検討してみてください。 良い教室、良い先生に恵まれると良いですね。 2-1教室の種類 バレエ教室は色々な形態があります。 自分に合った通い方、教わり方ができる教室を選ぶことが大事です。 《カルチャーセンター》 初心者の方も多いので、バレエを始めるきっかけには良いでしょう。 趣味で通っている方がほとんどです。 基本的に3ヶ月単位や半年でサイクルしている場合が多く、それに合わせて募集しているので、自分のタイミングで募集がないという場合もあります。 また、カルチャーセンターでは発表会をしているところは少ないので発表会に出たい方は、おすすめできません。 それと3ヶ月分一括でお金を払う場合がほとんどなので、入会した後にやっぱり合わないと思うともったいないので、事前に見学してから受講を決めましょう。 《個人運営の教室》 身近な教室で本格的なバレエ技術を習えます。 教室によっては世界有数の資格を持っている先生が指導してくれる所もあります。 個人教室では、先生のバレエに対する考え方や方針が強く出ますので、見学のみではなく講師の考え方などをよく聞く必要がありますね。 それから決めると良いです。 《バレエ団付属のバレエ教室》 プロのバレエダンサーを目指す子供を育成する目的で作られた教室です。 近くに教室があるかどうか、バレエ団によって踊りの雰囲気が違いますのでバレエ団付属の教室に入るのであれば、舞台を見に行き自分の好きな教室を選ぶと良いでしょう。 現役バレエダンサーを間近に見る機会があったり、筋が良ければ幼少期から子役として舞台で起用される可能性もあります。 《スポーツジムのバレエクラス》 最近は、バレエ教室をしているスポーツジムが増えてきました。 いろいろなスポーツを楽しみたい中で、本格的に習うというよりもバレエ体験してみたい!という方ぴったりだと思います。 2-2選び方 教室は一度入ってしまうと、環境の変化がない限りなかなか教室をかえにくいものなので、 教室選びってとても重要です。 まず、どうゆう目的で習わせるかをご家族でしっかり決め、通える範囲の中で見学や体験レッスンを重ねて納得した形で始めるのがいいと思います。 では、見学や体験レッスンを受けた時に見るポイントをご紹介します。 回転やジャンプ、足を高く上げるなど技術面ばかりに偏らず基礎をしっかりと教えているか。 先生はどんな教え方をされているのか• 先生の人柄• 子供自身が楽しくその教室で習いたいと感じたか• 生徒の雰囲気や表情は明るいか• 生徒は挨拶がきちんとできているか• 高学年、中学生以上の教室も見学してお姉さん方の踊りやスタイルで判断されるのも良いですね なぜならバレエを長く続けているとバレエ効果が体型に出ますので、すらりとした子供が少ないところは きちんとレッスンが行われていないかもしれません。 日本には国内バレエ教師の公的な基準、資格がないために曖昧な教室もあるようです。 より良い教室へ通いたいと思われている方は先生のご出身のバレエ団体やコンクール、出演の実績も確認するとよいです。 3 バレエは何歳から始めるのが良いの? クラシックバレエは小さい時から習わせておくといいというイメージがありますよね。 3歳から入学可能としているバレエ教室も多くあります。 なぜ多くの家庭で3歳からクラシックバレエを習わせるという選択をするのでしょうか?多くの人はクラシックバレエの先生に「早い方がいい!と勧められたから」と答えるでしょう。 でも本当の意味で、習い始めるのが早い方がいい理由がわかっていますか? 実はクラシックバレエは、あらゆるダンスに通じる要素が詰まっており、全てのダンスの基礎はクラシックバレエにあると言われています。 理由は、踊るための身体を作るのが一番適しているからです。 クラシックバレエの身体の使い方は、1日2日では習得できません。 毎日毎日基礎、バーレッスンを繰り返して少しずつ独自の筋肉をつけ身体を作っていきます。 これが他のジャンルのダンスにも精通していることだと言われています。 実際に他のダンスを始めても、「踊るための身体を作るために並行してクラシックバレエのレッスンを受けなさい」と指摘されることも多いようです。 小さい時からクラシックバレエを習っていれば、当然その必要がなくなり将来他にやりたいダンスのジャンルが見つかっても対応できる身体ができている、ということなのです。 バレエの憧れだけで子供を教室に通わせたりするお母さんもいるかもしれませんが、きちんとお稽古を続けていれば、その積み重ねは子供の財産となります。 将来的に視野を広げるためにもクラシックバレエは早くから習わせてあげるといいと言えるのです。 4 バレエの費用はいくらかかるの? 教室によって様々ですが、毎月かかる費用気になりますよね。 実際に検討している方の参考として役に立てれば嬉しいです。 《入会金》 カルチャーセンターやスポーツジムは5,000円前後が多いようです。 紹介キャンペーンや無料キャンペーンを行っていることも多いのでチェックしましょう。 個人運営の教室の相場として5,000円〜1万円ほどで、バレエ団付属の教室は他の教室と比べてやや高めで、2万円ほどです。 バレエ教室の月謝は、教室によって大きな開きがあります。 週1回のレッスンで3,000円〜8,000円 週2回のレッスンで5,000円〜10,000円 週3回のレッスンで6,000円〜13,000円 週3回以上はレッスン受け放題で一律料金と設定している教室や週1回増えるごとに2,000円アップと設定している教室と様々です。 チケット制は1レッスン1,500円〜3,000円が相場になります。 チケットは5枚つづりか10枚つづりで売っている所が多いようです。 有効期限がある場合もあるので購入する枚数は考えて買う必要があります。 月謝制に比べると1回あたりの費用が若干高めになります。 バレエ教室によっては、冷暖房費、後援会費などの別途必要なところもあるので確認しておきましょう。 《発表会》 バレエを習っていて、一番お金がかかるのは発表会の費用です。 平均で1人あたり10万円くらいの費用がかかると言われています。 この内訳として劇場レンタル代や照明さんや音響さん、先生へのお礼代や化粧代、そしてチケット代です。 大きな所で行う場合、自分たちで売るノルマがあるかもしれないので確認しておきましょう。 発表会にかかる金額はピンキリで小さな発表会を1万くらいで行う教室もあれば30万かけて大きな場所で発表会を行う教室もありますので発表会のための積立をしている教室もあるようです。 また発表会をしていなかったり、参加しないという選択ができる教室もありますので、バレエ教室に入会する前によく確認しましょう。 バレエの発表会は、子供の成長を見る機会であり、可愛い衣装を着てステージで照明を浴びながら練習の成果を見てもらうことは子供にとっていい経験になります。 《バレエ用品》 バレエを習うためには、レオタード、バレエシューズ、タイツ、下着、髪のお団子を作る小物がまず必要になります。 レオタードが4,000円程、タイツは2,000円程で、バレエシューズは布製で2,000円前後、革製だと4,000円程必要です。 シューズやタイツは子供のサイズが大きくなったり、穴が開いてきたりして買い換えが必要になるので、あまり高価なものは買わない方が良いかもしれません。 インターネットを見ると安いものもたくさんありますが、教室によっては指定されることもあるので確認しておきましょう。 ただ、トゥーシューズはインターネット、通販で買うことはオススメできません。 (自分のぴったりのものを知っている場合は除きます。 )自分の全体重をあの狭い部分で受け止めて立つわけですから実際に試着せずに選ぶのは危険です。 先生に細かいアドバイスを頂いて試着して選ぶのがいいです。 《手作り》 縫い物が好きな方はバレエのレオタードやシュシュを手作りされている方もいらっしゃいます。 素材選びなど一般的な洋服とは異なることが多いと思いますが、世界に1点ものを作るのも素敵だと思います。 インターネットやダンスウェアの本などを参考にしてみてください。 5 まとめ バレエを習わせるメリットやデメリット、教室の選び方や費用、参考になりましたでしょうか? いくつか教室をチェックして実際に体験レッスンや見学に行き、教室の雰囲気や練習の様子、他の生徒さんたちを観察して教室を選んでください どんなスポーツもそうですが、バレエでも練習量で上達を決めると言っても過言ではありません。 バレエを習い始めると上達したくて自主練をしたくなるのですが、子供は吸収が速いので自宅で間違えた練習を覚えてしまえば、その修正するのは非常に難しくかえって上達を妨げます。 子供の場合は特に、自宅でバレエの練習をすることはなるべく控え、振付の復習やストレッチや筋トレ程度に抑えておくことが大切なんです。 ストレッチはやればやるだけ効果があります。 お風呂上りや練習後など体が温まっている時に気持ちがいい程度のストレッチや、固さが気になる部分のストレッチをしてみてください。 毎日の習慣にしてしまえば、ストレッチの上達は早いですよ。 正しいストレッチ方法や筋トレ方法は先生に教えてもらうと良いですね。 子供の持つ可能性は無限大で、子供のうちから良い経験をたくさん積むことはとても大切だと感じてます。 あとは、本人のやる気次第なので、やりたいことをやらせてあげましょう。

次の

大人バレエお教室選びの大切さについて考察

ダメなバレエ教室

市区郡 :• 東京都のバレエエクササイズ• 中央区 0• 台東区 0• 墨田区 0• 江東区 0• 目黒区 0• 大田区 0• 世田谷区 0• 杉並区 0• 北区 0• 荒川区 0• 板橋区 0• 練馬区 0• 足立区 0• 葛飾区 0• 江戸川区 0• 八王子市 0• 立川市 0• 武蔵野市 0• 三鷹市 0• 青梅市 0• 府中市 0• 昭島市 0• 調布市 0• 町田市 0• 小金井市 0• 小平市 0• 日野市 0• 東村山市 0• 国分寺市 0• 国立市 0• 福生市 0• 狛江市 0• 東大和市 0• 清瀬市 0• 東久留米市 0• 武蔵村山市 0• 多摩市 0• 稲城市 0• 羽村市 0• あきる野市 0• 西東京市 0• 西多摩郡 0• 大島町 0• 三宅村 0• 利島村 0• 新島村 0• 神津島村 0• 御蔵島村 0• 八丈町 0• 青ヶ島村 0• 小笠原村 0 駅 :• 新宿駅 0• 渋谷駅 0• 大泉学園駅 0• 東京駅 0• 吉祥寺駅 0• 町田駅 0• 恵比寿駅 0• 中目黒駅 0• 高田馬場駅 0 東京都以外の都道府県から探す :• 青森 0• 岩手 0• 宮城 0• 秋田 0• 山形 0• 福島 0• 新潟 0• 富山 0• 石川 0• 福井 0• 山梨 0• 長野 0• 東京 20• 茨城 0• 群馬 0• 岐阜 0• 三重 0• 静岡 0• 滋賀 0• 奈良 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 岡山 0• 山口 0• 徳島 0• 香川 0• 愛媛 0• 高知 0• 佐賀 0• 熊本 0• 大分 0• 長崎 0• 宮崎 0• 鹿児島 0• 沖縄 0 東京の沿線・駅から探す :•

次の