東京駅から金沢駅。 北陸新幹線!東京から金沢までの時間と料金は?停車駅もチェック!

東京駅の北陸新幹線「かがやき」乗り場は何番線ホーム?

東京駅から金沢駅

気になる料金は、東京〜金沢間では片道27,480円。 普通車指定席14,380円より13,100円高く、の料金19,100円より8,380円高いです。 では、この北陸新幹線のグランクラスの料金は安くなるのか? 「モバイルSuica特急券」「えきねっと」「e5489」「新幹線宿泊パック」を調べてみましたのでご紹介します。 モバイルSuica特急券 JR東日本のチケットレス座席予約サービス「」。 モバイルSuica特急券の「モバトク」で購入すると、片道料金は27,250円と230円安くなります。 指定席には「モバトク」より安い「スーパーモバトク」の設定がありますが、グリーン車とグランクラスに設定はなく、モバイルSuica特急券でグランクラスの料金が安くなるのは230円のみです。 なお、モバイルSuicaを新たに利用するには、年会費1,050円が必要です(ビューカード除く)。 えきねっと 割引切符予約サービス「」には、通常きっぷより安い「トクだ値」「お先にトクだ値」というチケットがあります。 この内、北陸新幹線で利用できるのは「トクだ値」ですが、グリーン車・グランクラスには設定はありませんので、「えきねっと」経由では東京〜金沢のグランクラスに安く乗ることはできません。 e5489 金沢発〜東京行きで利用できる、JR西日本のサービス「」。 北陸新幹線で使えるのは「eきっぷ」「WEB早時1」「e早特1」で、その内グランクラスの料金設定があるのは「eきっぷ」のみです。 この「eきっぷ」では、グランクラスの特急券が20,000円から19,880円と120円安くなります。 なお、「eきっぷ」はJ-WESTカード会員限定のきっぷです。 新幹線宿泊パック では、普通車指定席・グリーン車の設定はありますが、グランクラスについては設定がなく、どの旅行会社経由でも予約することができません。 北陸新幹線で(指定席)が安くなるのは、基本的にはこの4パターンですが、この内 グランクラスの料金が安くなるのはモバイルSuica特急券とe5489のみでした。 現在のところ、グランクラスの料金はこれ以外では安くなりません。

次の

金沢駅から東京まで行きたいのですが、新幹線で行くと最短どれくら...

東京駅から金沢駅

金沢から東京へ安く旅行 :金沢観光情報 【 きまっし金沢 】 金沢から東京へ安く旅行 金沢から東京へ行く機会というのは結構あると思いますが、調べてみると結構安く行ける方法があるものです。 データは2018年4月に最終確認しています。 JRの乗り放題切符を利用して東京へ行く JRでは1年に数回、期間限定で乗り放題切符を発売しています。 急行や特急には乗車できませんが、この安さは魅力的です。 ただ,ムーンライト系の列車の運行時間が青春18きっぷを使うには以前より不都合になってしまいましたし、北陸新幹線が開通してから、金沢駅から富山方面の在来線がJRでなくなったので、東京方面へは名古屋経由でないと青春18きっぷが使えなくなり、JR乗り放題切符の有難さが損なわれました。 青春18きっぷ JR全線が1日乗り放題の切符です。 各駅停車や快速や新快速に当日中なら何回も乗り降り可能です。 特急や急行には乗車券としても利用できません。 5回(人)分を1枚の切符として11850円で駅のみどりの窓口や、大手の旅行会社の代理店で発売しています。 1枚の切符を1回使う度に日付印を押す方式なので、1度に複数人が別のルートで旅行というのはできません。 複数人が一緒に旅行するのに使うことはできます。 年齢に関係なく使えますし、発売枚数にも限定がありません。 もあるようです。 下記の日程は多少変更になる場合もあるようです。 JRが分割されてから乗り継ぎを調べるのが不便になりました。 ではJRのエリアに関係なく乗り継ぎを調べることが出来るので便利です。 春季 発売期間 2月20日 から 3月31日 利用期間 2月20日 から 4月10日 夏季 発売期間 7月1日 から 8月31日 利用期間 7月20日 から 9月10日 冬季 発売期間 12月1日 から 1月10日 利用期間 12月10日 から 1月20日 金沢から東京へ 金沢から東京へ青春18きっぷを利用して行くことも可能です。 北陸新幹線が開通してから上越経由でのJR乗り放題切符で行くことは出来なくなりましたので、名古屋経由でも行くことになります。 東京から金沢へ 東京から金沢へは、青春18きっぷが使用できる夏休みや冬休みを中心とした臨時列車であるムーンライトながら(東京から大垣への焼こう快速列車)か便利です。 深夜に東京を出発し朝まで途中乗り換え無しで乗車できるので便利です。 但し出発が23時過ぎなので青春18きっぷを有効利用するには翌日になって最初に停車する駅までの運賃を別途購入してから乗るようにしないといけません。 ムーンライトながらは混雑しますので始発駅を出る日の1ヶ月前(8月8日23:55発の列車の場合は7月8日)の朝10時発売に合わせて早めに指定席をとることをお奨めします。 窓側の席の方が寝やすいのは言うまでもありませんし、禁煙車両もありますのでタバコを吸われない方は禁煙車両が良いでしょう。 なお、ムーンライトながらは 全席指定なので指定席料金520円が別途必要です。 ムーンライトながらは東京発23:10で青春18切符の場合2日分の切符を使うか小田原までの乗車券1490円が別途必要になります。 高速バスで金沢から東京へ行く 法律が変わり高速ツアーバスという業態が廃止され、高速バスを運行するバス事業者が減り、料金が高くなりました。 それでも他の交通機関と較べて安いですし、寝ながらにして東京に行けるので時間を無駄にせずに旅行できます。 高速バスはリクライニングがかなり水平に倒れますし隣の席も離れているので寝やすいです。 新宿駅、東京駅、上野駅、浅草駅、渋谷、池袋、ディズニーランドなどで停車する便があります。 東京に早朝に着いて時間をつぶすには 東京に早朝に着いて時間つぶしに困る場合には銭湯に行くのが良いです。 山手線御徒町駅から徒歩ですぐ行ける場所に燕湯があります。 燕湯の付近には不忍池や湯島天神などゆっくり時間を過ごせる場所もあります。 御徒町駅近くに24時間営業の牛丼の吉野家もあります。 燕湯 6:00〜20:00 03-3831-7305 月曜定休 御茶ノ水駅から徒歩5分のアクアハウス江戸遊神田店(年中無休)は5:00〜7:00までの受付で、8:00ご退館という朝風呂コース460円があります。 東京に早朝に着いて美味しいものを食べたいということでしたら築地市場に行くという選択もあります。 東京で深夜に時間をつぶすには 東京駅近辺で深夜に時間をつぶすには,東京駅改札内の地下一階にある待合広場「銀の鈴」で時間をつぶすのが安全です。 神田駅近くの漫画喫茶で時間をつぶすという選択もあります。 東京駅改札内の地下一階のグランスタでは飲食店やお土産などのショッピング店が22:00まで営業しているので便利です。 東京駅から近い銭湯ということでは御茶ノ水駅から徒歩5分にアクアハウス江戸遊神田店(年中無休)があります。 23時まででしたら3時間460円で利用できます。 新宿駅近辺で時間をつぶすには東京都庁展望室がお勧めです。 23時まで無料で夜景を楽しめますしカフェもあります。 新宿には漫画喫茶もたくさんあります。 航空券を安く買う 航空券は高いっていう印象がありますが、搭乗日の2ヶ月前から1週間限定発売で通常の半額程度で利用できるチケットもあるので要チェックです。 、では空席のある航空便の割引チケット一覧が表示されて便利です。 ただし格安チケットは 予約・旅程の変更ができなくキャンセル料も高いので注意が必要です。 パック旅行を上手く利用するとかなりお得です 旅行の行き先が東京など都市の場合はJRチケットや航空券と宿泊がセットになった旅行会社のパッケージツアーもお得です。 正規にばらばらに申し込む料金と較べて宿泊料金がほとんど無料になるくらいの価格設定(宿泊付の往復航空券が21800円〜)になっている場合もあります。 同じ旅行会社で同じ便の交通機関を利用して同じ宿に宿泊してもパックの種類によって料金が違います。 行き先に関係するパンフレットを片っ端から全部貰ってきましょう。 貰ってきたパンフレットをチェックして一番安いパックで申し込みしましょう。 但し、JRセットプランの場合は途中下車はできなくて、JRの便の変更にも制約もあります。 このあたりは日本旅行に確認をとったのですが、東京ディズニーランドが目的地の場合、金沢から舞浜までの切符にしてしまうと帰りの便について途中下車は東京駅と越後湯沢だけが可能になります 金沢から東京都区内の切符でも途中下車は東京駅と越後湯沢だけが可能です)。 帰りは舞浜から乗って、新宿に寄ってから金沢に帰りたいとすると、舞浜から東京駅に行って、一旦改札して、東京から新宿の切符を買った上で新宿で用事を済まし、新宿で東京までの切符を購入してから東京から新幹線に乗るという手続きが必要だということです。 例えば、金沢から東京都区内というので切符をとると、行く時は東京都区内から舞浜までの料金(1駅分だそうです)を支払って舞浜で改札することになります。 帰る時にも、舞浜から東京都区内への乗車券を購入して、東京都区内の駅で改札してから、新幹線で改札という事になります。 その場合でも東京駅での途中下車は可能だそうです。 特殊な例を考えると、金沢から舞浜までのJRセットプランを購入した場合、帰りに舞浜から東京スカイツリーへのシャトルバスに乗って、スカイツリーを楽しんでから、東京駅からJRに乗りたいという場合、最初の改札が舞浜でないため、舞浜に戻って改札して欲しいと言う駅員さんがいても不思議ではないそうです。 そのあたりは駅員さんによるそうです。 JR西日本の場合は、切符の駅より目的地に近い駅からの乗車でも良いそうですが、JR東日本の場合は帰りに乗る最初の駅は、切符通りでなくてはいけないということになっているそうです。 なお、万が一列車に遅れてしまった時には、後続の列車の自由席には乗って帰れますが、1本早い列車に乗ることはできません。 ではサイト上から出発地と行き先の地域を選択して、航空機を利用したお得なパックツアー一覧を検索表示できます。 でもサイト上から出発地と行き先の地域を選択して、航空機を利用したお得なパックツアー一覧を検索表示できます。 ではJRを利用したお得なパックツアーがあります。 では宿泊と交通機関とパスポートがセットになったパックが企画されていることもあります。 金沢から東京まで激安でドライブする 数人で金沢から東京に安く行くということでしたら自動車で国道を使って行くという選択もあります。 国道359号線を利用して富山まで、国道41号線、国道471号線で平湯まで、安房峠越えの国道158号線(冬季は通行止め)を利用して松本まで、国道19号線、国道20号線(甲州街道)を利用して東京という経路で行けます。 高速道路を使うのであれば、北陸自動車道で金沢東から富山(1590円)まで、国道41号線と国道471号線を経由して安房峠道路(安房トンネル770円)、国道158号線を利用して松本まで、長野自動車道と中央自動車道を利用して松本から八王子経由で東京調布下車(5430円)までというコースが最短時間だと思います。 片道の有料道路代は7410円です。 東京で安い宿を探す ユースホステル以外に安い宿を探そうということでしたら東京の場合 JR常磐線・地下鉄日比谷線・つくばエクスプレスが通る南千住駅付近には1泊3000円で泊まれる激安の宿がいくつもあります。 基本的には3畳くらいの鍵付の個室です。 エアコンはありますし、大浴場もあり、部屋にテレビは設置されています。 最近は結構小奇麗な宿もあります。 寝るだけなら安い宿で充分という人には、最適です。 東京で利用できる便利なフリー切符 東京ではいろんな乗り放題切符(フリー切符)がありますが、いずれも完璧な乗り放題というわけにはいかないので、行きたいところと該当するフリー切符を把握してお得な東京旅行を楽しみましょう。 地下鉄はマップを見ると乗換えが楽そうですが、実際には乗り換えに、かなり歩かないといけない場合が多いです。 東京フリーきっぷ 大人1590円 小人800円 東京メトロ、都営地下鉄、東京都区内のJR線、都電、都バスが乗り放題 お台場で便利なゆりかもめ、りんかい線・水上バスは利用できません。 東京メトロ一日券 大人600円 小人300円 東京メトロ(地下鉄)が乗り放題です。 東京都内ほとんどのところへは行けるようです。 東京メトロ学生用1日券は300円です。 都電・都バス・都営地下鉄 一日乗車券 大人700円 小人350円 都バスを乗りこなせれば、結構どこへでも行けますが、都営地下鉄は行ける範囲は狭いです。 都営・東京メトロ共通一日券 大人900円 小人450円 都営地下鉄と東京メトロが乗り放題です。 お台場・有明ぐるりきっぷ 大人900円 小人450円 ゆりかもめ、りんかい線、水上バス(お台場・有明エリア)が乗り放題。 お台場で遊ぶなら絶対にお得です。

次の

デジタル時刻表

東京駅から金沢駅

その他の再速達種別「かがやき」は、平均して2時間30分位で東京に着きます。 その違いは、上野駅を「通過」するか「停車」するかの差です。 その下の種別「はくたか」は、3時間以上かけて東京まで行きますが、こちらは自由席がありますので、少しでも安く行きたいのであれば、はくたか号で行きましょう。 料金は以下の通りです。 運賃:7,480円 これに下記の特急料金いずれかを足します。 自由席:6,370円 普通車指定席:6,900円 グリーン車:11,620円 グランクラス:20,000円 普通車指定席のみ、JRが指定する繁忙期の場合「+200円」、閑散期の場合「-200円」になります。 それ以外の料金は通年変わりません。 正式な答えがほしいなら、東日本のサイトからきいたらええで。 値段もしりたいって書いとけば、値段も教えてくれるで。 サイトに電話番号もかいてあるで。 どうして素人がここの答えが正しい答えやってわかるんかが、なぞやで。 ここやと、間違った答えを信じるかもしれんで。 会社の正式な答えでなくてええんなら、ここで満足したらええで。 会社が答える事をここで社員に答えさせたいんなら、社員に時間外労働を求めとるんやで。 会社が答える事をここで質問したら、つりやと思われるで。 東京駅での乗り換えも知りたいって書いとけば、おしえてくれるで。 駅で乗り換えがわからへんなら、駅で制服を着て帽子をかぶっとるもんにきいたらええで。 看板なんかもあるで。 乗り換えがわからへんなら、時間に余裕をもったほうがええで。 ネットが使えるんなら、えきねっともあるで。 石川県のどっから乗って東京都のどこでおりるんかしらんが、乗車券は初めに乗る駅から目的の駅まで買えるで。 学生なら101キロ以上なら学割を使えば、運賃だけ2割り引きになるで。 学割は、学校に学割証をだしてもらうんやで。 学割は担任の先生か事務に行って、きいたらええで。 乗車券は、普通列車しか乗られへんで。 新幹線と在来線の特急に乗るんなら、特急料金も払うんやで。 特急料金は指定席に乗るか自由席に乗るかで、ちうで。 指定席の値段は、乗る日によってちがうで。 自由席なら、指定席よりちょっと安いで。 新幹線に乗る距離をへらせば、特急料金がちょっと安くなるで。 駅に行くと切符を申し込む紙があるんで、それに書いて窓口の係員にわたせばええで。 間違っとったら、係員が教えてくれるで。 切符は旅行会社でも買えるとこがあるで。 寝台料金とグリーン料金なんかは、ついかするんやで。 新幹線はたくさん走っとるんで、乗りたいやつの指定席が満席でも他のやつが空いとるか見たらええで。 自由席で座れるかは、車内に入ってからしかわからへんで。 最も早いのは、かがやき号ですね。 そのかがやき号の中でも、かがやき514号が最も早いです。 金沢を17:55にでて、東京には20:23につきます。 次に値段についてですが、 かがやき号の場合、普通車自由席の設定がないため、 最も安いのは普通車指定席です。 普通車指定席の正規料金は、14380円です。 正規料金ではなく、割引サービスを利用した場合、 JR西日本の、eチケット早得14が9920円となります。 自分で見れる範囲では、これが最安値でした。 ちなみにこれと全く同じ価格でJR東日本のえきねっとの 先にトクだ値30というサービスがあります。 これは、金沢駅での発券ができないので、あまりお勧めできません。 14日以内に乗車する場合、 eチケット早特1が最も安いと思います。 12760円となっておりますが、 一日前までの予約が可能です。 (上の同サイトから予約) 当日に発券する場合は、 eきっぷというものを上のサイトからとるのが最も安いです。 ただし、正規料金と120円の違いしかないため、 正規料金で買ったほうがログインの必要がなく、 便利かもしれません。

次の