マスター ランク 防具。 【これで楽勝!】アイスボーンマスターランク序盤おすすめ武器と装備!&おすすめ攻略法!イヴェルカーナ&ベリオロスまで!【モンハンアイスボーン】

【MHWアイスボーン】マスターランク(アイスボーン)序盤の攻略とやるべきこと【モンハンワールド】

マスター ランク 防具

ナナテスカトリは、青い炎を設置する性質を持つ。 この炎の上にいると、継続ダメージを受けてしまう。 クーラードリンクや熱ダメージ無効で対策できるので、必ずどちらかを用意していくこと。 水属性で消化可能 設置炎は、活性化前に水属性武器で攻撃すると消える。 しかし消せる範囲が狭く、次々に設置されるので非効率的。 そもそもナナテスカトリの最大弱点は氷属性なので、あくまで豆知識程度に覚えておこう。 対策しても設置炎には近づかない 設置炎は、ナナの炎に触れるか羽ばたきで燃え上がる。 この状態では、 クーラードリンクを飲んでもダメージを受ける。 さらに、 燃え上がる際に爆発して吹っ飛ばされるため厄介。 対策していても近づかないこと。 活性化すると弾と矢が弾かれる 活性化した設置炎は、弾や弓を弾く。 ナナ自身が設置炎付近に陣取ることも多いため、ガンナーは射線に設置炎を入れない立ち回りも要求される。 ガンランスの砲撃でも活性化 ガンランスの砲撃が当たると、設置炎は燃え上がってしまう。 砲撃主体でガンランスを使う場合は、より設置炎を警戒して立ち回ろう。 火属性攻撃でも活性化するが、ナナの弱点を考えると持っていくこと自体が無い。 ヘルフレアを最大限警戒する ナナテスカトリは、 前足か後脚にダメージが蓄積するとダウンする。 逆に頭部は部位破壊以外では怯みしか発生せず、肉質的にも特段柔らかいわけではない。 テオと同じ感覚で頭部を狙わないこと。 攻撃も回避しやすくなる ナナは頭部側に行う攻撃が多い。 脚付近なら比較的安全に戦えるので、そういった意味でも脚を狙うのがおすすめだ。 ナナの主な攻撃と回避方法 ナナテスカトリの主な攻撃まとめ 【注意】 設置炎 様々な攻撃で設置される炎。 継続ダメージを受け、ナナの攻撃と羽ばたきで爆発と共に活性化する。 【注意】 ヘルフレア 龍炎纏いが最大になると使う。 スリップダメージ技なので、独特な対処が必要。 【注意】 小規模ヘルフレア マスターランク個体の技。 頭部前方が範囲なので、脚側へ逃げよう。 【注意】 カウンター 威嚇するように青白く光って待機する。 攻撃するとビンタされ、放置すると龍炎纏いが進む。 回転ブレス 半回転しながらブレスを吐く。 射程が狭い代わりに広範囲なので、攻撃チャンスにはなりづらい。 ブレス 前方にブレスを吐く。 単純なので脅威度は低く、使用頻度も高くない。 ビンタ 前脚で殴る。 シンプルだが発生が早く、なかなか厄介。 尻尾 尻尾を左右に振り付ける。 テオよりも素早く、範囲が広い。 熱風 羽ばたいて前方広範囲に設置炎を撒く。 龍炎纏い中は攻撃が激化 他の古龍種同様、戦闘が進むと能力で自身を強化していく。 ナナの場合はテオと同じ龍炎纏いで、龍炎纏い中は攻撃が激化し ヘルフレアを使用してくる。 いつでもヘルフレアをしのげる準備をしておくこと。 設置炎の爆発を警戒する 設置炎が活性化する際の爆発は、見た目以上に範囲が広い。 1度当たってしまうと起き攻めの危険が伴うので、常に爆発を警戒しよう。 カウンターはハジケ結晶などで防ぐ ナナテスカトリは、 頭部を青白く光らせて威嚇する時がある。 一見するとスキだらけだがこれは罠で、攻撃するとビンタされる。 しかし放置すると龍炎纏いが強化されてしまうので、ハジケ結晶などをぶつけて怯ませるのがベスト。 テオと同じ予備動作に注意 テオと同じ予備動作でブレスと尻尾を繰り出すが、肝心のモーションがテオと違う。 ブレスは半回転し、尻尾は素早く範囲が広い。 テオの場合は攻撃チャンスだっただけに、迂闊に近づくと危険なので注意しよう。 荒地と溶岩は有用なカスタム強化素材が多いので、上げる過程で自然と出会えるはずだ。 ただし、 地帯レベルを7まで上げるまでにはMRを100まで上げる必要があるため、すぐには出会えない。 導きの地で討伐後フリクエ出現 導きの地でナナテスカトリを討伐すれば、フリークエスト「君との出会いは藍炎妃艶」が出現する。 素材集めの際は導きの地ではなくフリークエストや調査クエストをプレイしよう。 調査クエストも存在する マスターランクのナナテスカトリも、調査レポートの取得で調査クエストを出すことができる。 MRが50以上であれば、マルチで参加して調査レポートを出すことでも調査クエストを入手可能だ。

次の

【MHWアイスボーン】マスターランク防具一覧|レア9〜12【モンハンワールド】|GAMY

マスター ランク 防具

1:アイスボーンが面白い アイスボーンずっとやりたい、イツキです。 マスターランクもどんどん上がり、 敵の攻撃力が尋常じゃないレベルになっている人も居るかと思います。 私も、と 「あるモンスター」にボッコボコにされました。 救難信号出したのに、一人で3乙でした!()このモンスターについては、別で記事を書こうかと思っています。 2:強くなるモンスターに対抗するには? 最初にも書きましたが、 マスターランク3になった途端にモンスターが激的に強くなります。 PVで見る事が出来たモンスター達と実際に戦う時が来るのです!とても熱い展開とも言えますが、戦っている時は 「ヤバイ!ヤバイ!!」と連呼しながら地面を転がっていると思います。 何処までも行けるんじゃななかったのか?と思った人も居るかと思います。 実際には、 「やってやれない事は無いが、とてもキツイ」という状態です。 動きの速いモンスターが増えてくるため新しい攻撃手段も取り入れていきましょう。 3:中盤で作るべきは? マスターランク3 最初のモンスターはいきなり 「ベリオロス」です。 過去にも登場しているモンスターですが、非常に強力なモンスターに仕上がっています。 そんな相手に、 起爆竜杭を刺してフルバーストを当て続けるのはかなり難易度が高いと言えます。 そこで、新たに使うのが 「放射型」です。 ワールドでは、殆ど使用される事の無かった砲撃型ですが、 アイスボーンでは最強の砲撃タイプと言っても過言ではありません。 それほどまでに強化されています。 アイスボーンでは、 素の状態でワールドの集中Lv3と同等の溜め時間になっているので明らかに溜め砲撃の回転効率が良くなっています。 砲撃レベルは5に下がってしまいますが、現段階で最大レベルの放射型です。 ベリオロスを筆頭に、やナルガクルガなどフルバースト所か 「いつ攻撃するんだ!?」と言わんばかりのモンスターが目白押しです。 そこで、強化された放射型の出番です。 瞬間火力に優れるフルバーストも 「当たらなければ意味が無い」ので溜め砲撃に切り替え堅実にダメージを与える方法に切り替える必要があります。 画像では 砲撃レベル5になっています。 しかし、砲撃タイプの特性上 「通常型は竜撃砲の威力が弱い」上に 「竜撃砲の誘爆ダメージも低め」に設定されています。 誘爆ダメージを加味すると、 通常型レベル6と放射型レベル5を比較しても殆ど同じダメージになります。 (約630ダメージ位です)フルバーストが使いにくい相手では、スキが少なく 「近接武器最高レベルのリーチ(最早射程と言えます)」の溜め砲撃を使う時です。 溜め砲撃自体が、かなり強く 1発で100ダメージを軽く超える上に 誘爆ダメージも合わせれば200ダメージ以上を叩き出します。 更に、砲撃の角度も3段階に変更可能で何処でも狙いを付けることが可能です。 踏み込み突き上げからの砲撃派生もやりやすくなっているため非常に戦いやすいです。 最後に簡単なダメージ比較です。 ()の中は合計ダメージでtはトータルの略です。 検証条件は、トレモの柱 砲術レベル3 で計測しています。 そんな中現れる救世主が 「ナルガクルガ」です。 なんと、シリーズスキルが 「真・業物」で ゼノ・ヴァのシリーズスキルの完全上位互換になります。 他にも、今後長く使えそうな防具が沢山登場します。 その中から、に最適な防具を紹介したいと思います。 1つ目は、 ナルガクルガ混合装備です。 最初に、書いた通り 「真・業物」が発動するので 切れ味を気にせずフルバーストを使っていくことが出来ます。 スタミナ急速回復も発動する為、ステップを多用するにはありがたいスキルです。 シリーズスキルは、 3つ装備すれば発動できるので残り2つは好きな防具を使う事が出来ます。 珠が足りない場合は、装備を組み合わせてみると面白いと思います。 2つ目は、 集中スキル混合装備です。 レア度10の防具を作れるようになると、集中スキルが付いてるものが増えます。 ディノ・レウスには、 集中が付いているため溜め砲撃を主軸に戦う場合は必須スキルといえるでしょう。 部分的に組み合わせて使いましょう。 ナルガ・ディノの混合装備もかなり良さそうですが、 砲術や砲弾装填数up・ガード系スキルが一切無いので、 珠のハードルが高くなるのがネックです。 集中は、珠のハードルがかなり高い部類に入ると思います。 アイスボーンから入った人やそこまでやり込んでいない人は持っていない人も多いかと思います。 しかし、 救世主が存在します。 ケストドンの防具で、腕しかありませんが非常に作るのが簡単で誰でも作れます。 1スロットが2つ付いているので、 砲術や体力増強を付ける分には問題無い上に、 耐性値にマイナスがありません。 非常に重宝する防具だと思います。 3つ目は、 作らない。 おすすめとは、何だったのか?と言われそうですが意外と多い選択肢かもしれません。 何かしら マスターランク防具で防御力を手に入れれば、後はスキル調整で何とかしてしまう人も居るかもしれません。 ガマル一式があれば、何とかなる気もします。 それに、レア度の高い装備を必ず使う事になるので余計な手間を増やさないと言う考えの人も居そうです。 とりあえずナルガを3つ入れた装備です。 これだけでも、それっぽい防具になります。 ガード性能・砲術・集中・砲弾装填数upなど優先するべき所は人によるかもしれません。 5 :放射型に慣れよう ワールドで放射型を使い込んだと言う人はかなり稀だと思います。 アイスボーンで初めてちゃんと使ったと言う人も多いかと思います。 (私です)溜め砲撃を主軸に戦う事になりますが、 溜めの時間が大幅に変わっているのでタイミング合わず砲撃が出ないという事もかなりあると思います。 (私ですね)ここでは、放射型がどの様なタイプなのかを軽く確認して行きたいと思います。 砲弾装填数3発で、 砲撃のリーチが一番長いタイプになります。 溜め砲撃に関しては 「近接武器の射程では無いレベルで長く」「ダメージも一番高い」です。 竜撃砲の威力は通常型と拡散型の間です。 フルバーストも、砲弾装填数upで補強して上げる事でそれなりのダメージを出すことも可能です。 ここまでは、良い事を中心に書いてきましたが悪い事(使っていてミスしやすい)もしっかりとまとめて行きたいと思います。 1つ目は 「何発打ったか分からなくなる」という問題です。 溜め砲撃は、弾がある限りいつまでも撃ち続ける事が出来ます。 非常にいい事なのですが、戦闘中に確認が疎かになると 「あれ?弾が無い」という状況になりがちです。 連携の構造上非常に分かりやすい通常型のフルバースト、 装填数が少ない事で管理がしやすい拡散型の突き砲撃、 放射型は溜め砲撃だけで攻撃が完結しているので 状況の確認が疎かになると「弾が無い」という状況が起きやすいと思います。 2つ目は 「溜め砲撃が出ない」という問題です。 ワールドの集中無しの状態からアイスボーンの集中レベル3の状態では2倍以上溜め速度が違います。 押したけど出ないと言う人が結構いると思います。 突き攻撃や砲撃のように、 「ボタン連打では出ない」のでしっかりと 「タイミングよくボタンを長押しする」必要があります。 何とも、 「の目押し」みたいなことをしないといけないです。 踏み込み突きや砲撃後の硬直をしっかりと把握し、適切なタイミングでボタンを押しましょう。 地味ですが、一番重要なやり込み要素かもしれません。 追記 詳しい防具紹介をこの記事で書いたので、詳しい内容を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 今回はこの辺で ノシ ituki924.

次の

【MHWアイスボーン】クリア後(エンディング後)にできること【モンハンワールド】

マスター ランク 防具

こんにちは!ユウキ()です。 今回は、マスターランクでおすすめのオトモ装備について紹介していきたいと思います。 オトモはサポート役に特化させることで、 ソロ戦ではとても優秀なパートナーとなります。 攻撃力 近接65 遠隔20• 攻撃系統 打撃• 属性 睡眠属性100• 会心率 0%• 防御力ボーナス +20%• 必要費用 500pts• 必要素材 大竜骨塊 1個 大竜骨塊は、マスターランクの 「ラドバルキン」から入手できます。 攻撃力 近接45 遠隔25• 攻撃系統 打撃• 属性 麻痺属性90• 会心率 0%• 必要費用 400pts• 必要素材 モンスターの特濃 1個・オオツノアゲハ 1個・濃縮麻痺袋 1個 モンスターの特濃は、マスターランクLv2のフリークエスト 「虫?虫!?虫!!!」のクリア報酬で入手できます。 オオツノアゲハは、 「植生研究所」でハチミツを依頼するとたまに入手できます。 濃縮麻痺袋は、マスターランクの 「ドスギルオス」か 「トビカガチ亜種」で入手できます。 というのも、敵モンスターの弱点属性であるオトモ武器を選択したところで、大した火力は期待できないうえに、毎回装備を変更するには手間がかかってしまいますよね。 大型モンスターでも約10分ほどで眠らせることが可能です(ディノバルド亜種は20分ほどで2回眠りました) 眠っている最中に大タル爆弾Gを2つセットし、起爆させて大ダメージを与えましょう! 部位破壊も狙いやすくなるため、かなり有利に戦闘を進めることができますよ。 おすすめのオトモ道具 オトモ道具は 「はげましの楽器」をオススメします。 はげましの楽器は戦闘中にオトモが演奏を始め、 ハンターのステータスを上昇させたり、様々なサポートスキルをかけてくれます。 特にソロ戦では、はげましの楽器一択ですね。 また、演奏中のオトモはダメージを受けないので安心してください。 主なサポートスキルは下記の通り。 おすすめのオトモ防具 マスターランクのオトモ防具はどれも防御力が高いため、性能よりも見た目重視で決めるのもアリだと思います。 必要な素材の数も少ないため、簡単に作成できます。 防御力 471• 防御力 471• 防御力 475• 防御力 471• 防御力 459• 防御力 475• 防御力 483•

次の