荒野行動 精鋭デザイン。 【荒野行動】死神の精鋭デザイン・色違いの入手方法!特殊ゲットに要注意! 【KNIVES OUT】

荒野行動の訴訟問題終止符によるユーザーへの補填がすごい!!│ぽわんGameChannel

荒野行動 精鋭デザイン

死神の精鋭デザインとは? 荒野行動で現在、もともとセットとして排出されていた死神のが色替えできるとひそかに話題になっています。 本来色違いのは別のとして登場することも多かったのですが今回の死神に関しては少し特殊な方法での入手方法となっています。 デザインという名目ですが死神をセットで持っていればやを引く必要なくチケットの使用で入手が可能です。 今回は 死神のデザインについて見た目と入手方法をご紹介します。 死神の精鋭デザイン衣装の見た目 死神のデザインは 赤・青・光(金)の3種類が存在しており、それぞれ目の光だけでなく全身の色が変わるのが特徴的です。 染色という表記もされており、を入手してからチケットを使うという今までのにない特殊な感覚になります。 荒野行動の原則は変わらず、光が一番最上位種になっていますが車と異なり順番通りでなくとも入手できるようです。 死神の精鋭デザイン衣装の入手方法 入手には 死神装備をフルセットでコンプリートしておくのが第一条件でその後チケットLV4(オレンジ)を規定枚数使用することでゲットすることができます。 死神装備は現在単独ピックアップや販売をしておらず、専属からの排出限定となっています。 フルセットを入手出来たらからセットとして選ぶことで色違いのデザインを購入・選択が可能です。 赤にするにはチケットLV4が10枚 青では15枚 光では20枚 必要とされているためかなりの枚数が必要になります。 チケットLV4はなかなか入手しづらいですがからも排出されるほか、イベントでのボックスから入手も可能ですのでそちらがおすすめです。 チケットの入手にはをすることが一番早い方法ですが、それでもやはりかなりの額が必要ですので注意しましょう! まとめ 今回発見された 死神のデザインに関してはあまり騒がれておらず、いつの間に実装したのかわからないというプレイヤーも多いのではないでしょうか。 死神をフルセットでそろえており、なおかつチケットLV4が大量にあるという方が少ないのが原因のようです。 まだあまり知られていないため、もしも 自分が死神を持っており、色が変えられるならば待機所でも注目の的となると思います。 色替え自体のは非常にいい内容だと思うのでオリジナル感を出すためにもぜひ他のなどにも実装してほしいですね。

次の

【荒野行動】探検家001の紹介と評価

荒野行動 精鋭デザイン

Contents• 衣装・スキンは、荒野行動のキャラクターのアバターを着せかえたり、武器の塗装を変更することができる『道具』に分類されるアイテムです 着せ替えを行って、フレンドや、戦場で他のプレイヤーに見せることが出来る他、自分だけのキャラクターを作成して満足感が得られるというシステムになっています。 衣装やスキンでは能力は変わらない? 衣装やスキンを購入して装備したところで、キャラや武器の性能が向上するシステムではありません。 直接ステータスに影響はしませんが、強いて言うなら、服のデザインが迷彩になったりすることで見つかり辛くなったり、一部の武器スキンに用意されている特殊な効果やギミックによって少しだけ性能が向上することがあります。 とはいえ、移動速度が圧倒的に早くなったり、武器のダメージ量がアップするわけは無いのでその点は注意してください。 荒野行動は中国のゲーム会社が制作したゲームなだけあって、日本のスマホゲームと違い、課金ありきのシステムではありません。 また、一部課金装備は無料のガチャで手に入れたりすることが出来る様になっています。 無課金でも衣装やスキンは手に入る? 荒野行動では、軍資補給という名前のガチャシステムがあります。 このガチャには、回すのに必要な物によって以下の3つの種類があります。 金貨70,000枚• ダイヤ6,000個• 金券10枚 この中でも、金券は課金アイテムになるので、課金しないと回すことが出来ません。 ですが、金貨とダイヤは無課金でもゲームをプレイすることによって集めることが出来る通貨になっているので、無料で回すことが出来るガチャになります。 どんな衣装やスキンが出るのか確認したいときには、ガチャの名前の横にある目のマークを押すことで、どんなアイテムが出てくる可能性があるか見ることが出来ますよ。 衣装やスキンは購入も出来る! 無課金でも衣装やスキンをガチャでゲットできることが分かりましたが、ガチャでは狙ったアイテムが出てくるとは限りません。 そこで嬉しいのが、ガチャ以外にもショップで好きな衣装を金貨・ダイヤ・金券で買うことができます。 ショップで販売されているアイテムは、ガチャよりも有料アイテムも多くなっていますが、確実に欲しい衣装やスキンを手に入れられると考えれば同じくらいでしょう。 当然、衣装によって金貨・ダイヤ・金券のどの通貨が利用できるのか変わってくるので、金券以外の通貨で購入できるものを購入しましょう。 服のスキンの項目は大きく分けて4種類に分けられています。 ヘッド• トップス• ボトムズ• シューズ これらを単品で購入することも出来ますし、ある程度固まったテーマ一式がセットとして販売されているので、トータルコーディネートも購入できます。 荒野行動は無課金でも全く問題ない! 課金で入手出来る要素である衣装やスキンですが、課金以外にも無課金でもゲット出来る物が多いので、欲しいスキンがどれに該当するか確認してみてください。 イベントのイベントコインを利用してイベントのガチャで手に入る• 公式がコラボ記念などで無料配布する• 普通物資・高級物資などのガチャから当てる• デイリーミッションとウィークリーミッションの活躍値ボーナスで当てる(1日120以上の報酬箱または、500・1000の週活躍箱から特定のセットが出現)• ショップから購入する• シーズンごとのランク戦でプラチナランク以上TOP3を5回獲得する これらのどの条件で手に入れることが出来るのか調べて、欲しい衣装やスキンを入手してくださいね。 さらに、無課金で衣装やスキンを入手する為に考えられるのは、高級物資の48時間に1度無料というシステムです! 確実に逃さないようにしましょう。 ただし、報酬はランダムになっているので確実にダイヤが手に入るわけではありません。 毎日根気強く繰り返すことでダイヤも集まっていきます。 レベルアップ報酬で獲得 荒野行動では、キャラクターがレベルアップするごとにダイヤを受け取ることができます。 ダイヤを一気にたくさん集めたいと考えている方は、プレイヤーレベルをガンガン上げてみてください。 週・月パスを購入する 課金アイテムにはなってしまいますが、週パス・月パスを購入することによって、多くのダイヤを獲得することができます。 週パス:計920• 月パス:計4590 という膨大なダイヤがゲットできます。 キャラの外観にこだわりたい方にはおすすめできます。 課金システムは、あくまで見た目や演出を変えることによって、より楽しむ事が目的です。 AIMや立ち回りは、自分が練習して磨いていくしかないのです。 ただ、金券を消費するほど優遇される『精鋭特権』を獲得できたり、華やかな見た目に身を包むことが出来るのは一つの憧れでもあります。 有利不利はありませんが、他のプレイヤーと異なるプレイが出来るので、より楽しさを求めたいプレイヤーは課金するのもアリかもしれません。 精鋭特権とは? 課金したことによるメリットを増やして、課金する人口を増やすためにある精鋭特権というシステムについてご紹介します。 課金するだけ優遇される? 精鋭特権とは、金券の消費額に合わせて、豪華報酬や特権が貰えるシステムです。 金券を1枚消費する毎に精鋭レベルを上げるのに必要なポイントが1貰えます。 報酬はレベルアップに応じて段々豪華になっていきます。 精鋭Lv1に到達するためには、金券を10消費する必要があります。 レベルアップで特権ゲット レベルアップに応じて• 専属精鋭勲章• アイコン枠開放• 専属チャットフォント色・パック枠 の3つの特権が貰えます。 交流画面の華やかさが増すので、自分のコメントが目立つようになります。 現実世界で8キロ移動するには、時速100キロの車で3分から4分必要になります。 実際にプレイしている方は良く分かると思いますが、本当に広いです。 端から端まで対角線で移動しようと考えたら気が遠くなります。 そんな広大なマップに99人の敵がいることになるので、どこから襲撃されるか分かりません。 そこで、広大なマップを攻略するために注意するべきポイントをご紹介します。 ミニマップを常に確認する 荒野行動を攻略するために最も重要な要素は、ミニマップに表示されている周囲の音や安全・危険エリアの範囲を確認するという事です。 この2つは非常に重要な要素となっており、次の安全エリアの場所をあらかじめ把握しておくことで、移動するべき方角やタイミングが分かります。 ミニマップには周囲の様々な音に関する情報も表示されています。 自分の近くにいる敵プレイヤーが足音を立てた時や、銃声を発した時、乗り物で近づいてきたときにミニマップ上に方角と近さが表示されます。 マルチプレイをしている場合は、味方の音でも表示されるので、味方の場所を確認してその足音が味方なのか敵なのかを確認してください。 となれば、自分が音を出したときにも敵のミニマップに方角と距離が表示されてしまうので、注意が必要です。 銃を誤射してしまった時には、遠くまで音が響いてしまうのでしばらく安全な場所に隠れておくのが得策でしょう。 爆撃エリアに要注意! マップを見ていると、赤と白の円と赤く塗りつぶされた円が表示されていることがあります。 この真っ赤に塗りつぶされている小さな円は、爆撃エリアと言って、一定時間が経過した後に爆撃を受けるエリアを示しています。 爆撃されるエリア内に居て、運よく爆撃が当たってしまうと戦闘不能状態に入ってしまいます。 助けに来る味方がいれば良いですが、味方も危険にさらされることになるので注意が必要です。 逃げる方法は、屋根のある建物に入ることです。 車に乗っても車ごと爆破されてしまうので注意が必要ですね! この爆撃エリアは場所もタイミングもランダムで発生します。 ミニマップが真っ赤になったら確実に爆撃エリア内に居ることになるので、移動するか建物の中に避難してくださいね。 また、課金によって手に入れることが出来る衣装やスキンも、無課金で手に入れることが出来ます。 もっとも攻略に重要なのは課金ではなく、マップを活用して確実に敵をキルしていくことです。 爆撃や安全地帯は初歩的な注意ポイントですが、意外と忘れてしまうので気にして見ておいてくださいね!.

次の

荒野行動で登場する光学機器は本当にあるの?スコープ・ドットサイトをご紹介!!

荒野行動 精鋭デザイン

1.そもそも荒野行動ってなに? 荒野行動(KNIVES OUT)はNetEase Games(網易)が2017年11月にスマホ向けに全世界に配信されたアプリゲームです。 この中には銃の名称は違うものの見たことあるぞ・・・という銃や光学機器が多数登場します。 youtubeでは数多くのゲーム実況者がプレイしているということもあり、知名度は非常に高いです。 ルールとしては100人のサーバーで少しづつフィールドが狭まってくる中でバトルロワイヤル形式、すなわち全員が敵状態で戦い、最後の一人になるまでそれを続けるというようなゲームです。 戦略性も高く、課金したことによる戦力差などはなく、無課金でも十分楽しめるアプリのようです。 2.荒野行動で登場する光学機器集 それでは実際に荒野行動に登場するドットサイト、スコープをご紹介していきましょう!! 名称は権利関係の都合上か違うものもありますが、形状などから判断していきますのでご紹介していき紹介していきます!! 1.レッドドットサイト 視野を少し拡大し、発射精度を大幅に向上させる。 一倍率ドットサイトで視野が広く狙いやすいのが特徴です。 本物は・・・ C-MORE: C-MORE RAIL WAY ドットサイト C-More社のオープンダットサイトはチューブダットサイトに比べ広い視野を確保しシューターの負担を減らす軽量化に成功しています。 長年変わらないデザインと世界中の多くのプロシューターが愛用しているようです。 荒野行動で出てくるレッドドットサイトはこれになります。 レッドドットサイトイコールこの形状ということではありません。 赤いドットが点灯するドットサイトであればすべて「レッドドットサイト」です。 笑 荒野行動では大まかな名称をこの名称としたのですね。 2.ホロサイト 視野を少し拡大できて、発射の精度を大幅に向上する。 レッドドットサイトと異なるのは「ドットの周りにサークルドットがある」というところです。 これにより近距離において素早く敵を視認することができ、素早いサイティングがしやすくなります。 個人的には荒野行動ではこれが使いやすくてよく使っています。 本物は・・Eotech ホロサイト 552 Eotech ホロサイトは、最新のホログラフ技術を製品化した画期的な照準機器です。 Eotech ホロサイトを使用することで素早く正確な標的照準が可能となります。 初心者からエキスパートまで、あらゆるレベルの射撃手に効果的に使用することができる。 EOTech ホロサイトはSOCOMほか世界中の軍や警察で採用されています。 モデルによって形状は異なりますが、ホロサイトの標準となるレティクルは単純な点ではなく 中心に点のあるサークル状のレティクル 65MOAサークルと1MOAドット が投影されます。 これは 精密に狙うのではなくすばやく照準を合わせることを主としたレティクルパターンとなっています。 また、目標となる人にレティクルを合わせた際、レティクルと人のサイズを比較することでおおよその距離を測ることも出来るようになっていて、立った人の大きさが65MOAのサークル丁度であれば100ヤード 91. 44m 、半分であれば200ヤード、顔がサークル丁度なら20ヤードと大雑把ではあるが計ることが出来るのです。 このように 中心のドットで精密に習うことができるうえ、素早いサイティングではサークルを用いることができるという両立した性能を有しています。 通常のドットサイトはLEDの光をレンズ面(リフレクター)に反射させることでドットを射手に見せているという非常にシンプルな構造で成立しています。 その為、コストはかなり安く抑えることができます。 だからこそレプリカの安価な光学機器はすべてドットサイトなのです。 それに対し、ホロサイトはホログラフィック投影でレティクルを表示しています。 光をレンズにを映すドットサイトとは構造が大きく異なり、複数のレーザーをホログラムで浮き上がるように投影しています。 ホログラフィックの投影板に細かいレーザーを大量に照射し、円のような形でぐるっとイメージを浮かび上がらせているというのがわかりやすい説明?になります・・! 笑 3.2倍スコープ 遠距離のものを拡大できて、中距離作戦に役立つ。 一倍ではなく覗くことで2倍に拡大して狙うことができます。 レッドドットサイトやホロサイトでは狙えなかった遠距離も狙うことができます。 近距離も使えるし頑張れば遠距離も狙えるので非常に使いやすいです。 本物は・・Aimpoint COMP M2 Aimpoint COMP M2はM68として米軍にも採用されるドットサイトで、最もオーソドックスなスタイルのチューブ型ドットサイトです。 米軍が採用しており非常に人気が高いが、現在はもう生産されておらず、一世代前に大活躍したドットサイトです。 荒野行動と違うところは、まず「倍率がない」というところです。 コチラはスコープではなくドットサイトで、倍率は1倍です。 あとはサークルドットではなくシングルドット 赤い点のみ だというところです。 荒野行動ではゲームということで倍率ごとにアタッチメントを一個ずつ用意する感じですね。 4.4倍スコープ 荒野行動の中でこれがあればかなり優位に進めることができるというようないいアタッチメントです。 遠距離をかなり正確に狙うことができ、アサルトライフルに装着すればフルオートで近距離、セミオートで遠距離をスナイパーのように狙うことができるのです。 非常につい買いやすい反面、至近距離の敵にはかなり不向きで狙いにくいというデメリットもあります。 現在でも非常に多くの国の軍隊に採用されています。 ACOGは以下の国々の各組織(主に陸軍組織で正式採用)で使用されている。 アメリカ:アメリカ軍(アメリカ陸軍及びアメリカ海兵隊師団で採用配備)・各種法執行組織など公的機関• 台湾:中華民国陸軍(2010年代初頭から金門島駐留部隊など中華人民共和国との最前線部隊に配備開始)• アラブ首長国連邦:アラブ首長国連邦陸軍• イスラエル:イスラエル国防軍• イラク:イラク治安部隊 イラク戦争敗戦後のイラク暫定政府時代に供与され、一部精鋭師団に正式配備)• イギリス:イギリス陸軍・イギリス海兵隊• オーストラリア:オーストラリア陸軍• サウジアラビア:サウジアラビア陸軍• 日本:陸上自衛隊(2010年代から一部精鋭部隊への調達配備開始)• フィンランド:フィンランド国防軍• ドイツ:GSG-9(西ドイツの勝利による再統一後、ドイツ連邦共和国の特殊部隊にて採用) *wikipediaより引用 見ていただいてわかる通り非常に多くの軍隊に採用されており、実際の4倍スコープは現在でも高い評価で使用されています。 荒野行動では4倍スコープとなっていますが4倍だけでなく8倍のモデルも存在します。 まとめ いかがでしたでしょうか?? 今回は閑話休題ということで荒野行動に登場するドットサイトをご紹介しました。 荒野行動もゲーム性を考えて簡単な名称をつけているのですね。 荒野行動にはまっている人にACOGを見せたら「4スコだ!」といわれたことがあります。 笑 そこはそうだよ!といいつつ「ACOG」のことかな・・??と思いながらですが 笑 ただ、荒野行動は初心者でもわかりやすい名称にしているので、荒野行動をプレイする小中学生でも覚えやすい名称にしているのはとても良いですね! 皆さん知らず知らずのうちにドットサイトやスコープを使用しているんですよね。 小さいころから光学機器の泥沼に少しづつ少しづついざなっていきます・・・!! 笑.

次の