ソフトバンク株価9434。 ソフトバンク (9434) : 株価/予想・目標株価 [SoftBank]

ソフトバンク<9434>の株価は今後どうなる?売出価格1500円を突破できるのか?

ソフトバンク株価9434

前日終値 1,429. 0 09:00 高値 1,429. 0 09:29 安値 1,415. 0 14:59 終値 1,415. 0 15:00 出来高 5,286,600 株 売買代金 7,510 百万円 VWAP 1,420. 9 5,496. 7 11. 4 6,560. 2 18. 8 6,762. 1 5. 8 6,838. 8 6. 6 6,777. 4 6. 44 情報提供 株価予想 業績予想.

次の

ソフトバンク (9434)

ソフトバンク株価9434

コンシューマ事業 コンシューマ事業では日本国内の個人の顧客に対する、移動通信サービス(および付随する携帯端末の販売を含む)、ブロードバンドサービス等の通信サービスを提供しています。 「SoftBank」ブランド• mobile」ブランド• SoftBank 光• Yahoo! BB 光withフレッツ• Yahoo! 法人事業 法人の顧客に対し以下を提供しています。 VPNサービス「SmartVPN」• 移動通信サービス、固定電話サービス「おとくライン」• ConnecTalk(コネクトーク)• インターネットなどのネットワークサービス• データセンターサービス• 流通事業 ソフトウエアの卸販売を提供しています。 その他の事業 その他の事業として、以下を行なっています。 決済代行サービス• スマートフォン専業証券• パブリッククラウドサービスの設計・開発事業• オンラインビジネスのソリューションおよびサービスの提供• デジタルメディア・デジタルコンテンツの企画・制作 ソフトバンクの業績推移 ソフトバンクの過去の業績推移を見ていきます。 ソフトバンクの売上高はほぼ横ばいに推移しています。 比較して2020年の予想売上高は大きく上振れています。 8月5日に発表した1Qでも売上高が前年度比28. 対して、本業の成績を表す営業利益も売上高同様に2020年度から大きく上抜けしています。 8月5日に発表した1Qでも営業利益は前年度比23. ソフトバンクが5月8日に公表した決算によると、19年3月期の連結最終利益は前の期比7. 5%増の4307億円、20年3月期も前期比11. 4%増の4800億円に伸び、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しであるとしています。 また配当に関しても、今期の年間配当は前期比47. 5円増の85円に大幅増配するとしています。 ソフトバンクのROEは日樹に高水準 下記は過去のソフトバンクのROEとROAの推移です。 また、ROAですが2020年の予測では5. ソフトバンクが掲げる成長戦略 好調な業績をたたき出しているソフトバンク。 ここではソフトバンクが将来に向けてどのような成長戦略を打ち出しているのかをご紹介していきたいと思います。 プレミアム」の無料提供など、子会社であるヤフーと連携したサービスを提供していきます。 ソフトバンクのテクニカル分析 ここではソフトバンクは買いか売りかをテクニカル的な側面から分析していきたいと思います。 ソフトバンクの上場来の株価推移 ソフトバンクの公開価格は1,500円でした。 上場して以降、公開価格である1,500円が意識され重い株価推移をしていました。 しかし、5月8日に公表した決算が好感され、大きな陽線を付けて公開価格である1,500円を抜いていることから、テクニカル的には青天井相場で「買い」と判断することができます。 当面のテクニカル的な目標値は1,700円~1,800円と判断することができます。 ソフトバンクの競合他社比較 ソフトバンク(9434)を同業であるNTTドコモ(9437)、KDDI(9433)と比較検討していきます。 ソフトバンク NTTドコモ KDDI PER 15 15. 9 10. 6 PBR 7. 46 倍 1. 71 倍 1. 57 倍 配当利回り 5. 比較して、KDDIは10. 6倍と割安水準であるといえます。 PBRはNTTドコモとKDDIは東証一部の平均値である2倍を下回っており割安圏であるといえます。 比較してソフトバンクは7. 46倍とマザーズの新興企業並みの割高圏にあるといえます。 商品カタログギフトを進呈。 ソフトバンク 19年3月期の連結最終利益は前の期比7. 5%増の4307億円、20年3月期も前期比11. 4%増の4800億円に伸びを見込んでいる。 NTTドコモ 19年3月期の連結税引き前利益は前の期比12. 2%減の1兆26億円、20年3月期も前期比16. 4%減の8380億円に減る見通し。 KDDI 19年3月期の連結最終利益は前の期比7. 9%増の6176億円、20年3月期は前期比0. 4%増の6200億円と見込んでいる。 ソフトバンクのみが大幅な増益を見込んでいるため、業績はソフトバンクが突出しています。 割安度から長期保有を見越して購入するのであれば、KDDIと判断することになります。 まとめ 今回はファンダメンタルとテクニカル両面からソフトバンクの今後の株価推移を分析してきました。 ソフトバンクはテクニカル的は青天井相場のため買い判断です。 また業績も好調であることからファンダメンタル的にも買い判断であるといえます。 よって、株価が指数等の要因で下落したときの押しを狙って積極的に購入したい銘柄であるといえます。 目標株価1,700~1,800円。 4%増の4800億円に伸び、3期ぶりに過去最高益を更新する見通し。 5円増の85円に大幅増配 以上、【9434】高配当利回りが魅力のソフトバンクの株価推移を予想する!IPOの公募価格を上回り今後はテイクオフか!?…でした。

次の

ソフトバンク<9434>の株価は今後どうなる?売出価格1500円を突破できるのか?

ソフトバンク株価9434

PTSマーケット情報はジャパンネクスト証券株式会社から情報提供を受けています。 PTSマーケット情報に関する知的財産権はジャパンネクスト証券株式会社に帰属します。 技術的不可避な理由によってPTSマーケット情報伝達の遅延や中断が生じたり、ジャパンネクスト証券株式会社の事由によりマーケット情報の変更がある可能性があります。 当社およびジャパンネクスト証券株式会社は、PTSマーケット情報の正確性及び信頼性を保証するものではありません。 また、この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社および情報提供元は一切の責任を負いません。 掲載するPTSマーケット情報は閲覧者自身のみ利用するものとし、第三者に提供することを禁じます。 PTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報を閲覧している端末機以外の媒体への転載を禁ずるとともに、PTSマーケット情報の蓄積、編集及び加工等、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 当社のウェブサイトにおいて掲載するPTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報は、参考情報であり、投資等の勧誘を目的にしたものではなく、いかなる有価証券の価値を保証するものではありません。 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の