福岡看護専門学校 学費。 看護専門学校学費ランキング

看護学校の学費はいくら?費用の内訳や総額も解説!入学金を払えないときは?

福岡看護専門学校 学費

第1科• 第2科• 奨学金制度 福岡県看護師等修学資金 将来、福岡県内の特定施設において看護業務に従事することを確約できる学生に対して、修学資金が月額36,000円貸与されます。 卒業後、福岡県内の特定施設で5年間看護業務に従事した時は申請により返還が免除されます。 日本学生支援機構奨学金 人物・学業ともに優れた学生で、経済的理由のために修学が困難と認められる学生に対して、奨学金が貸与されます。 をご覧ください。 その他、ご不明な点がございましたら、事務室までお問い合せください。 学費サポート 本校では信販会社と提携しております。 詳しいご案内・お申し込みは下記、各信販会社バナーよりご確認、お手続きをお願い致します。 日本学生支援機構奨学金 人物・学業ともに優れた学生で、経済的理由のために修学が困難と認められる学生 に対して、奨学金が貸与されます。 高校在学時に予約採用の募集がありますので、高校までお問い合せ下さい。 をご覧ください。 その他、ご不明な点がございましたら、事務室までお問い合せください。 学費サポート 本校では信販会社と提携しております。 詳しいご案内・お申し込みは下記、各信販会社バナーよりご確認、お手続きをお願い致します。 【お問合せ】 【受付時間】9時30分~17時00分(1月1日休み) 授業料・その他納入について 科目 入学手続き時 2020年9月 2021年3月 入学金 200,000円 - - 校納金 授業料 80,000円 200,000円 280,000円 教材費等 25,000円 - 25,000円 教科書代 90,000円 - - 学生保険料 3,000円 - - 小計 398,000円 200,000円 305,000円 合計 903,000円 申請の流れ 教育ローン 日本政策金融金庫の教育ローン 入学費用の場合は、合格発表の前にお申し込みいただけます。 【お問い合わせ先】教育ローンコールセンター 0570-008-656 全国から市内通話料金でご利用できます。 教育クレジット 本校では信販会社と提携しておりますので、ご希望により教育クレジットが利用できます。 通信制専用 第3科 :092-607-3235 家族入学優遇制度 学校法人巨樹の会が設置する、各学校全学科の「在校生」及び「卒業生」「修了生」の『兄弟』『姉妹』『子供』『孫』『配偶者』『両親』『祖父母』が入学された際、入学金より10万円を減免 返金 いたします。 をご覧ください。 その他、ご不明な点がございましたら、事務室までお問い合せください。 学費サポート 本校では信販会社と提携しております。 詳しいご案内・お申し込みは下記、各信販会社バナーよりご確認、お手続きをお願い致します。 【お問合せ】 【受付時間】9時30分~17時00分(1月1日休み) 〒811-0213 福岡市東区和白丘2丁目1番12号 [TEL:第1科・第2科] 092-607-0053 学校代表 [TEL:第3科] 092-607-3235.

次の

学費・学費サポート |福岡医健・スポーツ専門学校

福岡看護専門学校 学費

看護師になるにはどんな方法があるの? まず看護師になるには以下のような手順を通る必要があります。 *看護師学校養成所は入学資格があり、1)3年以上の業務経験を有する准看護士。 2)高等学校を卒業している准看護士。 3)2年通信は7年以上 2018年より の業務経験を有する准看護士。 といった条件があります。 以上の図からわかると思うのですが、 どの学校を出ても最終的には看護師国家試験に合格しないと看護師として働 くことはできません。 しかし 看護師国家試験の合格率は例年90%前後ですので、看護学校でサボることなく通うことができれば、ほぼ看護師国家試験には合格できる ことになります。 看護専門学校• 特徴:即戦力としての看護師の専門的知識・技術を習得できる。 修業年数:3年• 卒業資格:看護師の国家試験受験資格• 卒業学位:• 学費:1,000,000~5,500,000円• 将来:主に臨床の看護師 看護短期大学• 特徴:看護師の専門的知識・技術を習得でき、4年生大学へも編入できる。 修業年数:3年• 卒業資格:看護師の国家試験受験資格• 卒業学位:準学士号• 学費:1,500,000~5,000,000円• 将来:主に臨床の看護師だが、大学編入すれば教育職、研究職もあり。 看護大学• 特徴:看護師の深い専門的知識・技術を時間を掛けて習得できる。 修業年数:4年• 卒業資格:看護師の国家試験受験資格・保健師、助産師の国家試験受験資格や養護教諭1級の資格• 卒業学位:学士号• 学費:2,200,000~7,000,000円• 将来:看護師の他にも教育職や研究職などにも就くことができる。 高等学校 看護科• 特徴:高等学校で学ぶ一般的5科目だけでなく、看護師としての専門的知識・技術を習得でき、最短20歳で看護師になることができる。 修業年数:5年• 卒業資格:看護師国家試験受験資格• 卒業学位:• 学費:2,200,000円前後 3年間の授業料免除の場合• 将来:主に臨床の看護師 看護師養成所【准看護士実務経験7年以上の方】• 修業年数:2年 3年以上の業務経験を有する准看護士• 卒業資格:看護師試験受験資格• 卒業学位:• 学費:1,300,000円前後• 将来:主に臨床の看護師 私は看護とは関係のない大学卒業後、社会人10年目にして看護師を目指したこともあり、より早く卒業して働くことのできる看護専門学校 3年過程 への入学を決意しました。 学費の安い看護専門学校と看護大学はどこですか? ここでは、一般的な看護師ルートである高校卒業からの看護師ルートの中で、進学割合の高い大学と専門学校に絞り、その中で費用の安い学校を記載していきたいと思います。 valuecommerce. valuecommerce. 公立とは都立、市立が運営している専門学校や大学ということになり、 専門学校においては 都内では7か所あります。 公立以外の専門学校は、学校によって、授業料にかなりの金額にひらきがあります。 公立以外では、卒業までに約1,800,000円~5,500,000円かかります。 但し公立以外の学校でも、授業料を安くする方法は存在しますので、それについてご興味のある方は一番下の記事をご覧ください。 都立看護専門学校の場合【2020年4月現在】• 入学金:11,300円• 教科書代:約110,000円 1年次 、約70,000円 2年次 、約10,000円 3年次• ユニフォーム代・教材費 初年度 :約40,000円• その他 損害保険 :4500円• 学校卒業まで総額100万円ちょっとで通うことができます。 但し、授業料が安いこともあり、 倍率は一般入試で3~5倍、社会人入試ですと7~10倍近くと高いのが特徴です。 市立看護専門学校の場合 例:東京都八王子市• 入学金:22,000円• 教科書代 3年間 :約180,000円• 教材費・施設見学代等:約160,000円• 実習服のクリーニング等 靴含む :約130,000円• 国際文化交流費:150,000円• 同窓会費 卒業時 :15,000円• 都立にはない国際文化交流費やクラス費といったものがかかる為、トータルすると僅かに都立より高めになります。 それでも120万ちょっとで通うことができます。 市立学校も都立同様授業料が安いので、例年都立と同じような高い倍率を誇ります。 看護大学で学費の安い学校は国公立の学校 これは国公立の大学になります。 私大では初年度だけでも、約1,500,000円~2,100,000円かかり、卒業までに約5,500,000円~7,000,000円ほどかかりますが、国公立の大学ではこの半分程の学費で通うことができます。 国公立の大学は当然ですが、学力が高めです。 国立大学 4年間 例 首都大学東京 健康福祉学部看護学科• 入学金:282,000円 都民は141,000円• 交通費• ここまでが2020年現在の公立学校の大まかな料金になります。 最新の金額を記載しているつもりですが、正確な情報は各自で個々の学校のホームページを確認したり、資料を取り寄せるなどして調べてみてください。 こちらでは主に学費の安い公立を中心に記載していますが、看護学校は公立学校だけではなく、他にもあります。 いろいろ調べて、個々人にあった学校を探してみると良いと思います。 以下のマイナビでも無料で資料請求できますので、気になる学校があるようなら資料請求してみてください。 年々看護師の需要が増えていますが、看護学校の合格数は毎年変わっていません。 また一度社会に出たあとに看護師になろうとする社会人も年々増えていますので、合格のレベルが上がっています。 私の知り合いも数人が社会人になった後で、看護師になろうと看護学校を受験していますが、毎回皆2次試験 面接 で落ちています。 特に社会人の合格レベルは上がってきています。 そして皆往々に2月後半に他の看護学校もないのか探しています。 なので、慌てない為にも、今のうちに他の看護学校の情報も仕入れて置くことを、ほんとにお勧めします。 働きながら看護学校へ通うことは可能か? 一般会社で働き続けながら看護師を目指せるか? 結論としては可能ではあります。 自分もそうしていました。 ただし看護学校は原則アルバイトを推奨されおらず、入学中は、座学や学内実習、本実習なども非常に多くあり、課題もたくさんだされます。 その為、 働きながら学校で学びたい方は、相応の覚悟が必要ですし、家庭をもっている方などは家族の協力なども必要となってきます。 ちなみに 学校は平日昼間にあるので、当たり前ですが平日昼間に働くことはできません。 学校が終わった後、少し働こうと思う方もいるかもしれませんが、授業後は、 課題が必ず出されるので、まず働くことはできないと思ったほうが良いです。 働くとしたら土日に働くか、金曜の学校終わりに夜勤で入るなどして働くしかできません。 医療機関で働き続けながら看護師を目指せるか? もともと 病院などで働いている方などは、病院にお願いして、パートに切り替えるなどして時間に融通をつけてもらうのも一つの手です。 病院などでは、辞められるよりは残ってもらった方が助かりますので、協力してくれるところは多いです。 また 病院によっては、独自の奨学金制度なども設置しているところもあり、それを利用することで、看護学校の授業料の補填になります。 今後もいまいる病院で働き続ける予定の方は、奨学金があるのか確認をして、あるようなら利用した方が得です。 社会人の勉強の仕方 社会人の方は、一度勉強から離れていた為、勉強の仕方を忘れてしまっている方も多いと思います。 しかし現代は、わからないところはネットで調べることができたり、youtubeの勉強動画などもあるので、勉強の仕方としては、恵まれている環境が揃っています。 やる気さえあれば独学でも十分に看護学校へ入る知識をつけることは可能です。 どうしても一人で勉強することが難しい方は、看護師の予備校などへ通うのも一つの手です。 学卒に応じた看護学校の選び方 高卒資格があり、就業経験なし・若しくは3年未満の社会人で看護師にとにかくなりたい方 この条件にあてはまる方には、看護専門学校をおすすめします。 3年以上の就業経験のある方との違いとしては、社会人受験資格があるかないかの違いだけです。 高卒からストレートで看護専門学校を目指す現役世代の場合、推薦試験と一般試験の2回チャンスがあります。 高卒資格のある就業経験3年未満の25歳未満の方は、社会人入試を受けることができない為、年明けにある一般試験 筆記試験・面接 のみがチャンスとなります。 3年以上の就業経験があり、何よりも早く看護師になりたい方 社会人の方でとにかく早く看護師になりたい方には、3年で看護師国家資格免許を狙うことができる看護専門学校がおすすめです。 卒業までのコストパフォーマンスに於いても、大学と違い1年短い3年間で卒業できるので、トータルコストは大学より明らかに安く抑えることもできます。 また看護専門学校の入試には、25歳以上なら社会人枠という小論文・面接の試験で受けることもできる為、筆記試験の苦手の方にはおすすめです。 小論文も筆記も得意といった社会人の方は、9~11月頃に行われる社会人入試 小論文・面接 、1~2月に行われる一般入試 筆記試験・面接 と2回チャンスがあるのも特徴です。 じっくりしっかり学んで、将来的に少しでも多く給料をもらえる看護師になりたい方 じっくり基礎から考えて学びたく、お金にも時間にも余裕がある家庭の方には、看護大学がおすすめです。 看護大学では、4年間で学ぶ科目数が多いこともありますが、保健師や助産師に必要な科目を履修することで、看護師国家試験受験資格だけでなく、保健師、助産師の受験資格も得ることができます。 また大学卒業をすると、学士という称号を得ることができ、これを得ることで、大学院の受験資格も得ることができる為、研究職などへの幅を広げることもできます。 また病院によっては、専門卒か大学卒かによって、月1万円ほど給料体系が違ってくるところも多くあります。 看護専門学校とはこうした違いもあることから、現状、看護師を目指しつつ、将来的にステップアップも視野に入れている方は、看護大学がおすすめです。 学校卒業後の進路について 卒業後、都立・公立病院で働きたい方 都立病院や市立病院などで働きたい方におすすめなのは、公立の大学・専門学校です。 理由として、実習先が学校近辺の都立病院や市立病院になるからです。 例年、公立学校の卒業生の半分以上が実習先の病院へ就職しています。 卒業後、大学病院で働きたい方 新卒から大学病院で働きたい方は、病院付属の大学へ行く方が、採用の確率は高くなります。 病院側は採用に出身校は関係ないとはいっていますが、例年半分近くを付属の大学出身者が占めているという事実もあります。 また付属の病院がある大学は、実習病院が付属の病院になるので、ほんとに働きたいか確認することもできます。 そのため、大学病院で働きたい方は、付属の大学へ行く方が近道と言えるのは間違いないといえます。 働きたい場所が定まっていない方 この状態の方は、どこの学校へ行っても問題ありませんが、将来の選択肢が広がるという意味では、大学の方が良いとは思います。 看護師に求められる人物像はどんな方? 別記事で細かく載せておりますので、看護師になるとどういう資質を求められるのか不安な方はご覧ください。 まとめ どうですか?学費の安い看護学校は公立ですが、家庭環境や将来描いている看護師像によっては、それ以外の選択肢もたくさんあります。 ですが、看護師は一度なってしまえば、一般職に比べて、若いうちからある程度の給料を確保できるので、将来的には高い学費も早いうちにPAYできます。 万一、望みの学校へ入ることが出来なくても、看護師は中途採用も盛んな職業なので、あまり神経質になる必要はありません。 正直、看護業界は学歴より、職歴です。 また 看護学校で掛かる学費においては、 各種奨学金や雇用保険制度を上手に利用することで、殆どお金を掛けることなく通うことも可能になります。 下記記事に載せてありますので、看護学校を目指す方は、一度ご覧になっておくと良いと思います。 看護師 はじめまして、現役看護師をしている「さーし」です。 普段は看護師として働き、家に帰ってからは、ブログを更新するといった毎日を過ごしています。 「流れない水は腐る」 この言葉を信念に悩める看護師へ向けて背中を押せるような転職記事を書いています。 また新たに看護師になりたいと思う方へ向けての情報も発信しています。 このサイトを通して、看護業界に根強く残る「看護師不足」とそれに不随する「燃え尽きての退職」「潜在看護師の問題」といったことが少しでも解消されて、現場で働く看護師さんの笑顔をつくれたら幸いです。 転職や看護師のなり方などわからないことは気軽に質問してください。 よろしくお願いします。

次の

看護学校の学費はいくら?費用の内訳や総額も解説!入学金を払えないときは?

福岡看護専門学校 学費

看護師は常に需要がある仕事ですから、常に求人のある職業に就きたいという人にはおすすめの職業です。 そんな看護師になるためにはどれくらいの学費がかかるのでしょうか?ここでは看護学校の学費を安く抑える方法や比較的学費の安い学校などをご紹介します。 看護学校の進学費用にはいくらかかるの? 将来、看護師になりたいという夢を抱いている人は看護師の国家試験を受けて合格しなければなりません。 看護師国家試験を受けるためには国立の看護大学か私立の看護大学、または専門学校で3,000時間以上の教育を受ける必要があります。 気になる学費に関しては専門学校がいちばん安く、次が国立の看護大学で、私立の大学と比較すると数十万円~100万円ほどの違いがあります。 ただし偏差値の点から言えば学費の高い私立大学ほど「広き門」になっているという傾向があります。 国立看護大学の学費 国立看護大学の入学金は282,000円、授業料は535,800円ですが、授業料は前期と後期の2回に分けて納めます。 私立看護大学の学費 私立の看護大学の場合、学費はそれこそピンからキリまでありますが、いちばん安い大学で初年度に納める額(入学金・授業料・その他の諸費用)は約1,150,000円、最も高いところが約2,500,000万円です。 専門学校の学費 専門学校は学費が安いといわれていますが、地方によって金額にはかなりの差があります。 看護専門学校の少ない地方では学費が高い傾向にあり、首都圏では数十万円安くなる傾向がありますので、将来大都市で看護師として活躍したいのであれば上京して専門学校に入学するのも悪くない考えです。 専門学校で最も安いところの初年度学費は25万円前後となっています。 高いところは190万円程度で、全国平均にすると約85万円となっています。 看護学校で入学金や授業料以外にかかる「学費」はいくら? 看護学校や大学に入学する際には、入学金と年間授業料の他にもさまざまな費用が必要になりますので、入学の準備をする際にはその分も念頭においておかなければなりません。 学費を極力抑えたいと考えている方は、授業料だけではなく総合的な費用で判断する必要があります。 費用の主なものは「施設整備費」や「教育充実費」、「教材費」「テキスト購入費」「白衣代」などです。 制服のある学校では「制服代」も必要になってきますし、別途「学生保険料」もかかります。 以下、諸費用が具体的にどの位かかるのかを例を挙げてご紹介します。 国立大学の場合、テキスト購入費は4年間で13万円ほど、実習時に使用する教材費(聴診器や血圧計など)が1万円(1年次)、制服代(シューズも含む)が3万円、そして学生保険が4年間で1万8千円です。 この他に各種ワクチンの接種費として8万5千円かかる点も見逃せません。 さらに看護大学の特色としては各臨床実習地への交通費および滞在費(4年間)というものが必要になってきます。 これらの諸費用をトータルすると60万3千円ですから、いくら国立の学費が安いといっても授業料以外の費用分をかなり多めに見積もっておかなければならないことがわかります。 私立大学においても施設設備費だけでも15~20万円かかりますから、ただ単に入学金と授業料を合わせた金額で学費を判断するのではなく、こういった諸費用も合わせて学校選びをすることが大切になってきます。 看護学校の学費を安く抑える方法 看護学校で学ぶにあたっては、できれば学費を抑えたいと考える人が多いでしょう。 もともと学費が安い学校を選ぶこともポイントのひとつですが、各学校にある奨学金制度を活用するのも賢い方法です。 学費の安い看護学校を選ぶ 看護専門学校の中でも特に学費の安い看護学校をいくつかピックアップしてランキング形式でご紹介します。 富士市立看護専門学校• 岐阜市立看護専門学校• 京都府立看護学校• 丹波市立看護専門学校• 名古屋市立中央看護専門学校• 東京都立広尾看護専門学校• 東京都立板橋看護専門学校• 東京都立府中看護専門学校• 厚木看護専門学校• 石巻赤十字看護専門学校 地域別に見ると関東に学費の安い学校が集中している傾向があるようです。 看護専門学校の中には医療会グループが経営しているものも多く、卒業と同時に自動的に就職できるところもありますので学費が安い・高いだけにこだわらずに学校選びをすることも大切です。 奨学金制度を利用する 看護学校の学費を抑えるためには奨学金を活用する方法もあります。 奨学金には学費全額免除・半額免除などさまざまなものがありますし、受験する前に申請をしておかなければならないことも多いので、事前に詳しく調べておくことをおすすめします。 労災病院と提携している看護学校などでは卒業後に最低でも3年間はそこに勤めるという条件で学費を払わなくてもいい制度を導入しているところもありますので、将来の勤務地なども想定している人ならこういった紹介制度のある看護学校がおすすめです。 ただし3年間勤務せずに途中で退職・転職してしまうと一括で奨学金を返さなければならない場合もありますので熟考してから申し込むといいでしょう。

次の