豚 ひき肉 おかず。 5分で完成「豚ひき肉の卵炒め」 丼ぶりやお弁当にもぴったり!

豚ひき肉の美味しいお弁当レシピ!冷凍できる便利おかず│食卓辞典

豚 ひき肉 おかず

タグ 1ヶ月 3万円 NG アイス アイスクリーム アイデア アイテム アク抜き アレンジ いつ うどん エビピラフ おいしい おかず おかゆ おしゃれ おすすめ おつまみ おにぎり おひたし おもてなし おもてなし料理 おやつ お弁当 お菓子 かき揚げ カサ増し カット カビ かぼちゃ カルキ カレー カレーパン カレー鍋 キャベツ きゅうり クエン酸 クッキー グラタン グリル ケーキ コツ こねないパン ご飯 ご飯だけ さっぱり さっぱり煮 サラダ さんま しっとり じゃがいも ジュース シュウマイ シリコン スープ スイーツ スコーン ズッキーニ ステーキ ストック セロリ そば そぼろ ダイエット タイミング たこ焼き だし ダッチオーブン タッパー タピオカ粉 たれ ダンボール チーズ チーズケーキ チーズ焼き チャーシュー チャーハン チョコ チョコケーキ チョコムース つくね ツナ つまみ ドーナツ とうもろこし どのくらい トマト トマト缶 ドライカレー ドライトマト どんぶり ナス ナムル ニオイ対策 ネット ノート バイト パウンドケーキ はさみ焼き パスタ バナナ パプリカ パラパラ パリパリ パン パンケーキ ハンバーグ パン作り パン粉 ピーマン ひき肉 ピザ ピザ生地 ひと月 フライドポテト フライパン フライ返し プリン フルーツ ブレンダー フレンチ ブロック ふわふわ ベーキングパウダー ポイント ほうれん草 ホットケーキミックス ホットプレート ポテトフライ まとめ方 マナー ママ マリネ マンゴー ミキサー ムニエル メイン メニュー メリット メレンゲ もも肉 もやし やかん やり方 ヨーグルト ラー油 ランキング リカバリー リゾット リメイク レシピ レンジ レンジなし ワーママ 一週間 下ごしらえ 下処理 下味 丼 乾燥 人気 代用 作り方 作り置き 作る 使い方 便利 保存 保存方法 保存期間 保存法 具 具材 冬 冷しゃぶサラダ 冷たい 冷凍 冷凍エビフライ 冷凍グラタン 冷凍ご飯 冷凍シュウマイ 冷凍そば 冷凍たこ焼き 冷凍チャーハン 冷凍ちゃんぽん 冷凍パイシート 冷凍バナナ 冷凍ピザ 冷凍ぶどう 冷凍ポテト 冷凍保存 冷凍卵白 冷凍唐揚げ 冷凍庫 冷凍肉 冷凍肉まん 冷凍豚肉 冷凍食品 冷凍餃子 冷凍魚 冷蔵 冷蔵庫 切った後 切り方 初心者 前菜 副菜 効果 勉強 勉強方法 包まない 半月切り 卵 卵だけ 卵なし 卵焼き 厚切り豚肉 原因 取り方 味噌 味噌汁 和菓子 和風 和風パスタ 和食 唐揚げ 喜ぶ 圧力鍋 基本 場所 夏 夏野菜 夕ご飯 夕御飯 夕食 夕飯 夕飯レシピ 外食 夜 夜ご飯 大丈夫 大人数 大根 大量 天ぷら 天日干し 失敗 嫁 子供 子供が喜ぶ 子供向け 安い 完了期 定番 対処 対処法 対策 小鉢 小麦粉 常備菜 常温 干し野菜 幼児 弁当 彼氏 必要 意味 手作り 手羽元 挽き肉 捨てる 掃除方法 揚げない 揚げる 揚げ焼き 料理 料理上手 料理用 料理道具 方法 旦那 旬 昆布 春 春雨 時短 時短メニュー 時短レシピ 時間 朝ごはん 朝食 期限 本 材料 柔らかくする 栄養 梅干し 残り汁 毎日 水 水の量 水切り 汚れ 決め方 沈まない 注意点 洋風 洋食 活用法 海外 消費 温度計 溶ける 炊飯 炊飯器 炒め 炒めもの 炒める 炒め物 焼きそば 焼きトマト 焼き方 焼き浸し 焼き鳥 焼くとき 焼肉 焼肉のタレ 煮物 煮込みハンバーグ 燻製 片栗粉 特徴 独学 献立 玉ねぎ 理由 男 発酵なし 白カビ 白だし 白菜 皮 盛り付け 目安 秋 種類 節約 簡単 簡単パスタ 簡単レシピ 米 素揚げ 繊維 美味しい 美味しい食べ方 肉 肉じゃが 肉巻き 肉料理 胸肉 脂 自宅 自然解凍 舞茸 色 苦味 苦手 苦手な人 茄子 茶碗蒸し 蒸し器 蒸し方 薄力粉 虫 裏技 解凍 解凍のコツ 解凍方法 詰め方 誕生日 調理 調理法 豆腐 豆苗 豚バラ 豚ひき肉 豚挽き肉 豚肉 賞味期限 転写シート 迷ったら 道具 違い 選び方 重曹 野菜 量 鍋 長芋 間引き 雑炊 離乳食 雨 電子レンジ 面取り 食パン 食べられる 食べ方 食材 食費 餃子 餃子の皮 餅 魚 魚料理 魚焼き 魚焼きグリル 鮭 鶏ガラスープ 鶏むね肉 鶏皮 鶏肉 黒豆 私は朝になるべく調理しないこと、洗い物を少なくお弁当を作ることを心がけています。 そこに命をかけているといっても過言ではないでしょう。 なのでミニトマトやブロッコリーなども常備菜としてすぐ使えるようにタッパーに入れて保存しています。 調理が必要なおかずは、前日の夕飯の残りまたは冷凍おかずを使って入れています。 調理が必要と言えば、ウインナーを焼く、卵焼きを焼く、などほとんど調味料を使わない「焼き」くらいなので洗い物もほとんどでません。 これで、バタバタ忙しい朝も余裕を持って朝の準備をすることができています。 お弁当の詰め方のコツ 楽に作るお弁当でも詰め方のコツさえ知れば、手抜きを感じさせない綺麗なお弁当になります。 お弁当の詰め方のコツ おかずは冷めてから 熱いうちに詰めてフタをすると、蒸れた水分から菌が繁殖しやすいため。 また揚げ物系のおかずは水分を吸い込みやすいため、べちゃべちゃになりやすい。 色物を使う サニーレタス、ブロッコリー、トマト、卵焼きなど色物を使うように心がける。 どれも簡単なおかずなので朝に準備をしても負担は少ないですね。 おかずを入れる順番• 大きいおかずを入れる• 型崩れのしやすいおかずを入れる• 隙間に詰めるおかずを入れる• 仕上げにトッピング(ごま、梅干し、かいわれ大根など) バランス良く詰めていくことで見栄えも良くなるし、型崩れもしないで食べられる。 隙間をしっかり埋める 隙間があいてしまうとお弁当の中でおかずが偏ってしまったりバラバラになったりしてしまいます。 隙間を埋めるようなおかずを準備しておくと便利ですよ。 (トマト、ブロッコリー、漬物など) 立体的に おかずは立体的に詰めましょう。 お弁当のヘリや、詰めたおかずに、 立てかけるように詰めましょう。 お弁当カップの利用 汁が多いもの、調味料がべったりくっついているものなどは お弁当用カップを利用していきましょう。 おかずによってご飯とおかずをくっつけよう 甘辛ダレや甘酢ダレなどのおかずは、あえてご飯とくっつけることで美味しく食べられることがあります。 タレの染み込んだご飯は冷えても美味しいですよね。

次の

豚挽き肉レシピ・豚挽き肉おかず・豚ひきにく献立・★夕食夕飯献立

豚 ひき肉 おかず

材料少なめで簡単「豚ひき肉の甘酢肉だんご」 ボウルに豚ひき肉・レンジで加熱した玉ねぎ・片栗粉などを入れて良く捏ね、団子状に形成したら、フライパンで焼いて、調味料を絡めて出来上がり。 サイズ感も良いですし、冷めても美味しいので、お弁当にもピッタリです。 お肉からは脂が出てきますので、途中キッチンペーパーなどで拭き取ってください。 面倒な手間は省略「豚ひき肉のハンバーグ」 レンジにかけた玉ねぎ・豚ひき肉・パン粉・卵などを捏ねて形成し、フライパンで焼き目をつけます。 そのまま蓋をして蒸し焼きにしたあと、お皿に盛り付けたら、同じフライパンでソースを作り、ハンバーグにかけて完成です。 レンチンした玉ねぎは、しっかり冷ましてから混ぜ、粘り気が出るまで良く捏ねるのが、短時間で仕上げるポイントです。 大根はレンジで柔らか「大根と豚ひき肉の和風あんかけ」 鍋に豚ひき肉と調味料を入れて良く混ぜてから、火をつけて炒めはじめ、事前に水・白だしなどと共にレンジにかけておいた大根とエノキをを加えます。 大根が透き通ってきたら、塩と砂糖で味を整えて出来上がりです。 レンジの目安は10分ほどですが、火を均一に通すため、途中で一回かき混ぜてくださいね。 忙しい日のお手軽副菜「豚ひき肉と竹輪の甘辛炒め」 フライパンでひき肉をこんがりと炒めたら、竹輪と甘辛ダレを加え汁気がなくなるまで煮詰めれば完成です。 甘辛ダレは、醤油・酒・みりん等を混ぜ合わせたるだけでOK。 副菜やお弁当がオススメですが、ご飯の上にのせて丼にしても良いですね。 生のまま巻いて作れる「豚ひき肉の春巻き」 豚ひき肉と卵をよく混ぜ合わせたら、調味料や具材を入れてさらに混ぜ、春巻の皮で包んで揚げれば出来上がり。 片栗粉をプラスすると、皮が油っぽくならずパリパリに揚がります。 炒めたり冷ましたりの作業が不要ですので、時間がない時に役立つレシピですよ。 どんな時短「豚ひき肉」料理を作った? 「つけてみそかけてみそ」、甜麺醤代わりにおなすピーマン豚ひき肉ニラ炒めに使ってみたよ。 うん、これは時短おいしい! 大人は花椒や辣油かけて。 ほか、しらすと豆腐三つ葉の卵とじ、海老ワンタンとターサイのスープ。 — さと satto5 超時短節約手抜きおかずの紹介 材料 TVもやしねぎ味噌炒めの素 もやし 豚ひき肉 炒めるだけ。 これにカレー粉、クミン、ガラムマサラをかけ、トマトジュースを注いで10分間中火で蒸し煮。 時々混ぜながらしょうゆ、みりん、ケチャップを加え、牛乳で溶いた片栗粉を回し入れて出来上がりです。 豚ひき肉に、玉ねぎやらニンニク生姜やらを適当に混ぜて茹でて冷凍保存。 酢豚風、トマト煮、照り焼きetc。 なんでも時短でできる優れもの。

次の

豚ひき肉で手早く作る簡単時短レシピ5選(おかず&弁当用)

豚 ひき肉 おかず

豚肉の冷凍する下味のレシピ豚こま編の1つ目は、ポークケチャップです。 豚肉とトマト味のこのレシピは基本的には、豚ロースで作るポークケチャップですが、どこのスーパーでも買える豚こま肉でアレンジしてみます。 フライパンな油をひいたら、にんにくを炒めて、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。 その他の入れたい野菜を入れて火を通したら、豚肉を入れ、塩コショウをふってケチャップで味を整えます。 火が通ったら完成です。 豚こま肉でポークケチャップの材料• 豚こま肉約300グラム• にんにく1欠片もしくはにんにくチューブ適量• 玉ねぎ半分• その他お好みの野菜適量• 塩コショウ少々• 油をひいたフライパンににんにくの芽とたまねぎを入れて炒めます。 その後に豚にくを入れてよく炒めます。 塩コショウと焼肉のたれで味をつけたら完成です。 豚こまはとても使いやすいので、ぜひ最大限に活用してください。 また、焼肉のたれは、お米にも合いますが、麵類にも合います!個人的にはパスタと豚肉と焼肉のタレやうどんが好みです。 豚こまの焼肉のたれ炒めの材料• 豚こま300グラム• にんにくの芽10グラム• たまねぎ半分• その他入れたい野菜• 焼肉のたれ50グラム(好みで加減)• いわゆる豚キムチです。 冷凍しておけば作り置きのおかずとしてぴったりなのでぜひおすすめです。 また、ご飯と一緒に炒めればキムチチャーハンにもなり、お鍋に入れればキムチ鍋になります。 アレンジとしても使えるので1ストックはしておきましょう。 フライパンにごま油(なければサラダ油)を引いて、玉ねぎを炒めます。 玉ねぎがしんなりしてきたら豚肉を入れて火を通します。 キムチの素かキムチ漬けを一緒に炒めたら完成です。 以下の記事は冷凍保存におすすめのおかずレシピが載っています。 そちらも参考にしてください。 豚こま肉で豚キムチの材料• 豚こま肉300グラム• 玉ねぎ半分• 王道なのはピーマンにひき肉を詰めるものがありますが、今回は油揚げにひき肉を詰めるレシピを紹介します。 まず、干ししいたけを600ccの水で戻します。 その間に玉ねぎと人参をみじん切りにしておきます。 油揚げは半分に切ります。 水400ccを鍋に入れ、玉ねぎ、人参、しいたけの戻し汁、ひき肉を入れ、沸騰させます。 しいたけも細かく切って鍋に入れ、調理酒、砂糖を加えて火を通します。 火が通ったら、だし、塩、醤油で味付けをし、30分以上煮込みます。 具材とつゆをざるでこしながら分けます。 つゆは再び鍋に戻し、具材は油揚げに詰めていきます。 上の部分をかんぴょうで結び、かんぴょうの部分を下に向けながら鍋に入れ、かんぴょうが柔らかくなるまで煮たら完成です。 冷たくても暖かくてもおいしい一品です。 ひき肉で作る油揚げの肉詰めの材料• ひき肉300グラム• 水1000cc• 玉ねぎ1個• にんじん3分の1• 干ししいたけ100グラム• 砂糖大さじ4• 調理酒大さじ5• だしの素、塩少々• ハンバーグは焼いてから冷凍しても焼く前に冷凍しても問題ありませんので、やりやすい方で冷凍してください。 ひき肉に玉ねぎのみじん切りを入れ、粘り気が出るまでこねます。 卵、塩コショウで調味して空気を抜いたら型を取ります。 冷凍する場合は1つずつラップにくるみます。 ソースは、ハンバーグの焼いた時の汁とソースとケチャップを混ぜるのみです。 ソースも冷凍できます。 ハンバーグには付け合わせが必須です。 また、ソースはお好みでポン酢と大根おろしにしたりデミグラスソースにしたりアレンジをきかせてください。 以下の記事はハンバーグの付け合わせにぴったりな手軽な野菜レシピが載っています。 そちらも合わせて読んでみてください。 ひき肉でハンバーグの材料• ひき肉300グラム• 玉ねぎ半分• 卵1個• ソース、ケチャップ各大さじ1ずつ(好みで加減)• すき焼きのような味付けをしておいて冷凍保存しておく作り置きおかずレシピです。 冷凍に向かない白滝や豆腐は抜いて、そのままおかずとしても食べれますし、ご飯に乗せて食べてもおいしいです! フライパンに豚肉を引いて塩コショウをふったらよく焼きます。 砂糖、調理酒、醤油で味を調えたらネギ、白菜、えのきを加えて完成です。 お好みで食べる直前に卵を割ってください。 多めに作って小分けで冷凍しておくのも1つの方法です。 すき焼きとして食べる場合には、食べる前に豆腐と白滝を加えてください。 豚バラですき焼き風の材料• 豚バラ肉300グラム• 砂糖大さじ4• 醤油大さじ2• ネギ1本• 白菜4分の1• えのき1株• 塩コショウ少々• 牛丼と同じ作り方でお肉が違うだけなので簡単です。 たくさん作っておき、1食ずつ小分けにして食べる時に電子レンジでチンするのが簡単に食べられる方法です。 鍋に玉ねぎ、豚肉を入れて具材が浸る程度の水を入れ、だしの素、砂糖、しょうがで煮込みます。 豚肉が柔らかくなったら、塩、醤油で味付けをしていきます。 お好みでネギを散らして食べてください。 アレンジレシピとして、豚丼の素の上にキムチをのせたり、チーズをトッピングするレシピがおすすめです。 また、余ってしまった場合には天ぷらにしてかき揚げにするととてもおいしいので、そちらも試してみてください。 豚バラ肉で豚丼の材料• 豚肉300グラム• 砂糖大さじ4• 調理酒大さじ2• 玉ねぎ1個• だしの素、塩、しょうが少々• 下ごしらえが少々手間ですが、作り置きおかずとしてぴったりのレシピなのでぜひ時間がある時にたくさん作っておきましょう。 巻く野菜は基本なんでもいいのですが、筆者はいんげんと人参が好みです。 巻く野菜を下ゆでします。 生の豚肉に塩コショウをふって、野菜を巻いていきます。 フライパンに油をひいて、豚肉の巻き終わりを下にしならがフライパンに並べ、火にかけます。 肉巻きをひっくり返しながらある程度焦げ目がついたら少量の水で蒸し焼きにします。 この時に、だしの素、砂糖を加えます。 水分が飛んだら、塩、醤油で味付けをして完成です。 お弁当にも最適です。 お皿に盛りつける場合には、下にレタスや隣にトマトを飾ると映えます。 また、巻く具材は大根やえのきにしてもおいしく召し上がれます。 豚ロースで肉巻きの材料• 豚ロース300グラム• お好みの野菜適量• だしの素、砂糖、塩コショウ少々• 塩小さじ1• お弁当のおかずとして定番の生姜焼きを冷凍で作り置きしておきます。 生姜焼きはそのままでもおかずとして活用できますが、アレンジすることも可能です。 特に豚丼の元へのアレンジはとてもおいしく出来上がるのでおすすめです。 豚肉の生姜焼きのレシピは、フライパンに少な目の油をひいて塩コショウをふった豚肉を焼きます。 チューブしょうがで味付けをしながらしっかりと豚肉を焼きます。 しょうゆ、砂糖、スライスしょうがで味を調えたら完成です。 お皿に盛りつける場合には、下にレタスをひいて、大き目の豚肉のまま盛り付け、スライスしたしょうがを上に飾ります。 お弁当のおかずにする場合にはしっかりとカットして盛り付け、ミニトマトを横に添えましょう。 豚肉の生姜焼きの材料• 豚肉ロース300グラム• 砂糖、醤油、塩、スライスしょうがコショウ少々• メンマと豚肉を使って炒める簡単レシピです。 メンマは瓶詰めの物を使用します。 油をひいたフライパンにざく切りの玉ねぎを入れて軽く炒めたら、豚肉を入れて塩コショウをふってしっかりと火を通します。 最後にメンマを加えて炒めたら完成です。 豚肉でメンマを巻いて食べることでおいしさが高まります。 メンマの味付けを利用しているので、基本的に味付けはシンプルの方がいいです。 冷凍してお弁当のおかずにどうぞ。 豚肉とメンマの炒め物• 豚肉ロース300グラム• 玉ねぎ1個• メンマ1瓶• 塩コショウ少々 冷凍の豚肉の保存期間は? 冷凍の豚肉の保存期間は調理前なら1週間から1ヶ月.

次の