バディ ファイト 優勝。 バディファイトのデッキレシピや最強・優勝・スターターデッキ/リスト

バディファイトチャンネル

バディ ファイト 優勝

投稿者• サテライトTOKYO 秋葉原店• 秋葉原ラジオ会館本店• 秋葉原ラジオ会館店• オタロード本店• 名駅9F店• 名駅6F店• 名駅4F店• マルイ海老名店• 福岡天神店• 小倉店• 広島店• 仙台店• デュエマ仙台店• 八王子店• 津田沼店• 千葉中央店• 宇都宮店• 高崎店• 水戸店• 甲府店• 新潟店• 札幌店• 長野店• 名古屋大須店• 豊橋店• 浜松店• なんば店• なんば2号店• 大阪日本橋店• 天王寺店• アバンティ京都店• 姫路店• 岡山西口店• レスキューラビッツ• 担当スタッフ• 台湾出張所• オンラインショップ タイトル• 遊戯王OCG• 遊戯王ラッシュデュエル• バトルスピリッツ• デジモンカードゲーム• ポケモンカードゲーム• デュエルマスターズ• マジック:ザ・ギャザリング• ヴァイスシュヴァルツ• ヴァンガード• Reバース• バディファイト• ラブライブ!スクールアイドルコレクション• ウィクロス• Lycee OVERTURE• プレシャスメモリーズ• ファイアーエムブレム0• ファイナルファンタジーTCG• NOVA• 艦これアーケード• ドラゴンボールヒーローズ• ガンダムトライエイジ• ガンバライジング• サプライ• ChaosTCG• ラクエンロジック• クルセイドシステム• ガンダムクロスウォー• BASEBALL COLLECTION• ハイキュー!!バボカ• シャドウバース• ポケモンガオーレ• 白猫プロジェクトTCG• レギオンズ!• その他.

次の

【バディファイト】神の時計を撃ち抜き初優勝! 「バディファイト日本地決定戦2019」優勝者インタビュー

バディ ファイト 優勝

バディファイトデッキの終了理由やなぜという声も多くありまして色々と市場規模などからその理由等を考えていこうかなと思いました。 「最初に言っておきますけど、何かを卑下するための考察とかではなく純粋に気になったので考察するだけです。 特にTCGの終了するタイミングという流れは今後の業界についても大事な事ですし、このBFというゲームだけは「子供向けTCG」という中で様々な事を行ってきたTCGだからこそ考えたい部分があるのですよ。 いずれこの数字や傾向は後の市場の考察に繋がるはずです。 さて、バディファイトに関してですが、実際に売れていたのかという面について様々な資料と共に確認していきたいと思います。 バディファイトの売上が確認できるのは池っち店長のツイートとメディアクリエイト社。 後はブシロードの戦略発表会とか一部の公式発表しかありません。 その中で気になったのは池っち店長の売上紹介でもある『2020年度の売上』。 トレーディングカードゲーム業界情報。 解説させていただきます。 (データは全て、メディアクリエイト様の許可を得て公開させて頂いている物です。 ) 記事は、次のツイートに続いています。 また、同時にブシロードのスクコレも54%と2つの商品が54%程度に収まる結果になりました。 この年は非常に好景気でありコロナの影響があったとしても売り上げだけ見れば1000億円市場となっており、3位のポケカが急上昇した2年目でもありますから完全にTCG業界がデフレであったわけではありませんがブシロード関連のTCGの売上だけ見ると全体的に下降傾向にあります。 つまり大手TCG3つ目の座席の取り合いが一時終了したような年だったとも言えます。 この時期から人気コンテンツを売り上げが下降したTCGに合わせて売る自社コラボ商法が非常に増え始めており、その片鱗はよく伺えました。 なんせヴァイスは勿論、バディファイト・ヴァンガードにまでバンドリを持ってくるという異常事態です。 確かにここでランダムスターLEDを買ってる自分が言う事では無いんですが、コラボという付加価値を付けたとしても「元の市場に対して本当に価値のあるものか」は謎でした。 特に小学生がバンドリを見るのか・・・まぁコナンは見るしメダロットは見るけど・・・こう『90年代生まれの人が引っかかるけど、それならYOUTUBERをコラボにしたウィクロスの方が良い』と個人的には感じました。 トレーディングカードゲーム業界情報。 解説させていただきます。 (データは全て、メディアクリエイト様の許可を得て公開させて頂いている物です。 ) 記事は、次のツイートに続いています。 いや単なる偶然ではあるんですけどね。 ただ1000億円市場と言われて「その割にポケカが来たら1200億になる」と言われたものが縮小しているという事は『何かの売上が落ちた』事に繋がります。 コロナの影響もこの時ちょっと・・・ほーーーーんのちょっとはあったかもしれませんがその影響は2・3・4月のもの・・・ポケカのせい!とかいう訳ではないんですが市場規模で新規参入が起こってもこのTCG市場は『ただのパイの奪い合いなのではないか』と気づかされる訳です。 バディファイトに何かまずかった面があるかと言われればそうではありません。 実際に、カードゲームが終了するという事は過去にも数多くありましたが、TCG市場自体が高齢化が進んでいるものであることや市場に『競技性を求める』面と『インフレさせて終わる』という現在のオンラインゲームのような生きたアナログゲームという面で見ればどのTCGも何かしら対策をしなければ、終わるという事はどのTCGもあり得る事であり他人事ではありません。 ブシロードというTCGのシステムの寿命が何年なのか。 ヴァイスのようにインフレしづらいゲームで確認しなければ見えないものもたくさんあります。 遊戯王OCGやデュエマではたびたびスタンダードを導入するのか。 インフレをどこかでデフレに転じて遊べるようにするのかという議論をたびたび考察するユーザーが多く顕著でしたが、ブシロード社は『コラボレーション』という部分で付加価値を生み出し数々の市場を盛り上げてきた事はありました。 しかし、市場の売上は池っち店長の言う通り拡大する事もある1000億市場。 今後は様々な新規TCGが参入し始めるはずです。 続きです。 今夜9時からの「池っち店長生放送」も宜しく!第一回放映は何と!他では絶対知る事の出来ない門外不出のノウハウ! 「カードゲームの作り方」 を公開します!業界人必見!このアドレスから! (サムネが心配になるほどアホ面ですが、内容はまともです。 ) — 池っち店長 ikettitencho 「バディファイトの終了は特に残念ではありますし、池っち店長さんの言っていた通りで2年と3年目からは何か違う公式の動きが見られたのは事実でした。 カードゲーム市場においては「子供向けTCG」という大きな課題に向けて2018年付近より各種メーカーが動いていたのは事実ですが、その枠をポケモンカードが取った事で市場が盛り上がった。 一方で子供向けTCGとしての参入の壁が大きくなり、ユーザーの競技性を求める声やブシロード特有の『禁止の少なさ』もあってステータスが成長するゲームと企業コンセプトは噛み合わないのではないか?という疑問が出ていたりします。 これは別に批判ではないのですがTCGメーカーはそれぞれ売り方の個性が強く、KONAMI・タカラトミー・ブシロードとそれぞれ『差別化がそれぞれ行えている』が故に市場規模が上がったのは事実でした。 ただしブシロード系に『インフレTCGは似合わない』ような事実が浮かび上がったのは事実。 ヴァンガードもそうでしたが「何か全てに影響する&複数使えるものが出てくると数年後に何かが起きる」というのを確立させてしまった気も感じたんですよね。 過去で言えばゼロスドラゴン事件。 これも非常に1枚が強く高額であり 当時2万円 、新規勢。 特に子供向けにしづらいインフレをした後にスタンダードとして新しいルールとなりました。 つまり、『インフレした先に待つゲームは終了かスタンダードに戻るか』の2択でありブシロードの場合はそれがユーザーに顕著に見えやすい・売り上げが下がるという図式になっていないかというものが見えます。 バッツのコストが増えたあのカードもそうですが、個人的に何となく『TCGが長続きする黄金パターン』というものがあって…それを壊しに行ってたのかどうか少し考えていたりもしたんですよね。 でも実際にバディファイトのスタートは非常によく、インフレすると『気軽に早く対戦が終わるTCG』がスピードを加速した事で後攻ワンキルなども出来るようになったという功罪を考えるべきなのかもしれません。 特にブシロードのゲームは『上手く行ってるものに乗っかるコラボ』が多く、バンドリの急激なコラボ増加もその傾向があります。 なのでヴァンガードが個人的に非常に怖いんですよね。 その言葉と子供向けTCGはどうも相性が悪く見える時が時たまにあります。 昨今の高額シングルを払拭するかの様に動いても『競技性を重視する故にカードプールとして見ると全体的に価値が薄れる』事も他のTCGではよく見かけます。 『運要素が強いカードゲームにプロが生まれるのか』をどう展開するのかも見ていかなければなりません 池っち店長の作るゲームはその運要素が強い傾向があり、今の優勝を目的としたというよりかは誰でも勝てる本来のTCGを目指す 意思があるのでゲートルーラーもそれ相応に面白くなると考えています。 この点はまた別の機会にとなるのでしょうけど、コロナの影響でとかインフレがーという批判も良く聞きますが、 バディファイトの売上を上記でまとめているように『それ以前に終了する傾向もあった』のは事実。 また、客観視してみると子供向け市場においても『ポケカという対抗馬』が出てきているのは1つの参入の壁になる事もあるかもしれません。 6年間続いたゲーム。

次の

【バディファイト】神の時計を撃ち抜き初優勝! 「バディファイト日本地決定戦2019」優勝者インタビュー

バディ ファイト 優勝

1月18日に開催された公式大型大会で優勝したドイツ軍選手のインタビューをお届けします。 2019年8月から約半年をかけて行なわれてきた、2019年度で最も強いファイターを決める大会「バディファイト日本一決定戦2019」。 その最終局面となるFINAL STAGEでは、各地区代表および公式大会で出場権利を獲得した計16名が予選ラウンド5回戦を戦い、その成績上位者4名によるトーナメント戦で1位から4位を決定した。 なお、「FINAL STAGE」出場者の使用デッキは次の通りだ。 使用デッキ 使用者数 ゴッドクロック 14 ドラゴンワールド 3 ソードアート・オンライン 3 アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 3 BanG Dream! 今回は日本一決定戦初出場で優勝を飾った、フレッシュなドイツ軍選手に大会を振り返ってもらった。 2019年度の覇者、ドイツ軍選手。 ドイツ軍:はい、勝っちゃいました(笑)。 今回はこのあと世界大会も控えているので、気は緩められないですね。 海外展開にあわせた使用カードレギュレーションが異なるなかで、3位入賞という輝かしい功績を残した。 でも、最初の数年は、仲間うちで遊ぶ程度にワイワイやっていたくらいですけどね。 ドイツ軍:毎回、決勝トーナメントやそのひとつ手前の惜しいところまでは行くのですが、勝ち上がってからが大変で、なかなか結果を残すことができませんでした。 ひとつは 「タイムドラゴン」デッキ。 ドイツ軍:《ゴッドクロック》の 「タイムドラゴン」デッキは、単純にカードパワーの高さが理由です。 かなり強いので、出場する皆さんの採用率も高いだろうと思っていました。 そこでほかのデッキや「タイムドラゴン」に対応できるデッキを考えてみたのですが、結局ミラーを使ったほうが早いという結論に至りました。 そうなると「タイムドラゴン」同士のミラーも想定していたと思いますが、ミラーへの対策として調整をしたり、何かしたことはありますか? ドイツ軍:特にこのカードを入れたというのはなく、構築枚数などはみんなが使っている「タイムドラゴン」デッキとあまり変わらないと思います。 調整に関してひとことでコレ! というのは難しいのですが「タイムドラゴン」のミラーでは後攻のほうが強い傾向があるので、ミラーで勝つ確率を上げるために、 先攻になってもしっかりと妨害系カードを抱えて、相手を崩し、返ってきたターンで倒す動きは意識していました。 ドイツ軍:最初は使うつもりはなかったんですが、予選ラウンドの 「時間切れになった場合はライフ差で勝敗」というルールが採用の理由となりました。 「黒ずくめの組織」デッキはライフを増やしやすいデッキなんです。 「タイムドラゴン」デッキは妨害がしっかり決めないと長期戦になりやすく、予選の制限時間50分で1戦目に「タイムドラゴン」デッキを使うと、2戦目の時間があまり残っていない状況が多いだろうと予想できました。 それなら 「黒ずくめの組織」デッキでライフをがっつり伸ばせば、時間切れに備えられるはず。 ドイツ軍:そうですね。 現環境で単純なデッキパワーで勝負していたら「黒ずくめの組織」デッキはデッキ切れか、普通にボコボコにされて敗退していた気がします(笑)。 前回はデッキの枚数が60枚くらいでしたが、今回は 72枚で構築しました。 今大会で実況をされていた「ばなお」さんが「バディフェスタ!! in WGP2019東京」の竜神杯で使い優勝してた「黒ずくめの組織」の71枚デッキがきっかけとなりました。 組み込むカードは変えていますが、71枚でもデッキが回るという気づきが得られたのは大きかったですね。 ドイツ軍:「タイムドラゴン」デッキはあっさり決まりましたが、「黒ずくめの組織」はギリギリまで試していましたね。 前述の時間切れ判定に加えて、いちばん回し慣れているということもあり、一昨日にやっと決心がつきました。 前日くらいはさすがにゆっくり休んでフィジカルを整えようと(笑)。 想定した動きがしっかりできて勝てた試合もありましたが、試合中はとにかく余裕がなかったので、内容はあまり覚えていなくて……。 ひとつ印象に残っているのは、 「タイムドラゴン」デッキがめちゃくちゃ不利な、能力を無効化してくる「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」の「あんきら」デッキと対戦した予選2回戦ですね。 1戦目の「タイムドラゴン」デッキミラーで自分が負けて、2戦目が「黒ずくめの組織」デッキVS「あんきら」デッキになった。 「黒ずくめの組織」デッキも「あんきら」デッキに対してはそれほど有利ではなかったのですが、どうにか勝てました。 そして、勝敗を決する3戦目で「タイムドラゴン」デッキVS「あんきら」デッキとなり、調整中もまったく勝てていない組み合わせでピンチの状況でしたが、勝利できたんです。 勝負を分けるポイントはあったのでしょうか? ドイツ軍:2戦目の「黒ずくめの組織」デッキは 《ポイントは…ここだよ…》という「あんきら」デッキのカードに弱くて、毎回苦しめられていました。 今回も相手が3枚握らっていたら負けていたと思いますが、そのときはなんとか 相手が2枚まで抱えている状態で押し込むことができました。 「カードゲーマー Vol. 49」に掲載したドイツ軍選手のインタビューでも紹介した「黒ずくめの組織」デッキの天敵。 キャストしたターンと次のターンのバウンスが阻止されるため、《ジン》や《ベルモット》によるコンボが止められ、為す術がなくなってしまう。 特に《タイムジェネラル トゥボカス》と《タイムオブザーバー オクト》は、今大会ではみんな使っていたんじゃないかな。 とにかく強い妨害なんですよ。 ドイツ軍さんが述べたとおり、今大会の「タイムドラゴン」デッキを使用した全出場者がデッキに投入していた3枚。 すべて「ジ・エンド・ゼロ」に収録されているカードなので《ゴッドクロック》に注目していたファイターにとっては比較的に入手しやすいカードだったといえる。 そこから 《ゴッドクロック》が登場したことで、大会参加者の戦いかたが変わったような印象がありますね。 今回の大会でも使用率は断トツ1位だったので、1強といってもいいのかな。 群雄割拠していることが楽しい環境だと思いますが、今回のように ワントップのデッキの対策を考え、大会に挑むというのもトーナメント的には楽しい環境ではあるのかなと思います。 また、これまではどうしても 先攻が勝ちやすい環境でしたが《ゴッドクロック》のような後攻でも力を発揮できるデッキが出てきたのもおもしろいですね。 先攻・後攻のバランスが整ってくれるのはいちファイターとしてもうれしい限りです。

次の