ラインライブ 見えた。 コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

LINELIVE(ラインライブ)をPC(パソコン)でみる方法

ラインライブ 見えた

インスタライブとは インスタライブとは、大人気SNSインスタグラムのアプリ内で利用できるライブ配信機能です。 写真や動画と違い、 リアルタイムな動画を楽しむことが最大の特徴になります。 またインスタライブは別のアプリや配信機材などは必要なく、インスタグラムのアカウントとスマホ1台で手軽に利用できることで人気となっています。 サービス開始当初は芸能人・有名人によるライブ配信が主でしたが、その手軽さから今では一般ユーザーの利用も多くなりました。 インスタライブのコメント機能 インスタライブには 視聴者から配信者にコメントを送る機能があります。 コメント機能があることによって視聴者と配信者間でコミュニケーションをとりながらライブ配信を楽しむことができます。 人気のあるインスタグラマーともライブ配信を通してコミュニケーションがとれるのでコメント機能はインスタグラムをより楽しくしてくれる機能といえるでしょう。 関連記事はこちら インスタライブの見方 最初にインスタライブの見方や基本的な使い方を解説していきます。 まずはインスタグラムのアプリを起動して、ホーム画面を開きましょう。 ホーム画面を開いたら画面の上にある「ライブ動画」と表示されたストーリーのアイコンをタップします。 「ライブ動画」のアイコンをタップすると、以下の画像のようにインスタライブに見ることができます。 インスタライブを見始めると同時に「〇〇(自分のID)が参加しました」とコメント欄に通知されます。 ユーザーの参加通知は 配信者だけでなくほかの視聴者にも届くので、あなたがインスタライブを見にきたことが知られるようになっています。 芸能人のインスタライブであれば問題ないでしょうが、知り合いの配信に参加するときは注意が必要です。 以降ではインスタライブを見ているときの基本的な操作を解説していきます。 インスタライブにコメントを送る インスタライブを見ている最中はコメントを送って配信者とコミュニケーションをとることができます。 配信に参加するとまず画面の下に「こんにちは」や絵文字が表示されるので、どれかタップして配信者に挨拶してみましょう。 ここでは「こんにちは」をタップします。 タップしたものがコメント欄に送られたことがわかります。 コメントや絵文字の候補一覧が表示されるのは、インスタライブを見始めたときだけです。 2回目以降コメントを送りたいときは、画面の下にあるコメント入力フォームにテキストを入力して送りましょう。 コメントした内容は配信者やほかに視聴している人全員みることができます。 誰にみられるかわからないので個人情報などのコメントはしないように注意しましょう。 インスタライブにハートを送る インスタライブには配信を盛り上げるハート(いいね)を送る機能があります。 通常の投稿と違って、インスタライブのハートはひとり何回でも送ることができます。 ただハートを送ったからなにかが起こるとかはないです。 しかし、配信を見ているだけでなく、ハートやコメントを送って自分も配信に参加していくとインスタライブをより楽しめるでしょう。 それではハートはどのようにして送るのかを解説します。 操作はすごくシンプルで、インスタライブの画面右下にある「ハートマーク」をタップするとハートを送れます。 送ったハートはハートマークから上のほうに一瞬あがり、すぐに消えるようになっています。 ですからハートマークを連打してもハートがどこかにたまることはないので、気軽に使っていきましょう。 インスタライブをシェアする インスタライブはストーリーと同じようにほかのユーザーにシェアすることができます。 気に入った配信があれば友だちにシェアして一緒に楽しむといいでしょう。 ここではインスタライブのシェア方法を解説します。 まずは画面の右下にある「紙飛行機マーク」をタップしましょう。 送信先アカウント一覧が表示されます。 シェアしたいユーザーの右側にチェックを入れて、画面の下にある「送信」をタップします。 これでインスタライブをシェアすることができます。 非公開アカウントによるインスタライブの場合、 シェアできるのは配信者のフォロワーに限られることを覚えておきましょう。 インスタライブの参加リクエストとは インスタライブを見にいくと表示されている「〇〇(配信者のID)のライブ動画への参加リクエストを送信する」。 これがどういう機能なのか気になっている人も多いのではないでしょうか。 参加リクエストは、 ほかのユーザーと一緒にコラボ配信するときに使われます。 コラボ配信がどういうものかはLINEグループのビデオ通話をイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれません。 参加リクエストをしてコラボ配信すると、LINEグループのビデオ通話のようにお互いの画面が同時に表示された形で配信が行われます。 「配信をみてるときに間違ってリクエスト押しちゃったらどうしよう…」 と不安に思わなくても大丈夫です。 「リクエスト」を間違ってタップしたとしても、以下の画像のような確認画面が表示されます。 ここで「リクエストを送信」をタップしなければ大丈夫です。 たとえリクエストを送ってしまったとしても配信者がリクエストを承認しないとコラボ配信は始まりません。 基本的に インスタライブを見るだけの人は気にしなくていい機能ですね。 ほかユーザーのインスタライブを録画・保存する方法 ほかユーザーのインスタライブを録画や保存しておいてあとでじっくり見たいと考える人も多いはず。 ですが、 インスタグラムのアプリではインスタライブを保存しておくことはできません。 どうしても保存したいときは、iPhoneであれば標準で使える画面収録機能を、Androidであれば画面収録するアプリを使ってみてはいかがでしょう。 ただし後々トラブルにならないよう、インスタライブの動画を保存する旨を配信者にあらかじめ伝えておくことをおすすめします。 インスタライブを見逃したときにあとから見る方法 配信者がインスタライブのアーカイブを残していた場合、配信を見逃してもあとから見ることができます。 アーカイブの見方はインスタライブを見るときと同じように行います。 インスタグラムを開いてホーム画面の上にあるストーリーの一覧から「再生マーク」のついたアイコンをタップしましょう。 「再生マーク」のついたアイコンをタップするとインスタライブのアーカイブをみることができます。 アーカイブからメッセージを送る アーカイブでは配信者へのメッセージが可能で、送ったメッセージはダイレクトメッセージに届くようになっています。 インスタライブをみて配信者に伝えたいことがあればメッセージを送ってみるといいでしょう。 アーカイブでは早送り・巻き戻しができる 通常のインスタライブと違い、アーカイブで は動画の早送りや巻き戻しをしながらみることができます。 早送りは画面右側をタップ、巻き戻しは画面左側をタップすると15秒単位で行われます。 アーカイブでは興味ないところはとばしたり、好きなところを巻き戻して何度も見たりなど、アーカイブならではの楽しみ方ができます。 ただ、アーカイブはストーリーと同じように24時間たつと自動で消えるようになっているので、時間のあるときに早めに見たほうがいいでしょう。 お近くのノジマ店舗を検索いただけます インスタライブ配信開始の通知を受け取る方法 好きな人のインスタライブはできるだけリアルタイムで見たいもの。 そんなときはライブ配信が始まったときに通知を受け取れるようにしておきましょう。 通知の設定はインスタライブをするユーザーのプロフィール画面から行います。 まずは通知を受け取りたいユーザーのプロフィールを開きましょう。 プロフィールを開いたら「フォロー中」をタップします。 フォロー中ユーザーのメニューが画面の下にでてくるので、「お知らせ」をタップしましょう。 メニューが「お知らせ」の画面に変わったら「ライブ動画」をタップします。 するとライブ動画の通知設定画面が表示されます。 標準だと「一部のお知らせをオンにする」にチェックが入っているはずです。 「すべてのお知らせをオンにする」に変更しましょう。 これで通知設定をしたユーザーが配信を始めたときに、プッシュ通知を受け取ることができます。 インスタライブの動画は見逃してもあとでアーカイブで見れます。 しかし、リアルタイムでコメントやハートを送って配信に参加する楽しみは味わえません。 ですから見逃さないためにも通知設定をオンにしておくことをおすすめします。 インスタライブの配信方法と基本操作 ここまではインスタライブを見る側の操作方法を解説してきました。 ここからは配信する側の操作方法を解説していきます。 まず最初はインスタライブの配信方法です。 インスタグラムのホーム画面から「ストーリーズ」アイコンをタップしましょう。 するとストーリーの投稿画面が表示されます。 標準で「通常」が選択されているので「ライブ」を選択しましょう。 ライブ画面が表示されたら配信ボタンをタップして、インスタライブ開始です。 インスタライブが始まると以下画像のような画面になります。 カメラは画面左上のマークからインカメに変更可能です。 ユーザーがライブ配信に参加してくると「〇〇(視聴者のID)が視聴し始めました」とコメント欄に表示され、だれが見にきたかわかるようになっています。 また、現在配信を見ている人数が画面の上に表示されます。 のちほど解説しますが、視聴人数のところをタップすると今だれがみているかを確認することができます。 以降ではインスタライブを配信している側の基本的な操作方法を解説していきます。 視聴者にウェーブを送る インスタライブ配信者から視聴者に「ウェーブ」を送ることができます。 ウェーブとは、配信者が配信を見てくれている人に対して挨拶のように使われます。 視聴者でいうところのハートを送る行為と同じようなものです。 ただ ハートと違い、ウェーブは一度しか送れません。 ウェーブは手軽に送ることができます。 ユーザーがインスタライブを見にきたときの通知「〇〇(視聴者のID)が視聴し始めました」の右側に「ウェーブ」が表示されます。 この「ウェーブ」をタップしてウェーブを送りましょう。 ウェーブを送るとユーザーのアイコンにウェーブマークが表示されます。 あわせて「〇〇(視聴者のID)にウェーブを送信しました」と通知。 ウェーブを送ったからといってなにかあるわけではりません。 もし送られてきたら「自分が配信に参加したことを見てくれているんだな」くらいに思っておくといいでしょう。 データフォルダにある写真・画像をライブ配信画面に映す インスタライブではデータフォルダにある写真をライブ配信画面に映して視聴者に見せることができます。 見にきているユーザーに共有したい写真などあれば活用してみるといいでしょう。 ここでは写真を画面に映す方法を解説します。 ライブ配信画面の右下にあるマークをタップすると、画面の下にデータフォルダにある写真が表示されます。 画面に映したい写真を選択してタップしましょう。 タップした写真は以下画像のように画面いっぱいに表示され、カメラの映像は画面右上に小さく映るようになります。 写真の表示をやめたいときは、データフォルダの一番左にあるアイコンをタップすると元に戻すことができます。 カメラの映像だけで内容が伝わらないときなどに、データフォルダの写真を活用してみてはいかがでしょうか。 ライブ配信画面にエフェクトをかける エフェクトをかけてライブ配信画面を加工する方法を解説します。 ライブ画面右下にあるマークをタップすると、エフェクト効果の一覧が表示されます。 使いたいものをタップしましょう。 エフェクト効果は画面全体を変えるものや顔認識して顔を変えるものなど様々です。 活用すると動画が華やかになったり、おもしろおかしくなったりするのでインスタライブがもっと楽しくなるでしょう。 インスタライブの視聴者を確認する方法 インスタライブの配信者は、視聴人数だけでなく現在だれが見ているかがわかります。 ライブ画面うえの数字(視聴人数)をタップすると視聴者一覧が表示されます。 視聴者一覧ではユーザーのアイコンとIDを確認することができます。 インスタライブを見ている特定のユーザーを除外する方法 インスタライブを配信していると、視聴者のなかには不快なコメントを送ってくるユーザーがいるかもしれません。 そんなときはユーザーを配信から除外して追い出してみましょう。 ユーザーの除外は視聴者一覧から行います。 まずは視聴人数をタップして視聴者一覧を表示し、除外したいユーザーの「・・・」マークをタップします。 すると「〇〇にストーリーズを表示しない」がでてくるのでタップしましょう。 「〇〇にストーリーズを表示しないようにしますか?」と最終確認がでてくるので「非表示にする」をタップすると配信から除外できます。 ユーザーの画面には、「除外された」ではなく「インスタライブが終了しました」といった表示になるので、 相手は除外されたことに気づきません。 ただ、急にインスタライブが終了するので相手に怪しまれる可能性はあります。 インスタライブ終了時にアーカイブを残す方法 ここではインスタライブの終了とアーカイブを残す方法を解説していきます。 インスタライブの終了するときは、まず画面右上の「終了する」をタップしましょう。 「ライブ動画を終了しますか?」と確認画面が表示されるので「今すぐ終了」をタップします。 これでインスタライブを終了することができます。 また終了時にはライブ動画のアーカイブを残すか残さないかの選択が必要です。 アーカイブを残す場合は「ストーリーズをシェア」をタップしましょう。 シェアしたアーカイブの動画は ストーリーと同じように24時間たつと自動で消えます。 配信した動画をいつでも見れるようにしたいときは、保存しておくといいでしょう。 インスタライブ動画の保存方法 インスタライブの動画を保存する方法を解説します。 動画の保存はライブ終了時で行うので、ライブ終了画面まで進みましょう。 ライブ終了画面を開くと左上にあるマークをタップします。 これでライブ動画を保存することができます。 まとめ 今回はインスタライブについての説明から基本的な使い方まで解説してきました。 インスタライブは今や芸能人だけでなく、だれでも気軽に配信・視聴できるサービスです。 本記事で解説した内容を参考にインスタライブを楽しんてみてはいかがでしょうか。

次の

インスタライブとは?見方や保存方法、通知や配信方法も解説!

ラインライブ 見えた

LINEは現代のメインの連絡手段として普及していますが、TwitterやFacebookなどのSNSとは違った雰囲気がありつつ、メッセージの既読やタイムラインなどといった似たような機能の共通点があります。 Facebookには足跡機能はついていないのですが、、Facebook利用者の中には「相手のプロフィールページを訪問すると足跡がつく」と思っているユーザーもいるようです。 きっとmixi時代の名残で「足跡」や「閲覧履歴」などの機能に敏感なのかもしれません。 もしかするとLINEユーザーの中にも 「相手のホーム画面を見ると足跡がつく」「相手のタイムラインを見ると閲覧履歴に残る」と思っている人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、LINEの足跡機能について取り上げました! ホーム画面やタイムラインを見るだけで相手にわかるのか、そして なぜ「足跡機能がある」と不安になる人が出てくるかまで解説します。 LINEのタイムライン閲覧者や閲覧数がわかるって本当? LINEのメインの使用目的は友達や家族、知り合いとの連絡をとるツール。 従来のメールや電話から、LINEのメッセージや無料通話に変わったのです。 しかし、LINEの機能はそういった「連絡手段」だけではありません。 タイムラインやスケジュール、イベント管理など、 他のSNSと似た機能もついているのです。 LINEのタイムラインに自分の日記やつぶやきたいことを投稿している人も多いでしょう。 するとあるとき突然「LINEのタイムラインに投稿したら、その投稿を見た人や閲覧数がわかる」という噂が立ちました。 「いいね!」した人はわかる 投稿の右下にあるアイコンをタップすると、その投稿に対して様々なスタンプで「いいね!」した人の一覧が表示されました。 ここには「いいねした人」「いいねされた数」は表示されています。 しかし、実際にその投稿を見ただけでいいねしていない人も多いわけですから、これらが「閲覧者」「閲覧数」になることはありません。 つまりタイムラインのどこを見ても閲覧者や閲覧数はわからないということ。 この噂はデマだったんですね。 「LINEのホーム画面見たら相手にわかる・バレる」という噂も LINEでホーム画面を見れる相手というのは限られており、あなたと友達になっている人だけです。 しかし例外として、タイムラインに誰かが「いいね!」のスタンプを押していたり、コメントしていたりした場合、その人のアイコンをタップするとホーム画面を見ることができます。 友達じゃない相手のホーム画面 こちらがホーム画面です。 実は一部ユーザーの中で「誰かのホーム画面を見たら、そこに足跡がつく!」という噂も立っているようです。 相手のホーム画面を見ただけではどこにも足跡や閲覧履歴のような表示はなかったため、自分のホーム画面を確認してみました。 さらに各設定画面などもチェックしてみましたが、どこにも「足跡」のような機能は見当たりませんでした! 結論を言うと「足跡がつく」という噂もデマだと言えます。 LINEの足跡機能について(2019年/2018年) ここまで「タイムラインを見たときの閲覧者・閲覧数」と「ホーム画面を見たときの足跡」について解説してきました。 結論、どちらにも足跡はついておらず、自分が相手を覗いていても気付かれないということがわかりましたね。 実は LINEにはリリース当初から足跡機能なんてついておらず、2018年、2019年もずっとその状態です。 かつてメインのSNSだったmixiには足跡機能がついており、実際にユーザーは足跡をチェックしていた時代もありました。 しかし LINEはどのSNSよりもクローズド(閉鎖的)なSNSで、相手のIDや電話番号がわからないと連絡を取り合うことができません。 名前で検索できないため、IDと電話番号だけが頼りなのです。 もしくは実際に会って「ふるふる」機能を使うか、友達に紹介してもらうかです。 Twitterなどはもちろんダイレクトメッセージで連絡を取り合えますし、Facebookには無料通話機能もあります。 しかしLINEがここまで安定して連絡手段として使われているのは、 このクローズドな特徴があるからこそだと言えます。 もし足跡機能がついていて、ホーム画面の訪問が相手にわかってしまい、相手から友達申請が来るなら他のSNSと同じになってしまい、「閉鎖的」とは言えませんよね。 「LINEのホームやタイムライン見たらわかる」と不安になる理由 ではなぜLINEユーザーはここまで「タイムライン見たら相手はわかる。 バレる」と不安になってしまうのでしょうか?それはLINEの既読機能に原因があると考えられます。 メッセージに既読がつく この画像のように、LINEのメッセージを相手が見たら既読がつくということは誰でも知っているでしょう。 「しっかりメッセージは読んでくれたな」と思う反面「なんで既読になってるのに返信しないの?」とか「既読つけて後から何か言われるのが面倒だから、開かずに気付かなかったふりしよう」と考える人も多いのです。 ユーザーは「既読」の表記にデリケートであるため、それに似た「足跡」とワードや機能にも敏感になっているのかもしれませんね。 繰り返しになりますが、LINEには既読がついても足跡はつかないので安心してください! ラインのスケジュールには足跡に似た機能はある! ただ一つ「足跡」に似た機能を挙げるとすれば、LINEのスケジュール管理やイベント管理の機能です。 LINEでは何か 「仲間で集まろう」といったときに簡単に取りまとめられるように、スケジュールを調整したり、出欠をとったりする機能があります。 その機能ではユーザーの参加表明を見て幹事役が管理するため、出欠を答えることで足跡のように残るようになっています。 スケジュール機能で自分の名前が残るのは必要不可欠なのです。 LINEには足跡は残らないことを覚えておくのと共に、ぜひスケジュール機能も利用してみてくださいね!.

次の

【解決】LINELIVEでライブ配信時に映像が流れない/見れないバグ不具合障害の対処設定方法

ラインライブ 見えた

LINEは現代のメインの連絡手段として普及していますが、TwitterやFacebookなどのSNSとは違った雰囲気がありつつ、メッセージの既読やタイムラインなどといった似たような機能の共通点があります。 Facebookには足跡機能はついていないのですが、、Facebook利用者の中には「相手のプロフィールページを訪問すると足跡がつく」と思っているユーザーもいるようです。 きっとmixi時代の名残で「足跡」や「閲覧履歴」などの機能に敏感なのかもしれません。 もしかするとLINEユーザーの中にも 「相手のホーム画面を見ると足跡がつく」「相手のタイムラインを見ると閲覧履歴に残る」と思っている人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、LINEの足跡機能について取り上げました! ホーム画面やタイムラインを見るだけで相手にわかるのか、そして なぜ「足跡機能がある」と不安になる人が出てくるかまで解説します。 LINEのタイムライン閲覧者や閲覧数がわかるって本当? LINEのメインの使用目的は友達や家族、知り合いとの連絡をとるツール。 従来のメールや電話から、LINEのメッセージや無料通話に変わったのです。 しかし、LINEの機能はそういった「連絡手段」だけではありません。 タイムラインやスケジュール、イベント管理など、 他のSNSと似た機能もついているのです。 LINEのタイムラインに自分の日記やつぶやきたいことを投稿している人も多いでしょう。 するとあるとき突然「LINEのタイムラインに投稿したら、その投稿を見た人や閲覧数がわかる」という噂が立ちました。 「いいね!」した人はわかる 投稿の右下にあるアイコンをタップすると、その投稿に対して様々なスタンプで「いいね!」した人の一覧が表示されました。 ここには「いいねした人」「いいねされた数」は表示されています。 しかし、実際にその投稿を見ただけでいいねしていない人も多いわけですから、これらが「閲覧者」「閲覧数」になることはありません。 つまりタイムラインのどこを見ても閲覧者や閲覧数はわからないということ。 この噂はデマだったんですね。 「LINEのホーム画面見たら相手にわかる・バレる」という噂も LINEでホーム画面を見れる相手というのは限られており、あなたと友達になっている人だけです。 しかし例外として、タイムラインに誰かが「いいね!」のスタンプを押していたり、コメントしていたりした場合、その人のアイコンをタップするとホーム画面を見ることができます。 友達じゃない相手のホーム画面 こちらがホーム画面です。 実は一部ユーザーの中で「誰かのホーム画面を見たら、そこに足跡がつく!」という噂も立っているようです。 相手のホーム画面を見ただけではどこにも足跡や閲覧履歴のような表示はなかったため、自分のホーム画面を確認してみました。 さらに各設定画面などもチェックしてみましたが、どこにも「足跡」のような機能は見当たりませんでした! 結論を言うと「足跡がつく」という噂もデマだと言えます。 LINEの足跡機能について(2019年/2018年) ここまで「タイムラインを見たときの閲覧者・閲覧数」と「ホーム画面を見たときの足跡」について解説してきました。 結論、どちらにも足跡はついておらず、自分が相手を覗いていても気付かれないということがわかりましたね。 実は LINEにはリリース当初から足跡機能なんてついておらず、2018年、2019年もずっとその状態です。 かつてメインのSNSだったmixiには足跡機能がついており、実際にユーザーは足跡をチェックしていた時代もありました。 しかし LINEはどのSNSよりもクローズド(閉鎖的)なSNSで、相手のIDや電話番号がわからないと連絡を取り合うことができません。 名前で検索できないため、IDと電話番号だけが頼りなのです。 もしくは実際に会って「ふるふる」機能を使うか、友達に紹介してもらうかです。 Twitterなどはもちろんダイレクトメッセージで連絡を取り合えますし、Facebookには無料通話機能もあります。 しかしLINEがここまで安定して連絡手段として使われているのは、 このクローズドな特徴があるからこそだと言えます。 もし足跡機能がついていて、ホーム画面の訪問が相手にわかってしまい、相手から友達申請が来るなら他のSNSと同じになってしまい、「閉鎖的」とは言えませんよね。 「LINEのホームやタイムライン見たらわかる」と不安になる理由 ではなぜLINEユーザーはここまで「タイムライン見たら相手はわかる。 バレる」と不安になってしまうのでしょうか?それはLINEの既読機能に原因があると考えられます。 メッセージに既読がつく この画像のように、LINEのメッセージを相手が見たら既読がつくということは誰でも知っているでしょう。 「しっかりメッセージは読んでくれたな」と思う反面「なんで既読になってるのに返信しないの?」とか「既読つけて後から何か言われるのが面倒だから、開かずに気付かなかったふりしよう」と考える人も多いのです。 ユーザーは「既読」の表記にデリケートであるため、それに似た「足跡」とワードや機能にも敏感になっているのかもしれませんね。 繰り返しになりますが、LINEには既読がついても足跡はつかないので安心してください! ラインのスケジュールには足跡に似た機能はある! ただ一つ「足跡」に似た機能を挙げるとすれば、LINEのスケジュール管理やイベント管理の機能です。 LINEでは何か 「仲間で集まろう」といったときに簡単に取りまとめられるように、スケジュールを調整したり、出欠をとったりする機能があります。 その機能ではユーザーの参加表明を見て幹事役が管理するため、出欠を答えることで足跡のように残るようになっています。 スケジュール機能で自分の名前が残るのは必要不可欠なのです。 LINEには足跡は残らないことを覚えておくのと共に、ぜひスケジュール機能も利用してみてくださいね!.

次の