ミステリオ ラッパー。 渋谷O

ミステリオが最高。彼はリアルなラッパーだ。

ミステリオ ラッパー

ネットよりも現場! やはり、ヒップホップは現場に足を運んでなんぼなのです。 KOK U-22(22歳以下限定)西日本予選行ってきました。 今まで、バトルの大会はしばしば行っていたのですが、年齢制限があるものは初めて。 エントリー50人弱でのバトル、漢a. GAMIと呂布カルマのライブなど見所たくさん。 そして、今回特に印象的だったのがラッパーにまつわるお金の話。 ラップの道はいばらの道!• ヒップホップイベントの流れ 大体、ヒップホップのイベントは以下の流れで進みます。 興味はあるんだけどって人は参考にしてみて下さい! 会場に入り、まずはドリンクチケットを交換。 そして、40~50分程度DJタイムでした、 DJはPANASONICと5-ISLAND、手練れです。 見た目は割と普通っぽい、しかしひとたびステージに立つと顔つきがまるで違う、流石プロ。 ちなみに、DJ PANASONICは2の腕の部分にタトゥーあり。 ちなみに、DJ 5-ISLANDの本名は五島(ごとう)らしい、まんまやん。 笑 選曲はけっこう渋め、洋邦問わずヒップホップを流してくれていました。 結構イベントによって選曲は違います。 DJも客層を見て流す曲を決めている感じがしますね。 今回はアングラとヒット曲が半々くらいでした。 そして、司会のミステリオが登場。 ライブで3曲披露してから、大会スタート。 結構MCもアツかった、 ラッパーとして生きるというのはどういうことなのか、ミステリオ自身の苦悩も吐露したり。 ギャグラップを得意としていても、根底に流れるのはやはりB-BOYイズム。 ベスト16までは、8小節の2ターン。 それ以降は、司会がMASTER(マスター)に変わり、8小節の3ターン、そして決勝のみ4ターン。 司会のマスター! 生で見るとかなりかっこいい、見た目もそうですが悪そうなおじさん具合が渋いですね。 筋肉質なのか、太っているのか分からない体型も絶妙です。 バトルを見ていて思いました、U-22って若いな! 10代も多数参加していたようでしたが、でもみんなうまい。 地元でサイファーしたりして、練習してるんでしょうね。 しかも、面白かったのが、GW10連休の一日目に「ENTER MC BATTLE」という大会がありました。 ここは、年齢制限なしで参加料さえ払えば誰でも参加可能というものでした。 ここも観戦に行ったのですが、参加MCは100人以上。 そして、このKOKでもENTERで見たMC達がたくさんいました。 しかも、 前出ていた人はほとんどみんな上達している! おそらく、負けを重ねて練習して上達したのかなと。 若いって素晴らしい。 ライブとバトル! ライブは 漢a. aGAMI&MASTER! 以前からファンでしたが、ライブは初めて。 とにかくかっこいい、早口でたたみかける様は痛快。 パンチラインは 「少年よ、大志を抱けじゃねぇ!少年よ、〇麻を焚け!」 最近の定番曲の「ワルノリデキマッテル」が会場を盛り上げていました。 そして呂布カルマ。 バトルは見ていましたが、ライブは初めて! やはりカリスマ、呂布カルマが出てきたら空気感が変わります。 一番盛り上がった曲は 「オーライオーライ」! 生で聴ける日が来るとは・・・ 優勝はHARDY、賞金は5万円! CIMAと同じで、上手いというよりも勝負強いMCです! ここからが本番!ラッパーのお金事情! 22歳と言うと、大学生が卒業する年度。 基本的にみんな学生なんだろうかと思っていましたが、どうも違うみたいでした。 バトルの時に、自分の仕事の話とかバンバン話題に出ていたので、 働きながらラップ活動している人も多い様です。 なんという肚の括り方、僕なんか22歳の頃はたるんだ大学生でしたよ。 10代後半から、一縷の望みにかけて自分の言葉で世の中に切り込む若きMCは何と尊いのでしょうか。 そして、冒頭にも少し書きましたが個人的に印象的だったのがミステリオの話。 ラッパーは稼げないという事実! ある程度プロップス(評判)もあり、人気も実力もあり、精力的に活動しているミステリオが言うんだからそうなんでしょう。 フリースタイル〇ンジョン出てもギャラは5万円! iTunesでの儲けは約4万円! これミステリオが言っていて結構ショックでした、あんな上手くてシーンを盛り上げているのにって感じでした。 若手の上位でもこんな状況みたいです。 正直、ラップの道はいばらの道。 ヘッズから見たら、イケてるMCでもラップだけで食えてないみたいですね。 うーん、、、、 ある程度人気も知名度あっても、そういう状態ですから、まだ無名だったら推して知るべしってなもんです。 実際、昨日のイベントも観客はおそらく100人足らず。 たぶん70人くらい、加えて参加者が50人弱。 観戦費が3000円、参加費2000円。 HIP HOPイベントで毎回感じるのはコスパの良さ。 2000~3000円で何時間も熱狂の渦に身を浸せるってなかなかないですよね。 毎回思うのは、これは 主催レーベル(今回は鎖グループ)の「HIP HOPをもっと広めてきたい!」って懐の広さだと思うんですね。 分かってるやつだけ楽しめれば良いって考えていない。 初心者でも、どんどん参加してほしいって思ってるはずです。 お金を稼ぐよりも、もっと大勢で音楽を楽しみたいって心意気ですね。 とかく、拝金主義な文化と思われがちですが、すごい人に寄り添っている音楽ジャンルだと思っています。 僕らファンができることは、ただ1つ! 「お金を払って現場に行き、思いっきり楽しむこと」おそらくこれかなと。 そうやって、HIP HOPを徐々にでもみんな好きになればきっとラップのみで食えるMCが徐々に増えていくはずです。 狭い業界だからこそ、誰でも楽しめる! 今からでも遅くはないので、一緒に日本語ラップを楽しみましょう。 きっと新しい世界が広がるはず! ではでは! 続きはこちら! 前回記事はこちら! BitCorleone.

次の

ラッパーミステリオはフリースタイルダンジョンでも爪痕を残した!ギャグとスキルを兼ね揃えている強者

ミステリオ ラッパー

ミステリオというラッパーに釘付けです。 すごい良いラッパーだ。 とにかく時代を映している。 アーティストは時代を映す鏡でなきゃいけない一面があると思ってる僕にはすごくまぶしい。 このバトルなんてお手本のようだ。 3:30あたりからの「頭冷やせ氷枕」 これは、過去にミメイvsT-Toungeにてミメイが放った『桃地再不斬』をT-Toungeがライム読みをしたあとに、ミメイが踏んだ韻のサンプリングだ。 ミステリオはTERUにわざとライム読みをさせて、頭冷やせ氷枕とラップしている。 コレが映像でわかるとおりめちゃくちゃ盛り上がってる。 もちろん、ミステリオも盛り上がることがわかってラップしている。 これってすごくない? 会場にいる人たちが元ネタ(氷枕)を知っている前提で彼はラップしてる。 どいうことか?会場の人が全員ミメイ戦を生で観ているとは到底考えられない。 じゃあ何で知っているか? 観客はyoutubeでチェックしている。 これしか考えられない。 ミステリオはそんな今のバトルシーンの楽しみ方を、完全に把握している(そこまで深く考えてないかもしれないが。 笑) ダンジョン出演時のlilyさんの 「youtuberっぽさが逆に今のリアル」は言いえて妙だ。 youtubeでバトル動画を漁ることが正しいかはわからない。 それでも、ほとんどのバトルファンが今やyoutubeで観るのが当たり前になっている。 ならば、それを上手く利用してやろうと考えたのがミステリオなのではないだろうか。 非常にクレバーなエンターテイナーだと僕は思う。 これまでのバトルでも過去のバトルからの引用はあった(『本音と本音、本でも読んで』とか有名)それでも、それらは『わかる人にわかれば良い』というものを感じてきたし、それが魅力でもあったはずだ。 しかし、ミステリオはどうだ。 彼は完全に会場全部を沸かせたいタイプのラッパーだ。 わかる人だけわかればいいと思って言葉を吐くタイプではない。 ヒップホップといえばサンプリング。 でも、音源からのサンプリングだけだと会場が盛り上がらない可能性がある。 じゃあ、どうする?『この会場にいる人はyoutubeであの動画をチェックしているだろう』という答えに辿りつけたのは彼の発明ではないだろうか。 今後真似するラッパーが出てくるだろう。 でも、彼ほどおもしろくできるか?非常に楽しみである。 s動画が見つからなかったけど、バトルビートがcho wavyの時にフックを丸々お客さんに歌わせるバトルもすごい良かったな。 s2 音源も結構いい。 ギャグラッパーが歌うエモさ、リアル。

次の

ゆうま

ミステリオ ラッパー

ミステリオの伝説が始まる?遂にダンジョンへ KOK西日本予選準優勝、ENTER MC BATTLE準優勝など、数々のMCバトルで功績を残し続ける23歳の若きラッパー"ミステリオ"。 ギャグセンス溢れるライムとフロウで多くのオーディエンスを楽しませる男だが、何と言っても韻踏合組合・HIDADDYのショップ「一二三屋」で働いてるのも驚きである。 そんなミステリオ、輪入道との1stバトルでは地上波でも気にせず、いつもの悪ガキスタイルを貫いて難なくクリア。 オーディエンスの心をバッチリ掴むスタンス... いい波乗ってるな...。 ということで次なる相手は裂固。 バトル前のコメントでは「ミステリオは来て欲しくなかった人」、「正攻法が通じない、真面目に戦えば戦うほど罠に嵌っていく」と語っており、裂固自身も苦手な存在である事を明かした。 やはりMCバトルとして最もテクニックが必要となる相手なのだろう。 では、そんなミステリオと裂固のバトル内容を振り返ってみよう。 まず、裂固は「あんたは応援されてるかもしんねぇ だけどもラップに全く無い信念」と、先行らしく固めでライムを刻む。 だが、今のミステリオにはそんなの御構い無し。 「ニイハオ シェイシェイ スキルが全然 こいつの印象 通行人A」と裂固をあざ笑うかのようなスタンスで対抗し、まるで裂固がチャレンジャーのような雰囲気に...。 癖が強すぎるミステリオに対して、裂固もいつもより気合いが入ってるように思えたが、ジャッジの行方はミステリオを選択した。 結果:クリティカルヒットでミステリオの勝利 3人目のモンスターはFORK!ミステリオを阻止できるか? 裂固を沈めたミステリオの次なる相手は、FORK。 FORKはミステリオの印象を「ミステリオを見てて笑った事はない」、「一二三屋のHIDADDYとCIMAはアイツのバトルを見てなんと言ってるのか」と語り、あまりミステリオのスタイルは好みではないようだ。 まぁ確実に渋く韻を踏むFORKからしたら、そう思うのも不思議ではない...。 では、そんなミステリオとFORKのバトルを見ていこう。 3RD BATTLE ROUND1 バトルビート「」 【FORK】 お前は盛り上げてるんじゃない 笑われてる その理由はお前のラップに表れてる まず格好良いかどうか その先のユーモア 止めてくれよ この場でダッセェ事すんのは お前にHIPHOPは感じねぇ 可能性も感じねぇ この後下されるジャッジメント 脱脂綿よりも軽い言葉並べた所で到底 俺達のレベルには達しねぇよ 【ミステリオ】 今日この場でジャッジメント おいおいおっさん 足りねぇぞ 何その鋭い目 今日のチャレンジャーは... FORKの「お前は盛り上げてるんじゃない 笑われてる その理由はお前のラップに表れてる」からの「脱脂綿よりも軽い言葉並べた所で到底 俺達のレベルには達しねぇよ」は最高レベルのワード。 それに対してミステリオは、まさかの1ターン目で言葉を詰まらせてしまう。 やはりFORKの振る舞いに見えないオーラを感じたかもしれないが、FORKは続けて「お前はハプニングが起きても対応できてない・前髪を気にしてラップしてる奴の前に神は降りないって事が実証されたな」。 はい、出ましたねFORK節。 もはやサブイボの一言!笑 この神ワードが出た時点でFORKの勝利は確定したとも言えるだろう。 結果 4:1でFORKの勝利 3RD BATTLE ROUND2 バトルビート「」 【FORK】 もういいよ まぁいい どんなやり方でもあってOK 誰もが賛成するなんてモンねぇ もちろん誰かの賛否を気にするよりも 自分のハッピーを信じて脱皮していきゃ何かあるかもな まぁいいよ それでもいい ここでスキルをアピール出来た奴だけが賞賛を浴びる お前 自分のバトル見て本当に格好良いと思うか? 一二三屋で働いてんのにダセェラップしすぎだ 【ミステリオ】 全然格好良いと思えへん 全然思えへんな それだけは言っとく でもステージ立ったら格好つける今日も FORKさんにくらわすハートブレイクショット 分かる?カウンター 俺はマジ凄いって皆に言わしたいんだ FORKさん 俺はそう マイケルジャクソンでも何でもねぇ 人間だー 【FORK】 お前がマイケルジャクション なんて思ってねぇよ ジャクソン そうだな 噛んでも勝てるもんな ここはお前がヤバいかダサいかのジャンクション もちろんダサい方に曲がってるぜ そう マジで爆笑しちまうよ お前のスタイル マジでどっかで見た事ねぇけど マジ宴会芸みたいな感じ ついに限界点を達してるリミット マジでお前はビビっとるな 【ミステリオ】 あれ モンスターのくせに噛みまくり? レペゼン大阪 浪速筋 伝説の開拓地 閉ざしてやるわ開いた口 どかーん ていうような感じ 俺のラップで笑ったらどうなるか知ってるか? ポイント10倍じゃボケ やや緊張感のあったミステリオだが、第二ラウンドでようやくその糸が切れたようだ。 FORKの強かなディスに対して「FORKさんにくらわすハートブレイクショット」と、いつものスタンスに。 それに対してFORKはバトルでは珍しく噛んでしまうシーンも...。 そのミスが上手く拾われ、後半はミステリオペースになり、結果的にミステリオが勝利。 というか... なんだかギャグに呆れてしまったのか、FORKの1ターン目がいつもよりテンションが低い感じだったのは気のせいだろうか。 最後の戦いではFORKの「何がHIPHOP?お前から何も感じねぇよ」に対して、ミステリオは「俺に投票した視聴者の事 ディスってんのかよ」と、どこか納得してしまうワードが飛び交う。 最後までしっかりと韻を踏むFORKだが、なかなかこれと言ったパンチラインが出ず。 もはやミステリオは勝利を確信したのか、「しっかり分かってる 口は災いの元 この勝負 ミステリオの技ありの模様」と、会場のボルテージも上げる展開に。 結果 3:2でミステリオの勝利 来週は呂布カルマが最後の砦として登場! もう勢いが止まらないミステリオワールド。 もうここまで来たら何だか100万円持って行ってしまいそうな雰囲気が漂うが... 果たして呂布カルマはその勢いを止めることができるのか?来週のフリースタイルダンジョンも見逃せないところだ。 ところで、ダンジョンライブでも登場したICE BAHN。 新作となるアルバム「LEGACY」がめちゃくちゃカッコいい内容になっているので是非とも視聴していただきたい!.

次の