洒落怖殿堂入り。 【洒落怖殿堂入り】裏S区【考察】

【洒落怖】ひとりかくれんぼ実況

洒落怖殿堂入り

なんというか、よく問題を当てられても答えられなくて、笑われるような感じ。 でも本人はへらへら笑ってて、特に暗くも無いし、鈍感という言葉が当てはまる奴だった。 ちなみにAは喋るとき少しドモり気味で、それも笑いのネタにされていた。 夏休み前、遊びと称して心霊スポットへ連れて行って脅かしてやろうという、 工房丸出しの幼稚な考えを思いついた俺達グループは、そいつに声をかけた。 一つ返事で承諾したA。 場所は現地でも有名なダムで、その周辺の探検という事に決まった。 そして当日。 真夏の夜、Aを含め5人はいたものの、 場所が場所だけにやっぱりひんやりとして、ちょっと不安になった。 それでもここまで来たなら行こう、という事で、 膝の辺りまで茂った草、湿って不安定な地面を進んでいく。 もちろん先頭はA。 ある一定の所まできたら4人そろって隠れてやろうという事になっていた。 (バカ高校の生徒の頭で考える作戦はこれが限界) 10分くらい彷徨ったとき、廃屋、というか小屋みたいなものを見つけた。 それを見つけてここがタイミングだな、と隠れようとしたとき。 小屋の入り口付近に、白い女が、もう本当にイラストとかで見る「髪の長い白いワンピースの女」がいた。 誰かが逃げろ!と叫んだ。 俺も走り出そうとした。 ところが。 Aが逃げない。 「おい、A!後ろ見てみ!早よ逃げるぞ!」といっても、きょとんとした顔でAは、 「ん、んー?なんか、お、おるんかー?(ドモってるからこんな感じ)」と。 どうやら彼だけ「見えて」ないらしく、きょろきょろしてそこから動こうとしない。 置いていくわけにも行かず、逃げるに逃げれなくなった俺達。 女が滑るように近付いてくる。 Aの方向ををこれ以上ない、恐ろしい笑顔で見ていた。 こいつを連れて行こう、みたいな、こいつなら気付かずに、見たいな・・・ やばい・・・とは思うものの何も出来ない。 とうとう女がAの隣りまで来た。 「なあんてな。 Aは女の顔に自分の顔を近づけ、面と向かって言い出した。 「おい、コラ。 こんなトコで彷徨う事しか出来んのかお前は。 いい加減死んだ事に気付け、このアマ。 」 ワンピースの女はもう笑っていなかった。 明らかに動揺した顔を2,3秒浮かべた後、ふっと消えた。 Aは最後に「そのほうがいい。 」と呟いた。 途端、雨が降りはじめた。 Aは唖然としていた俺達に向かって「ん?行こ、行こ。 いつもの口調に戻っていた。 俺達はAと本当の友達になった。 後にAにあの時の事を聞いた。 「んー、ん、あれはな、でき、できんねん、なんかな。 」 としか言わなかった。

次の

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話まとめ【殿堂入り】

洒落怖殿堂入り

殿堂入りの怖い話 一覧 邪視 山にまつわる系の怖い話。 叔父に連れられ行った山奥の別荘で二人に恐怖が襲う。 巣くうもの 大学の仲間と心霊スポットの古びた民家に向かう。 そこで何かが彼らへ近づいてくる・・・。 リョウメンスクナ 建築会社の男が、寺院の解体作業を行っていた時、黒ずんだ長い木箱を発見。 その木箱の中身とは・・・? リンフォン 骨董屋にあった不思議な玩具「リンフォン」。 バイト先で入ってはならないと言われていた場所があったが、気になって入ってしまう。 ひょうせ・渦人形 高校2年の夏休み、某県の山奥にある合宿所に行った主人公。 その石碑には集落独自の恐ろしい秘密が隠されていた。 危険な好奇心 小学生のとき、近くの裏山に秘密基地を作っていた。 3人は秘密基地で一夜を過ごすことにするが怖くなり下山することに。 しかし下山をしている途中に、 3人は人の気配を感じる。 旅館の求人 マネキン 邪霊の巣窟 リアル くねくね コトリバコ 神社の神主をしていた彼の元に、友達が持ってきたパズルのような箱。 封印された呪いの箱『 ことりばこ』を解放させてしまう。 それは八尺様と呼ばれる異形の存在だった。 猿夢 夢の中で、駅のホームにいると、遊園地にあるおもちゃのような電車がやってきた。 アナウンスで、乗ると怖い目に遭うと説明されるが、電車に乗ってしまう・・・。 パンドラ・禁后 田舎にぽつんとある玄関や入口が見つからない変わった空き家。 大人達は子供たちがそこへ行かないように注意するが。 ヤマノケ・テンソウメツ 娘を連れてドライブに出かけた父が、娘を驚かそうと舗装もされていないような脇道へ入り込んだ。 地下の丸穴 主人公が住んでる田舎のとある場所に巨大な宗教施設が建設された。 幼い頃は悪魔教だの般若団体だのと言っていたが、実際は恐ろしい施設だった。

次の

【洒落怖殿堂入り】リアル【考察】

洒落怖殿堂入り

殿堂入りの怖い話 一覧 邪視 山にまつわる系の怖い話。 叔父に連れられ行った山奥の別荘で二人に恐怖が襲う。 巣くうもの 大学の仲間と心霊スポットの古びた民家に向かう。 そこで何かが彼らへ近づいてくる・・・。 リョウメンスクナ 建築会社の男が、寺院の解体作業を行っていた時、黒ずんだ長い木箱を発見。 その木箱の中身とは・・・? リンフォン 骨董屋にあった不思議な玩具「リンフォン」。 バイト先で入ってはならないと言われていた場所があったが、気になって入ってしまう。 ひょうせ・渦人形 高校2年の夏休み、某県の山奥にある合宿所に行った主人公。 その石碑には集落独自の恐ろしい秘密が隠されていた。 危険な好奇心 小学生のとき、近くの裏山に秘密基地を作っていた。 3人は秘密基地で一夜を過ごすことにするが怖くなり下山することに。 しかし下山をしている途中に、 3人は人の気配を感じる。 旅館の求人 マネキン 邪霊の巣窟 リアル くねくね コトリバコ 神社の神主をしていた彼の元に、友達が持ってきたパズルのような箱。 封印された呪いの箱『 ことりばこ』を解放させてしまう。 それは八尺様と呼ばれる異形の存在だった。 猿夢 夢の中で、駅のホームにいると、遊園地にあるおもちゃのような電車がやってきた。 アナウンスで、乗ると怖い目に遭うと説明されるが、電車に乗ってしまう・・・。 パンドラ・禁后 田舎にぽつんとある玄関や入口が見つからない変わった空き家。 大人達は子供たちがそこへ行かないように注意するが。 ヤマノケ・テンソウメツ 娘を連れてドライブに出かけた父が、娘を驚かそうと舗装もされていないような脇道へ入り込んだ。 地下の丸穴 主人公が住んでる田舎のとある場所に巨大な宗教施設が建設された。 幼い頃は悪魔教だの般若団体だのと言っていたが、実際は恐ろしい施設だった。

次の