血液 クレンジング オゾン。 血液クレンジングの効果とデメリットを理解したら献血しようと思った

大炎上の「血液クレンジング療法」を日本の医療界は笑えるか? 現役内科医が明かす“衝撃の事実”

血液 クレンジング オゾン

血液クレンジング(自己血オゾン療法) 自己血オゾン療法は、イギリス、ドイツ、スイス、イタリア、オーストリア、ロシア等のヨーロッパ諸国では、既に確立、認知された治療法で、エイジング、動脈硬化疾患、関節、筋肉などの運動器疾患、そして癌治療にまで応用されています。 オゾン治療は、オゾン治療の専門病院が存在するほど、スタンダードな治療法なのです。 自己血オゾン療法は、まず、左右どちらかの腕から、100~150mlの血液を専用のオゾン耐性ボトルを用いて採血します。 採取した血液に代謝と免疫系を活性化するためにもっとも効果のある量のオゾンを正確に投与します。 血液とオゾンが反応すると、どす黒い血液が一瞬で鮮やかな赤に変色します。 そして、オゾンで活性化された血液をボトルから再び、体内に戻します。 これだけでも脳と目にも酸素がいきわたり、視界が明るくなり、また、冷え性の方などは身体がポカポカと温まるのを実感していただけます。 実は、自己血オゾン療法 は、エイジングの効果ももちろんの事、保険診療の治療では改善しない更年期等の症状や冷え性、肩こり、頭痛、腰痛等に大きな効果が期待できる治療法です。 血液クレンジングの働き、期待できる効果 血管内が拡張し、赤血球(ヘモグロビン)がより多くの酸素を運ぶようになるよう、血管と血液に働きかけます。 また、活性酸素を分解する酵素を増加させます。 それにより、抗酸化力の向上・血液の流れの改善・免疫力のアップなどの効果が期待できます。 体内の酸素化 血液クレンジング後の赤血球は、末梢で酸素を離しやすくなり、体の各部位に酸素が供給されます。 特に普段、酸素が行き渡らない虚血部位での酸素化がとても良くなります。 そのため全身の疲れ、筋肉の疲れが改善され、ダメージを受けた筋肉の修復を促します。 また乳酸の蓄積を減少させ筋肉の老化を防ぎます。 血液流動性の改善による末梢循環の改善 手足の血液の循環を改善します。 治療の最中から脳と目にも酸素が行き渡り、視界が明るくなり、また冷え性の方などは身体がポカポカと温まるのを実感する方が多いです。 免疫機能の向上 オゾンが白血球の単球や顆粒球などに反応し、インターフェロンなどのサイトカインの産生を促し免疫機能を活性化する。 体内の免疫機能、デトックス機能が活性化され病気にかかりにくい体質に改善します。 アンチエイジング効果 細胞の若返りを促進します。 細胞の呼吸を正常化する。 活性酸素を減少させ細胞の老化を防ぐ。 各臓器と内分泌機能の代謝を亢進する。 また細胞活性化、細胞内ATP上昇、抗酸化力上昇などの効果もあり、アンチエイジングとして使用されています。 しかし、細胞の新陳代謝に合わせて点滴を行うことで、元気で強い健康的な細胞が増えていきます。 そのため、回数を重ねるとより高い効果が期待できるところが、この点滴の特長です。 当院では、症状にもよりますが、月に1~2回程度の点滴を定期的に続けることをおすすめしています。 血液クレンジングの流れ 1. 医師の診察 現在の身体の状態・病歴など、医師がじっくりと診察いたします。 検査 点滴を安全に行うために『G6PDスクリーニング検査』を行います。 専用ボトルに採血 点滴を安全に行うために『G6PDスクリーニング検査』を行います。 100~150ccの血液を採血します。 静脈血のため、血液は暗い色をしています。 医療用オゾンを注入 医療用オゾンを血液と混ぜ合わせます。 すると血液は酸素濃度が上がり、鮮やかな赤色に変化します。 血液を体内に戻す 医療用オゾンを混ぜて酸素を含んだ血液を、点滴で体内に戻します。 この段階で、指先がポカポカしたり、視界がクリアになるのを体感する方もいらっしゃいます。 点滴の所要時間は、約30分です 6. 継続 月に1~2回程度の点滴を定期的に続けることをおすすめしています。 最適な頻度は症状によって異なるため、医師とご相談ください。 患者様の安全のために (治療のリスクと副作用について) オゾンによる副作用 治療を始めたばかりの段階では、血流が改善されることで 温泉に長く入った時のように 体全体がだるく感じる場合があります。 時間とともに回復していきます。 オゾン療法 自己血オゾン療法 では、現在まで大きな副作用が報告されておりません。 しかしながら、基礎代謝が亢進しますので、コントロールされていない甲状腺機能亢進症の方は治療を受けることはできません。 また、高濃度ビタミンC点滴と同様にG6PD欠損症の方は溶血性貧血を起こす可能性がありますので、禁忌です。 そのため、治療前にG6PD検査を初回に行ないます。 本治療に使用する同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません。 この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。 日本では未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。 使用する以下の抗凝固剤による副作用 添付文書によると下記以外にも副作用が指摘されています。 添付文書をご確認をお願いいたします。 自己血オゾン療法について 自己血オゾン療法についての詳細は、をご参照ください。

次の

血液クレンジングは「即刻禁止にすべき」…透析専門医が警鐘、有名人を利用し国民に拡散

血液 クレンジング オゾン

「Getty Images」より 「血液クレンジング」という医療行為の是非をめぐって、さまざまな見解が飛び交った。 ブロガーのはあちゅう、歌舞伎役者の市川海老蔵、教育評論家の尾木直樹氏、タレントの高橋みなみなどが、自身の インスタグラムやブログなどで血液クレンジングを受けてきたと報告し、一時期関心が高まった。 その後しばらく沈静化していたが、10月から再び医療関係者らから「トンデモ医療である」といった批判の声が沸き起こり、話題になった。 10月21日にBuzzFeedが「『トンデモ医療であると、断言します』血液クレンジング、医学的に徹底検証してみた」と題する記事を出した。 この記事ではNIH(米国国立衛生研究所)で免疫学やウイルス学を専門とする峰宗太郎医師が、関係する論文を科学的に検証したところ「オゾンの医療利用は、医学的にははっきりとした有用性は極めて限定的であり、かつ弱いエビデンス(証拠)しかなく、ほぼ無効であろうと言えます」と結論づけている。 この記事の掲載以後、医療者や研究者の発言も増えている。 あまりにも適用範囲が広い、夢のような治療法 血液クレンジングは、患者の血液を採血して「医療用オゾン」を混ぜ、再び自分の体に戻すという治療法で、実施しているクリニックのHPでは、次のような疾患を適応として挙げている。 透析専門医は「この治療法は即刻禁止にすべき」 自らの血液を体内から抜き、手を加えて再び体内に戻すというこの治療法に対してそれほど抵抗が生じない理由のひとつは、非常に類似し、しかも保険診療として確立された治療があることだ。 もっともよく知られているのは、慢性腎不全患者に対する血液透析療法だろう。 一般的に血液から不要、あるいは有毒な物質を除去する治療方法は「血液浄化療法」といわれ、血液透析以外にも血漿交換 、血漿吸着など、さまざまな方法がある。 手法だけ聞くと、血液クレンジングもさほど異様な治療法だとは感じられないかもしれない。 しかし、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医の横山隆医師は、次のように語る。 「血液クレンジングに関しては、『まやかし療法』『野放図療法』『私たちを欺く治療』だと断言できます」 その根拠として、以下の5つを指摘する。 (1)本療法に関する「有効性」を証明できる、エビデンスがない。 日本国内はもとより、欧米でも証明されていない。 医学雑誌でも、特にオゾンを使用した患者と偽薬(食塩水など)を投与した患者で、有意差をもってクレンジング療法の効果が認められたとの報告がない。 (2)HIV、 インフルエンザウイルスの除去効果は、いかなる方法で証明するのか、また証明したのか、まったく不明。 (3)悪性腫瘍、白血病の免疫力を高めることによる治療効果についても証拠がない。 (4)心筋梗塞、狭心症についても、冠血流を改善する証拠がない。 (5)老化抑制に関しても、まったく証拠がない。

次の

血液クレンジングの効果とデメリットを理解したら献血しようと思った

血液 クレンジング オゾン

高須幹弥先生の血液クレンジングへの見解は• まず、全くのインチキではない。 血液とオゾンが接触して過酸化水素などの活性酸素が発生すると血小板に作用し酸素運搬量が増えたりで血行が良くなったりする。 血液へのオゾンを混ぜる作用は様々な実験で認められている。 健康ではない人への治療に使う分には効果があるヨーロッパでは流行していてB型肝炎やHIVのウイルス増殖を抑えるとされ、虚血性疾患の保険適用もある。 (国が認めてるということ) アトピー性皮膚炎、糖尿病治療にも使用されている。 癌治療の 保管療法に使用(免疫力をあげて再発を抑えるので) 直接癌を叩いて治療するものではない。 実際美容目的で「効果があった!」という声が実際多いのは「プラシーボ効果」もかなり多い。 血液クレンジングを高須クリニックで取り入れない理由 血液クレンジング(オゾン療法)が全くのインチキではなく少なからずの効果はあると認めているものの高須幹弥先生が「高須クリニックでは取り入れないし自分も受けない」という理由とはどんなものがあるのでしょうか。 健康な人がわざわざするほどのことではない。 血液クレンジングで得られる効果は医療行為を受けなくても出来る 運動や半身浴、適度な筋トレや森林浴、睡眠やテレビを見て笑うなど 針を刺すという 医療行為なので感染症や気分不快などのリスクはつきもの。 それをしてまでやるほどの効果ではないとしつつも、 提供する側のクリニックと受ける側の患者がお互いリスクや金額に納得していて、正しいやり方で正しい量でするなら悪いことではないという考えだそうです。 芸能人はお金を払っているどころか宣伝の為に無料かもしくは謝礼を受けている場合がありますが、実際に一般人が血液クレンジングを受けようと思うとかなり高額。 ふと検索して当たったクリニックだけでも初回12000円でその後1回20000円。 「月に1、2回は健康体だからこそ続けましょう」とうたっています。 ここまで高額なお金を出しても自宅なので無料で自分で出来る程度の効果しかないなら、かなりお金に余裕がある人の選択肢な気がしてきますね。 血液クレンジング(オゾン療法)で死亡事故 血液を採取して混ぜて戻すという医療行為にはリスクが少なからず伴います。 感染症や気分不快など… それ以上に死亡事故が起きている例があります。 血液クレンジングを推奨するクリニックのホームページなんかでは「ヨーロッパでは流行している。 アメリカやアジアにも広がってきている最先端の〜」などと書いていますが高須幹弥先生の説明によるとこれは嘘ということになります。 ヨーロッパで流行している血液クレンジングは治療行為においてのこと。 また、アメリカではほとんど行われてなくその理由は過去に 死亡事故が起きているからです。 「 血液クレンジングで死亡事故」と聞くと一気に怖くなりますが 日本で行われている血液クレンジングと当時の方法は違い、血管に直接オゾンを注入するものだったそう。 これにより死亡事故が起きているので「オゾン療法」自体が危険と見なされたりしたこともあるそうで、こういった経緯からアメリカではほとんど行われていません。 血液クレンジングがインチキという声 一般の方から自称医療従事者まで様々な人が「血液クレンジング(オゾン療法)はインチキだという主張をしている人も多くいます。 どんな意見が出ているのでしょうか• 深呼吸の方が効果がある• 静脈の血が濃くてオゾンを混ぜて赤くなるのは普通のこと! =健康になる訳ではない• 血液クレンジングは腎臓がやってくれる• 偽物医学 高須幹弥先生によると、美容医療の半分程はインチキか過大広告(根拠がないか微塵)ではあるものの、「血液クレンジング(オゾン療法)」に関してはSNSでボロカスに言われる程「インチキではない」そうです。 まとめ 血液クレンジング(オゾン療法)についての高須クリニック(高須幹弥先生)の見解をまとめてきました。 (参照:) 「インチキではない、エビデンスはある」としながらも自分で出来る程度の効果しか得られないことにリスクと高額なお金を払うものとは、まさにお金のある芸能人のすることなのかなあ…という印象を受けました。 もし受けたい、興味がある方は正しい医療機関でよく説明を受けてあまり思い込みすぎずに受けた方が良さそうです。

次の